FC2ブログ

異国船渡来と治安の悪化② 

前回は黒船来航以来、治安が悪化してきた一つの事件例を「里正日誌」の中から上げて
みましたが、今回はもう1例をご紹介します。

「拝借鉄炮紛失に付き御奉行所より御触書」

一 鉄炮1挺  玉目3匁2分
右は江川太郎左衛門御代官所配下の武州多摩郡百草村に住む百姓、源次郎が拝借
している四季打鉄炮を当月9日夜に紛失してしまった。右の鉄炮を所持している者を
見聞きしたならば、鉄炮はもちろんのこと、その者とも取り逃がさないようその場所に
預け置き、太郎左衛門役所へ早々に申し出るべきこと。もし、隠しおいて他から明らか
になるようなことになれば、当人はもとより村役人も必ず申し付けるべきものである。

 寅3月15日  田村伊予守顕彰 印
           川路左衛門尉聖謨 印
           本多加賀守安英 印
           松平河内守近直 印
           石河土佐守政平 印

              武州多摩郡
                 御料
                 私領
                 寺社領
                   村々
                      名主
                      組頭


先ず、ちょっと解説を。
「四季打鉄炮」という聞きなれない武器の名前が出てきます。おそらく銃砲に詳しそうな
IS戦士の方々もご存知ないのではないでしょうか。
享保14年(1729)に幕府は、百姓が所持できる鉄砲について規定を設けました。
「四季打鉄砲」はその中の一つで、「害獣対策のために2月~11月まで使用許可が
降りた銃」
のことです。
もう少し期間が短い4月~7月まで使用できる「二季打鉄砲」というのもあったようです。
つまり、農作物を荒らす動物を撃つための銃であり、銃の種類ではないということですね。
性能は他の火縄銃と同等でしょう。
江戸時代は猟師の他にも、百姓がこういった理由で銃を持っていたんですね。
ちなみに、使用できる期間外には、封をして名主に預けることになっていたようです。

百草村の源次郎さんが拝借していた鉄砲を紛失してしまったとのことですが、夜になくなって
いたということは、つまり何者かに盗まれてしまったということのようです。
鉄砲が盗まれたということですから、このご時世のことでもあり、大事になってきますよね。
廻状を出した5人の方々は、いずれもその時の勘定奉行です。つまり、幕領支配地の長官。
事の大きさがわかります。

さらに約一月後、「里正日誌」にはこのような記事が書かれています。

武州百草村百姓の源二郎が、拝借していた四季打鉄炮を当月9日夜に紛失したことで、右の
鉄炮を所持している者を見聞きしたならば、取り逃さぬようその場所に預け置いて早々に御
注進申し上げるべきことと、御触書にありますので拝見し、承知いたしました。これによって
御受印を差し上げ申します。以上
 
                        江川太郎御代官所
                        武州多摩郡蔵敷村  名主 杢左衛門
 寅4月8日
    辰中刻

辰中刻に中藤村より受け取り、即刻奈良橋村へ継立申し、下げ札を付けて送った。


この頃になっても盗まれた鉄砲の行方はわからなかったようです。
百草村は多摩丘陵の村ですが、鉄砲の詮索は狭山丘陵の村々にまで及んできました。
銃が1挺盗まれるということは、今も昔も大事であります。

メガ93


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#1566 鉄砲
「四季打鉄砲」というのはそういう意味の鉄砲だったんですね。はじめて知りました。

「廻状を出した5人の方々は、いずれもその時の勘定奉行…事の大きさがわかります」
なるほど。そういう所に目を付けて古文書を読むと、事の重大さが伝わってきます。勉強になりました。
#1567 甚左衛門さま
ワタクシも「四季打鉄砲」については今回調べて初めて知りました。猟師のための「猟師鉄砲」と目的別に分類されていたというのが面白いですね。
勘定奉行については、原文では「加賀」「左衛門」というように官職名しか書かれてなく、活字版注釈として「本多加賀守」「川路左衛門尉」というように書かれています。
しかし伊予守については「伊豫」と書かれてあるのみで、注釈もありませんでしたので、自分で当時の勘定奉行一覧を当ってみました。田村顕彰で間違いないとは思いますが、ひとことお断りを入れておきます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する