第一次長州征伐

前回の「日野市立新選組のふるさと歴史館」レポートが意外に好評だったので
驚いています。皆さん、ああいうのお好き?
以前も流山をやりましたけど、これからも時々あぁいうレポートものをやって
いきましょうね。

さて、前々回の続き。
蛤御門の変でボッコボコにヤラれた長州藩。
こうなると、「まだまだ、これでもかッ」ってくらいに長州に逆風が吹きまくります。
小林幸子か坂東英二に対するマスコミかっつーくらいの逆風です。
長州派のいなくなった朝廷では「御所に向かって鉄砲を撃つなんて、大罪にも
ほどがありますワ!家茂はん、やんなはれ!やんなはれ!」
と、幕府に対して長州征伐の勅命を下しました。

「毛利大善父子へのご征伐をお始めなされ、ご出発されたことにつき、通行途
中にあたる東海道美濃より大坂・播州・備前・芸州辺りの諸大名へ、それぞれ
の城を征伐軍の宿泊所に使わせるよう仰せつけられた。
しかし、御取締りの向きは格別にあるわけではなく、むやみに取り繕うことは
しないこと。道路や橋なども通行に支障があるような箇所があれば、簡単に
補修してあればよい。

一、松明(たいまつ)、草履、篝木、ムシロ、縄、竹木、俵、桶、樽の類、並びに
柄杓、鋤(すき)、鍬(くわ)、ノコギリ、カナヅチなどの品々について、各宿場
はもちろん、最寄の村々へかねて用意させておくこと。
   八月
  
毛利大善父子反逆につき、近隣の諸藩へ追討を仰せられたことについてで
あるが、武器や米穀をはじめ、諸国より長門・周防の両国への物資の輸入は
禁止する。万が一、海路陸路を使い長州へ物資を運んだ者がいれば、近隣の
国において必ず差し止めること。もっともその時の判断によっては討ち取って
しまってもかまわない。その事をよく心得て、右に記した物資を差し止めた時は
各領主が取り上げておくことを申し聞くように仰せつけられた。道中の宿場、村々
へも申し渡した。もっとも無益の失費は無いようによく考え、宿場、村に用意
した品々も程々に申し付け、道路なども万が一危険な場所がある場合は早々に
申し聞くこと。
   八月」


以上は「里正日誌」に記録されている廻状の写しです。
まぁ、直接東大和市域に関係はないんですが、少なくとも名主クラスの人たちには
急激な時代の流れを伝える情報が、逐一入っていたことがわかります。

長州征伐軍は36藩15万人の兵力で長州に進軍したといいます。
総督には尾張藩主の徳川慶勝(会津藩主・松平容保の兄)、参謀には薩摩藩の
西郷隆盛が任命されました。
ココで注目なのは、幕府・会津・薩摩は同盟軍であり、バックには朝廷がついてい
るってことです。で、対する長州が朝敵・賊軍なんですね。

長州は急進派の人たちが勢いを失い、保守派の勢力が実験を握るようになり幕府
に恭順します。
多摩地域は幕府の直轄領が多い地域でしたから、この時点での政情については
まだ安心していたんじゃないでしょうか。

しかし、東大和市域にまたイロイロと難問が降りかかってくるのは、これからなん
ですよ!奥さん!

20130211.jpg

新選組の巨魁隊長と云われた芹沢鴨が、粛清(暗殺)されたのは文久3年
(1863)9月18日(あるいは16日)の深夜でした。
芹沢は乱暴狼藉が絶えず、周囲に迷惑をかけることが多かったのは事実です
が、元水戸藩の尊王攘夷派としてのカリスマ性に、隊内での人望は厚かった
ようです。
漫画にもあるように、生糸問屋の大和屋を焼き討ちしたことが会津藩の怒り
に触れ、近藤らに芹沢捕縛の命令が出たといいます。
しかし、大和屋は生糸を買い占め価格を吊り上げ、外国との商売で大儲けして
いたので世間の評判も悪く、焼き討ちには町人らも参加していたようです。
新選組の隊士もかなりの人数がこの焼き討ちに参加していたようで、芹沢の
影響力の強さが覗えます。
会津が出した捕縛の命令が、粛清に変わったのは、隊の実権を完全に
掌握したいという天然理心流グループの思惑があったからだと思われます。


スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#157 村では堪りませんね
 用意するものはそんなに高価ではありませんが、命令だけ来て、用意は村ですから、やがて経費は村人に割り振られる。そのデーターが欲しいですね。どこかの村にないでしょうか?
 野火止用水
#158 野火止用水さま
仰るとおりですね。これらの品々は新しいものを買いそろえたのでしょうか。
どこかでデータが欲しいですね。
日野の佐藤家は、相当数の書類が残されていたようですが、湿気などで紙が
ダメになっているものも多いといいます。保存方法も重要なのですね。
#159 会津藩
八重の桜が会津藩(松平容保)の苦悩を描いています。NHKも幕末多摩・ひがしやまとを応援するかの如く進行しはじめました。
#160 長州征伐の影響
武蔵国橘樹郡長尾村の日記史料によると
長尾村は幕府直轄領ながらこのような要求はされなかったものの
川崎宿の加助郷の負担が増えた様子です。
また、近くの下菅生村に旗本・椿井氏の知行地があって、
「椿井様が長州征伐のお供を仰せつけられたため
用金200両と従者8名を差し出すよう知行地に申しつけられた」
との趣旨が、元治元年10月に見えます。

なお前回お尋ねの件、コスプレは興味ないので生憎したことありません(笑)
イッセーさんが挑戦なさるなら、御勇姿を拝見したいです。

#161 純平さま
容保公と西郷頼母の意見が分かれた前回でした。ここから、容保と頼母は反りが合わなく
なり、結果として戊辰戦争の時には「会津に家老なし」という状況になってしまうん
ですね。藩祖・保科正之の言葉が重すぎます・・・。
いよいよ会津中将、京都出発近し!
#162 東屋さま
情報ありがとうございます。
加助郷は、この幕末の頃には多くの村人を悩ませた問題ですね。
近くこちらのブログでも取り上げます。

私もコスプレには全く興味はないのですが・・・、皆さまがお望みと
あらば、当ブログでいつかお披露目を・・・!?

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する