新選組漫画 137 激闘!池田屋

20150619.jpg

その布はどこから?

21日放送の大河ドラマ「花燃ゆ」で、いよいよ池田屋事件が取り上げられますね。
この事件で死ぬ吉田稔麿は、ドラマの前半から出ていた主要キャラですから、それを殺した
とあっては新選組はお決まりの「人殺し狼集団」として描かれることは必須!
まぁ、いいスよ、もう。

新選組の大勝利のように語られる池田屋事件ですが、案外そうでもない部分もあります。

沖田総司が昏倒した話は有名ですが、他にも藤堂平助が鉢がねを取ったところを斬りつけ
られ、眉間を負傷。永倉新八も左手の親指付け根あたりを切られています。

その他、伍長の奥沢栄助が討死。副長助勤の安藤早太郎、平隊士の新田革左衛門が
斬り倒され後日に亡くなっています。
この3人は、近藤、沖田らが突入した際に池田屋の裏口を固めていた隊士です。彼らが
揃って斬られたことで、裏口から逃走できた浪士はかなりいたのでしょうね。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1212 局長強すぎ
新撰組では沖田が一番強いとか。長倉だとか、斉藤だとか言うけど、これだけ見ると、どう考えても局長が最強じゃないですか。
史実は詳しくないのですが、「御用改めである!」と言って、局長が一番に飛び込んだと聞いています。これが事実なら、私の中ではもう近藤さんが幕末最強の武士、でいいです。
#1213 真実は何処に
近藤先生、下帯は解いてもいいけど、履き物は脱がないほうがいいですよ(笑)
屋内でも、こんな時に素足じゃ危ないでしょ。

池田屋事件に関して、通説が事実のように流布していますが、未解明のことが多いですね。
吉田稔麿は、池田屋ではなく近所の路上で、会津か桑名の藩兵に討たれた様子です。
でも、「花燃ゆ」では新選組が斬ったことにされてしまいそう…。
奥沢・安藤・新田の配置や死亡状況についても、現在のところは推測であり
確定できるだけの根拠は未発見だそうです。史料が見つかればいいのに。

池田屋事件の参考書としては、冨成博『新選組・池田屋事件顛末記』と
中村武生『池田屋事件の研究』が適当と思います。
Twitterあたりでは中村氏の著作が注目されるわりに、
長く長州藩の研究をされてきた冨成氏がほとんど知られていないようで、意外です。
#1214 甚左衛門さま
そりゃ、何といっても近藤先生は天然理心流の四代目宗家ですから強いし、その自信もあったと思います。
沖田、永倉、斎藤らが強かったというのは、後に伊東甲子太郎らと共に新選組を出て敵対した阿部十郎が語っていることです。彼は池田屋事件を見てませんからね。
#1215 東屋梢風さま
コメントの返事を21日22時半に書いてます。
つまり、「花燃ゆ」放送を見た後です。
長州浪士が天皇を拉致して都に火を放つ・・・てのが、新選組のでっち上げになってました。あー、そう来たか、ってカンジですね。
吉田稔麿は東屋さんの仰るように、池田屋に戻る途中で会津藩兵に討たれるというパターンでしたが、池田屋事件そのものが3分ほどで完了には、ちょっとびっくりしました。

#1221 起きたばっか?もう寝ます。
あのう
ボタンは押した方がいいのですか?
それとも押さないほうが・・・
始めまして
田中研一と申します
今後とも
宜しくお願い申し上げます
#1223 ハシビロコウ・ウナさま
ご訪問ありがとうございます。
面白いと思っていただけたら、ぜひボタンを押してくださいませ。

よろしくお願いいたします!

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する