新選組漫画 136

20150611a.jpg

中島登と成合清。箱館戦争投降コンビです。
3コマめのセリフに出てくるタマちゃんとは、近藤局長の娘。
漢字では瓊(瓊子)と書きます。
浪士組が京に上る前年の文久2年(1862)に、勇・ツネの長女として生まれています。
近藤さんは生まれたばかりの子供を置いて、危険極まりない当時の京都へ出かけて
いったのですね。
瓊は多摩から取ったとも云われ、近藤さんの郷土を愛する気持ちが伝わってきます。


お知らせ
ワタクシの住んでいる、このブログのメイン・テーマ「里正日誌」のふるさと東大和市
その広報サイト東大和市民ネット クリック!)
コチラでもイッセーが漫画を描いております!
だいたい3日に1回くらいのペースで更新。
他にも東大和市の情報がほぼ毎日更新中!
ぜひ、遊びに来てください!


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1208 難しい字
登さんの諜報活動、実際は何をどのように探っていたのでしょうね。
隠れ蓑として、薬のルートセールスは最適でしょうけど、子供と糠味噌の世話は…

「玉子」「球子」「珠子」「璋子」などでなく「瓊子」なのは
母親おツネさんが教養を発揮した結果なのかな~なんて想像します。
#1209 東屋梢風さま
「瓊子」はルビがふってないと、ちょっと読めませんね。
「瓊」の字は玉の中でも特に「美しい玉」「赤色の美玉」という意味があるようで、ツネさんの選択なのだとしたら相当思いが込められているような気がします。
なんたって握り拳が口に入る勇さんの娘ですから・・・長女は父親に似るっていうし(笑)

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する