悪党、新徴組!

久しぶりに「里正日誌」の記事のご紹介です。

文久3年(1863)6月28日、関東取締出役から次のような廻状が回ってきました。

「このほど悪党どもが新徴組と申して宿村などへ罷り越し、金も払わず酒食
したり、又は人足たちを差し出させる者がいる。
真偽が紛らわしいので、これより新徴組の者が遠出をするときには、御用の
筋で何国筋へ行くという印紙を持参して出かけることになった。御用以外での遠出は
旅籠代や人足代などは、宿村ごとに対面で支払うはずである。別紙の印鑑を捺した
書類を一枚づつ渡すので寄場の宿村にそれを置き、紛らわしい者が現れたら、怪しい
印鑑はもちろんのこと、違う印鑑を所持していた者は速やかに搦め取り、寄場を巡回
している当出役へ訴え出るようにしなさい。

仮に正しい印鑑を持っていても不法の所業をはたらく者がいれば、その場所に留め
置くようにして、頃合いを見て搦め取り、前同様訴え出ること。
もっとも、新徴組のうち、大舘鎌太郎、中沢良之助、西泰助
三人は郷里へ立ち戻っていて、まだ印鑑等を持っていない。

右の通り命令を出したのでその意を得て、別紙の印鑑を捺した紙を一枚づつ受け取り
寄場へ差し置き、右の内容は組合村々へも早々に通達されるようにすること。
この廻状を寄場内へ廻し、請け印と刻付けをして最後の村より吉田僖平次、安原寿作、
馬場俊蔵、百瀬章蔵方へ返すように。以上。
         亥6月26日           関東御取締出役              」


さぁ、幕末のビッグ・ネームが出てきました!
新徴組です。
「新徴組ってナニ?新選組と名前が似てるけど、何か関係あるの?」
そんな幕末ビギナーの方に、簡単にご説明します。

文久3年3月に、幕府は江戸近郊の浪人たちを集めて、上洛する14代将軍家茂の護衛に
当たらせました。これが浪士組です。
ところが京に着くと、浪士組設立を建言した出羽出身の清河八郎がとんでもないコトを
言い出します。自分たちは帝の臣下なのだから、帝の望む攘夷の先駆けにならなくてはいけ
ないのだ、と言うのです。
実は清河は急進攘夷派で、幕府の力を借りて自らの兵隊を集める腹積もりだったのです。
折りしも、生麦事件の賠償問題で、イギリスの軍艦が江戸湾に入港し威嚇をするという事態
が起きていました。
清河は浪士組に急遽江戸に引き返すことを命令します。

これに異を唱えたのが、浪士組に参加していた近藤勇芹沢鴨の二人でした。
我々は将軍警護の目的で来たのだから、その目的を達する前に引き上げるのでは筋が違う
というワケです。
近藤・芹沢と清河はガチバトルの寸前まで行きますが、結局浪士組を二つに分けることで
決着。近藤・芹沢は自らの仲間たちと浪士組を出て京都に留まることにしました。
これが後の新選組です。

一方、清河に率いられた浪士組本隊は江戸に下ります。
途中甲州で参加者を増やしながら、3月28日には江戸に帰り着きました。
早速イギリスにヤキ入れっぞー!と意気込む清河でしたが、イギリスを刺激したくない幕府は
攘夷の許可を出しません。業を煮やした清河は外国人居留地へのテロを計画しますが、これ
は幕府へ漏れることに。
これ以上勝手な真似はさせられん!と幕府は刺客を送り、清河は暗殺されてしまいます。
江戸帰還後わずか半月、4月13日のことでした。

リーダーを失った浪士組からは脱走者なども出ましたが、新たに加入する者もいたため、当時
江戸の市中を巡回パトロールする任務に就いていた庄内藩に預けられることになりました。
このとき、幕府から新たに新徴組という隊名を戴いたのです。

ということで、新選組と新徴組は兄弟のようなものかもしれません。
とは言うものの、隊名が似ているのは全くの偶然でしょう。
新選組がメジャーなのに対し、新徴組はあまり世間に馴染みがないため「パクリ?」と思って
いる方がいるかもしれませんが、幕府が新徴組の名前を与えたのが文久3年4月15日。
新選組が会津からその名前を戴いたのが八月十八日の政変の後ですから、新徴組の
方が名乗ったのは早いのです。

さてさて。
このような経緯を経て結成された新徴組ですが、冒頭の史料を読むとあまりいいコトが
書いてありません。
新徴組を名乗って不法をはたらく者もいたようです。
太書きで書いた3名については、文久3年2月8日の「上京有志姓名録」に

〇道中目附  奥州中村  西恭介  二十二
〇弐番  上州上田中村  大舘鎌三郎  三十九
〇六番  上州穴原村   中沢良之助  二十七

とあるので、彼らのことでしょう。
「上京有志姓名録」は浪士組の参加者名簿ですから、この3名は最初からの組士という
ことになります。
吉田僖平次以下は関東取締出役の人たち。

新徴組の評判とは、実際にどんなモノだったのでしょうか?
以下次回。

メガ51


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1319 こんばんは
はじめまして。いつも楽しく拝見していますが、初コメです。
清河八郎を斬ったのは会津出身の佐々木只三郎という私の好きな剣客です。ちなみに、坂本龍馬を斬ったのも佐々木ですね。ご存じでしょうが、永倉新八が「新撰組顛末記」のなかで書いています。
また、佐々木は幕府役人として浪士隊を京都へ引率した一人でもあります。すぐ長刀を抜く荒くれ者も剣の達人・佐々木には逆らえなかったものと私は推測しています。

つづき、楽しみです。そのボタン、いつも押してますよ~♪今後ともよろしくお願いします。夜分遅くに失礼しました。


#1320 花渡川 淳さま
コメントありがとうございます。
仰るように清河を斬ったのは佐々木只三郎ですね。会津藩の公用方をしていた手代木直右衛門の実弟です。
講武所の師範をしていたとのことですから、江川代官所とも繋がりがあったのでは、とワタクシは推測しております。

花渡川さんのブログも毎回読ませていただいております。
こちらこそよろしくお願いいたします!
#1321 パトロール
この経緯には、朝廷、会津藩、幕閣など多方面の動きが絡むので、
解説をコンパクトにまとめるのが大変ですね。お察し申し上げます。

新徴組、一般的にはその存在すら知られていませんね。
帰府浪士組と、その後に酒井家御預かりへ移行した当初の新徴組には
問題行動を起こす者がいて、悪評判が立ったことはご指摘のとおりです。
酒井家が厳しく引き締めてからは、市中警備に努めたようですが…

イッセーさんはよくご存じでしょうけど、当時の流行り唄に
「酒井左衛門様お国はどこよ 出羽の庄内鶴ヶ岡
酒井なければお江戸は立たぬ おまわりさんには泣く子も黙る」
という一節がありました。新徴組の市中廻りの様子を表現した模様。
警察官を指す言葉「おまわりさん」の語源は新徴組、とも言われる所以です。

久々の「里正日誌」、興味深く拝読しました。続きも楽しみにしています。
#1322 東屋梢風さま
ものすごい大雑把なまとめ方なので、ツッコミ所が満載ではありましょうが、お許しくださいませ。
「猫でもわかる幕末史」がこのブログのコンセプトですので・・・。

新徴組の知名度は低いですね。ワタクシも恥ずかしながら、日野に行くようになって「日野宿叢書」などを読み、ようやく全体像が見えてきたという次第です。
そもそも浪士組の参加者に、博奕打ちなども入っていたワケで、素行がよろしくないのは当然であったかもしれませんね。江戸ではこの後で登場する彰義隊の人気にかき消されてしまったような気がします。
#1323 辻斬り
おっしゃる通り、本当に新徴組の資料は少ないですね。隊員名簿欲しい、とか思ったけど当初容易には手に入りませんでした。
先日山岡鉄舟の伝記を読んで驚いたのですが、浪士隊の世話役連中も大概な暴れ者ぞろい。松岡萬とかいう人はすぐ辻切りをする性質で、(こんなのがウヨウヨいる…)彼らを集めて、鉄舟先生自作の「豪傑踊り」でごまかして血の気を覚ましていたとか…すごい集団…相当なストレスだったろうな、と思います。
#1324 甚左衛門さま
仰るとおりで、ワタクシも日野市の「新選組のふるさと歴史館」が発行している「歴史館叢書」でしか新徴組の資料がありません。
庄内の方ではどうなんでしょうかね?
もう少し知名度が上がっていることを望みます。

山岡鉄舟は身長188cm、体重も100kg近くあったそうですね。現代人の規格でもかなり大きい体格ですが、当時の日本人の中ではまさに巨人だったでしょう。それで剣術までやってるんですから、ケンカ売る人ないませんね。
そんな人だったからこそ、浪士組などという魑魅魍魎を押さえられたのだと思います。
#1509 新徴組女剣士がドラマ化
突然の書き込みをお許しください。
新徴組の女剣士・中澤琴が、黒木メイサさん主演で「花嵐の剣士」というドラマにNHKBSでなります。
私は、花嵐の剣士の撮影に当たって協力させていただいた法神流伝承会のメンバーの一人です。
いよいよ放送が近づいてきましたが、関連番組として
「もう一つの新選組〜“新徴組”と幕末の江戸〜」という番組も制作されています。
http://www.nhk.or.jp/bs/bsguide/bsp.html
すでに2つの番組の宣伝CMも地上波で流されています。
新選組と比べるとあまり知られてこなかった新徴組や中澤兄妹について多くの方に知ってもらえればと思っています。
兄は、貴ブログで取り上げられている中澤良之助です。
ご協力をよろしくお願いします。
#1510 新徴組女剣士がドラマ化
突然の書き込みをお許しください。
新徴組の女剣士・中澤琴が、黒木メイサさん主演でNHKBSで「花嵐の剣士」というドラマになります。

いよいよ放送が近づいてきましたが、関連番組として
「もう一つの新選組〜“新徴組”と幕末の江戸〜」という番組も制作されています。
http://www.nhk.or.jp/bs/bsguide/bsp.html
すでに2つの番組の宣伝CMも地上波で流されています。
新選組と比べるとあまり知られてこなかった新徴組や中澤兄妹について多くの方に知ってもらえればと思っています。
兄は、貴ブログで取り上げられている中澤良之助です。
ご協力をよろしくお願いします。
#1511 amb_akagiさま
ありがとうございます。
ご紹介していただいた「花嵐の剣士」はワタクシも楽しみにしているドラマです。中澤琴については伝承はあるものの、当然のことながら新徴組の隊士名簿には名前がありませんし、実際のところどんな人物だったのか非常に興味があります。
「新徴組と幕末の江戸」には、ワタクシと江戸検一級同期の「お江戸ル・ほーりー」こと堀口茉純嬢が出演するようですので、こちらもチェックいたします。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する