阿部老中 逝く

番組の途中ですが、ここで訃報のお知らせです。

安政4年(1857)6月17日、備後福山藩の藩主で幕府老中の要職にありま
した阿部伊勢守正弘さんが亡くなられました。39歳でした。

「えええーーーーーーーッ!?」
衝撃的なニュースが全国を駆け抜けました。
テレビ画面にテロップで流れるくらいじゃすみません。番組中断して
報道センターからの大ニュースです。

もちろん、この知らせは東大和にも伝えられます。
「巳6月29日御支配御役所から廻状
御老中、阿部伊勢守様卒去につき、鳴り物は28日から晦日までやめるように。
普請はそのままでよい。」


「里正日誌」によれば、亡くなってから12日遅れて伝わったことがわかります。
当時はエライ方が亡くなられると、その裳に服するということで大きい音のする
もの、行為は禁止されました。
まぁ、鐘や太鼓、楽器の類はわかるんですが、建築現場の金づちで釘を打つ
音なんてのも規制されました。
けど、今回は「普請は不苦候」とありましたので、大工さんは仕事ができた
ようですよ。

まぁ、しかし何ですな。
2か月前にピクニック・・・もとい視察にいらしたばかりですよ。
多摩周辺の村人はビックリしたと思いますねぇ。

死因については、ブーちゃんだった体型が痩せてきていたとか、下痢が続いてた
とかいわれていて肝臓癌が有力候補です。
それと、この頃向島・長命寺門前のさくら餅屋におとよという15歳の「まゆゆに
似た」激カワの女の子がいて(←「」内は私の妄想)評判を呼んでいたんですが、
なんと阿部ちゃんこのコに一目惚れ。AKBを脱退させて(←妄想)側室にしちゃった
んですよ。それから間もなくの死だったので
「なんかさー、ガンバリすぎちゃったんじゃないのー?」
みたいな噂もたったようです。
それはやっかみだとしても、結局のところ、外国交渉での激務が命を縮めてしまった
のでしょうね。
25歳で老中に出世したエリート政治家でしたが、早過ぎる死でした。

20120918.jpg

大河ドラマ「新選組!」では、ツネを田畑智子さんが演じてましたね。
ツネさんはとてもよくできた奥さんだったそうです。
ちなみに、二人の結婚は正確には万延元年(1860)です。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#41 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#42 極骨さま
そーですか・・・ハカマオーさんは「こじはる」ですか。
そりゃ「桜田門外の変」ならぬ「AKB劇場門外の変」ですね。
#44 No title
39で?若っ!
しかも15歳の生娘を!?(生娘と断定してよろしいですよね?
喪に服す規模がまたデカいですなあ。
ツネさん、そんな感じだったのですかっ(笑)
それにしても、イッセーさんの知識量に目眩がします。
#46 kitacoさま
近藤センセーは何人もの美人の見合い相手を断って、それほど
美人ではないツネさんを嫁にしたと言います。
その慎ましい性格が気に入ったとのことです。
晩年のツネさんの写真が残ってますが、そんなにブチャイク
ではないですよ。

漫画に関しては、120%作者の妄想です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する