「里正日誌」を原文で読む

ワタクシの住んでいる東大和市に、「おとなの社会科」という公民館活動をしている
サークルがあります。
だいたい月に1回のペースで、いろいろな分野で活動されている講師の方をお呼び
して話を聞くという、まぁ雑学講座みたいなものです。

当ブログでもお馴染みの、「里正日誌」を原文の古文書から解読している「古文書を
読む会」
というサークルが市内にありまして、そこから市内在住の砂田さと子氏
講義にいらっしゃると聞き、ワタクシも聴講してきました。
こういう地道に研究されている方のおかげで、ワタクシのような者がこんなヘッポコ
ブログを書くことができるのですから!

さて、ここでもう一度「里正日誌」についておさらいをしましょう。
「里正」とは名主のこと。
蔵敷村(東大和市)の名主だった内野家の当主・内野杢左衛門が、代々に渡って
書き残した記録をまとめたもの。それが「里正日誌」です。
「里正日誌」の大きな特徴は、書かれている内容が個人的な備忘録ではなく、村や
村を含む組合、周辺の村々などに関係する書状などの写しを記録している
ということ
です。
そのため、当時の政治的・社会的な状況を推測する史料として、重要視されている
のです。

この日は「里正日誌」の一部を抜き出し、原文のコピーをご紹介していただきながら、
それを砂田さんと共に読んでいく、という講座でした。
原書は内野家の蔵の中ですから、なかなかお目にかかれません。
取り上げた部分は、文久2年(1862)11月に起きた、とある事件についてです。

IMG_0846a.jpg

ハイ。これが原文(コピー)です。
ワタクシには何が何やらワカラナイのですが、砂田氏はタッタカタッタカと読んでいき
ます。
「里正日誌はね、比較的読みやすいんですよ」
ひえ~~ッ、コ、コレがですか!?

この文久時代を記録したのは、安政4年(1857)から明治5年(1872)まで名主(明治
5年からは名主制度が廃止されたので戸長)を勤めた杢左衛門星峰さん。
さらに明治5年から杢左衛門を継いだ秀峰さんが、天正年間から続く「里正日誌」を
編纂したので、古文書とはいっても比較的新しい時代の文体で書かれているのがその
理由だとか。
とはいっても、崩し字に慣れていない人にとっては、やはり読むのは難しい・・・!

IMG_0852a.jpg

同じ箇所を活字印刷したのが、こちら。
東大和市教育委員会が出版している「里正日誌」がこの形になります。
ワタクシが読んでいるのがコレです。
やはり、現代人は活字の方が読みやすいですね。

ではその内容ですが、どのような事件が起きたのか見てみましょう。

「文久2壬戌(みずのえいぬ)年11月21日、高木村の百姓である勘左衛門は、
普段は農間渡世として青梅から炭を仕入れ、江戸表にお出入りを許されて
いる屋敷へその炭を届ける稼業をしている。
内藤駿河守殿の小川町(千代田区神田)にある上屋敷、内藤新宿南方の玉川上水そば
にある下屋敷の2か所は、何年もお出入りをしている屋敷なので、御役人達も懇意にして
いる人もいる。
勘左衛門が江戸へ出て2~3日も滞在して帰らないので、家族の者が心配して、屋敷へ
罷り出て様子を尋ねたところ、居所が知れないので屋敷内の色々な場所を探した。
すると、屋敷内の北西に松山があり、そこに古井戸があるが、その井戸の中に打ち
込められて死んでいる
のが見つかった。
役人に掛合に及んだところ、一緒にこの井戸を検分された。
このことで江戸へ立った高木村の名主金左衛門の頼みで、杢左衛門も一緒に見届け、
それより屋敷内へもお届書を差し出した。」


杢左衛門さんの住む蔵敷村より、二つ東にある村が高木村です。
その村の勘左衛門さんが、炭を納めに江戸の大名屋敷にいったところが帰ってこない。
探してみたら古井戸の中で死体で発見された、という一件です。

農間渡世とは、いつぞやも書きましたが、狭山丘陵一帯の農家ではよく見られた収入
方法です。農間稼ぎとも言います。
歴史の授業では、江戸時代の農民はお米か農産物で税を支払ったと教わりましたよね。
ところが、水利の悪いこの地方では米の質が悪いのでお上が受け取ってくれない。
お金で税を納めろというのです。
そこで野菜やら、青梅や五日市あたりで仕入れた炭を都会(江戸)に持って行って換金
するのです。これが農間渡世。
しかし、農民が商業活動をすることは原則禁止されてます。
そこで、「いや、コレは野菜や炭を運ぶ運送代金をいただくのですよ」という名目で江戸に
持っていくのです。これを駄賃稼ぎといいます。
ですから村の6~7割ほどの農民は馬を持ち、とても大事にしたようです。

こういった農間渡世では、お得意さまの決まった旗本や大名の屋敷があります。
勘左衛門さんは内藤駿河守がその家だったようですね。
内藤家は信濃高遠藩3万3000石。当時の藩主は内藤頼直です。高遠藩は参勤交代で
甲州道中を使う3藩の中の1つ(他は高島藩、飯田藩)。東大和市域を通る青梅街道は
甲州道中の裏街道で、村民は甲州道中の助郷をしていましたから、そういう縁で関わり
ができたのかもしれません。
勘左衛門さんは、屋敷の中にある松山の古井戸で遺体となって発見されました。屋敷地の
中に山があるからには、現場は敷地が広い新宿の下屋敷でしょう。

・・・とまぁ、こんなカンジで講座は進んでいきました。
勘左衛門さんの死因は?これは事故なのか、事件なのか?
砂田氏のこの日の講座では、この一件に関する他の記事を紹介しながら読み解いていき
ました。
そちらは。次回!

メガ37

「おとなの社会科」のブログはコチラ!クリック!)
聴講は基本無料。東大和市内外からの参加者を募集しているそうです。
そのうち、メガ博士も講義にいきます!(嘘)




「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1181 くずし字
私も一昨年までは、全く読めませんでした。それで初めて手を付けたのは「群馬県立文書館」のインターネット上にある「古文書講座」です。これは無料で原文と釈文とがアップされており、自分で好きなように学習ができます。内容も豊富でとても面白いです。
以降は児玉幸多氏の「くずし字用例辞典」を片手に体当たりで学習していきました。その際、各博物館・資料館を訪れ、どうしても読めない字の教授を乞うたのですが、親切に対応してくれたのは「所沢生涯学習センター」と「埼玉県立文書館」だけでした。(大きい施設ほど対応は冷たかったです。)だからこの二館には今も、これからも感謝し続けるつもりです。
東大和郷土博物館では読解の教授はお願いしなかったのですが、里正日記の撮影をお願いした時、親切に素早く対応してくれて、とても有り難かったことを覚えています。
博物館・資料館は地域によって全然対応がちがいますね。
#1184 甚左衛門さま
サスガ甚左衛門さんですね!
ワタクシも以前はそこまで考えていなかったんですが、こういうブログなんか書いていると、だんだんと古文書を読めたら・・・という気持ちに変わりつつあります。
いろいろと教えていただき、ありがとうございます。
自分でもこれからヒマを見つけて探してみます。
#1187 ぶれない日記
幕末の農村日記をいくつか比べた中で、『里正日誌』の特徴は
「名主の公務日記」という役割にブレがないこと、と感じます。
地域の信仰関連の事柄や、杢左衛門さん宅の個人的な事柄は皆無なので、
それが少々残念な場合もあるのですが、
仰せのとおり公務記録として実に貴重な史料と思います。

内藤家はあまりに広大なので、あるとき敷地の中で
若様が迷子になった、とかいう話をどこかで読んだような記憶があります。
それにしても、出入りの農民が古井戸の中で…というのは怖い…。
#1188 東屋梢風さま
先日、江戸東京博物館の竹内誠先生にお会いする機会があったのですが、やはり東屋さんと同じことを仰っていました。
公務記録として、代官所や江戸との関わりなど参考になる部分は、読んでいて興味深いですね。
ただ、仰るように個人的な備忘録的要素はないので、例えば毎日の天気や祭礼などがわかりませんね。まぁ、その辺りは他の史料と照らし合わせながらということでしょうか。
#1262 何処に何があるか
資料の所在地というものは知ってる人は知っていて、知らない人は知らないまま、というのが慣習のようです。なかなかそういった情報が回ることもありません。
不覚ながら今週初めて、『里正日誌』の紙焼き「全部」が埼玉県立文書館に所蔵されていて、誰でも閲覧・撮影可能ということを知りました。無論くずし字のままですが、なんと、目録片手に興味のある部分を写し取ることが可能なんです。

一応参考までにコメントしときます。
#1264 甚左衛門さま
埼玉県立文書館というのは、なかなか親切な所のようですね。でも、そこに行きあたるまで色々な箇所を調べ廻っている甚左衛門さんこそ、すごいなぁと思います。
ワタクシも現在、東大和郷土博物館の許可をいただき、原文の紙焼きをコピーさせていただき、市内の古文書解読グループに参加させていただいております。
現在は明治の箇所を読んでいるので、文字も楷書書きがあったりして比較的わかりやすい所から始めています。
明治とはいってもヒト桁あたりの記録を見ると、各名主が自宅にある武器のリストを政府に報告したもの等があります。案外みんなかなりの武器を持っており、多摩地域農村の特性が出ているようで興味深いです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する