Let's農兵 新組合を作る!

江川農兵の設置が決まりましたが、ここで一つ問題が。
それは「江川代官所の支配地域に限って」という幕府からの限定範囲命令です。
当時、各村々では代官支配の直轄領と、地頭(旗本)支配の旗本領の両方が
置かれていました。
で、それら周辺の地域がまとまって、所沢村組合を構成していたんです。
つまり、組合の中に代官領と旗本領が一緒に入っていたんですね。

ところが、農兵は代官領に限るってコトですから、村の中から旗本支配地を
抜いた地域だけで新たな組合を作らなければならなくなってきたんです。
ん~、なかなかめんどくさい。
そこで、所沢組合村に所属する48ヵ村の村のうち、旗本支配地を除いて、21ヵ村
で「上新井村組合」、16ヵ村で「拝島村組合」を構成することになりました。
やれやれ。

東大和市域はっていうと、宅部(やけべ)、奈良橋、高木、後ヶ谷(うしろがや)、
蔵敷の5ヵ村が上新井村組合に。芋窪村が拝島村組合に組み込まれました。
これは、所沢村組合とは別個に扱われる農兵専用の組合です。

で、農兵は何人ほど選ばれたのでしょうか?
武蔵村山市史によると、組合村を単位として、壮年男子100人に1~2人の割合で
取り立てることとしたそうです。
文久3年11月時点の上新井村組合の男性人口は「里正日誌」によると3395人。
その中から農兵に取り立てられた者は41人。一方の拝島村組合の男性人口は
7575人で、56人が農兵に取り立てられていました。

その中で東大和からは、どれくらいの人数が農兵になったのかというと、これも
「里正日誌」などで詳細がわかっています。こういう記録が細かく残っているのを
見ると、幕末って近い時代なんだなって思いますね。
後ヶ谷村  2名  名主28歳 百姓28歳
宅部村   2名  組頭倅32歳 25歳
高木村   1名  組頭倅36歳
奈良橋村  2名  名主倅31歳 百姓倅26歳
蔵敷村   2名  百姓倅37歳 百姓倅20歳
芋窪村   2名  (内訳不明)


東大和では、男性人口が一番少ないのは高木村で87人。後ヶ谷村が245人で一番
多い村となっています。全体で9人ですが、この他に同数が予備役として選ばれた
ようですよ。
所沢市史によれば、農兵は「身元よろしき者から選ばれ、5~6年交替が予定されて
いた」とあります。
名主や組頭、その倅といった人たちが多く選ばれているのはそのためですな。

後ヶ谷村では名主自ら農兵に名乗りを上げていますが、28歳ですよ。名主としても
若いですよね。彼は上新井村組合農兵隊の隊頭取、つまり隊長にも就任しています。
上新井村からも名主が2名参加していますが、年齢は17歳と24歳と記録されています。
幕末期には、こうした若い世代が地域のリーダーになっていたことが伺えます。
この時期に活躍した志士たち、西郷どんも大久保も、桂小五郎も坂本さんも、もちろん
近藤さんや歳三さんもみな若い世代ですが、中央だけではなくそれぞれの地域でも
若い指導者が出てきた時代だったんですね。

ところで、他の地域ではどうだったんでしょう?
農兵に積極的に関わった地域としては、新選組の地元・日野宿の農兵隊が有名ですが、
ここでは高100石につき1人の割で、15人の正隊員、15人の交代要員が集められた
そうです。日野宿は石高が2200石あるので、30人ではちょっと多いが15人づつの
交代制ならちょうどよかろう、みたいなコトが「日野宿農兵取立書上」に書いてあります。
なんか、余裕かましてるみたいで、チョイ嫉妬します。

東大和なんか、上新井村組合に参加している5ヵ村合計でも高941石ですよ。
まぁ、100石につき1人の割ってトコロでは同じ条件なんでしょうけど・・・。
元々貧しい土地から1~2人の労働力を取られるワケで。
同じ農兵でも、地域によってはそのテンションに差があったことでしょうねぇ。

20130507.jpg

朝ドラで小池徹平クンが「ヒロシです」ばっか連発してるんで、こんなネタ描いちゃい
ました。
新選組幹部の中でもややマニアックな存在でしょうか、武田観柳斎さんのご紹介です。
出雲松江藩の支藩・母里(もり)藩出身で、元は医学生だったといいます。でも、これ
から激動の時代が来ると読んだのか、軍学に進路変更。当時、軍学といえば一番の
ブランド甲州流軍学を学び、新選組にも軍師として採用されます。本名のやたら
現代人っぽい名前を捨て、武田姓を名乗ったのも自分の得意分野を十分に誇示したい
ためだったかもしれません。
近藤局長は、けっこうインテリ系の人を重用したがるクセがあるんですが、観柳斎さんも
その例に漏れず一頃はブレーンとして出張に度々お供をしています。彼は独善的でエラ
イ人にすりよる性格だったと伝わりますが、近藤さんの重用ぶりがそうした性格に拍車を
かけてしまったのかもしれません。
漫画3コマ目のエピソードは「明保野亭事件」といい、観柳斎の命令で会津藩士の柴司が
不審者を槍で突くと、実はその者は当時会津と同盟中の土佐藩士だったという事件です。
結局、柴が切腹することで責任を取ったのですが、当時柴は21歳。観柳斎にとって、
そーとーツライ事件だったハズです。
インテリ度ばかりが注目される観柳斎さんですが、実は池田屋事件など実戦の場でも
活躍していまして、実技の方もなかなかだったのではと思います。
あと、この人について回るのはモーホー・・・つまり男色家疑惑です。これは、イケメン隊士
の馬越三郎に観柳斎が言い寄ってたという話ですが、この話の出所は子母澤寛の「新選組
物語」です。
確かに隊内に男色が流行っていたらしいコトは近藤さんも手紙で書いています。
一方、観柳斎とイケメン馬越は、野口健司という切腹した隊士の埋葬依頼人としてお寺の
過去帳に併記されてるんですね。おそらく隊の任務として偶然2人が務めたものでしょう。
子母澤は小説を書くに当たって、これらをミックスして一つの男色ストーリーを構築したので
はないかと思われます。



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#241 日野の場合
日野農兵組合は、日野宿組合のうち19ヶ村と
府中宿組合のうち日野宿に近い4ヶ村、合計23ヶ村で組織されました。
府中宿組合にも幕領のある村は多いのになぜか江川農兵隊が設置されなかったそうで、
何を設置基準としたのか今後解明されるべき、という論考を読んだことがあります。

ご指摘の「日野宿農兵取立書上」は未確認ですが、
当初30名の農兵取り立てを願い出たとは聞いています。
その後いろいろ変更があったようで、慶応元年9月には日野農兵組合全体で51名、
その中でもダントツは日野宿23名、2位が柴崎村12名になったとか。
また、この時点で農兵の最年長は39歳、最年少は15歳、平均年齢22.5歳だそうです。

12日はいかがでしたか? 私は歳三忌に参加しました。
なお、9日に差し上げたコメントの編集を誤って削除してしまい失礼しました。
つまらない内容だったので、どうぞお忘れください。
#242 東屋さま
9日のコメはメールで確認しました。ありがとうございます。「選」の字は出版の過程で
使いやすかったというのは、確かに仰る通りですね。目からウロコでした。

府中宿で江川農兵隊が作られなかったというのは、初めて知りました。気になりますね。
私も情報を集めたいと思います。
日野宿は佐藤彦五郎が率先して農兵隊を指導していたようで、息子に横浜まで新式銃を
買いに行かせたりしてますからね。農兵隊のモチベーションは一番高かったのではないで
しょうか。

私も12日、石田寺に行ってきました。11時の法要のちょっと前に行きましたので、
さほど並ばずご焼香できました。その後で「土方資料館」にも寄りましたよ。
#243 この時の組み分けが厄介なことに
 組み分けをどのような基準で行ったのか知りたいところです。これまで一緒に行動してきた芋久保村が拝島組合に属したため、農兵の扱いばかりでなく、指令や統計一切分かれてしまい、いまだに、正確な把握が出来ません。困ったものです。勢力者の地域分捕り合戦があったとすれば由々しいことで、何とかして組み分けの裏をとりたいものです。
  野火止用水
#244
低レベルで申し訳ないのですが、大河ドラマの「新撰組」で観柳斎を演じていたのは八嶋智人でしたよね? 先日PARCO劇場で「寺山修司のレミング 壁抜け男」を見てきたのですが、主演が八嶋君で、何か役柄がダブってしまいました。この「ヒロシ」ネタは関くんならでは! 面白かったです。
#245 野火止用水さま
なぜ芋窪村だけが拝島組合に入ったのか、私も資料を見て「あれ?」と思いました。
単純に考えれば、東大和市域の中では一番西側にあるから武蔵村山市域と一緒に編入
させられたという所でしょうが、他に何か意図するものがあるとすれば気になりますね。
#246 極骨!さま
「新選組!」の脚本は新選組大ファンの三谷幸喜が書きましたが、キャスティングが
小劇団系中心というのが彼らしかったですね。
観柳斎って、ドラマなどではあまり取り上げられることのないキャラなので、八島さん
のイメージが定着してる人って多いと思いますよ。
八島さんはメガネがトレードマークなので、どんな役でもメガネを着用するらしいです。
で、共演者がメガネかけて(つまりカブって)ると、とても機嫌悪いとか。

実際の観柳斎はメガネじゃないと思います。(当然?)

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する