戸田・プチャーチン史跡廻り

伊豆の史跡廻り最終回です。

Oさんにワガママを言いまして西伊豆の戸田に連れていってもらいました。
戸田は「トダ」ではなく「ヘダ」です。
戸田は修善寺から1時間近くも車で行かなければならない場所。
東京から行くとなると、かなり交通が不便なトコロです。
今回の旅行は歴史仲間が集まったということで、このチャンスを逃しては
ならぬ!ってことで、Oさんにお願いした次第です。

IMG_1100a.jpg

山の上の見晴台から見た戸田の港。
海岸線まで山の稜線が迫っていまして、ほんのわずかの平地に家々が並んでいます。
実にのどかな風景です。

嘉永7年(1854)、ロシア使節のプチャーチンディアナ号に乗って下田にやって
きます。そこで幕府全権の川路聖謨らと和親条約の話し合いが持たれます。
ところが交渉直後に安政の大地震が起きるのです。
沿岸は津波が襲い、下田の町は大きな被害を受けますが、プチャーチンのディアナ号も大破。
さらに大きな風波によってディアナ号は沈没してしまいます。

プチャーチン
エフィム・プチャーチン(1803~1883)

そんなプチャーチンらロシア使節一行が避難場所として滞在したのが戸田なのです。
プチャーチンは幕府に船の建造を要請し、許可をもらいます。
伊豆周辺の船大工たちが集められ、ディアナ号に保管してあった大型船の設計図を元に
洋式帆船の代船建造が始まりました。建造取締約には江川坦庵が命じられ、実際の造船
指揮はロシア人の技術者が当たりました。
坦庵さんからすれば、外国船の技術・仕組みを理解する恰好の機会でもあったのでしょう。

3ヶ月後にできあがった船はディアナ号の半分ほどの大きさでしたが、プチャーチンは日本の
船大工と滞在中に好意を寄せてくれた戸田の村民に感謝し、この船にヘダ号と名付けます。
ディアナ号の生存乗員の大半は、実はチャーターしたアメリカ船で帰国の途についたのですが、
プチャーチンと50名ほどの乗員がヘダ号で帰国することができたのでした。

てことで、この戸田が日本における洋式帆船発祥の地ということになっておるのです。

IMG_1089a.jpg

造船碑
大正12年(1923)3月に建立されたものです。

プチャーチンとヘダ号の歴史がわかる、こちらが戸田造船郷土資料博物館です。

IMG_1078a.jpg

外観は博物館というよりドライブインみたいですが、館内には津波によって遭難したディアナ号
からヘダ号造船に至る経過の説明や、資料などが展示されております。

IMG_1083a.jpg

博物館入口の前には、ディアナ号の錨が置かれています。
全長4,78m、幅3,235m、重量は約4t。
後で調べたところでは、この錨は昭和29年(1954)に引き上げられたものだそうで、さらに
昭和51年(1976)にもう一つの錨が引き上げられ、静岡県富士市にモニュメントとして
飾られているそうです。
それにしても、「碇知盛」もビックラの大きさです。

ところでこちらの博物館は、隣りに「駿河湾深海生物館」というのが併設されています。
深海生物の標本が多数展示されているのですが、この博物館をプロデュースしているのが
ココリコの田中直樹なのだとか。
なんか、テレビ番組がきっかけみたいですね。

016cbf4cce3273815775d0a6fa5647db0c77aefe1fa.jpg
タカアシガニ
この辺りの名産らしいですね。菜々緒クラスの足の長さ!

海岸線から少し奥に細い道を入っていくと、お寺があります。

IMG_1092a.jpg

宝泉寺です。
ディアナ号が沈没し、ヘダ号ができあがるまでプチャーチンが宿舎としていた所です。
プチャーチンは地震の津波で流された日本人を救助したそうで、地元の人との関係は
友好的だったようです。
そもそもプチャーチンは来日するにあたってシーボルトから「日本人はルールを重んじる民族
や。相手をリスペクトする心があらへんと失敗するで」とアドバイスをもらっていて、事実、その
通りに日本との交渉に臨みました。
そこが砲艦外交でやってきたペリーと違うところ。

IMG_1095a.jpg

本堂の脇にあるこのお墓。露国水兵の墓です。
説明板にはこうあります。
「戸田で亡くなった二人の水兵を祀っています。丸い石塔は安政二年に建てられ、当時の
過去帳に安政二年四月二十八日「造船中に当時に宿滞候事水兵一名やあしか、なべわり
食死裏墓地〇石の下に埋葬」と記録されていますワシリーヤーシカバケエフの墓石。もう
一方の墓碑は安政二年三月二十五日病死したアレクセイポトーキチン、牛ヶ洞に埋葬し墓石
を建てましたが、水害で流出したので、昭和四十四年、当時の村長が前述の一人と合祀し、
新しい墓碑をここに建立して、旧ソ連大使一行の臨席で慰霊法要を行い今日に至っています。」


平成22年発行の沼津市教育委員会の造船郷土資料博物館パンフレットの宝泉寺の写真
には、水兵の墓は境内の別の場所にあるように見えるので、最近になって墓所を移した
ようですね。

ヘダ号やプチャーチンの史跡は、一度訪れてみたいと思っていたのでいい機会でした。

その他、観光として寄ったところ。

IMG_1051a.jpg
伊豆市の萬城の滝
高さ20m、幅6m。近くで見るとなかなかの迫力です。
以前は滝の裏側も通れて「裏見の滝」とも呼ばれたそうですが、現在は通れませんでした。

IMG_1072ab.jpg
同じく伊豆市中伊豆の筏場のわさび田
総面積14,7ha、1500枚のわさびの棚田が広がっています。これまた壮観。
現在日本農業遺産に指定され、世界農業遺産に申請中だそうです。

IMG_1077a.jpg
IMG_1075a.jpg
戸田から韮山へ行く途中、伊豆市の狩の川屋
鮎料理のお店ですが売店もあって、同行のUさんがぜひ寄って!というので途中停車。
ここの「鮎の干物」が絶品とのこと。
鮎の干物は珍しいと思い、ワタクシも便乗してお土産に買いました。
帰宅後、焼いて食べましたが、確かに美味い!
小ぶりなので頭からバリバリ食べられます。

IMG_1108a.jpg
北江間横穴群
山の斜面の岩石に横穴がたくさん開けられています。
ご想像の通り、古代人のお墓で7世紀後半から8世紀前半のものだそうです。
小さな穴もあって、それは火葬骨を埋めたものだそうで、全国的にも特徴的なものだとか。

IMG_1113a.jpg
コチラは地震動の擦痕。南江間の公園前にありました。
天然記念物らしいんですが、何コレ?って思いますよね。
写真の茶色い物体は魚雷なのだそうです。
昭和5年(1930)11月26日に最大震度6の大地震(北伊豆地震)が起きたのですが、その
とき台石が針となって魚雷の表面にキズをつけたのですね。これが地震計のように地震の
大きさを形で残すことになったというわけです。
こんな形の天然記念物もあるんですね。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1591 川路聖謨の『落日の宴』『桜奉行』
出久根達郎の『桜奉行』の講演を聞いてきました。ブログに川路聖謨の偉業を報告しました。
http://calendaryamato.blog.fc2.com/blog-date-201804.html
『落日の宴』はまだ読み終わっていません。
#1592 Mumblerさま
川路聖謨は教科書にも出てこない、ドラマにも出てこない、一般的にはマイナーな人物ですが、その功績は大きいですよね。さらに言えば、奥様とのエピソードも素敵です。
もっと多くの方に知ってもらいたい人物です。
#1593 伊豆
立川の国文学研究資料館に館林藩士・岡谷繁実の書いた『静粛亭雑録』という書物が保管されています。
一種の備忘録で、内容は多岐にわたり、非常に面白いけど翻刻はされていません。
この中で、川路が江川英竜を皮肉った言葉に、
「江川の如き豪傑も仏には騙されるものと覚ゆ」云々との文があり、日蓮宗を信奉した江川と、それを批判する川路(ただし江川の力量は認めている)との差異が示されていて、二人の関係を知る上で興味深いのです。
いずれ両雄とも薩長や新撰組の面々とは違い、地味ではあるけれども、居なければ後の日本の繁栄は無かったと言いきれるほどの傑物だと思います。伊豆はその二人を結びつける要地であり、それだけに興味深い場所です。
#1594 甚左衛門さま
面白そうな資料のご紹介をありがとうございます。翻刻されていないのは残念ですが、川路と江川の関連する部分だけでも、読んでみたいですね。
川路はプチャーチンもユーモアのある男と認めていますが、4回目再婚の妻高子とのやりとりでも、ちょっと毒舌アリのやさしさが感じられて、たぶん江川に対してもそんな対応だったのかなと思うのですがいかがでしょう。
甚左衛門さんが仰るように、こういう(一般的に)名前が表に出ない幕末偉人にもっと光が当たるようになったらと望んでいます。伊豆に行って勉強になりました。
#1598 No title
お久しぶりです。
もしやしてと、ランキングでタイトルを見てきました。
まんがをみて、間違いないと確信。

喀血入院など色々あり、逆にそれがブログ再開になりました。
これからも宜しくお願い致します。

応援して帰ります。
ヽ(≧▽≦)/ポチ☆彡
#1599 雫さま
お久しぶりです!
入院されていたとか・・・。お身体はもう大丈夫なのでしょうか。ご無理せずにお互いノンビリとやっていきましょうww
わざわざ当ブログを探していただき、ありがとうございます。
相変わらずな内容です。

よろしければ、またお付き合いくださいませ・

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する