幕末、銭勘定!もうかりまっかッ!?

いよいよ夏休みですが、海外に行かれる方も多いのではないかと思います。
海外旅行でイマイチ面倒なのが、お金の計算ですよね。
円からその国の通貨に替えなければならないでしょ。滞在先が1ヶ国なら
それほどでもないですが、2~3ヶ国を回るなら、イチイチ両替しなきゃならな
くって面倒ですよねぇ。
ヨーロッパならだいたいユーロになったんで便利なようですけど、ワタクシは
以前、ベトナム・カンボジア・タイ辺りを回ったコトがありまして、めっちゃ面倒
くさかったです。
まぁ、米ドル持ってればオールマイティーに使えるんですけどね。

江戸時代のお金は、金貨・銀貨・銭貨と3種類ありまして、それぞれが独立
した形態をもっていました。このあたりの事情は歴史の授業でも習ったかと
思います。
つまり、日本国内の中で3種の通貨が使われてたってことですね。
今風で喩えるなら給料は円で貰って、昼食の吉牛はドルで払い、夜の合コン
はユーロでね、というカンジでしょうか?

なので、江戸時代の人たちはお金に関する計算が、現代人より格段に優れて
いたように思います。
「里正日誌」でもご紹介しましたが、御褒美にいただいた「銀貨」をその時の
レートで村人に「銭貨」で分け与えるなど、とても複雑な業務を平然とこなして
います。
江戸時代人を現代に連れてきたら、みな優秀な銀行員になれますよね。

さて、今回はその複雑な江戸時代のお金が、この幕末期さらに複雑になって
いった、というお話です。

慶応元年(1865)閏5月25日、支配所より次の回状が廻ってきました。

「近来諸国とも銭が底を尽き差支えがある。このことは銅の値段が高値になり、
銅銭への釣合いがとれなくなったからだと聞く。
真鍮銭、文久銭、銅小銭とも、それぞれそのままの相場に任せ、1枚につき
相応の歩合を増して通用させること。百文銭、鉄銭はこれまで通りなので、
何れも差支えなく通用致すべきこと。このことは世の中を滞りなく通すという
考えがあってのことなので、その旨を心得ること。
万が一にも両替商が利徳のために不正の取り計らいをしたならば、罰せられる
べきことである。
但し、銅小銭の内、耳白銭は引き替えさせるので、両替商たちの方へ差し出す
べし。代りの銭は相当の相場を以て渡されるので、貯め込まずに差し出すよう
申し付ける。」


寛永通宝っていう、銭形警部平次親分が投げる、あの小銭。
あれは江戸時代を通じて作られた銭貨なんですけど、実は年代によってマイナー
チェンジされてるんです。
一般に寛永通宝って銅でできてるんだろうなぁ、と思いがちですが、銅の供給
不足などの理由で元文4年(1738)頃から鉄一文銭という鉄銭を使うようになり
ました。
でも、これがあまりに評判悪いんで明和5年(1768)に、銅と亜鉛の合金ででき
真鍮銭を作ります。この硬貨は裏に波の模様が描かれてるので、波銭なんて
言われてます。
ところが幕末期になるとまたもや銅の値が上がったんで、銅の量を少なくした銭貨を
作ります。これが文久銭です。

つまり、同じ寛永通宝でも(文久銭は文久永宝ですが)作られた時代によって材質
が変わるため全く価値が異なっちゃってるんですね。
平成元年に作られた10円玉と平成25年に作られた10円玉とでは、価値が違うと
いうようなもんです。

さぁ、ご紹介した回状は、そういった銭貨事情が銅の高騰などでまたまた変わってきた
ため、新しく銭貨の中でレートを決め直すよ、っていう内容なんです。
そして、6月7日。支配所から以下の回状が廻ってきました。

「この度、真鍮銭・文久銭それぞれそのままの相場に任せ、1枚につき相応の歩合を
増すことで通用させることを発表された。 
真鍮銭1枚につき   12文
文久銭同じく      8文
銅小銭同じく      4文
 但し、銅小銭のうち、耳白銭は1枚で銭6文に相当することとして、引換えること。
右の通りに歩合を増して通用すること、両替商たちより町奉行へ申し立て取り決めた
ことなので、右の趣旨を以て通用にて支配所へ早く達するべきこと。」


基準となるのは鉄銭なのでしょう。真鍮銭1枚は鉄銭12枚(12文)の価値があるよ、と
こういうワケですね。
耳白銭というのは正徳年間(1711~15)に作られた、質の高い寛永通宝です。
つまり銅貨の中でもさらにランクの上下があったことがわかります。
銭貨の中でもこれだけの「1枚の価値の違い」があったということで、この回状が
廻る前には相当の混乱もあったことでしょう。
御褒美の分配金で理解し辛い表記があったことも、このことが原因なのではない
でしょうか。

とにかく、江戸時代の人々はこのような複雑な貨幣を自在に扱っていたのですから、
相当の財テクにも長けていたのではないか、という想像もできますよね。
金・銀・銅の相場を読んで一儲け、なんてことはあったでしょう。
そうすると、献金にあれだけの金額を納められるという村の財力は、こんな所にその
ヒントがあるのかもしれません。

20130722.jpg

幕末志士の中で一番人気といえばこの人、坂本龍馬さんでしょう。
しかし、かなりの龍馬ファンが「実像」よりも「小説」の中の龍馬が
好きなのではないかと思うのですが、いかがでしょう?
まぁ、そんなコト言ったら土方歳三さんだって、その通りかもしれま
せんけどね。
龍馬さんは「志士」というよりも「経営者」の視点で行動し、未来を
見ていたとワタクシは思います。そこが当時の佐幕や薩長の志士たち
との違いであるし、新鮮味もあるのでしょうね。



「波動砲、発射ッ!」
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#303 そこで困るのが「鐚」(びた)
 「ビタ一文負けられネー」と大見得を切りたいところですが、記録からは、金納を義務づけられた狭山丘陵周辺の農民は「鐚」で年貢を換算しています。最低限のゼニとの評もあるようで、これでは、村人達は二重に損している感じがします。
 幕末って、金融面から洗い直さないと本物の姿が見えないかもしれません。
 野火止用水
#304 野火止用水さま
なぜ鐚銭で換算して年貢を払ったのでしょうか。そのような命令があったので
しょうか。確かに疑問が残りますね。
資料にあたるまでは、幕末の金融事情がこんなに複雑だったとは知りませんでした。
仰るように、この辺りから解明していかないと、当時の村々と幕府の関係は見えて
こないかもしれませんね。
新たな史料の発見があるといいですね。
#305 作品良かったです
こんにちは。
作品を拝見させて頂きました。
とても良かったです。
これからも素敵な作品楽しみにしています。
頑張って下さい。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
投稿される作品は新作でなくても構いません。あなたがホームページで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には現在、雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/
#306 kitaco
うわははww近藤さんに爆笑!すんごい好きです、この顔w
仕事人を観てますと、色んなお金が出てきますよね。
混乱したものでしたが、そういうワケでしたか。
仰るとおり、龍馬は経営者ですよね。海援隊はまさに!ですものね。
#307 つねさま
ありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。
#308 kitacoさま
近藤局長とガリガリ君って、似合ってませんか?
当時あったら、ぜったい好きだったと思うんですが。

後半の必殺シリーズの頼み料は、けっこう細かいお金でしたが、アレをきれいに
分けていた主水さんはやはり金勘定に強かったんですね。
#309 ランドリーサカモト
銭貨の相場変動は金銀に比べてかなり流動的だったそうですが、
日常最もよく使用する貨幣なので「計算が難しい」とも言っていられなかったのでしょうね~
算法ブームで通貨換算法を記した指南書が多く出回り、商店は通貨換算表を常備、
農民も(資力があれば商業を営むなどして)商人に劣らず計算力が高かった
という当時の世相が、今回のお話からも窺えます。

ちなみに、このやたら複雑で手間がかかる三貨独立を改善するため、
田沼意次は統一通貨を作ろうと試みたそうですね。
しかし両替商の猛反対にあい、実現できなかったとか。

「今一度」ってことは、その前にも誰か日本を洗濯したことがあったのでしょうか?(笑)
#310 東屋さま
コメントへの返事が遅れてすみません。
資料を読むにつれて思うのは、当時の庶民の対応力の強さですね。お上に文句も言えない
時代だからではあるでしょうが、現代人以上のクレバーさも感じます。

誰が洗濯したんでしょうね?(笑)

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する