fc2ブログ
2021 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 11

「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方①

コロナ禍によるイレギュラーもありましたが、大河ドラマ「麒麟がくる」もついに
終わりました。ラストシーンで光秀生存説を匂わすあたりにビックリしましたけど、
アレはアレで余韻の残る良いラストだったと思います。あのラストであれば、光秀と
家康がやたら親しんでいた伏線も理解できます。まぁ、そうなると家康の伊賀越えは
なんで?という矛盾も出てくるんですけど、ドラマだからいいでしょう。
オレデミー大賞の順位も上げておきたいと思います。

さて、今週から始まるのは「青天を衝け」。渋沢栄一のお話です。演じるのは朝ドラ
「なつぞら」で主人公の幼馴染・夭逝の天才画家を演じた吉沢亮
ですが、当ブログで注目したいのは栄一の従兄弟、渋沢喜作こと、後の渋沢成一郎の
方です。
すでに当ブログでも何度もご紹介しておりますが、戊辰戦争の折に彼が組織した部隊が
彰義隊です。まぁ、いろいろありまして、成一郎は上野戦争には参戦せず、振武軍という
新たな部隊を組織して青梅街道を西へ進み、狭山丘陵を抜けて飯能まで進軍します。
その道中、この東大和市域にも立ち寄ったと、こういう史実があるわけですな。

栄一と喜作は若い頃は行動を共にし、尊王攘夷運動にも加担、横浜の外国人居留地を
襲撃する計画なんぞも立てたりします。しかし、一橋家からスカウトを受け、180度転身
して一橋家家臣へ、そして幕臣へと取り立てられていくのです。
この喜作にキャスティングされたのは高良健吾。彼もまた朝ドラ「おひさま」で主人公の
夫役で認知度を一気に上げ、大河ドラマ「花燃ゆ」で高杉晋作を演じました。
主演もできる彼が演じるということで、渋沢喜作(成一郎)にもかなりスポットを当てて
いただけるのではないかと期待を膨らませております。

さらに、栄一、喜作の従兄弟で、栄一の見立て養子となる渋沢平九郎に岡田健史
平九郎は写真も残っており、なかなかのイケメンです。岡田健史は昨年のドラマ
「MIU404」でも好演している期待の若手俳優。これは、平九郎が戦う飯能戦争
もクローズアップされるかもしれません。

また、平九郎の兄・尾高新五郎(惇忠)には田辺誠一。水戸学に傾倒し、栄一らの
尊王攘夷思想に影響を与えた兄貴分的な存在。彼もまた彰義隊に参加します。
教師役なども多い田辺誠一にはピッタリな配役。

とまぁ、こんなワケで「幕末多摩ひがしやまと」的には高良健吾演じる、渋沢喜作・
成一郎にぜひスポットを当てたい所存。

実はワタクシ、来月に市内の公民館で小規模ですが渋沢成一郎と振武軍について
講座を持たせていただきました。そこで、過去にも書きましたが今一度、成一郎周辺
のことを書き出してみることにいたします。

渋沢成一郎a
渋沢成一郎(明治以降は幼名の喜作に名前を戻した)

ところで一番ビックリしたキャスティングは、「あさが来た」以来の五代友厚にディーン・
フジオカ
でも、西郷どんに博多華丸でも、土方歳三に「チェリまほ」の町田啓太でもなく、
徳川家康に北大路欣也ということでしょう!

いや、キタキン先生はいいんですよ、どんな役をされようが。
でも、なぜ家康?なぜ、徳川幕府初代将軍?
「麒麟がくる」のラストの伊賀越えを無事に成功させましたよーって、視聴者報告?

まさか幕府開府から一通り江戸時代を俯瞰していって、幕末の渋沢栄一が登場する
のは6月頃・・・なんてバカな話にはなりませんよね?


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




スポンサーサイト



[ 2021/02/13 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(2)

私もびっくり

私も徳川家康が出てきたのは驚きました。
でも、彼が言ってましたね。
「明治を作ったのは薩長ばかりではない。我が幕臣が明治を作った」
みたいな事。
本当にそうだと思います。
いろいろな新事業で、実際に現場で指揮をした人は幕臣が多い印象があります。

突然明治になってもやってこれたのは、江戸時代の遺産が役に立っていたと感じます。
[ 2021/02/16 16:57 ] [ 編集 ]

しのぶもじずりさま

コメントありがとうございます。
家康の登場に驚きましたが、仰るとおり「幕臣が明治を作った」という事実を、先ず視聴者に訴えるには効果的だったと思います。

薩長史観は現代の学校教育まで続いていますから、実際は教科書通りの歴史ではなく、旧幕臣たちの努力と才能もあって日本の近代化は実現したんだということが、このドラマのテーマになってくれればいいですね。
[ 2021/02/17 10:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikemiketenko.blog.fc2.com/tb.php/412-50f276b1