杢左衛門、他村訴訟の仲裁に入る

ワタクシの持病の頭痛については、多くの方からお見舞いのお言葉をいただき
ました。この場をお借りしましてお礼を述べさせていただきます。
ありがとうございます。
おかげさまで、この2日ほど頭痛の発作がありません。
群発期がピークを過ぎると、毎日起きていた発作が2日に1度とか3日に1度
とかの間隔になってくるので、これは群発期の出口に向かっている兆候だと
思います。
んー、なんとか乗り切りたい!

てことで、久しぶりに「里正日誌」を手にとり、面白そうな部分を探してみることに
いたします。

文久2年(1864)5月に、下里村(東久留米市)の小前百姓45人が村役人に
不正があるとして訴え出た事件があったようです。
一つの村の中で、おだやかではありませんね。
他村の出来事ではありますが、杢左衛門さんがこの一件の仲裁に入ったよう
なんですね。いたる所に顔を出します、杢左衛門さん。
では、百姓たちの訴えとはどのようなことだったのでしょう。

「  恐れながら書付けをもって申し上げ奉ります

武州多摩郡下里村小前45人の惣代である百姓代伊左衛門と、ほか2人より
同村役人たちへ相掛かり、お年貢のことその他難渋に思うことそれぞれを、
訴え」あげました一件、御吟味の最中扱人を立てることを双方掛け合い
の上で、話し合いましたことを、左に申し上げ奉ります。

一、年寄の四郎左衛門が勤めて取り扱っている10年来の年貢取立て、並びに
村用諸帳面、その他地方に関係する帳面類を取り調べ中、扱人にこれを預け
訴訟方が立合いの上、御年貢金の過不足があるならば、過分であれば割戻し、
不足であれば差し出し申すべきはずのこと。

一、貯穀について取り調べた上で、減石であれば詰め戻します。もっともこれまで
四郎左衛門の土地内に置いていた穀櫃を、これより差し迫ることのない場所を
見立てて、場所を引き直すべく願い奉ります。

一、大沼田新田の傳兵衛の水車残水堀のことですが、今後争論がないように
埋め立てます。その堀に掛け渡した敷石を、元の場所へ敷き直すように申した
はずのこと。

一、日光東照宮の御門主様が上野寛永寺へ御帰府されるとき、岩渕・川口の
両宿場へ勤めます御伝馬を買い上げたお金、並びに和宮様御下向のときの
中山道浦和宿へ勤めました加助郷入用のこと、諸帳面を取り調べた上、明白に
差引勘定を立てるべきはずのこと。

一、組頭の吉左衛門・同半左衛門が取り扱っている御年貢金取立帳10年分、
その他地方に関係した帳面について、扱人が立ち入って取り調べることに差
支えなく差し出すよう申したはず。かつ名主の安左衛門が所持している帳面に
ついても、右入用のときと同様に差支えないように差し出すように申したはずの
こと。

一、御年貢勘定のことはもちろん、臨時村入用勘定のこととも、百姓代並びに
重立った百姓が立ち会って勘定いたすべきはずのこと。

一、年寄りの四郎左衛門は追々年をとり役儀を勤めかねるようになってきたので、
諸々の勘定が済んで一件落着した上で、同人の退役を願い、名主の安左衛門に
兼任してもらい、追って村が治まったのを見計らった上で、四郎左衛門の跡を同
人の倅演三郎に役入りさせるべきはずのこと。」


と、以上の点になります。
年貢納入、貯穀場所、水車残水堀の埋め立て、加助郷、村入用の帳面など記録
一切、年寄の世代交代・・・と小前の訴えは多岐に渡っています。
直接的表現ではありませんが、これらのことに不正があったという主張です。
下里村も江川代官所支配地なので、小前たちは以上の案件を江川代官所に訴え
ます。しかし大事にしたくないという考えもあったのでしょう。代官が裁断を下す前
に立会人を立てて、小前と村役人との間で話し合いを持つようにしたようです。
扱人がそれであり、蔵敷村の杢左衛門さんと上新井村(所沢市)名主の市右衛門
さんが任されたようです。

この2人は小前たちが頼んだものか、村役人らか、あるいは代官所が選んだのかは
史料からはわかりません。
しかし、下里村は蔵敷村や上新井村とは別の組合に入っている村なので、2人は
中立性があり、なおかつこの手の揉め事の解決に向いている実力者と判断されたの
でしょう。

「里正日誌」では、この後に次のように書かれています。

「前書の通り対談議定が行き届きました。そこでひとまず帰村して、扱人が立ち会って
書面を細かく取り調べた上で、訴えをお願い下げしていただきたく存じ奉ります。
何とぞお慈悲をもって右の取り調べのことを、来月20日までに一同立ち戻り帰村を
仰せ付けられたく、連印をもってこのことを願い上げ奉ります。以上。

文久2戌年5月13日   武州多摩郡下里村
                  小前45人惣代
                  訴訟方 百姓 磯右衛門
                  同    百姓代 庄兵衛
                  同    同    伊左衛門
                  相手  組頭   半左衛門
                  同    同    吉左衛門
                  同    年寄   四郎左衛門
                  同    名主   安左衛門
                同州同郡蔵敷村
                  扱人   名主  杢左衛門
                同州入間郡上新井村
                  同     同   市右衛門

   江川太郎左衛門様 御役所  」


訴訟が長引けば農作業にも影響がでるために、早々に解決させて村人たちを帰村させ
たいという思いが、杢左衛門さんらには強かったのだと思います。
それは代官所とて同じだったことでしょう。

日本史の授業で、江戸時代の農村の村方三役として「名主・組頭・百姓代」を覚えさせら
れますが、こうした一例を見ると役人たちのそれぞれの役割というのがわかりますね。
名主・組頭・年寄といった人たちは村の実力者であり、年貢納入、貯穀、土木作業、書類
作成など村の運営の全てを仕切っていることがわかります。
一方、百姓代は小前たちの代表者であり、名主たちに不正がないか監査する役目だった
ことがこれまたよくわかります。
言ってみれば、下里村の村役人システムは正常に機能しているということになりますね。

こういう例を挙げて説明してくれると、歴史の授業もわかりやすいと思うんだけどな。

さて、扱人となった杢左衛門さん。
下里村の村役人らに不正があったと裁定するのでしょうか?

メガ47


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1292 どこのネコさん?
杢左衛門さんのように有能で信望の厚い人物は、
よその村の揉め事仲裁にも携わって、大変そうですね。
訴えの項目がずいぶん多く、こうなる前にひとつずつ解決されてこなかったのは何故?
と考えてしまいました。続きに興味津々です。

村方(地方)三役、地域や時代によって違いがありますけど、
こうして実例を挙げて説明していただくと具体的な役割がわかりやすいですね。

何か本を読んでいて、例えば日野の佐藤彦五郎のことを「庄屋」と書いてあったりすると
やや興醒めしつつ、書き手は関西出身かな~と思ってもみたりします(笑)
#1293 年寄
案外メガ博士いいトコをついているかも!?
実は「村年寄」で博徒の親分という人はかなりいるんですよ。
私大好きな高萩村(埼玉県日高市)の大侠客・高萩万次郎は別名・鶴屋喜右衛門といい「高萩宿年寄」の肩書で史料に登場します。この喜右衛門、武州一揆の際には、村の畑中に酒樽を用意させ、単身で一揆勢を歓待し、宿内への立ち入りを防いだことが『武州一揆史料』『日高市史』内の古文書に記されています。まさに「侠客」って奴ですが、村政の中心に彼のような侠客が参加していたという事実が何とも云えず面白いと私は思うんです。
#1294 東屋梢風さま
わかりますねー。
「庄屋」って、なんかイメージが違いますよね。
まぁ、言い方だけのことなんでしょうけど、多摩は「名主」がやはり似合います(笑)

訴えの項目が多いのは、たぶん小さなことが今まであったんでしょうね。それが一気に噴出してしまったんじゃないでしょうか。
#1295 甚左衛門さま
いやー、これまた貴重な話をありがとうございます!
組頭は商売をしている家が多いというのは知っていましたが、なるほど侠客も「表の顔」として商売をしている者が多いでしょうから、組頭ということも考えられますね。
村と侠客が密接な関係にあったということが、よくわかるエピソードですね。
大変勉強になりました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する