新選組漫画 163 仙台市幕末紀行①

先週末に宮城県仙台市に行ってまいりました。

学生時代に共に演劇に明け暮れた友人が、今仙台と秋田に住んでいまして、
ちょっとプチ同窓会でもやりましょうか、ということで集まることに。

東北新幹線にはかなり久しぶりに乗りましたが、大宮駅から「はやぶさ」に乗って
1時間ちょいで仙台駅に到着。
昼前には仙台駅で迎えに来ていた友人らと合流です。

昼食後にワタクシのリクエストとして「仙台市幕末紀行」に出かけます。
日本史に、幕末に特に興味があるというワケでもない友人たちも付き合って
くれました。Cくん、車を出してくれてありがとう!

先ず向かったのは、若林区にある保春院です。

IMG_0002a.jpg

ハイ、こちらが保春院の山門でございます。
・・・ウソです。
駐車場がお寺の裏側にありまして、そこからの入り口がココなんです。
ちなみに保春院の本堂は、ただ今改装真っ最中。工事のため覆いがかかっていま
したので写真には撮れませんでした。

「保春院」は伊達政宗の母親、義姫のことですね。
ここは政宗が母親が亡くなった後に、その供養のために建てたお寺です。といっても、
義姫の墓があるわけではありません。
こちらに来たのは、この方のお墓参りをするためです。

IMG_0003b.jpg

IMG_0004b.jpg

仙台藩士玉蟲左太夫です。
名前だけ見ると、丸尾末広の漫画の登場人物みたいな名前ですね。「お前の目玉を
舐めさせておくれ・・・!」とか言いそうですが、全く違います。

彼は江戸の湯島聖堂の塾頭になるほどの秀才で、万延元年(1860)の日米修好通商
条約の批准書交換使節の一員として、アメリカに渡っています。
聞くところによると、なんでもかんでもメモしまくり、正確に記録に取る特技があったそうで、
そんな真面目な性格が外交随員として重宝されたんでしょうね。
戊辰戦争がはじまると、軍務局副頭取となって奥羽越列藩同盟成立のため
に会津に走るなど活躍します。
ところが、肝心の仙台藩が新政府軍に恭順してしまったために捕まり、最後は獄中で
切腹を申し付けられるという非業の最期を遂げます。

写真の左側にあるちょっと黒っぽい墓石が左太夫本人のお墓です。
左太夫の友人が建てたようですが「玉虫拙斎之墓」と刻んであります。

続いて向かったのは青葉区の清浄光院

IMG_0012a.jpg

こちらのお寺に眠るのは、仙台藩が誇る最強洋式銃隊額兵隊の隊長だった
星恂太郎です。

IMG_0009a.jpg

山門を潜ってすぐ左に顕彰碑があります。

IMG_0010b.jpg

お墓は本堂の脇にあります。
「星家之墓」とあって、側面に代々祀られた人の法名・没年・俗名が刻まれています。
恂太郎の名もあるのですが、薄くなっていてやっと判読できるかんじです。

恂太郎は仙台東照宮の神官の家に生まれます。そのせいかゴリゴリの攘夷で、仙台藩の
開国派を斬ろうとまでしますが、逆に説得され、その後は積極的に海外の知識を取り入れ
ます。そんなところは坂本龍馬に似てますね。
横浜で西洋戦術を学び、戊辰戦争がはじまると仙台に呼び戻され、洋式銃隊部隊額兵隊
の隊長に就任しました。
しかし、仙台藩が恭順に傾くと「そんなんやってられっかーッ」と、隊を率いて脱走。
旧幕府軍に合流し、蝦夷に上陸。土方歳三の指揮下に入って活躍します。

額兵隊はその実力もさることながら、別の部分で佐幕ファンから人気です。
その理由は西洋式の隊服。
通常は真っ赤な表側、戦闘時には裏返して黒色という、イギリス式リバーシブル制服を
採用していたからです。
この額兵隊のコスプレは、今でもイベント等で大人気。
まさしく、幕末のオシャレ番長です。by ドーーーーーン小西!

20160617.jpg


いつも史跡レポは長くなるので、今回は小分けにしてアップします。

仙台のマイナー史跡廻りに付き合ってくれたワタクシの友人たちのブログを
紹介します。
人生の役にはまったく立ちませんが、面白いので、ぜひどうぞ!

chihiroイグレシアスのぼんくら日記

世界映画博


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1447 仙台行きお疲れ様です
仙台はかなり前に行ったきりなので、懐かしく拝見しました。

当時、サムライの制服というと「揃いの羽織」だったのでしょう。
西洋の軍服が導入されても、袂も袴のヒダもなく、まるで人足の恰好みたいに見えて、多くの人は「サムライらしくない、カッコよくない」と感じたようですね。
黒い戎服の上に、あちこちの農兵隊が揃いの羽織を着たり、戊辰戦争で諸隊の隊長が陣羽織を着たりしたのも、その辺りが理由かと思います。
それに比べると、ホシジュンの額兵隊はかなり先進的ですね。
#1448 玉虫
甲州武田軍の中に城景茂(城伊庵とも)という足軽武将がいまして、この人は横田康景と並んで、中期武田軍「第一級の勇士」と讃えられたといいます。この城景茂は元々上杉家の家来で、旧名「玉虫景茂」と言い、弟はそのまま玉虫姓を継いだそうです。(兄弟共々武田に奔りました。)
いずれにせよ武田信玄、上杉謙信という二大巨頭に仕え、存分に武名を上げた人物の旧姓として「玉虫」という人のことは記憶していたんですが、幕末にも逸材を生んでいたとは。ちなみに佐太夫さんの先祖は武田か上杉なんでしょうか。それとも土着の玉虫か。
#1449 東屋梢風さま
額兵隊の赤い隊服は、一見派手なように見えますが、考えてみると
戦国時代には赤備えなどもあったのですから、決して派手という
感覚はなかったのでしょうね。
それよりも、リバーシブルという合理性がなんとも素敵です。
ホシジュンは神官の家に生まれながら、すぐに開国強兵策を受け
入れたり、写真を見てもすでに断髪をしていたり、かなり柔軟
で合理的な考えの持ち主だったことが伺えますね。
#1450 甚左衛門さま
さすが甚左衛門さん、甲州武士にお詳しい!

玉虫(玉蟲)姓についてちょっと調べてみたのですが、ルーツは
越後国古志郡玉虫を出自とする、桓武平家の城氏。あるいは清和
源氏の多田氏の系統があるようです。
左太夫のご先祖が武田、あるいは上杉の家臣だったかどうかは
わかりませんでした。

ワタクシが知っている玉虫さんといえば、あとは横溝正史の
「悪魔が来りて笛を吹く」に出てくる玉虫伯爵くらいです(笑)
#1489 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#1490 玉蟲さま
ご子孫の方からコメントをいただけるとは、感激です。
いろいろと失礼なことがありましたら、お許しください。

今回の仙台行きでは、左太夫さんのお墓参りをぜひにと思って
おりました。戊辰戦争史の中で、もっと認知度が高くなって欲しい
と願う人物のお一人です。

今後ともよろしくお付き合いくださいませ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する