ハリス江戸へ!

老中・阿部正弘が亡くなる前ですが、安政4年(1857)5月26日に幕府は
ハリスと和親条約の内容を拡充した追加条約(下田条約)を結びます。
ハリスさんからすれば、「ワイの夢、通商条約に向けての確かな一歩や!」
つーところでしょうな。
「そのためにも、是が非でも江戸に行きたいがなッ!」
実はこの時ハリスさんはもう50歳を超えていて、また来日してから体調が優れ
ないこともあってチョイあせってた部分もあったようです。

ハリスに追い風が吹いてきました。
ハリスの江戸出府を、幕府内で強行に反対していたのは水戸藩の前藩主・徳川
斉昭でした。水戸黄門・光圀の子孫であり、この後登場する15代将軍慶喜の
お父さんです。これがゴリゴリの攘夷論者。
ところが7月にアメリカの戦艦が下田に入港してきます。
幕府の重役たちは「こんな艦で江戸に入港されたら、ちょーヤバイっしょ」
「ハリスは歩いて来たいっつってんだから、そっちの方がよくね?」って
考えになり、斉昭を「ジジイ、邪魔ッ」とばかりに罷免して、ハリスに江戸入りの
許可を出したのです。
ホラホラ、ハリスに風が吹いてきたでやんしょ。
あ。ここで「ハリスの旋風」ってつぶやいた昭和の人に、10点。

幕府がハリスに江戸出府の許可を出したのが、8月14日。
その2日後の16日の「里正日誌」には、こう書かれています。
「豆州下田に在留のアメリカ領事が、国書を持って江戸に出府することを願って
いたことであるが、寛永以前にイギリス人などが度々お目見えを仰せつけられた
先例もある。
かつ、条約を取り替え済ませるため、国々の外交官に首都へ来てもらうという
ことは、万国普通のことである。
近々、当地へ召され、江戸城へ登城し将軍に拝礼するように仰せつけられるとの
御沙汰がある。このことを心得ておくようにとのお達しである。」


寛永以前のイギリス人ってのは誰ですかね?
ウイリアム・アダムス(三浦按針)でしょうか。「SHOGUN」の。
スゴイところから前例を引っ張り出してきたもんだと思います。だって鎖国以前の
話ですよ。
まぁ、なんとか正当な理由付けが欲しかったんでしょうね。
それから、外交使節と条約を結ぶのは首都で行うのが当然だ・・・っていうけど、
和親条約は横浜で結んでるじゃん。ねぇ。
ちょいと苦しいですナ。
あ。「SHOGUN」って聞いて「男達のメロディー」の方を思い出しちゃった人、-10点。

ハリス一行が江戸に行くという話は、かなーりの勢いで庶民に知れ渡ったようです。
「里正日誌」9月のところには、以下のように書いてあります。
「近々、アメリカの使節が江戸へ出府するが、通行途中にある屋敷は修理するに及ば
ない。仮板や囲いはそのまましておいてよろしい。
持ち場を掃除すること。屋敷の飾り、手桶、立て看板などは差し出すに及ばない。
道行く者も普段通り通行して良い。
もっとも、辻番所などへ見張りをする者を差し出し、往来が混雑することもあると
思うので、取締出役の者から整理するよう申し渡し、乞食など召し捕えておくこと。
途中に見物のためといって出て行き、桟敷を設けたり長屋の窓から大勢で見物など
することは無用にすること。
乗り物の騎馬などはなるべく途中で一行に出会わぬようにすること。もし、途中で
行き会ってしまったなら、不作法で混雑を起こすようなことはよろしくない。
家来たちに至るまで、この心得を漏らさぬように強く申し渡す。」


実際に東大和周辺をハリス一行が通ることはないんですが、このような内容の
御触れが江戸近郊の村々に出されたのでしょう。
さぁ、このような状況の中、ついにハリスは念願の江戸へ出府するのでした。


・・・と、ここでこの回を終わってもいいんですが、「里正日誌」に面白い記述が
あったのでひとつご紹介。

これは8月11日のところに、6月に伝わった事として書かれています。
「この度、箱館表において仰せつけられた文字は箱館通宝と記し、蝦夷・箱館・
松前に限って今季から通用するはずである。もっとも3ヶ所以外の土地では
通用できないことはもちろんのことである。心得違いの者がないようにすべき
ことである。」


これは安政4年閏5月から北海道で発行された「箱館通宝」について書いて
あるものです。
あまり知られてないお金じゃないかと思いまして、紹介しました。
幕府は蝦夷でアイヌの人たちとの交易で使う銭貨を、当初は江戸から運んで
いたんですが、これがそのまま海外へ流出する危険性が出てきました。
ホラ、銭貨って銅でできてるでしょ。
なので、地域限定として鉄で新たな銭貨を作ったんですね。これが箱館通宝
です。(もっともリクエストがあって銅で鋳造したものもあったそうです。)
表には箱館(上下)通宝(右左)、裏には安政の安の字が刻印されています。

ところで、江戸時代の銭貨って、みんな真ん中に四角い穴が開いてるでしょ。
でもこの箱館通宝は、真ん中の穴が円なんです。これは江戸時代に作られた
銭貨では唯一じゃないですかね。
5円玉や50円玉の元祖ですね。
実物見たい人は古銭ショップに走れ~ッ。時価30000円ほどだってよ!

20120924.jpg

まぁ、こんなハリスさんですから、「唐人お吉」こと斉藤きちさんは
本当にかわいそうだと思います。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#47 No title
ハリスがアメリカに戻ってからの消息って分からないですよね?
またお吉は皮膚病があってハリスは気に入らず、全く手を出さなかったとも言われていますが?
#48 極骨さま
ウィキでざっと見ましたが、帰国後は慈善活動をした・・・位のことしか書いてないですね。
まぁ、60歳を過ぎていたでしょうし、金銀比価の違いを利用して相当利益を上げていた
ようですから、悠々自適の晩年だったのではないでしょうか。
お吉の皮膚病の話は初めて聞きました。
機会をみて調べてみます。
#49 ハリスが登城したときに
 ハリスが登城した安政4年(1857)10月21日、武蔵村山市では、萩ノ尾無宿の勝五郎、神明ヶ谷無宿の留三が火付け盗賊改めによって召し捕らえられています。
 10月26日に、ハリスは堀田正睦と会談し、交易・通商を話し合ったようです。そして、10月29日に、召し捕られた勝五郎、留三は村に帰っています。
 この間の詳しい内容は不明ですが、江戸周辺には、35㌔圏に至るまでピリピリした緊張した空気があったことがわかります。

   野火止用水
 
#50 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#51 野火止用水さま
興味深い話ですね。
幕府はこの後も庶民と外国人を、なるべく接触させないようにしていますし、
騒ぎや混乱など起きないように相当注意を払っていたのでしょうね。
#52 極骨さま
どんな内容でも、遊びに来ていただき
ありがとうございます。
千人同心については、東大和には直接関係はありませんが
多摩地区と徳川将軍家の結びつきを理解する上で欠かせませんので、
そのうち触れたいと思います。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する