オレデミー大賞 2016年中間発表 10月期

早いもので、今年も大晦日を迎えることとなりました。
10月期のドラマを振り返って今年のブログの締めと、いたします。
今期のドラマ鑑賞は全34本と、例年になく多い作品数でしたが、それだけにけっこう
佳作も多かったように感じました。ドラマファンとしては嬉しいことです。

作品賞。

10位 ドクターX テレ朝 木 21:00
9位  石川五右衛門 テレ東 金 20:00
8位  IQ246 華麗なる事件簿 TBS 日 21:00
7位  メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 フジ 火 21:00
6位  スニッファー 嗅覚捜査官 NHK 土 22:00
5位  運命に、似た恋 NHK 金 22:00
4位  地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 日テレ 水 22:00

「ドクターX」 シリーズも定着して視聴陸は今期ダントツだったようですが、それだけにストー
リーがワンパターン化してきました。「私、失敗しないので」も水戸黄門の印籠と同じ存在に
なってきました。医療ドラマというよりは、勧善懲悪の定番ドラマを見せられているよう。
予定調和がお好きな方ならいいのでしょうが。

「石川五右衛門」 ストーリーはかなり破たんしているトンデモ時代劇ですが、歌舞伎の「金門
五三桐」を原作にして、市川海老蔵が主演したことに意味があります。歌舞伎の中には「この
話を解体再構築したら、すごく面白いドラマが作れるんじゃないか」と思えるものがたくさんある
ので、そのきっかけになればと希望を込めてのランクインです。さすが海老蔵、歌舞伎の五右
衛門のイメージを現代風に変えつつも、ケレン味たっぷりに演じていました。
ちなみに歌舞伎の石川五右衛門の衣装・髪型・煙管片手の恰好は、江戸時代の歌舞伎役者
嵐雛助が開発したものです。團十郎や海老蔵ではありませんので、ご注意を。

「IQ246」 超天才が事件を解決!というので、かなり難解な事件のトリックを解き明かしてく
れるのかと思いきや、たいしたトリックが使われているワケでもなく、これなら杉下右京の方が
上でしょう。しかも後半、マリア・Tとの頭脳合戦はハッキングの応酬という「この人はこういう
コトができちゃう人です」という設定だけの展開で、トリックらしい話はナシ。これは脚本家の
手抜きでしょう。ワタクシが織田裕二なら現場で「なめとんのか!」と暴れます。
ていうかね、織田裕二とディーン・フジオカの役を交換した方が良かったんじゃないの?
ディーンならヘンなしゃべり方をしなくても、天才貴族のキャラを作れたような気がします。

「レディ・ダ・ヴィンチの診断」 解析診断部というホントに有るんだか無いんだかわからない
病院部署の話ですが、特にスーパードクターがいるわけでもなく、時に失敗をしそうになりな
がら治療をしていく展開は、「ドクターX」よりも医療ドラマらしさを感じました。それにしても
相武紗季は最近、トゲトゲしい役柄ばかり廻ってきますね。

「スニッファー」 阿部ちゃんと中車との共演ですから、つまらないワケがない!そういうコチラ
の期待値が高過ぎてしまった所はありますね。海外の原作ドラマは知らないのですが、起きる
事件やストーリーなどの設定が、少し浮いている感じがしました。キャラクターの設定などは
そのままに、事件の内容などは日本の刑事ドラマ風にアレンジしてしまっても良かったんじゃ
ないかと思います。

「運命に、似た恋」 アラフィフ女性に圧倒的な支持が集まったドラマと聞きましたが、そうなん
ですか?まぁでもNHKは「コントレール」や「さよなら私」「紙の月」などその辺りをターゲットに
した佳作ドラマを作り続けてますよね。単に恋愛ドラマではなく、丁寧に人物を描いている
所にアラフィフのおっさんもチャンネルを合わせて見入ってます。
周囲をザワつかせる女を演らせたら天下一品・山口沙也加、ここでもザワつかせます。

「地味にスゴイ!」 この手の業界ドラマは、実際にその現場を知っている人から見るとトンデモ
なシーンは多いのでしょうけど、知らない世界の話に楽しめました。石原さとみ演じる悦子の
暴走ぎみのキャラが、どんな世界にもやりがいがあって打ち込める場所があることを教えて
くれた気がします。「悦子は毎回違う服を着ているが、あの部屋のどこにそんな収納がある
のか」など校閲したい箇所はあるものの、面白かったです。

3位 黒い十人の女 日テレ 木 23:59
バカリズムの脚本が秀逸!黒い十人の女性たちは、全員が描ききれたとは言い難いものの、
水野美紀や佐藤仁美など乗りに乗って体当たりの芝居をしている様子が良かったです。
特に成海璃子はワタクシが「瑠璃の島」から注目してきた人ですが、それ以来のスマッシュ
ヒットではないかと思います。ストーリーはそんなに大した話ではないですが、女同志の
黒い肚の探り合いとか、アイスカフェオレのぶっかけ合い、プロレス技の応酬などの常軌
を逸脱した演出に、バカリズム脚本の斬新さを感じました。

2位 砂の塔 知りすぎた隣人 TBS 金 22:00
犯人はコイツじゃね・・・?という予測はなんとなくあったものの、このドラマの面白さはそこ
ではなく、やはりタワーマンションでのヒエラルキー問題でしょうね。マジで最上階に住む人
の意向に沿って生活しなきゃならないなら、タワーマンションなんて住むのは絶対イヤ!
って思うけど、タワーマンションはわかりやすい一例であり、どんな世界にもその世界なりの
ヒエラルキーが存在しますよってことですね。

1位 逃げるは恥だが役に立つ TBS 火 22:00
なんといってもガッキーでしょう。このところヒット作に恵まれなかった新垣結衣ですが、見事
に復活。彼女のイイトコ総浚いみたいな演出でした。たぶん、演出家はガッキーファンだね。
進みそうで進まない話の展開は、時に観ているこちらをイライラさせるものですが、それを
面白く観られたのは、この二人の妄想シーンにあったからだと思います。
「小賢しい女」と「プロの童貞独身」の二人の妄想を、「ニュース23」や「鑑定団」などのテレ
ビ番組のパロディに投影させたりして、ギャグにしていったのがノリよく展開できた理由なの
ではないかな、と。
石田ゆり子、古田新太、藤井隆、大谷亮平など脇も充実。星野源の主題歌と「恋ダンス」も
ドラマのヒットに大貢献。ドラマと主題曲って、やっぱり大事なんですね。

深夜ドラマ賞。

3位 拝啓、民泊様。 TBS 火 25:28
新井浩文の主人公がリストラにあい、民泊を(騙されて)はじめて、挫折するもののもう一度
正面から民泊を始めてみようという話。そこに黒木メイサ演じる妻との離婚危機からの再生
も絡んでくるわけですが、こう少し長く作って、民泊を軌道に乗せるくらいのところまで描いて
ほしかった感じです。

2位 警視庁ナシゴレン課 テレ朝 月 24:15
ナシゴレン課とか意味わからないし、突然ムード歌謡風の歌を全員で歌うのも意味不明。
でも、ワンセットものだし、キャストが古田新太とか勝村政信、猫背椿とかで舞台臭が
プンプンする。そういうの嫌いじゃない・・・てか、大好物。

1位 勇者ヨシヒコと導かれし七人 テレ東 金 24:12
まぁ、テレ東の看板番組ですから。1位ですよ当然。予算が少ないですけど。
深夜ドラマの王道ですよね。「フツーこんなの企画しても通らねーだろ」ってのを実現させて
しまう所に深夜ドラマの面白さがあるワケで、そこを正しく追及し、3シリーズめに入っても
ブレてない所に好感がもてます。
ただ、佐藤二朗に台本が用意されているのかが、気になるところではあります。

個人賞。

主演男優賞
星野源「逃げるは恥だが役に立つ」 市川海老蔵「石川五右衛門」

主演女優賞
新垣結衣「逃げるは恥だが役に立つ」 原田知世「運命に、似た恋」 
尾野真知子「夏目漱石の妻」 NHK 土 21:00

助演男優賞
古田新太「逃げるは恥だが役に立つ」「警視庁ナシゴレン課」

助演女優賞
水野美紀「黒い十人の女」 山口沙也加「運命に、似た恋」

新人賞
大谷亮平「逃げるは恥だが役に立つ」

舞台美術賞
「スニッファー 嗅覚捜査官」

撮影賞
「スニッファー 嗅覚捜査官」 「拝啓、民泊様。」

主題曲賞
星野源 「恋」 「逃げるは恥だが役に立つ」
Cocco 「樹海の糸」 「運命に、似た恋」

メガ80

2016年オレデミー大賞は、年明けに!

みなさま、良いお年をお送りください^^


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1505 No title
あけましておめでとうございます。
今年も楽しい一年にしていきたいですね。
#1506 ジャムさま
明けましておめでとうございます。
ぜひ明るい一年にしていきましょう!

今年もよろしくお願いいたします。
#1507 No title
明けましておめでとうございます。
いつもいつも楽しく拝見しています。
コンスタントに高いレベルの新撰組漫画はさすがですね!
また局長さんの愛猫を登場させてください^^
#1508 はづきさま
明けましておめでとうございます。
リクエストにお応えできますよう、描かせていただきます。
今年もよろしくお願いいたします。
#1512 ヒロイン
ガッキーが可愛いのは、もう言葉に尽くせませんので置いとくとして、
真田丸の「『きり』というあの女性は現代人の目なんじゃないかと思います」という一行には激しく同意します。きりの出るシーンは全部好きです。昔の角川映画アニメ『時の旅人』を彷彿とさせるんです。時空を越えた恋心。
「君の名は」にも通じる、何時の時代も変わらぬ本気の、一生懸命な「恋心」、それは普遍的に強いもんです。
#1513 甚左衛門さま
「きり」へのご賛同ありがとうございます。
彼女の登場シーンがいらつくという方は、たぶん話し方や態度が現代人のそれと一緒だからではないかと思うのです。しかし、そこのこそきりの存在意義があるわけで、台詞劇の面白さをドラマに生かしたかった脚本家の狙いもそこにあったと思います。

ところで、今年の大河ドラマ「おんな城主・直虎」。予想に反してけっこう面白く観ています。
戦国時代の大国に翻弄される弱小国の辛苦さが、とてもわかりやすく描かれていて共感できます。今後、柴崎コウが出てきて、いよいよマイナー主人公が中心の話となってゆくので、どう話が展開していくのかわかりませんが、今のところは合格点です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する