fc2ブログ
2021 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 11

「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方②

「青天を衝け」なかなか面白いスタートで、この先を期待させる出足だったと思います。
前回当ブログで疑問符をつけた「キタキン徳川家康問題」も、納得。
番組の冒頭に登場して1話目では「明治の世を作った者の中には有能な幕臣もいた」
2話目では「江戸時代は鎖国をしていたわけではない。幕府による管理外交が行われ
ていた」
という事実を、東照大権現様自らが語っておられます。

未だに続いている「幕府が腰抜けだったから欧米列強に屈した。幕臣はヘタレばっか」
という従来の日本史学習に一石を投じてくれるのではないかと、ちょっと期待しちゃい
ます。
「こんばんは。徳川家康です」
今年の流行語大賞候補に、ぜひどうぞ!

さて、2話目でとても印象的に扱われていたのが血洗島の獅子舞でした。
栄一、喜作少年が大人へと移行するシーンにも使われ、彼らにとってとても大事な
イベントだったことが強調されています。
ただ、この獅子舞、正月に門付けにやって来る獅子舞とも、歌舞伎の「鏡獅子」や
「連獅子」とも違います。ご覧になった中には「何だコレ?」と思った方がいたかも。

獅子舞
鏡獅子

これらの獅子とは全く異なるビジュアルです。

この獅子舞は「三匹獅子舞」という、武蔵から北関東一帯で見られる伝統芸能です。
一人一体の獅子が3体出てきて、五穀豊穣などを祈念して踊る獅子舞です。
獅子は身体の前に小さな太鼓を付けており、笛やささらの演奏に合わせて太鼓を
打ちながら踊ります。

東大和市域にも同じような獅子舞が伝統芸能として保存されています。

高木獅子舞

コチラ、市内の高木神社に伝わる三匹獅子舞です。
wikiなどを見ると、三匹獅子舞には地域によって天狗や猿、河童、神主などもう一体
の踊り手がいることが多いとのこと。
確かにその通りで、高木神社の獅子舞には「狐」がいます。
「青天を衝け」の番組終わりに紹介された「紀行」を見ると、血洗島の獅子舞には
4体目のキャラはいないようでしたけどね。

高木獅子舞2

幕末ファンの方だと、会津戦争の折、日光口から退却してきた山川大蔵隊が敵軍に
包囲された若松城に入城するために、彼岸獅子を装って行進、呆気にとられた敵の
隙をついて入城に成功するエピソードをご存知のはず。
あの彼岸獅子も三匹獅子舞の一種ですね。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



[ 2021/02/26 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(2)

高木神社の獅子

高木神社の獅子舞の登場ですか!
これはすばらしい。
私も地方から出て来た者なので、最初はこの「人間型獅子舞」に違和感を覚えましたが、これはこれですごくかっこいいと思います。
「武州」の多摩、入間、高麗の土着文化ですね。

高木神社の獅子舞は実際には見たことがないのですが、
境内に立つ獅子舞の銅像はすごくいいですよね。
一度この目で動く姿を見てみたいものです。
[ 2021/03/03 21:09 ] [ 編集 ]

甚左衛門さま

ワタクシの母は茨城出身で、地元では獅子舞が盛んだったらしいのですが三匹獅子舞ではなかったようで、ドラマの獅子舞を珍しそうに見ていました。関東でも全域で行われていた獅子舞ではないようですね。
高木獅子舞は途中で途絶えていたものを、なんとか再現して現在継承されています。
昨年はコロナ禍で残念ながら、例大祭とも中止となってしまいました。今年はどうなることでしょうか?
[ 2021/03/04 09:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikemiketenko.blog.fc2.com/tb.php/413-8937251f