FC2ブログ

追悼 志村けんさん (新選組漫画 200)

まさか、というのはこういう時のために使う言葉なのでしょうか。
1年前には、まさかこんな伝染病が中国から発生するとは思わなかったし、
正月頃には、まさか世界中がその病気に襲われるとは思わなかったし、
志村けんさんが、まさかそのために亡くなるとは、思いもしませんでした。

ワタクシは「8時だヨ!全員集合」にドンピシャの世代ですので、志村さんの
デビューの時もテレビの前にいました。
でも、当時の私はドリフの中でも、「何だバカやろう!」とか「THIS IS A PEN」
でおなじみの荒井注さんのシニカルなギャグが好きだったので、注さんと志村
さんの交代はショックだったのであります。

たしか最初の頃は、工事さんや加トちゃんと比べて、志村さんはウケなかった
と思うなぁ。
その志村さんが一気にスターとなるきっかけとなったのが「東村山音頭」です。
あれは衝撃的でしたね。
我々の住む東大和市のお隣の東村山市がギャグになっている!という、地元民
ならではの衝撃です。それまでほとんどの人が注目もしなかった東京都下、狭山
丘陵の一部が全国的に知れ渡ったのですから!
志村けんさんに一気に親近感が湧いた瞬間でした。

以来、自分の住んでいる場所を説明するときは「東村山の隣りの東大和って所
です」といえば、「あぁ、志村けんのね!」とすぐわかってもらえるようになりました。
ただ、これは明らかに知名度の上で東大和市は東村山市に大きく差をつけられた
ってコトなんですけどね。

西武新宿線東村山駅の東口には「志村けん記念樹」としてケヤキ(だったと思う)
が3本植えられています。ワタクシが子供の頃植樹されたので、もうかなりの大きな
樹となっています。
ワタクシは高校は東村山に通っていましたので、毎日志村けんさんの樹を見ていま
した。
志村さんがいなくなっても、あの樹はまだまだ大きくなるのでしょうね。

ちなみに・・・駅の西口には志村さんのお友達の和菓子屋さんがあり、「だいじょぶだぁ
饅頭」を売っています。これも、まだまだ売られ続けることでしょう。

ただ、志村さん・・・東村山音頭の歌詞「庭先ゃ、多摩湖~」。
これで多摩湖は東村山市にあると思っている人のなんと多いことか!
多摩湖は東大和市域の村々をツブして作った、東大和市の湖ですので、せめてそちら
の世界で訂正していただけたらと思います。

昭和、平成、令和と、数々のギャグをありがとう。
心よりご冥福をお祈りいたします。

20200405.jpg


長州にも志村けんさんみたいな藩士がいたら、池田屋事件は防げたかも
しれませんね。え、ダメ?



「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#1694 かけがえの無い、日本最高のコメディアン
よく「棺桶の蓋が閉まる時にその人の真価がわかる」と言いますが、
亡くなって初めて、日に日に志村けんさんの存在の大きさが実感させられます。子供のころから笑いを作ってくれたのは志村さんだったし。
その人がもう居ないなんて、ちょっと信じられない。

最近は、志村けんさんの出演番組をいろいろなところで放映していますが、素晴らしいことに自然と笑えます。コメディアンとしての物凄い力量ゆえなのでしょう。(私にとっては日本一のお笑い芸人です。)

しかし、同時に、こんな素晴らしい人がもう居ないなんて、
何て悲しいんだろう!
#1695 甚左衛門さま
ちょうど今、朝ドラの「エール」に志村けんさんが出演されていて、もうこの世にいないとはなかなか信じられない感じです。
私も比較にはなりませんが、多少ギャグを作ることで飯を食ってきた人間です。笑いを永続的に作り続けることの難しさを少しは理解しているつもりですので、20代から70歳まで一線で活躍してこられたことには、敬意を表します。

主役を務められるはずだったという映画、見たかったですね・・・。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する