fc2ブログ
2022 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312022 09

オレデミー大賞 2022年1月期

少々遅くなりましたが、オレデミー大賞本年最初の1月期発表です。

10位 真犯人フラグ 日テレ 日 22:30
9位 ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇 フジ 木 22:00
8位 DCU TBS 日 21:00
7位 となりのチカラ テレ朝 木 21:00
6位 愛しい嘘 優しい闇 テレ朝 金 23:15
5位 ミステリと言う勿れ フジ 月 21:00は
4位 妻、小学生になる TBS 金 22:00

「真犯人フラグ」は「あな番」と同じく2期にまたがっての放送。真犯人探しの引っ張り
方はいいと思うのですが、その結果はちょっとガッカリかな。謎解きドラマとしては
「天国と地獄」の真犯人の方が意外性があって上手くできてました。「真犯人フラグ」
の犯人も意外っちゃ意外だけど、それだけで、動機が不十分。だいたい最終回に
犯人が自らベラベラ自供するのは下手な脚本。
「ゴシップ」は編集部のチームそれぞれは個性も出てて良かったんだけど、主人公
の黒木華の編集長があまりにも無表情なキャラすぎて、ついて行けない。
「DCU」はネットの書き込みにもありましたが、だんだん水中シーンがセコくなって
きたのがガッカリ。ダイバー×刑事って期待しちゃう設定だけど、海中シーンは
最初の数話だけで、あとは水族館の水槽の中とか温泉の浴槽の中とか、ギャグ
かと思いました。
「となりのチカラ」は松潤が来年の大河ドラマに合わせて、優柔不断な突っ込まれ
キャラの練習作なのかなと思いました。「どうする家康」ってタイトルからして、たぶ
んチカラと同じようなキャラ設定なんじゃないかと?
「愛しい嘘 優しい闇」はミステリーとして「真犯人フラグ」よりも上出来だと思い
ます。林遣都が何者なのかっていう引っ張り方とか。
「ミステリと言う勿れ」は初回を見てメッチャ面白いと思ったんだけど、結局1話を
越えなかったですねぇ。原作の漫画を読んでないんですが、漫画の設定をドラマ
にそのまま持ってくるのも考え物だと思うんですよ。我路とかああいうキャラは
漫画の中ではアクセントになって必要なキャラなんだけど、実写にすると不自然
さがワル目立ちしちゃうんですよね。と、ワタクシは思います。
「妻、小学生になる」の毎田暖乃に圧倒。「おちょやん」でのトータス松本との
掛け合いを見てもスゴイなーと感じましたが、今回は石田ゆり子そのままのキャラ
にしか見えなかったですからねぇ。まぁ、相手役の堤真一や吉田羊、神木隆之介
が上手く受けるからでもあるんでしょうけどね。

3位 恋せぬふたり NHK 月 22:00
アロマンティック・アセクシュアルですか、いわゆる多様な価値観をテーマにした
話っていうと、やたらその価値観を持ち上げる風体の作りが多くなりますが、この
ドラマはそういう価値観を持つ人を描きながら、あえて前面に出しゃばらず側に
こういう生き方もある位のスタンスで描かれていることに好感を持ちました。
高橋一生と岸井ゆきのというキャスティングも絶妙。いわゆる世間からはマイノリ
ティーな新しい生き方をする二人の暮す家が、先々代からの古い日本家屋と
いうのも象徴的で良い設定でした。

2位 カムカムエヴリバディ NHK 月~金 08:00
祖母・母・娘の三代に渡る100年のドラマということで、かなりストーリーが飛ばし
ぎみになるんじゃないかと思いましたが、結果的に中だるみもなく、近年では
「あまちゃん」「エール」に匹敵する名作だったと思います。終盤になるに連れて
伏線の回収祭りとか揶揄されましたが、前半の放って置かれがちなエピソード
を再び思い出させてくれるエンタメ的な手法として、ワタクシはいいと思います。
川栄李奈演じるひなたは、ワタクシと同学年、しかも時代劇フリークということで、
めちゃ親近感も爆上がりでしたw

1位 おいハンサム‼ フジ 土 23:40
現代的な3人の娘と、超昭和な父親の親子が織りなすアットホームコメディ。
吉田鋼太郎のお父さんは頭の中が昭和ではあるものの、それなりに現代の
若者を理解しようとしていて、会社では部下からの信頼もある。この作品に
登場する男性陣(浜野謙太、桐山漣、須藤蓮など)はほぼ全員ポンコツだ。
しかし、そんな彼等を彼氏として選んでしまう三人娘(木南晴夏、佐久間由衣、
武田玲奈)は、さらに輪をかけたポンコツなのである。だからお父さんは娘らに助
言する。自分の考え方が古いとは薄々感じながらも、時には家族全員集合の
号令をかけてスピーチを敢行する。娘らは邪魔くさいなぁという顔をしながらも
呟く。「何言ってんだよ・・・ハンサムが」
令和に生きる人から見れば、昭和の考えは保守的で古臭いかもしれない。
でも、ときにそれは正論でありハンサムなのである。逆に現代の価値観は
ちょっと間違うとポンコツのオンパレードなのである。
超個性的な家族の中で、一人ナナメ上の視点から一家を見渡しているよう
な母親役のMEGUMIが、これまたいいスパイスになってます。
全体として話数が少なかったのが残念。続編を求む!

深夜枠。

3位 居酒屋新幹線 TBS 火 24:58
2位 シジュウカラ テレ東 金 24:12
1位 封刃師 テレ朝 土 26:30


「居酒屋新幹線」は「孤独のグルメ」の亜流と思えば間違いないけれど、駅弁
ではなくお土産物産品を車内で食べるという着眼点は面白いと思いました。
眞島秀和がピッタリ似合ってる。
「シジュウカラ」はそんなに好きなストーリーではないんだけど、俳優さんたちの
芝居が良かったですね。宮崎吐夢のクズっぷりとか酒井若菜のダメっぷりとか。
脇役がいいとドラマも面白い。
「封刃師」は原作と脚本が中島かずきなんですよね。なので、全体の世界観が
「劇団☆新感線」ぽくてね。新感線は好きだから。最近観てないですが。

主演男優賞 高橋一生(恋せぬふたり)
主演女優賞 深津絵里(カムカムエヴリバディ)
助演男優賞 オダギリジョー(カムカムエヴリバディ)
助演女優賞 MEGUMI(おいハンサム‼)

美術賞 恋せぬふたり
撮影賞 シジュウカラ
主題曲賞 「灯火」優河(妻、小学生になる)

その他。
「しもべえ」(NHK)は設定は面白いと思うんだけど、パラリンピックで中断があり、
落ち着いて見られなかったのが惜しいですね。
「鉄オタ道子、2万キロ」(テレ東)こういうセミドキュメント的なドラマは深夜に見る
となんかホッとします。まぁ、ワタクシ鉄っちゃんじゃないけどね。
「ファイトソング」TBS))心に傷のある主人公(清原果耶)、生きるのが下手な彼
氏(間宮祥太朗)、咬ませ犬(菊地風麿)、頼りになるアネキ(稲森いずみ)と、な
んか構成がお決まりっぽくて、印象に残らない。
「ムチャブリ!」(日テレ)高畑充希は上手いんだけどメリハリが大きすぎて、ドタ
バタしてる間に話が終わってた。
「ケイ×ヤク あぶない相棒」(日テレ)刑事とヤクザのバディもの!と思って期待
してたら、なんか雰囲気がボーイズラブ的方向へ・・・そういうドラマだったの?
「逃亡医F」(日テレ)、「ドクターホワイト」(フジ)漫画とか小説ならいいんでしょう
けど、実写ドラマで見せられるとムリが有り過ぎ。
「ユーチューバーに娘はやらん!」(テレ東)細かいギャグを入れるのはいいんだ
けど、センス悪すぎ。遠藤憲一や斉藤由貴の無駄遣いです。「おいハンサム‼」
や「カムカムエヴリバディ」はこういう小ネタが上手いんですよね。

おいハンサム‼a

「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



[ 2022/04/29 ] オレデミー大賞 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikemiketenko.blog.fc2.com/tb.php/446-818aa4c3