みの家で桜鍋

今回は番外編。
先日、江戸検二期会恒例の定例会がありましたので、行ってきました。
江戸検二期会とは、江戸文化歴史検定クリック!)で第一期か二期(平成19,20年)
に1級検定合格をした人たちの集まりです。まぁ、江戸・歴史サークルみたいなものです。

以前は持ち回りで順番にガイドを決めて、都内の史跡巡りなどしていたのですが、昨年
は「江戸時代から続く老舗料理店を食べ歩く」という企画を行っておりました。
この食べ歩きのときは「伴四郎会」と名乗っております。
ご存知の方も多いかもしれませんが、この名称は幕末期に江戸食べ歩き日記を残した
紀州藩士・酒井伴四郎から取っています。

今までも、何回か伴四郎会で訪れた店はブログ記事でご紹介しましたね。

さて、今回は都営地下鉄森下駅近くの「みの家」さんでの定例会でした。

IMG_0779a.jpg

桜鍋・・・つまり馬肉料理専門店です。
創業は明治30年(1893)。東京で桜鍋というと、日本堤の「中江」も有名ですが、
あちらは明治38年(1905)の開業。
てことで、「みの家」の方がいくらか江戸に近いワケです。

IMG_0780a.jpg

この写真をFacebookにアップしたら、ワタクシの大学時代の先パイが
「馬豚って、マトンてことか?」
とシャレオツなコメントを送ってくれましたが、違うでしょ。
馬と豚の鍋がありまっせ、てコトです。
たぶん。

IMG_0795a.jpg

建物は空襲で焼けてしまったため、戦後のものですが、それにしてもなかなか
イカス佇まい。

IMG_0784a.jpg

この廊下。
なんと、一枚板なんザマす
なんて贅沢なんザマしょ。
土地柄、常連さんに木場で働く人が多かったので、値踏みされないように木材は
全国から銘木を集め、贅沢に作っているんだそうザマす。

IMG_0789a.jpg

では、お料理。
この日は幹事さんが特別室コース料理をとってくれました。
こちらは馬刺しです。

IMG_0791a.jpg

アキレス腱のスープ。

IMG_0792a.jpg

メインの桜鍋。
味付けはやや甘い味付けの味噌と醤油ベースの割りしたで、煮えたところで生卵を
つけて食べるすきやき風です。

IMG_0793a.jpg

写真を撮るタイミングが悪くて、肉をとっちゃった後なんですが(笑;)

料理は他にタンやタタキなど。
けっこう量も多いです。
さすが名店だけあって、やわらかく美味しい肉でした。
ごちそうさまです。

IMG_0788a.jpg

こちらは、落語家の古今亭志ん生から贈られた羽子板。
歌舞伎の「道行旅路の花婿」(仮名手本忠臣蔵)を題材にしていますが、お軽・
勘平・伴内の3人は落語家の似顔になっているようです。
ワタクシ落語は疎くてわからんのですが、お軽が志ん生とあります。
団体向けの特別室に飾ってありました。

メガ35

後で知ったのですが、ワタクシの大学の後輩Sくんが
「みの家の息子と中学校が一緒だったんですよ」
と、教えてくれました。
もしかしたら、その方が今の「みの家」のご主人かもしれません。

今度は、Sくんと一緒に食べに行きたいですね。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1156 一枚板
うーん、一枚板の廊下。別に何フェチってわけじゃないですが、こういう写真良いですねえ。
あと店入口のたたずまいもいい。暖簾の朱色がなんとも渋いです。
そして「アキレス腱」のスープがやたらに旨そうです。

何かの漫画で「馬肉は甘いがイケる」というセリフを読んだ記憶があるんですが、馬肉って実際、甘いんですか?
#1157 甚左衛門さま
う~ん・・・馬刺しやタタキを食べた限りでは、甘いという食感はなかったですねぇ・・・。
ワタクシの父の友人で、ハンティングを趣味にしていた人がいて、昔シカの肉をいただいたことがあるんですが、シカよりも馬の方が牛肉に近い感じがします。

桜鍋は味噌仕立てのすきやき風で、これはけっこう甘く濃い味付けでした。「馬肉鍋は甘いがイケる」というのであれば、その通りだと思います。
#1158 はつよろです♪
なんだかファンになっちゃいました(´ェ`*)

わたしですね…このところついてなくて(汗)
すべり台を滑っても滑ってもゴールが無い感じなんて言えば少しは伝わりますか?
ものすごい急降下中なんです。。

そんなこんなで色んなブログ読み漁ってたらここで足が止まりましたd(^^*)不思議と心惹かれたんです。
イッセーさんも色んな時間を過ごされてるんですよね。きっと。。

急なお願いで戸惑わせてしまうかもしれませんが
話し込んでみたいというか話しを聞いてもらえたらって気持ちを持たずにはいられなかったんですo(^◇^)o

連絡してくれたら有難いです。
もしも迷惑であればコメントごと私のこと消してください。
#1161 武士飯
ニックネームやメルアドが異なるだけで
そっくり同じ文面のコメントを多数のブログで見かけます。
釣りにしても手抜きですね(笑)

馬刺しは何度か食べました。
意外にクセのない赤身で、マグロよりは歯ごたえがある、というか。
会津で食べたものは、ほのかに脂肪の甘味を感じた記憶があります。

酒井伴四郎の日記をマンガ化した「幕末単身赴任ブシメシ!」が面白いです。

勘平は春風亭柳橋、伴内は桂小文治らしいですね。
落語にも「中村仲蔵」「淀五郎」など「仮名手本忠臣蔵」を題材にした演目がありますし、
関連の演目だけを収録したCDが発売されたこともある様子です。
#1162 戸袋は銅板のたたきだし?
 いいムードのお店ですね。初めて知りました。あこがれます。身内が福島のせいか、馬刺しには目がありません。一枚板の廊下をサ・サ・サっと料理が運ばれてくる姿が浮かびます。
 そして、この前を通ったら、2階の戸袋を見て、後先考えずにお店に入ってしまうと思います。連れ合いがもう少し歩けるようになったら、早速行ってみます。
#1163 東屋梢風さま
上のコメントですね。ご忠告ありがとうございます。
「面白い」と言っていただけるならまだしも、心惹かれる・・・はナイだろうとワタクシ自身思います。

馬刺しですが、ワタクシ食べるときショウガとかネギとか薬味をガシガシ入れて食べるんで、甘さがわかってなかったのかもしれないですね(恥;)
落語の世界と言わず、昔は赤穂義士の討入り=仮名手本忠臣蔵だったのでしょうね。落語で何度も取り上げられるほど、芝居の世界がスタンダードだったのでしょう。
現代は「史実はこうだった」というのが出てきてるので、忠臣蔵の世界も虚実ごっちゃになって、ドラマなどはかえってわかり辛くなってますね。
#1164 野火止用水さま
東屋さんのコメントにもありましたが、福島会津も馬肉では有名ですね。
それにしても、二階の戸袋に目がいかれるとはサスガ野火止用水さん!恥ずかしながら、ワタクシ気がつきませんでした。確かに銅の叩き出しに見えますね。
銘木を贅沢に使ったり、戸袋に凝ってみたり・・・この辺りに江戸っ子気質が感じられますね。

ところで後輩の話によると、店の前の通りが、あの「深川の通り魔事件」の舞台となった場所らしいです。
#1270 No title
あっつ・・・!

美味しいのはわかるけど・・!それは元絶対に競馬馬・・・!

ちなみに私が現在生活しているカルフォルニア州では、動物の生きる権利を保護するために、馬の屠殺は全面的に禁止されています。

私の親戚も、馬の権利を保護する活動に参加しています。

余計なお世話かもしれませんが、一応知っていただきたく・・・・

(´;ω;`)ウッ…

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する