FC2ブログ

「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方③

「青天を衝け」第3話ではいよいよペリーがやって来て、日米和親条約が締結
されました。
残念だったのは、従来のごとく「幕府がアメリカの砲艦外交に屈して」開港した
と演出されていた所ですねぇ・・・。開港通商を要求してきた軍人ペリーに対して、
幕府は林大学頭を筆頭に学者と官僚が国際法を分析して、日本の主張を押し
通し、人命救助や食料の供給など人権保護の面で開港を譲歩したと、そろそろ
視点を修正してもいいだろうと思うのですが。

あと、お台場設置を評議しているシーンがチラっとありましたので、「江川太郎
左衛門登場か!?」と期待しましたが、全く出てきませんでしたね(泣)

ただ、ドラマにも描かれていたように、岡部藩の要求に苦しんでいた当時の
渋沢栄一や喜作の眼から見れば、幕府がアメリカの軍事力に屈して港を開いた
と理解したとしても、無理なからぬことだったでしょう。

「商売は面白ぇだにー」と将来の実業家を匂わせる栄一に対し、「オレは剣術で
身を立ててぇ」と喜作は千代に語ります。
これもまた、将来喜作こと渋沢成一郎が彰義隊結成を匂わせるシーンでした。

ココから先はネタバレ御免。
まぁ、150年前の史実ですから、ネタバレもナニも無いのですがw

同じような環境に育ち、同じように一橋家臣となり、そのままエスカレーター式に
幕臣となった栄一と成一郎の2人ですが、運命の分かれ道がやってきます。

それが慶応3年(1867)4月から開幕したパリ万国博覧会です。

この万博は日本が初めて参加した万博で、幕府の代表として慶喜の弟・徳川昭武
がパリに派遣されました。昭武は当時15歳、空き家になっていた御三卿の一つ
清水家の当主に収まっておりました。

御三卿というのは大名と異なり、将軍の家族という認識です。
大名は世継ぎがいなければ断絶ですが、御三卿はただ空き家になるだけ。また
そこに徳川の身内で適任者がいれば、そこの当主に入ります。
昭武が入る前も、清水家は20年間当主が不在でした。

まぁ、そんなシステムですから大名家や大身旗本家のように十分な家臣団がおり
ません。なので、昭武の随行員は幕府から選り優りのエキスパートが選ばれました。

その中の一人に栄一が選ばれたのです。仕事は会計方。栄一にピッタリの仕事。
このとき共に選ばれた幕臣には、維新後に外交官として活躍する田辺太一や
法政大学の前身・和仏法律学校の初代校長を務める箕作麟祥、箱館戦争の際に
日本で初めて赤十字活動を行った高松凌雲など、錚々たる面々でした。

ちなみにこのとき、栄一は千代と結婚し娘が一人いましたが、跡継ぎがいない。
生きて帰れなかった場合、家を継ぐ者がいないというのは幕臣としてできない
こと・・・ということで千代の弟で栄一には従弟に当たる尾高平九郎を見立養子
に迎えております。

一方の成一郎は何をしていたか?
彼は彼で将軍慶喜の信任を得て、陸軍奉行支配調役から奥右筆格に取り立て
られています。現代で言うなら秘書室長ですから、彼もまた優秀だったということ
ですね。

しかし、時代はいよいよ大政奉還から王政復古の大号令、そして鳥羽・伏見の
戦いへと突入していきます。
この情報はヨーロッパにいる昭武らにも伝わりますが、航空機のない時代、どう
できるものでもありません。栄一も気が気ではなかったでしょう。

成一郎は敗色濃くなった鳥羽・伏見の戦いでも、活躍します。
といっても、若い頃に誓った剣の腕ではなく、事務方として能力を発揮。
続々と大坂へ引き上げてくる幕兵を、江戸に還さなければ、いけない。成一郎は
紀州藩と談判し、大型船の明光丸を借り受け、慶喜に置いてきぼりにされた
幕臣らの帰路の監督に汗を流していたのです。

栄一らパリ万博御一行様が、ようやく横浜に帰り着いたのは慶応4年(1868)
11月3日。
すでに幕府は無く、船から横浜港に降りたった栄一の胸に去来するものは何だった
のでしょうか。


吉沢亮a角野卓造a

突然クイズです。
上写真の2人の共通点は何でしょう?





答えは

大河ドラマで渋沢栄一を演じた人。

左は「青天を衝け」の主役、吉沢亮さん。

右は「獅子の時代」でちょっと出て来た、角野「幸楽」卓造氏。

リアルな渋沢栄一は右の方が近いのかな・・・?


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方②

「青天を衝け」なかなか面白いスタートで、この先を期待させる出足だったと思います。
前回当ブログで疑問符をつけた「キタキン徳川家康問題」も、納得。
番組の冒頭に登場して1話目では「明治の世を作った者の中には有能な幕臣もいた」
2話目では「江戸時代は鎖国をしていたわけではない。幕府による管理外交が行われ
ていた」
という事実を、東照大権現様自らが語っておられます。

未だに続いている「幕府が腰抜けだったから欧米列強に屈した。幕臣はヘタレばっか」
という従来の日本史学習に一石を投じてくれるのではないかと、ちょっと期待しちゃい
ます。
「こんばんは。徳川家康です」
今年の流行語大賞候補に、ぜひどうぞ!

さて、2話目でとても印象的に扱われていたのが血洗島の獅子舞でした。
栄一、喜作少年が大人へと移行するシーンにも使われ、彼らにとってとても大事な
イベントだったことが強調されています。
ただ、この獅子舞、正月に門付けにやって来る獅子舞とも、歌舞伎の「鏡獅子」や
「連獅子」とも違います。ご覧になった中には「何だコレ?」と思った方がいたかも。

獅子舞
鏡獅子

これらの獅子とは全く異なるビジュアルです。

この獅子舞は「三匹獅子舞」という、武蔵から北関東一帯で見られる伝統芸能です。
一人一体の獅子が3体出てきて、五穀豊穣などを祈念して踊る獅子舞です。
獅子は身体の前に小さな太鼓を付けており、笛やささらの演奏に合わせて太鼓を
打ちながら踊ります。

東大和市域にも同じような獅子舞が伝統芸能として保存されています。

高木獅子舞

コチラ、市内の高木神社に伝わる三匹獅子舞です。
wikiなどを見ると、三匹獅子舞には地域によって天狗や猿、河童、神主などもう一体
の踊り手がいることが多いとのこと。
確かにその通りで、高木神社の獅子舞には「狐」がいます。
「青天を衝け」の番組終わりに紹介された「紀行」を見ると、血洗島の獅子舞には
4体目のキャラはいないようでしたけどね。

高木獅子舞2

幕末ファンの方だと、会津戦争の折、日光口から退却してきた山川大蔵隊が敵軍に
包囲された若松城に入城するために、彼岸獅子を装って行進、呆気にとられた敵の
隙をついて入城に成功するエピソードをご存知のはず。
あの彼岸獅子も三匹獅子舞の一種ですね。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方①

コロナ禍によるイレギュラーもありましたが、大河ドラマ「麒麟がくる」もついに
終わりました。ラストシーンで光秀生存説を匂わすあたりにビックリしましたけど、
アレはアレで余韻の残る良いラストだったと思います。あのラストであれば、光秀と
家康がやたら親しんでいた伏線も理解できます。まぁ、そうなると家康の伊賀越えは
なんで?という矛盾も出てくるんですけど、ドラマだからいいでしょう。
オレデミー大賞の順位も上げておきたいと思います。

さて、今週から始まるのは「青天を衝け」。渋沢栄一のお話です。演じるのは朝ドラ
「なつぞら」で主人公の幼馴染・夭逝の天才画家を演じた吉沢亮
ですが、当ブログで注目したいのは栄一の従兄弟、渋沢喜作こと、後の渋沢成一郎の
方です。
すでに当ブログでも何度もご紹介しておりますが、戊辰戦争の折に彼が組織した部隊が
彰義隊です。まぁ、いろいろありまして、成一郎は上野戦争には参戦せず、振武軍という
新たな部隊を組織して青梅街道を西へ進み、狭山丘陵を抜けて飯能まで進軍します。
その道中、この東大和市域にも立ち寄ったと、こういう史実があるわけですな。

栄一と喜作は若い頃は行動を共にし、尊王攘夷運動にも加担、横浜の外国人居留地を
襲撃する計画なんぞも立てたりします。しかし、一橋家からスカウトを受け、180度転身
して一橋家家臣へ、そして幕臣へと取り立てられていくのです。
この喜作にキャスティングされたのは高良健吾。彼もまた朝ドラ「おひさま」で主人公の
夫役で認知度を一気に上げ、大河ドラマ「花燃ゆ」で高杉晋作を演じました。
主演もできる彼が演じるということで、渋沢喜作(成一郎)にもかなりスポットを当てて
いただけるのではないかと期待を膨らませております。

さらに、栄一、喜作の従兄弟で、栄一の見立て養子となる渋沢平九郎に岡田健史
平九郎は写真も残っており、なかなかのイケメンです。岡田健史は昨年のドラマ
「MIU404」でも好演している期待の若手俳優。これは、平九郎が戦う飯能戦争
もクローズアップされるかもしれません。

また、平九郎の兄・尾高新五郎(惇忠)には田辺誠一。水戸学に傾倒し、栄一らの
尊王攘夷思想に影響を与えた兄貴分的な存在。彼もまた彰義隊に参加します。
教師役なども多い田辺誠一にはピッタリな配役。

とまぁ、こんなワケで「幕末多摩ひがしやまと」的には高良健吾演じる、渋沢喜作・
成一郎にぜひスポットを当てたい所存。

実はワタクシ、来月に市内の公民館で小規模ですが渋沢成一郎と振武軍について
講座を持たせていただきました。そこで、過去にも書きましたが今一度、成一郎周辺
のことを書き出してみることにいたします。

渋沢成一郎a
渋沢成一郎(明治以降は幼名の喜作に名前を戻した)

ところで一番ビックリしたキャスティングは、「あさが来た」以来の五代友厚にディーン・
フジオカ
でも、西郷どんに博多華丸でも、土方歳三に「チェリまほ」の町田啓太でもなく、
徳川家康に北大路欣也ということでしょう!

いや、キタキン先生はいいんですよ、どんな役をされようが。
でも、なぜ家康?なぜ、徳川幕府初代将軍?
「麒麟がくる」のラストの伊賀越えを無事に成功させましたよーって、視聴者報告?

まさか幕府開府から一通り江戸時代を俯瞰していって、幕末の渋沢栄一が登場する
のは6月頃・・・なんてバカな話にはなりませんよね?


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

続きを読む »

オレデミー大賞 2020年 大賞発表

年が明けまして、いきなりの首都圏への緊急事態宣言です。
不要不急の外出は避け、家でドラマでも見ていることにいたしましょう。
というワケで2020年オレデミー大賞の発表ですが、先ずは10月期の
オレデミーランキングを見てみましょう。

10位 リモラブ 普通の恋は邪道 日テレ 水 22:00
9位  七人の秘書 テレ朝 木 21:00
8位  共演NG テレ東 月 22:00
7位  極主夫道 日テレ 日 22:30
6位  タリオ 復讐代行の2人 NHK 金 22:00
5位  恋する母たち TBS 金 22:00
4位  危険なビーナス TBS 日 21:00

「リモラブ」コロナ禍を意識したドラマは必ず出てくると予想しましたが、恋愛もの
でもコメディにしたところが成功ですね。松下洸平演じるアオちゃん、あんな天然は
なかなかいないと思うけど、コロナでうんざりしている中で、ああいうキャラクターは
ホッとさせるのかも。

「七人の秘書」七人の○○というのは黒澤明の頃から定番。キャラクターを多く
出せるので物語は面白く作れますが、全8話では全てのキャラが描ききれない
ですね。広瀬アリスがもったいなかったです。

「共演NG」中井貴一のコメディは面白いです。登場人物が全て共演NGを含む
ペアで組めるという構成が、なんか演劇的な感じもしました。

「極主夫道」主人公をはじめとするキャラクターを、テレ東深夜枠並にバカバカしく
作ることに徹したのが○。「エール」の御手洗先生を快演した古川雄大がここでも
警官役でコメディを好演。先輩の山崎育三郎に続く期待感を抱かせます。

「タリオ」浜辺美波上手い!岡田将生との掛け合いは見応えありました。

「恋する母たち」柴門ふみって好きじゃないんですけど、今期の恋愛ドラマの中では
これが一番だったかな。木村佳乃、小泉孝太郎らのキャスティングがとても良かった。
中でも矢作兼、渋川清彦は存在感が有りました。ただ・・・吉田羊の息子(奥平大兼)
がLGBTである必然性はあったのか?仲里依紗の息子(宮世琉弥)のラップ「饅頭
こわい」はどう考えても売れねーだろと思ったし、落語家役の阿部サダヲの一人称が
いつも「アタシ」というのもセンスの悪さを感じたなぁ。いくら落語家だって恋人の前
じゃアタシなんて言わないでしょ。これらのセンスは脚本?原作?

「危険なビーナス」妻夫木聡はこういう「事件に巻き込まれ」型がとても似合いますね。
まぁ、獣医にはあまり見えませんでしたけど。最終回まで犯人が分からない展開は
うまく持っていったと思います。「テセウスの船」でせいやが真犯人だったことで多少の
ガッカリ感があったことが原因したのか、今作では大物俳優が犯人でした。確かに
ストーリー的には「意外な人」なんだけど、ストーリーを追う上でこの俳優さんがこんな
役?という不自然さはずっとあったので、最終回は「やっぱりそうだったのね」の方が
大きかったかな。まぁ、ミステリーのキャスティングって難しいですね。

3位 麒麟がくる NHK 日 20:00
この記事を書いている時点で最終回・・・たぶん一番肝心な本能寺の変を迎えて
いないので評価していいのかというのはありますが、一年を通して大河らしい大河
ドラマでした。コロナ禍で大きくスケジュールが変わってしまったのは否めないと
思いますが、前半部分に時間をかけ過ぎたのではないでしょうか。光秀のキャラク
ターをしっかりと作り込みたいという意気込みからでしょうが、信長の家臣になって
からが相当な駆け足になってしまった印象です。信長役の染谷将太は新しい信長
像を作り出して秀逸。一方、秀吉(佐々木蔵之助)以外の信長家臣団の描き込みが
薄かったのは残念。

2位 35歳の少女 日テレ 土 22:00
10歳の少女が事故に遭い、25年後に目覚めた世界。35歳の肉体を持ちながら精神
は10歳という難しい役どころを柴咲コウが好演しました。わりと現実感の薄い話だと
思うのですが、主人公の家族を演じた橋本愛や田中哲司がド現実で非情な日常を
上手く演じていたため、ドラマに奥行きが出たと思います。鈴木保奈美の白髪はちょっ
とビックリしました。もちろん演出でしょうが、ワタクシと同年代だし、そうなってても
おかしくないんですね。ちょっと、遠い眼をしてみる・・・。

1位 エール NHK 月~金 08:00
作曲家・小関裕而とその妻金子をモデルにした朝ドラ。山崎育三郎、古川雄大、古田
新太らの怒涛のギャグシーンと、森山直太朗らのシリアスシーンの差がものすごく
ありましたが、主人公の窪田正孝、二階堂ふみの演技のうまさで違和感なく見られ
ました。コロナ禍で途中中断もあったけど、その間に1話から見返せたのも良かった
かなと思いました。まぁ、野球ファンのワタクシとしては「紺碧の空」や「栄冠は君に
輝く」は大好きな曲ですので、そういう思い入れもあります。山崎育三郎の歌はその
まま発売してもらいたい。

深夜枠。

3位  テレ東 金24:52
3位 マリーミー! テレ朝 土 26:30
2位 あのコの夢を見たんです テレ東 金 24:12
1位 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい テレ東 木 25:00

またもやテレ東の独占ですが、全体的に今期の深夜は低調だったように思います。
「30歳まで・・・」は昨今多くなったボーイズラブ系。「おっさんずラブ」のような
コメディというわけでも、社会性を持たせたシリアスというわけでもないですが、そこが
良かったのかな。あくまでもごく普通の恋愛ととらえた視点で、ことさらLGBTを
理解しろとかメッセージ性を押し付けないのが成功したと思います。
「あのコの・・・」仲野太賀待望の主演作・・・とはいうものの、毎回のゲスト女優が
主役であり、太賀は終始助演に勤めて正解。彼は同世代最高のバイプレイヤー
です。
「マリーミー!」は主演の久保田琳加が好演。「猫」は全編ロケ地となった三浦半島
(らしいです)の街並み描写が心地よかったです。

主演男優賞 窪田正孝(エール)
主演女優賞 柴咲コウ(35歳の少女)
助演男優賞 染谷将太(麒麟がくる)
助演女優賞 石橋静河(この恋あたためますか TBS 火 22:00)

主題曲賞 King Gnu「三文小説」(35歳の少女)
撮影賞 
美術賞 タリオ 復讐代行の2人

以上を踏まえて、2020年のオレデミー大賞は・・・

10位 麒麟がくる NHK 1年期
9位  35歳の少女 日テレ 10月期
8位  心の傷を癒すということ NHK 1月期
7位  レンタルなんもしない人 テレ東 4、7月期
6位  テセウスの船 TBS 1月期
5位  MIU404 TBS 7月期
4位  半沢直樹 TBS 7月期
3位  エール NHK 1年期
2位  親バカ青春白書 日テレ 7月期

大賞 コタキ兄弟と四苦八苦 テレ東 1月期

主演男優賞 窪田正孝(エール)
主演女優賞 柴咲コウ(35歳の少女)
助演男優賞 染谷将太(麒麟がくる 危険なビーナス)
助演女優賞 芳根京子(コタキ兄弟と四苦八苦)

主題曲賞 Creepy Nuts 「オトナ」(コタキ兄弟と四苦八苦)
撮影賞  テレ東 10月期
美術賞 探偵 由利麟太郎 フジ 4月期
新人賞 久保田琳加(マリーミー)
        R-指定(閻魔堂沙羅の推理奇譚 危険なビーナス)

「コタキ兄弟と四苦八苦」は良かったです。滝藤賢一と古館寛治が主演という、深夜
ならではのキャスティング。見るたびにクセになっていくドラマでした。芳根京子を
交えた3人の関係に、最終回は不覚にもキュンとしてしまいました。
「麒麟がくる」が10位なのは現時点で最終回を迎えていないからで、本能寺如何では
もっと上にいくかもです。
新人賞に上げたCreepy NutsのR-指定。「閻魔堂沙羅の推理奇譚」はゲスト出演でし
たが、とんでもないクズ人間を素晴らしく好演。今後も期待します。
10月期にスタートしたフジ系の「朝顔」、テレ朝系の「24 JAPAN」はまだ続いています
ので、評価は次月期に。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2021年 年賀状

2021年賀状

今年もよろしくお願いいたします。



「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ