FC2ブログ

函館・・・むしろ箱館史跡廻り②

「箱館」2日目は、「そんな所に行ってなにが楽しいじゃぁぁぁぁぁぁッ!」と
嫌がる家族らを説き伏せ、ココに行ってきました。

函館8

碧血碑 です!

戊辰戦争とか幕末史を勉強している者にとっては、聖地といっても過言ではない
くらいの場所ですが、そうでない人にとっては確かに面白くはないかも・・・です。
ご覧の石碑があるだけですからね・・・。
でも!箱館に来たら、絶対に手を合わせたい場所ッ!

函館山の麓、函館八幡宮神社の駐車場に車を止めて、山の中を50~60mも
歩いていくと、目の前が開けてその奥に碑が立っております。
戊辰戦争全体の旧幕府軍戦死者約800人を慰霊する、「お墓」といってもいい
供養碑です。
榎本武揚や大鳥圭介らによって明治8年(1875)に建立されました。題字は
大鳥の書になるもので、「碧血碑」の意味ですが、これは非業に亡くなった忠臣
の血は3年経つと碧玉になる・・・という故事からきています。

ワタクシたちがお参りしたときには、平日だったせいか他に誰もいなくて、静か
な山の中により一層厳かな空気が流れているようでした。

碧血碑の1段下に柳川熊吉翁の碑というのがあります。

函館20

柳川熊吉は、江戸浅草出身の侠客。幕臣と交流があったといわれ、五稜郭
築城のときに人足を率いて箱館に渡り、工事に従事したそうです。
新政府軍は、敗れた旧幕府軍戦死者の埋葬を許可しなかったのですが、義憤
に駆られた熊吉は付近の寺に分けて埋葬し、逮捕されてしまいます。しかし、
その後許されると、熊吉は遺骨を箱館山の中腹に土地を買って改葬、それがこの
碧血碑の場所になるワケです。そして生涯を碧血碑の墓守として過ごしたとのこと。

このエピソードは、何か彰義隊隊士の遺体を埋葬した三河屋幸三郎と重なる印象
がありますね。他にも幕軍水夫の遺体を埋葬した清水の次郎長など、戊辰戦争
では任侠の人が、必ずといっていいほど顔を出します。
今まであまり注目はされていませんが、幕末史を考える上で、こういう任侠世界
の視点が今後必要なのではないかと思っています。

まぁ、でも、いろいろ説明しまして、歴史にほとんど興味のない甥も碧血碑について
「なるほど。見ておいて良かったよ」と言ってくれましたので、一安心。
「でもさ、何も見ないで、そーゆーこと語れるのって、ちょっと怖いよね」
「やかましい!」

車を駐車させてもらっていた函館八幡宮にもお参り。

函館9

社殿が、本殿、幣殿、拝殿と繋がって、権現造になっています。
にしても、あまり見ない様式だなぁ・・・と思い、後で調べてみたら聖天八棟造と
いうのだそうです。

その日はそれから車で江差へ移動。
およそ1時間半のドライブです。
江差の目的はなんといっても、コレ!

函館10

開陽丸!

まぁ、これを見に行くためにレンタカー借りたようなもんですわ。
旧幕府軍の旗艦。
この艦を持っていたことで、旧幕府軍は制海権を握っていたわけですが、松前攻略
のときに座礁、そのまま沈没してしまいました。
もし、開陽丸がそのままであれば、最終的に箱館戦争が新政府軍の勝利で終わった
にしても、旧幕府郡の被害はかなり食い止められたのではと思います。終戦条件も
もう少し違ったものになっていたでしょう。

函館11

艦の中は資料館になっていて、海底から引き揚げられた開陽丸の一部やら備品
やらが、多数展示してあります。
中でも驚くのは、ものすごい数の砲弾です。

函館14

コレ、一部ですけどね。
開陽丸そのものもそうですが、これだけの砲弾を一気に失ったのですから、榎本
さん始め蝦夷共和国の方々のショックは相当なものだったでしょうねぇ・・・。

艦内にはこんな人形も展示してありまして。

函館12

コチラは艦長室の様子。
座って書類を見ながら部下に命令を出しているのは、開陽丸艦長・沢太郎左衛門
さんです。
元々艦長だった榎本武揚が、旧幕府軍全体をまとめる立場になったため、沢さんが
副館長から艦長のポストに昇進していたのです。この2人は一緒に欧州へ留学して
いたこともあり、沢さんは榎本さんの右腕的存在でした。
開陽丸が沈んでからは何をしていたのかというと、その後の蝦夷共和国政府では
開拓奉行に任命されてモロラン(現室蘭)に赴任します。つまり、五稜郭から出され
てしまった。
一見すると左遷?と思いますが、蝦夷共和国のそもそもの目的は独立などではなく、
生活に困窮している幕臣らを蝦夷に呼び寄せ、開拓と外国からの領土防衛をさせ、
自治州として新政府に認めさせるということだったといいます。となると、沢さんの
就任した開拓奉行は榎本構想の重要な柱だったということになります。

沢太郎左衛門の関連する史跡が都内にもありますが、ご存知でしょうか?
それが、板橋区にある圧磨機圧輪記念碑です。

圧磨機圧輪

圧磨機圧輪とは、平たく言うと黒色火薬を作る機械で、こちらは幕末に幕府の命令
で沢が留学先のベルギーから持ち帰ったものなのです。
沢は当時最先端の火薬製造技術を手に入れるため、ベルギーの火薬工場に作業員
として従事し、この圧輪を始めとする多くの機材を輸入させることに成功しました。
幕末から明治初期にかけて、滝野川(石神井川)など水の豊富な板橋の辺りは火薬
工場が作られていたんですね。

開陽丸から車で3分ほど。高台にあるのが土方歳三嘆きの松です。

函館15

明治元年(1868)11月。座礁する開陽丸の姿をここから見ていた土方が、松の木
を叩いて悔しがったと伝わります。たしかに、この場所から海岸がよく見える。
ただし、この話はフィクションとの説もアリ。
でも、真実をゆがめるようなウソ・創作ならともかく、この程度の話はフィクションでも
許される範囲ではないでしょうか。後に宮古湾海戦で、アボルタージュで甲鉄艦を
乗っ取ろうとした歳さんだもの。開陽丸を失った悔しさは事実でしょう。

箱館から江差までは、国道227号線を走って山の中を抜けていくのが一番近い
みたいですね。ナビもそうでした。途中、厚沢部(あっさぶ)の道の駅がちょうどいい
休憩地点になりました。

最終日の3日目は、帰りを夜の飛行機にしたので夕方まで目いっぱい箱館を満喫。
朝市や、ちょうど戊辰戦争企画展をしていた函館博物館や赤レンガ倉庫街、函館山
の教会などを見学。

函館16
市立函館博物館 
常設展示も伊庭八郎の名札とか、中島三郎助の戦友姿絵とかシビれる展示。

函館17
函館18
赤レンガ倉庫
お土産屋さんが中心。修学旅行生と外国人がいっぱいでした。

この近くで食べたジンギスカン、美味しゅうございました。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#1676 柳川熊吉翁の碑
いつも興味深い記事を有難うございます。

柳川熊吉氏
名前や事跡は以前から伺っており、
義侠心に厚い、新門親方の身内だとは聞いていたけれど、何処にお墓があるかは知らなかったので、こうして教えて頂けるのは実にありがたいです。
御家族様からは大ブーイングだとしても、私は訪れた価値はとても大きかったと思いますよ。正直、うらやましいです。
また「幕末史を考える上で、任侠の探究は必要」とは何とも心強いお言葉です。

嘉永6年黒船が来るまでは、日本の禍は「博奕ならびに無宿博徒の横行」と相場が決まっていますが、いざ黒船が来てからは、むしろ彼ら無宿博徒が歴史を転換させる際の潤滑油として活躍している様に思え、
諸々な点で、彼らの活動を知ることは、その時代を知る上で、絶対必須なことだと思います。
#1677 甚左衛門さま
お返事が遅れてすみませんでした。

私もつい最近までは柳川熊吉翁の墓が碧血碑のすぐ脇にあることは、知りませんでした。お参りすることができて良かったです。
現代人の感覚として、江戸時代の博徒と現代の暴力団を混同してしまいがちですが、全く別物だと考えることが必要ですね。
彼らは、一般市民が生活圏を制限されていた江戸時代に、自由に俯瞰しながら行動していた人種であり、そこが甚左衛門さんの仰る潤滑油的な働きができた理由なのでしょうね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する