幕末「建もの探訪」・・・渡辺篤史じゃないけどね

文久3年(1863)の春、江川代官所から奇妙な取り調べがありました。
江戸から10里以内の支配地にある身元よろしき者の居宅を調べて、その書上げ帳を
提出せよというんです。

「先だって命令しておいたことであるが、江戸10里内における支配所の村において、
村役人はもちろん小前の者たちの中で、身元が確かな者の居宅を取り調べるという
ことだが、目安がなくてはまちまちになってしまう。
身元が確かかどうかにかかわらず、家の畳数が20畳くらい、部屋数
3間より広い
家を取り調べるつもりと心得なさい。
また、最近は諸家の家族や江戸の町人たちが立ち退いて、そこを話し合いで借り受け
ていることもあると聞くが、この分は除いて、それらを確認して別紙の雛形のとおり半紙
竪帳2冊にして差し出しなさい。
ただし、先だって言ったとおり、絵図面は差し出さなくて良い。

一、宿場、旅宿屋などの中で手広の所があっても、旅行休泊もあることであり、全ての
宿方は取り調べるに及ばない。

一、寺院は本寺の触頭で取り調べるはずなので、これもまた取り調べるに及ばない。

右の通り心得て、最も早く取り調べたことを差し出すべきこと、以上。
   亥(文久3年・1863)4月3日 御役所日付                     」

 ※触頭・・・本寺配下の寺に寺社奉行からの命令を伝える役目の寺


村々の中で、広い間取りのある家を報告しなさいというんですね。
どういうコトでしょう。
渡辺篤史がロケに来るんで、セレブな邸宅を用意しておけとでもいうのでしょうか?
勘のスルドい読者の方なら想像がつくかと思いますが、違います。

村民の土地といっても、旅籠として営業している家や寺院は入れず。また、江戸市中に
借家権を持っている家も入れず。村々にある住居そのものだけが対象のようです。

蔵敷村でも杢左衛門さんたち村役人が中心となって、村内のセレブ邸宅を書き出します。
といっても、そんなに広くない村ですからそう多くはありません。

「手広住居書上げ帳
    武州多摩郡 蔵敷分

一、12畳敷 10畳敷 8畳敷   3間畳数30畳       組頭 重蔵

一、8畳敷 8畳敷 8畳敷     3間畳数24畳       同  吉右衛門

一、12畳敷 8畳敷 8畳敷 4畳敷   4間畳数32畳   名主 杢左衛門
   これは話し合いにより、御書院番朝岡重三郎様のお立ち退きでお貸し申し上げて
   いる分です。

一、10畳敷 8畳敷 6畳敷    3間畳数24畳       百姓 武左衛門
   これは話し合いにより、伊賀衆御家人深沢栄之助殿のお立ち退きでお貸し申し
   上げている分です。

右に書上げ奉りましたように相違ございません。
   文久3亥年4月       右村               百姓代 平五郎
                                      組頭  重蔵
                                      名主  杢左衛門
 江川太郎左衛門様 御役所                               」
  

村には4家の条件にあう住居がありました。当時のことですから、当然洋間などないわけ
で、あとは囲炉裏のある勝手があるくらいでしょうか。
杢左衛門さんと武左衛門さんは、幕臣の江戸にある屋敷と交換して彼らに家を貸していた
ようですね。彼らはどんな人物でしょう?

書院番とは幕臣の中でも旗本が勤める、五番方と呼ばれる将軍の直属常備軍の中の一つ
です。五番方には大番、書院番、小姓組、新番、小十人組の5つがありますが、その中でも
書院番は小姓組とともに両番といい、最も格式が高かった部署です。
通常は江戸城内の門の守備などをして、将軍が出かけるときには護衛につきます。
定数は10組(時代によって前後)で、各組に番頭1人、組頭1人、番士(組衆)50人が
いました。番頭の役高は4000石、組頭は1000石と相当な格式です。
朝岡重三郎さんには役職が書いてないため、平番士かと思われますが、それでも役高は
300俵。およそ120石に相当しますので、やはりエリートです。

伊賀衆とは、伊賀出身の郷士で幕府に仕えた者をいいます。伊賀ものともいって、諜報
活動をしていた者たちです。深沢栄之助さんも御家人とあるように身分は高くありませんが、
大奥の警備などもしていました。

ちょうどこの頃、東禅寺事件(文久元・2年)、生麦事件(文久2年)など外国人を日本人が
殺傷する事件が相次いだため、江戸では外国との戦争になるのではないかとウワサが
立ち、何か地方に縁故のある者は家族を疎開させていたんですね。
このことは以前にもブログで書きましたので、参照してみてください。
「文久を駆け抜ける!」クリック!)

朝岡さんも深沢さんも番方・・・つまり役方(役人)ではない軍人系の幕臣ですから、いざと
いうときのために家族を蔵敷村に疎開させていたのでしょう。

・・・っと、話がそれてしまいましたが、江川代官所からの「手広住居書上げ」。
いったいどのような目的があってのことでしょう。
実はこれには、前年・・・つまり文久2年に起きた、ある騒動が絡んでいたのですが・・・
それは、次回のお話で。


136a.jpg
137a.jpg
これは青梅市新町にある「旧吉野家住宅」です。
囲炉裏のある板敷の勝手を含めると6間ある「整形6ツ間型」。
蔵敷村の住居はこれよりも小さかったかもしれませんが、幕末期の代表的な
名主住居です。

メガ39


お知らせ
ワタクシこの度、他のブログでもマンガを描かせていただくことになりました。
東大和市の広報活動をする市民サークルのブログ
「東大和 市民ネット」入口) です。

ワタクシの他にも、東大和市民の方が情報をたくさん載せていますので、ぜひ
遊びに来てくださいね


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1206 旗本知行所では
この時の疎開について、小野路村・小島角左衛門さんの日記、3月13日によると
江戸表では武家・町人らに至るまで厳重のお触れがあったそうです。
旗本に対しては「それぞれ自分の知行所へ引き取りなさい、
蔵米取りの者や知行所が遠い者は親類に頼みなさい」と命じた模様。
そして、小野路村では地頭山口氏の家を建て始めています。
鹿之助さんは、塩を大量に買い集めて「戦時の必需品であるし、
万一不足して地頭様にご迷惑をかけて不忠の極み」といったことを書いています。
当時の人々はかなりの危機感を持っていたようですね。
#1207 東屋梢風さま
江戸の様子としては「武江年表」に3月初旬のこととして、嘉永6年のときのように皆恐れて、老人や女子供を遠くの僻地へ去らせ、家財道具は郊外の親戚知己に預けた・・・と書かれています。
ただ、4月にはこの噂も治まったようで「各安堵して本処へ帰れり。」と書かれています。一つの情報に右往左往する様子は、昔も現代も同じかもしれません。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する