新選組漫画 185 夏の侵入者②

20170724.jpg


この夏に入って世間を賑わせているヒアリ
刺されると熱さをともなうモーレツな痛みを感じるんだとか。恐いですよねぇ。
ワタクシ、子供の頃にイラガの幼虫。20代の頃にスズメバチに刺されたことがあるもので、
毒虫に刺されるのはホント恐いんです。
今のところ何とか水際で侵出を食い止めてるようですが、車などで運ばれる危険性もある
わけですし、油断は禁物。
まぁ、一時の過剰な危険情報はいくらか緩和されて、「刺されても死ぬわけじゃない」「日本
のアリが駆逐する可能性もある」など、冷静な情報も出てきつつあるようですが。

しかし皆さん、ヒアリに振り回されて、アイツのことを忘れちゃいませんか?

「アイツって、誰? ・・・・・松居一代?」

違いますよ。
確かに7月のワイドショーはヒアリと一代の2本立て興業でしたけどね。
一代も敵に回すと、かなりの毒針で刺されそうですが、それはまた別の話。

アイツってのは、ヒアリと同じく外来昆虫のアルゼンチンアリです。
獰猛で繁殖力が強く、果樹や小動物までも襲う。人家にも侵入し駆逐するのは非常に難し
いと云われているアリです。ヒアリのように針で刺しはしませんが、噛みつきます。
なにせ一つのコロニーに複数の女王アリがいるらしく、それぞれが卵を産むわけですから
莫大に個体数が増えていくワケです。
コロニーも巨大化していくことになり、ネットで仕入れた情報なので「マジか?」とも思うのです
が、オーストラリアでは100kmに及ぶ面積の巨大コロニーが発見されたとか。もう人類の作る
都市を越えちゃってるじゃないですか!

数年前にNHKの特集番組を見たときには、すでに広島県を中心に西日本に広く生息している
ようです。南米出身のくせに寒冷地でも生きてゆけるという適応力も憎々しい。
現実的に恐ろしいのは、コイツの方だと思うのです。

昔友達との遊びでビルの屋上に上がり、地上を見下ろしながら
「地べたを這い回る者どもめ・・・まるでアリのようだのう・・・わははは」
と言う権力者ゴッコをしたものですが、とんでもない!
アリは地上最強の生物かもしれません。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

オレデミー大賞 2017年中間発表 4月期

4月期の地上波連続ドラマは31本(当社調べ)。
面白いドラマが多く、好調のシーズンだったように感じました。
その中からワタクシが選んだ作品賞10本がコチラです!

10位 ツバキ文具店 鎌倉代書屋物語 NHK 金 22:00
9位  フランケンシュタインの恋 日テレ 日 22:30
8位  4号警備 NHK 土 20:15
7位  火花 NHK 日 23:00
6位  母になる 日テレ 水 22:00
5位  犯罪症候群 season1 フジ 月 23:40
4位  緊急取調室 テレ朝 木 21:00

「ツバキ文具店」 メールやLINEが全盛の昨今、わざわざ書簡で、しかも代書を頼んでまで
出す人なんてどれだけいるのだろう?ていうか、それで商売が成り立つのか?などと言う
のは野暮ですかね。鎌倉が舞台となるとそういうアナログ世界もアリなのかなと思えてしま
います。鎌倉にはいい意味で時代に逆行する時間が流れているようです。
ドラマは主人公(多部未華子)が、今は亡き祖母(倍賞美津子)と向き合うシーンが多く、作
品全体がやや重く感じました。美津子コワイんだもの。

「フランケンシュタインの恋」 ネットでも言われてましたが、フランケンシュタインというより
「綾野剛の怪物・マタンゴ」とした方がピッタリでしたね。死者から再生された人というより、
キノコの菌によって不老不死となった人の部分が大きかったので、特にフランケンにこだ
わる必要はなかったのではと思いました。怪物である自分を淡々と受け止め、その中で
生きる目的を見つけようとする綾野剛の演技は良かったと思います。

「4号警備」 危険人物の役柄が多い北村一輝が冴えないおっさん警備員を演じ、相方の
窪田正孝は空回りしていた「ラスト・コップ」よりもしっかりとハマったコンビを見せてくれ
ました。このコンビに中盤から阿部純子が入り、チームとしての面白さも出てきたように
感じました。警備員のドラマというとオールドドラマファンは「ザ・ガードマン」を思い出し
ますが、全然違うテイストのドラマでしたね。続編希望。

「火花」 原作は読んでいないのですが、ドラマは面白かったです。特に主人公の先輩
漫才師を演じた波岡一喜が良かったですね。敢えて破滅、破滅の方向に行ってしまう人
って、クリエイティブの世界には必ずいますね。そんな先輩に最後は説教する常識人の
主人公も、結局は芸人を廃業。難しい世界ですね。全編を通してオールロケーション
だったせいか、日常生活感にリアリティがあったのも良かった。

「母になる」 第1話を見て、かなりシリアスな今後の展開を予想したのですが、案外
重い話にはならず力を抜いて見ることができました。沢尻エリカについては昔、「1リット
ルの涙」で号泣させられまして、その後で「『別に…』事件」があったものですから、「オレ
の流した涙を1リットル返してくれよ!」と思いましたが、演技レベルはさすが高いです
ね。ただ、今回は完全被害者のエリカ様に真っ向から対立する小池栄子の存在がピカ
イチ!ほぼ加害者といってもいい立場ながら、エリカ様にファイティングポーズをとり続け
る栄子の強引なキャラが、ドラマを面白くしてくれました。

「犯罪症候群」 WOWOWとの共同制作とのことで、それまでのこの放送枠のドラマとは
全く違ったテイストの作品でした。主人公の過去とか、事件の展開とか、ものすごく重くて
救いようがない話ですが、ワタクシ案外こういう「やりきれない」系の暗い刑事ドラマは
好きです。続編をWOWOWで放送したようですので、地上波でもぜひ放送してくだされ。

「緊急取調室」 2シーズン目ということで、安定の作り。まぁ、主人公の刑事が天海祐希
で、脇を固めるのが大杉漣、小日向文世、でんでん、田中哲司といった布陣だから、どん
な作り方をしてもフツーに面白くはなりますわな。加えて今シーズンから大倉孝二が敵役
としてレギュラー入り。たぶん、さらにシリーズは続くと思われますので期待します。

3位 リバース TBS 金 22:00
湊かなえらしいミステリードラマ。ただし、原作とは若干の違いもあるようです。ダサダサの
内向的なサラリーマン(さらにリストラ)という主人公を演じた藤原竜也が好演。武田鉄矢
は金八先生を引退した後も、若者の前に姿を現すと相当のプレッシャーを与える存在感
ですね。ドラマの結末としては、いきなりでてきた窃盗団の話とか強引で唐突な印象は
否めませんが、それまでのストーリーや人物像の描き方は良かったです。
最終回で「夜行観覧車」の杉咲花、「Nのために」の窪田正孝がカメオ出演。こういう遊び
は大好きです。

2位 小さな巨人 TBS 日 21:00
「半沢直樹」と同系列の、日曜劇場お得意のドラマですね。ちょっと横山秀夫の警察ドラマ
にも似た内容で、こういうのは大好物です。ただ、ドラマとして「半沢直樹」にちょっと及ば
ない感じが絶えずあったのはなぜでしょう?やはり、主演の長谷川博己と堺雅人の違い
でしょうか?結局、ドラマを引っ張っていたのは香川照之が「敵なのか?味方なのか?」
という所と、顔芸だったような気がします。

1位 CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 フジ 火 21:00
田中哲司が「緊急取調室」とゴッチャになってしまう以外は、今期のドラマの中で一番
面白かったですね。やや、アクションシーンに頼りすぎていると感じないではないですが、
小栗旬と西島秀俊のコンビはもっと見ていたいと思いました。1話完結形式でありながら
何も事件は解決してない、との批判もあったようですが、そういうやりきれなさがリアリ
ティを生み、ドラマに奥行きを持たせると思うのですがねぇ。ワタクシは好きです。
シーズン2を期待したいのですが、ああいうラストシーンだと望みは薄いかな?

続いて深夜枠ですが、今回は4作品です。

3位 SRサイタマノラッパー マイクの細道 テレ東 金 24:52
2位 100万円の女たち テレ東 木 25:00
同  架空OL日記 日テレ 水 25:29
1位 きみはペット フジ 月 26:35

ラップは好きではないんだけど、「サイタマノラッパー」は私の好きなロードムービーだ
ったので、面白かったです。主演の3人は全く知らない俳優さんでしたが。
「100万円の女たち」の野田洋次郎はほぼ棒読みでしたけど、それが主人公のキャラ
に合ってましたね。松井玲奈は見るたびに演技が上手くなっている気がする。
「架空OL日記」はバカリズムワールド全開。面白いなぁ、バカリズム。
「きみはペット」は期待してなかった分、意外に面白かったです。主演の入山法子は
なんとなく昔の小林麻美を彷彿させるトコロがあると思うのですが、そう思ってるのは
ワタクシだけですかね?スミマセン。

各個人賞など。

主演男優賞 綾野剛(フランケンシュタインの恋)
         藤原竜也(リバース)

主演女優賞 沢尻エリカ(母になる)

助演男優賞 波岡一喜(火花)

助演女優賞 小池栄子(母になる)

新人賞 ブルゾンちえみ(人は見た目が100パーセント フジ 木 22:00)

美術賞 怪獣倶楽部(TBS 火 25:28)

撮影賞 CRISIS 公安機動捜査隊特捜班

主題曲賞 「棒人間」 RADWINPS (フランケンシュタインの恋)

「怪獣倶楽部」はたった4話で終わってしまったのが残念。もっとも、あれだけ完成度の
高そうな怪獣の着ぐるみは、深夜枠では毎回作れないでしょうけどね。本郷奏多や
柄本時生など「ウルトラ第1期」をほぼ知らない俳優ばかりでドラマを作っているのも
面白い試みですね。最終回に「アンヌ隊員」ことひし美ゆり子が出ていたのはファン
サービスですね。ワタクシ、ひし美サンには「ちょっとトホホ」な思い出があるのですが、
それは言わないでおきます。
「人は見た目が・・・」や「ボク、運命の人です」は、妄想シーンの入れ方やエンディング
のダンスなど「逃げ恥」を意識してるように感じました。でも、そう柳の下にドジョウは
何匹もいませんやね。
「孤独のグルメ」は6シーズン目ということで殿堂入り。ランキングに入れませんでした。
でも、東大和市のお店を取り上げてくれたので、嬉しかったです。

メガ91
アレって街中で歩いてるときに掛けるモノじゃないスよね?


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

農兵訓練の栞⑥

なかなか更新ができずスミマセン。

今年は戊辰戦争から150年なんですよね。
で、こんなブログ書いていることと、江戸文化歴史検定の1級を持っていることから、今年は
いろんな所から講座のご依頼が多くありまして、ちょっとバタバタしておりました。

遅れておりました「農兵の栞」ですが、いよいよ今回が最後になります。
前回は銃剣・銃槍の扱い方が書いてありましたが、最後の項目となる今回ご紹介する部分
は、はたして何が書いてあるのでしょうか?

DSCF0553a.jpg

「撒兵号令司」とあります。

DSCF0554a.jpg
DSCF0555a.jpg

2ページ半とそれほど量は多くはないですが、撒兵への号令と、その動き方が書いてあり
ます。これには、銃剣よりさらに驚きました。

ペリーが来航して以来、幕府は外国の軍隊に対抗するべく軍組織の改編に当ります。
そうやって作った幕府陸軍は歩兵・騎兵・砲兵の三編成となりますが、ここで一番多くの
人員が必要となるのは歩兵です。

幕府は旗本など幕臣から、禄高によって領民を差し出させ、この人々に歩兵隊に入隊させ
西洋式訓練を受けさせました。これを「兵賦令」といいます。500石未満の旗本は金納、
500石以上で1人、1000石で3人、3000石で10人の人員を出さなければなりませんでした。

一方、撒兵隊は御目見え以下の御家人などから編成された部隊です。
つまり、この栞に書いてある指導法は、幕府の正規陸軍と同じ内容であるということが推測
できるわけです。

文久3年に幕府は「江川代官支配地に限って」農兵の設置を許可しました。
これは、幕府が清河八郎の建言を容れて浪士組を組織させたように、当時は不逞浪士などに
よる治安の悪化がひどかったので、天領の治安は領民が自衛を強化するべしという考えの
元で許可されたものでしょう。
当時の幕府の考えとしては、関東取締役や組合村の設置の延長線上と捉えていたのかも
しれません。

ところが、慶応2年(1866)の第二次長州征伐で幕府は多摩の農兵を兵力として遠征させ
ようと考えます。この計画は同時期に「武州世直し一揆」が発生したため取りやめとなります
が、慶応3年(1867)には兵賦とは別に、幕府は組合村の中から有能な者を武士として
取り上げようという計画も立てています。
「侍にはなりませんのだ」クリック!)
元治から慶応にかけて、幕府内で農兵の目的が大きく変わったことが推察できます。

当時、武士は刀鎗にまだこだわる人が多く、西洋銃の訓練を「武士がやることではない」と
拒絶する者も多かったといいます。
武術・武芸に執着のない庶民階層出身者の方が、西洋式軍隊訓練の順応性が高く、そう
いった人々から組織された奇兵隊や伝習隊が力を発揮するのは、この後の戊辰戦争を
見ても明らかです。

幕府もこのことに早くから気づき、各組合の農兵を幕府陸軍に取り込もうとしていたのかも
しれません。
また、この「農兵訓練の栞」のような指導法マニュアルが各村にあり、農兵の中からも指揮官
を育成するプログラムがあったのかもしれません。

メガ90

ところで、冒頭に書いた講座ですが、6月は文京学院大学生涯学習センターさまで土曜日
に「戊辰戦争を佐幕側から見る」というテーマでお話してきました。講座の中身は

●上野戦争 彰義隊と振武軍
●奥羽越列藩同盟の結成と崩壊
●新徴組と庄内戦争
●榎本武揚と旧幕府艦隊

こんな所を扱いました。
ちょっと時間が足りなくなって駆け足になってしまった所もありましたが、おおむね好評で
アンケートの結果もよろしかったようなのでホッとしています。
講座の後で、戊辰戦争時の欧米諸国の局外中立について熱心にご質問された女性がいらして、
こちらの方が感心させられました。ワタクシの解説でおわかりいただけましたでしょうか?

今後ですが、7月と10月に小学館集英社プロダクションさまの「江戸楽アカデミー」でも講座
をさせていただきます。

「江戸楽アカデミー 夏期・秋期講座」クリック!)

10月はまた戊辰戦争関連の講座なのですが、さっき見たら講座申し込みがすでにSOLD OUT
になっていたんだけど、ホントかなぁ?まだ発売前ってことかな?
気になった方は問い合わせてみてください。
7月は「江戸歌舞伎・初級入門」です。コレは昨年やって好評だったので、リバイバルですね。
基本的に「江戸文化歴史検定試験対策講座」なのですが、検定を受けても受けなくても、楽しく
受講できる内容になっております。
まだお席はあるようですので、ご興味のある方はぜひどうぞ!

11月にはまた文京学院大学生涯学習センターさまで講座をさせていただく予定ですが、次回
は座学ではなく都内の史跡街歩きになる予定です。どこに行くかはまだナイショですが、おそ
らく幕末は絡んでくるでしょうな。

「文京学院大学生涯学習センター」クリック!)
コチラ、まだ秋期以降の情報は上がっていませんので、ご参考までに。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

新選組漫画 184 夏の侵入者

20170616.jpg

先日、台所で2匹、脱衣所で1匹と、一晩で3匹のゴッキーを射殺(殺虫剤で)。

ゴッキーは思われてるほどバイキンは持ってないと聞いたコトがありますが、それでも
見かけるとイヤなものですね。
やっぱり、あのビジュアルとカサカサ動くあの走り方が生理的に嫌悪感を誘うので
しょうか?
たとえば、夜中に台所の電灯を点けてそこにいたのがアゲハチョウとかオオゴマダラ
だったら、すぐさま写メ撮って「夜中の台所、蝶とんでるナウ」とかSNSに投稿することは
あっても、殺虫剤で射殺することはまずないでしょう。
同じ虫なのに。
ゴッキーを不憫だなぁ、と思わないこともないですが、でも見つけたらやっぱり攻撃態勢
をとりますね。やっぱり、ゴッキー嫌だ。

思えば、今まで何匹のゴッキーを抹殺してきたことでしょう。
ただ、これも我々人間とゴッキーに圧倒的な体格差があればこそですよね。
これでゴッキーがトランスフォーマーの「じょじょじょ・・・」みたいになるとか、そうでなく
とも秋田犬くらいの大きさに成長するとかしたら、あの運動能力からしてまず人間に
勝ち目はないですよね。
ホイホイにも入らないし・・・。
走ったら、確実にボルトを越えますよ。恐ろしい。
そんなのが、今まで仲間を抹殺してきた復讐にやってきたら、どうしましょう・・・!

今、一番ワタクシが恐れているのはゴッキーの突然進化なのです。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

農兵訓練の栞⑤

「農兵訓練の栞」は第五部へと続いて行きますが、ここではそれまでの「第一教」など
のように小見出しのタイトルがつけられているわけではなく、およそ3ページに渡って
「半小隊ヲ造ル法」について書かれています。

半小隊から、さらに「四半小隊ヲ造ル」と記されていたりして、さらに複雑な動きを
していたのだなぁと思いますが、実際にその動きを目で見てみないとイメージしにくい
ところはありますね。

今回ご紹介したいのは、その次の項目です。

DSCF0549a.jpg

「銃槍使用号令」です。
農兵たちの扱っていた小銃は、銃剣付きの銃であったことがわかります。

たしかに、以前「東大和郷土博物館」の「幕末展」に展示されていた、市内に現存する
ミニエー銃には先端に剣が付いてあるものがありました。

IMG_0253a.jpg
IMG_0254a.jpg

展示案内にもあるように「銃剣」が一般的ですが、斬ることよりも突くことに特化した「銃槍」
が正しい名称のようです。栞にもそう書いてあります。
Wikipediaによれば、「銃剣・銃槍」は幕末期に西洋銃と共に輸入されたものの、当時の日本人
は白兵戦では日本刀を使った方が戦いやすかったようで、普及したのは明治維新後だと
あります。
「戊辰戦争絵巻」などを見ると、薩摩や長州の兵士たちが銃槍の付いた小銃を担いで行進
している絵が描いてありますので、そのくらいの時期からなのでしょう。

おそらく武士としては剣術の修行もしているだろうし、心情的にも刀で戦いたいというこだわり
があったのかもしれませんが、近代軍制の中心となる歩兵は農民・町民が含まれていますから
銃剣・銃槍を受け入れやすかったのかもしれません。

ということで、農兵もこの銃槍で戦う訓練を指導されていた、ということのようです。

DSCF0550a.jpg
DSCF0551a.jpg

突くだけではなく、防御方法もしっかりと。

DSCF0552a.jpg

ワタクシが以前、博物館でこのミニエー銃を見たときはそれほどの関心をもって
銃槍を見たわけではありませんでした。
「農兵は西洋銃を使って訓練をしていた」という部分の方ばかりが頭の中で、クローズ
アップされていたのですが、こうして追っていくと、ただ単に射撃訓練をしていたのでは
ないということが、ますますわかってきます。

メガ89


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ