新選組漫画 160 歳三忌とひの新選組まつり 2016年

5月7日、8日と、今年も日野市で新選組まつりがありました。
毎年の年中行事、これを見ないと花粉症も治まらない!ってことで、今年も
行ってまいりました。
四コマ漫画は後半で。

IMG_1407a.jpg

先ずは7日。
この日は「歳三忌」に集中します。
石田寺で土方歳三副長のお墓参り。

IMG_1406a.jpg

相変わらず参列者・・・特に女性が多いワケですが、ここ数年でそれにも変化が出て
きたような気がします。
元々コスプレでの参列はご遠慮いただいているようですが、2~3年くらい前はそれ
でも中性的というか、ロック系のファッションに身を包んだ女性を多く見かけたので
すが、今年はそういう方は見なくなりましたね。
まぁ、いろいろと人の流れもあるのでしょう。

この後、高幡不動尊に移動して「歳三忌」の講演会に参加してきました。

そして翌日。
この日はJR日野駅前を中心にして行われる、新選組まつりの見物です。
よく2日連続で行くよなぁ、と思うけど、これも近くに住んでいるからこそですね。

ただ、今回は新選組まつりに行った明確な理由が2つありまして。
そのうちの1つが、まずコチラ。

IMG_1415a.jpg

佐藤彦五郎新選組資料館です。
昨年の秋と今年の3月に、団体で開館日以外の日に見学させていただいたので
そのお礼に伺いました。
佐藤館長、本当にいつもありがとうございます!

今年は、まつりの期間に合わせて、近藤勇局長の愛刀「丹波守藤原照門」と三鷹市
の龍源寺にある「近藤勇胸像」のレプリカを展示していました。
それと、市村鉄之助が持ち帰ったという「土方歳三写真」のオリジナルが見られるのも、
毎年この期間だけ。
やはり、写真の画像が年々薄くなってきているようなので、見られるウチにしっかり
見ておかないと、です。

IMG_1412a.jpg

局長のレプリカ像は写真撮影OKだったので、パチリ!
こうして見るとワタクシの漫画は全然似てないね。
まぁ、いいの。
アレはアレで。
だってこのご尊顔は、絶対にギャグをやってくれない顔でしょう。

さて、もう1つの理由。

本陣前で各種団体の方々が路上パフォーマンスをするのですが、その中にワタクシが
大学生時代に所属していた演劇部の後輩がいるというので、これを見るためにやって
参りました。

IMG_1417a.jpg

後輩の宇井源秀くん(ういげんしゅう・左端)と殺陣チーム「刀浪記」の皆さんです!
宇井くんは役者さんで、時代劇などに出演しております。
せっかくなので、写真をいつもより大きくしてお送りしております。

IMG_1423a.jpg

こんなカンジで本陣前の路上で2回ほど殺陣パフォーマンス。

さて、中にはこんな見慣れない武器を持っている人も・・・

IMG_1426a.jpg

右の人の持ってる武器・・・コレなんですか?
やたら柄の部分が長いんですけど。皆さん、知ってます?
ワタクシ、けっこう刀系には疎いんで知らなかったんですが、長巻っていうらしいです。
薙刀みたいにして使うのかなぁ?
敵に対してアドバンテージがあるんだかないんだか、扱いやすいんだかにくいんだかよく
わからない武器ですが、新選組の隊士の中にコイツの遣い手がいたんだそうで・・・。

20160514.jpg


山崎丞がその人だってのを、当日宇井くんに教えてもらいました。
サンキュー。これで1本、漫画ができたよ^^
でも山崎さんはふだんは町人とか、ホームレスに変装してたんだから、この長巻は
ずっと屯所の押し入れの中にでもしまってあったんだろうね。

というワケで、今年も「ひの新選組まつり」を楽しんで、且つ勉強してまいりました。
そうそう。本陣前でTwitterのフォロワーさんと偶然に初対面で出会ったりもして、
驚いたりもいたしました。「つくさん、その節はありがとうございました。楽しい話が
聞けました!」

宇井源秀くんと殺陣チーム「刀浪記」。
どこかで見かけたら、応援よろしくお願いします!



「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1435 お疲れ様でした
歳三忌でご挨拶できて良かったです。ありがとうございました。

長巻とは珍しいですね。
発生としては大太刀の発展形で、なぎ払ったり叩きふせたりを主目的とした武器です。
合戦で、甲冑の相手を斬るのは困難なので、打撃系ダメージを与えようとしたのでしょう。
戦争がなくなると使われなくなり、残った良品は刀に作り替えられたりした模様。
実際、長巻よりは、長巻直しの太刀や打刀を見かける機会のほうが多いです。
山崎丞が長巻遣いという説は聞いていましたが、いつどこで使ったのか、謎といえば謎ですね(笑)
#1436 東屋梢風さま
歳三忌では、こちらこそありがとうございました。

上記のパフォーマンスで使われた長巻は、後輩・宇井くんの手作りのようです。彼のブログ等で書かれていたので、ワタクシもこの武器の存在を知った次第です。
打撃系ダメージを与えようとした、というのはわかるような気がします。秀吉が長い鎗を採用したのも、突き刺すよりも上から叩いたり足元を払うことを目的としたと聞いたことがあります。

しかし、山崎さんがどこでコレを使ったのか、知りたいですよね。フィクションでもいいから大河の「新選組!」のとき、山崎さんが長巻を振り回すシーンを三谷さんが書いてくれれば良かったのに^^

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する