斎藤一は左利き?

20150322.jpg

高校野球春の甲子園大会が始まりましたので、こんなネタです。

野球に薄い方にちょっとご説明いたしますと、野球の世界では左利きの選手は守備では
不利と言われています。
左利きの内野手は一塁への送球に体を反転させて投げなければなりませんし、捕手も
一塁への牽制球は投げ辛くなります。
なので、左利きは内野では一塁しか守る所がないのです。
まぁ、守っちゃイケナイというルールがあるワケじゃないんですが・・・。
外野手であれば左右はあまり関係ありませんが、外野手は足が速いことが求められる、
ポジションですから、足に自信がないとちょっとキビしい。

しかし、投手となると一転して左利きが重宝されます。
世の中には右利きよりも左利きの方が少数なので、打者からすると対戦経験の少ない
左投手は打ちづらいのです。
左投手が右打者のインコースに投げる角度のある直球を「クロスファイヤー」と言います
が、右投手が左打者のインコースに投げてもそうは言いません。左投手の球には独特
の角度がつくようです。

斎藤一が左利きというのは、子母澤寛が「新選組物語」の中でそのようなコトを書いた
ために広まったものと云われています。しかし、当時の侍の習慣は全て右利きであること
が前提となっていますから、剣術修行を修めた斎藤さんが左利きだったことはあり得ない
でしょうね。子母澤さんの、わかってて書いたフィクションでしょう。

さて。
甲子園球場では全国決勝大会が行われていますが、平行して東京都では高校野球の
春季大会も行われております。
ココでいい成績を残すと、夏の地区予選でシード入りできて有利な戦いができるのです。
実はワタクシの甥も今年の春から高校生となり、硬式野球部に入部いたしました。
まだ入学式前ですが、すでに練習生として練習・試合に帯同させてもらっているようです。
先日、甥の野球部の春季大会公式戦を、ワタクシも観戦して参りました。
スコアは8-1の七回コールド勝ち。まぁまぁ強いチームのようです。

で、甥は・・・というと・・・。
駐車場の誘導係とか、ファウルボールが球場の外に飛び出たら拾いに行く係とか担当
していました

がんばれ!!


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1110 碧き面影
甥御さん頑張ってますね。夢の舞台へ駆け上がれ!

斎藤一「左利き」説は、ご指摘のとおり、子母澤寛『新選組物語』が出所でしょう。
篠原泰之進が嗣子・泰親に語り遺したことが根拠になっている様子。
しかし、イッセーさんもよくご存じのとおり、これには矛盾があります。
「隊士・田内知の切腹に際して、谷三十郎が介錯を誤まり、斎藤一との間に遺恨が生じた、
そして近藤勇の密命により斎藤が谷を殺害した」といった経緯が語られていますが、
実際は田内より谷のほうが先に死去しています。
また、中島登「戦友姿絵」でも、斎藤は右手で刀を振るっています。

斎藤一については、武田観柳斎を殺害したという説もありますが、
これも西村兼文が篠原泰之進から聞いて『新撰組始末記』に書いたことが原因のようです。
しかし、武田の死亡時には、斎藤は御陵衛士に加盟していたので、
新選組隊士として粛清の刃を振るったりなぞするはずもありません。

いずれも、篠原が斎藤憎さのあまり作り話をした、と見るのが妥当でしょうね。
#1111 東屋梢風さま
「史談会速記録」を読んでも、御陵衛士だった元隊士の証言は貴重であると同時に、かなり私怨が入っていると思わされますよね。
阿部十郎にしても斎藤のことを「女にのろい奴」で公金を横領したために衛士を脱走したと言ってます。
本当にそう思ってるんだとしたら、斎藤のスパイ工作がバツグンだったということでしょうが、やはり斎藤憎しで言ってるのではないかとワタクシは思います。

篠原泰之進といえば、阿部に言わせると、墨染で近藤勇を狙撃した際に逃亡したそうですね。
斎藤の作り話を言える身分じゃないですな。
#1112 左利き
 ご無沙汰しています。毎回、楽しく拝見しています。昨年5月に自宅の階段でぶつけた右肩の筋が一本切れているとかで、猛烈なリハビリです。そのため、左手でマウスを使っています。もともと左利きの便利さで、すぐなれましたが、スキャナーなど両手を使うときには参っています。
 それに加わって、様々な雑用が押しかけてきて、アップアップの毎日です。スローモーになったこともあり、歳はとりたくないもんです。
 
 
#1113 野火止用水さま
リハビリはさぞ大変でしょうね。
指をちょっとケガして絆創膏や包帯を巻いただけでも不便に感じますから、筋が切れているというのは辛いことと思います。自転車に乗られるときなども、どうぞお気をつけてください。

世の中、ワタクシ含め右利きが多いので、左利きの方の不便さにはなかなか気づきません。甥が左利きなので「あ、そうなのか」と初めて気がついたりする次第です。
#1114 じょっけ
私は子母澤寛の言う事なら、何でも信じてしまうほどの子母澤寛フリークで、かつ浅田次郎さんの『壬生義士伝』も大好きなんで斉藤さん「左利き説」が「創作」というのは意外でした。
それでも子母澤さんの聞き書きメモか何かに、左利き説の由来があるんじゃないかと、淡い期待も抱いてしまいます。そう思わせる魅力が子母澤さんの本にはあるんですよね。
ちなみに左利き、甲州では「じょっけ」と言い、とてもよく使います。
#1115 甚左衛門さま
子母澤寛には史料と小説の中間みたいな所がありますね。
ワタクシはほぼ全ての動作が右利きなんですが、トランプなどのカードを切るのだけは左手なんです。理由はさっぱりわからないのですが、気がついたらそうでした。
もしかしたら、斎藤一にも何か左手で行うことがあって、子母澤さんがその証言を誰かから聞き、イメージを膨らませたということはあるかもしれません。仰るように子母澤さんにはそう思わせる魅力がありますし、そう考えた方が楽しいですね。
#1116 No title
そうですよ、左利きの武士なんてありえませんよね!左利きの人に教えられる剣術なんて、絶対にありえない!というほどに、斎藤一の左利き説はめちゃくちゃな話です。

それは、クラシック・バレエダンサーの中に曲芸師が混じって踊っているような違和感です本当に。

子母澤寛の本は、何故もああ想像と史実がごっちゃになっているのかフシギです。 でも話はものすごく面白んですよね~~!


甥っ子さん、頑張ってますね。いつかベンチ入りできますように!
#1117 琴乃さま
子母澤寛さんも浅田次郎さんも、その辺りはわかっていて、敢て左利きの斎藤一を書いたと思うんですよね。なにか通常の隊士とは違う特徴を出したかったのではないでしょうか。
「新選組始末記」の冒頭で子母澤さんは「ただ新選組に就ての巷説漫談或は史実を、極くこだわらない気持で纏めた」と書いています。フィクションもOKと読めますよね。
甚左衛門さんへの返信コメでも書きましたが、なにか斎藤さんに左利きの部分があったのかもしれません。

ワタクシの甥はモノホンのレフティーです。
足が遅いので投手か一塁で行くしかありません(笑)。
公式戦に出場できたら、たぶんワタクシ泣いてしまいます。
応援ありがとうございます。
#1118 私のカレ(斎藤さま!!)は左利き
小さく投げキッスするときも♪するときも、
こちらにおいでと呼ぶときも♪呼ぶときも、
斎藤さまは左利きと「新選組物語」の中で描かれているのでしょうか。(@_@)
(この歌、知る人が少なくなってしまいました・・・汗)

子母澤寛さんも浅田次郎さんも、何を根拠に左利きとしたのでしょうね。
少なくとも「八重の桜」では、右利きで戦っておられました。

左利きは内野では一塁しか守る所がない・・・なるほど、物理的にそうなりますね。

ただ、日常生活では左利きでありながら、野球では右投げである岩隈久志氏などおられますから、信ぴょう性がまったくないとは言えませんね。^^

今日もりりしくてお茶目な斎藤様を描いて下さりありがとうございます。^^
#1119 美雨さま
斎藤ファンの美雨さん、ありがとうございます。
「新選組!」のオダギリジョーも右手に刀を持っていたように思うのですが、大河ドラマは左利き説を取らないということですね(笑)
子母澤寛さんがイメージを膨らませるほど、斎藤さんに何かしらの左利き部分があったのでは、と思う方が楽しいですね。
#1124 こんばんは、つかちゃんです
壬生義士伝の斎藤一って左だったな

刀の差し方に違和感が凄くあったのを思い出しました
「古来より左ききって器用ですから」と吉村が喋って
いたから左利きっていてもおかしくない気がしますね

左もそうだけど新選組の隊員で2刀流っていたのだろうか
ちょっと気になりましたね
#1125 つかちゃんさま
コメントありがとうございます!
元々利き腕って先天性のモノですから、斎藤さんが何か生活する上で左利きだった可能性はあるでしょう。でも、剣術に関しては、右利きに矯正されたはずです。

新選組隊士で二刀流というと、服部武雄の名前が上がります。
伊東甲子太郎らと共に御陵衛士として分離した隊士ですが、沖田、永倉、斎藤に匹敵する戦闘能力があったと云われています。
油小路の戦いで「両刀を使って斬って斬って斬りまくった。」と子母澤寛の「新選組物語」にあります。
この元ネタは、油小路の戦い直後に現場を通りかかった桑名藩士の小山正武が、「史談会速記録」の中で語っている「服部氏は(中略)手に両刀を握ったままで敵に向って大の字なりになって斃れておられた。」によるものと思われます。

2002年テレ東が正月に放送したドラマ「壬生義士伝」(渡辺謙主演)では、阿藤快が服部を演じて二本刀を振り回していますよ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する