「里正日誌」安政編 

市内に流れる夕方のチャイムが、17:30から16:30に変わっていました。
もう、10月になってしまいました。
忙しさもあって、すっかりグログの更新もおろそかになってしまいましたが、リスタート
してまいります。

「里正日誌」は文久年間から少し遡りまして、安政年間の記述を読んでいきたいと
思います。
安政元年は西暦1854年。ペリーが浦賀に来航した翌年になりますね。
つまり、このあたりの年から幕末という時代がスタートしたと言えます。

主人公がほぼ想像上の人物だった「おんな城主直虎」の放送も、残すところ2ヶ月と
なり、来年の大河ドラマはまたまた幕末・明治維新モノの「西郷どん」になりますので、
幕末のスタート地点あたりを追っていくのも、またよろしいのではないかと思って
おりますです。

安政元年、「里正日誌」の最初の記述は正月16日に江川代官所から出された書状
です。
「異国船渡来に付き取締り方の義御廻状」
ということで、前年の嘉永6年(1853)に続き、この年の正月に開国を迫るペリーの
来航に関する廻状です。
なお、この書状については過去にも当ブログで取り上げましたので、重複することを
お許しください。

近頃、異国船が度々渡来することについて、兼てより大名領や代官支配地に対し人馬
の用意を申し付けておいた者もあるようだが、この度の異国船渡来の様子をみると、
壮健の者たちは近々江戸表に呼び出されるかもしれない。無宿人や悪党が立ち回り
乱暴に及んで御府内へも立ち入るかもしれないからである。
阿部伊勢守殿のご沙汰の次第もあり、関東取締出役にも仰せ付けられたことだが、
関東は大変広いので、悪党が入り込めないように江戸の出口4ヶ宿はもちろんのこと、
代官支配所内の脇往還入口の村々の取締りを厳重に申し付ける旨を、本多加賀守殿
より御代官方へお達しがあった。その考えをよく理解して支配所内の脇往還入口の
村々はもちろんのこと、その他の村々においても右の趣意をよく心得て、取締りを厳重
に取り計らうこと。
もっとも、取締出役が派遣されることもあるが、村役人はしっかりと取締りをいたすべし。
この廻状の村名の下に名主は請印をして、時刻を明記して順に送り、最後の村より返す
こと。以上。

      江川太郎左衛門

  寅正月16日  役所


安政元年といいますが、嘉永7年が改元されて安政となったのは11月ですから、この
廻状が出されたのは正確には嘉永7年の正月ということになります。
安政元年って、2ヶ月もなかったんですね。

文中の人物ですが、「阿部伊勢守」は老中の阿部正弘。ちなみに原文では「阿 伊勢守」
となっています。
「本多加賀守」は本多安英。当時の勘定奉行です。
「江戸の出口4ヶ宿」とは品川・板橋・新宿・千住を指します。それぞれ東海道・中山道・
甲州道中・日光道中・奥州道中の最初の宿場町ですね。

外国人が日本にやってきたので警戒せよ!っていうのかと思いきや、外国人が来た
ことにより、無宿人や悪党が地域を荒らしまわるかもしれないので、村々では十分に
警戒せよ、とのことのようです。
江戸市中はともかくとして、江川代官が支配する多摩・狭山丘陵一帯の農村では、
江戸時代後半から悪化していた治安をどう維持していくかが、重要だったようです。
黒船来航が、治安悪化をさらに進める原因になることを幕府も警戒していたのでしょう。

ちなみに東大和市域に最も近い五街道は甲州道中で、助郷などを出していました。
近くとは言っても、市域からはかなり南を通る街道です。
しかし、甲州道中の裏街道にあたる成木道(青梅街道)は東大和市域のド真ん中を
横断しています。
さらに、市内には狭山丘陵南麓沿いの広域道路だった村山道、清瀬を経由して埼玉の
引又へ至る清戸街道、南北に走る八王子道などの主要道路がありました。村々では
こういった脇往還の警戒を厳しく取り締まるよう命令を受けたのでしょう。


久しぶりですので、我が家の大幹部たちの近況報告。

01d07faed4995c68656884477124418bad613b26a0a.jpg
10月から始まったNHK朝ドラ「わろてんか」。
主人公の名前が「てん」ということで、我が家の「テン」ちゃんも上機嫌。



017b395227f30e519896cbcee247ab59ecffe067aba.jpg
先日、5歳の定期健診とワクチン予防接種をした「ポン」ちゃん。
注射の後でかなり不機嫌な様子。
でも、この1年で350gのダイエットに成功。獣医さんに褒められました。



「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1559 楽しみにしています
 里正日誌第七巻は最初に出版されました。安政元年から六年までで、本当に変化のある時代を取り上げています。
 イッセイさんのおっしゃるとおり「西郷どん」と重なり、私にとって興味津々の時代です。これをイッセイさん独特の書きぶりで接することが出来ると思うと楽しみでいっぱいです。どうかよろしくお願いいたします。
 里正日誌の出版は第六冊(第十二巻明治4年~6年)を終わり、第七刷からは第一巻(天正元年~延享4年)へと戻ることになりました。現在その作業が進められています。そのため、天保時代が最後の方になることが残念です。
#1560 野火止用水さま
安政年間は幕末期の始まった頃であり、安政の大獄などもあって世情も不安定になる時代ですから、多摩・狭山周辺もどんな様子であったのか気になるところですね。
野火止用水さんからのご意見やご感想も、ぜひお聞かせください。
仰るように「里正日誌」は7巻~12巻までが出版され、次いで1巻~6巻への出版となるようです。天保後期から弘化、嘉永年間と江川英龍が活躍した時代の出版が最後になってしまうのは、確かに残念です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する