幕末商売人、そして梅吉は・・・。

200両という大金を所持していたことから、甲府柳町の旅籠で役人から捕縛
されてしまった中藤村の梅吉。
「里正日誌」は当ブログでご紹介した史料を含む5点の書状を記載して、この
一件に関することを終わらせています。
解説では、
「この件に関する記載が終わり、その後の経過は不明である。」
としています。
東大和市の史料からは、これ以上辿れません。

ところが、当ブログの読者でいらっしゃる甚左衛門さんから、甲府の史料
「甲府町年寄坂田家御用日記」にこの一件が記載されていることを、コメントで
教えていただきました。
ありがたいことです。甚左衛門さん、ナイス・フォローです。
それによれば、
「お取調べの中で、申し開きの内容が不明瞭だったので入牢を仰せ付けられたが、
だんだんとその内容がわかったので、お構いなしとして出牢させ、親類にお引渡し
となる。今後、心得違いのないように仰せ渡され、証文を取る。武州多摩郡中藤村
の梅吉母たよが病気のため、代理人の親類政左衛門、他2人が召し出され、梅吉
と金子のお引渡しの証文を取る。」

と、万延2年2月3日の条に記載してあるそうです。

梅吉(梅次郎)の地元、中藤村の「指田日記」はさすがに彼に一番近いだけあって、
その後のことも書いてありましたので、ご紹介します。
中藤村に梅吉の捕縛が伝えられたのは万延元年12月22日ですが、その後の
村の対応も含めてご紹介しましょう。

「(12月)29日 夕方より雨。中藤の戸端(名主の屋号)並びに藤左衛門(組頭)、
この村の半次郎(母の代理)が江戸より帰宅する。梅次郎の一件は内済になる
べきだとのことを告げる。

30日 昨夜より雨。梅次郎が甲府で入牢していることにつき、今日30日に、親類・
組合寄合が正月4日までに30両を用意するように話し合ったけれども、一致しな
いので皆帰る。」


内済はこの場合、今風に言うなら不起訴ということでしょうか。
代官所では梅吉に罪はないとの判断をしていたようです。
30日に話し合われた30両は、甲府まで梅吉を引き取りに行くための経費と思われ
ますが、立会人たちが定めた親類たちの出金は40両だったハズ。
「幕末商売人、金持ってます」クリック!)

実は「里正日誌」には、立会人たちが経費を預った証文が残されているのですが、
そちらには・・・

「預り金一札の事

一、金70両
右は私方へ確かに預りました。御入用のときはいつでも間違いなくお渡し申すべき
ことです。よって預り申した金子一札、件の如し。
 万延元申年12月26日   伊奈村名主 預り主 孫兵衛
               下田村名主 証人  捨五郎
               蔵敷村名主 同   杢左衛門
 砂川村名主 源五右衛門殿   」


と、このように26日の時点で、70両という大金を立会人らが預ったことが記されて
います。このお金は誰が出したというのでしょう?
親類が出したお金は30両で、さらにその倍以上のお金を誰かが負担していたこと
になります。

年が明けて、万延2年(文久元年)。「指田日記」から。

「正月4日 梅次郎が昨年の冬から甲府で入牢していることについて、 戸端里正、
入りの清五郎、村の孫左衛門、砂川の本屋が出立する。

9日 梅次郎甲府入牢のことで、村人一同が山口観音に千度参り。

19日 梅次郎の一件で甲府に行った人の中で、孫左衛門、中藤入りの清五郎が
夜になって帰宅。」


戸端里正は中藤村の名主、清五郎は日記の他の部分から組頭の藤左衛門だと
思われます。孫左衛門は「坂田家御用日記」の政左衛門のことでしょう。
母の代理は代官所へは半次郎が務めていましたが、「指田日記」に彼の母親が
14日に亡くなったとあるので、半次郎は甲府まで行けなかったものと思われます。
砂川の本屋は、砂川田堀勝平の関係者でしょうか。

「2月9日 綿屋の梅次郎、甲府入牢となっていたが内済となり、戸端里正並びに
砂川親類の人々は残らず帰村した。

14日 綿屋の梅次郎一件について、御支配所の調べも済み、戸端里正が江戸
から帰る。

15日 梅次郎一件落着により、今日、組合の者一同が年賀に来る。

19日 梅次郎の家に親類・組合が集まった上で、梅次郎は5年の間戸端里正が
引き受ける。村中並びに親類・組合へ、身柄引き受けの間に苦労をかけないように、
梅次郎を江戸に行かせる。

3月15日 梅次郎、家財を売り払う。」


ということで、梅吉(梅次郎)は名主の保護観察下に置かれたようですね。
日記には中藤村の原山という場所の名主の宅地に、「見世」を開いていたように
書かれています。
しかし、内済で出牢となっても保護観察下に置かれたということは、彼にも捕縛され
ても仕方がない理由があったということなんでしょうね。

甚左衛門さんからのコメントでは、梅吉が宿泊していた柳町の藤助という旅籠は
博奕が度々開かれた所で、何度も手入れがあった場所のようです。
梅吉は、もしかすると博奕目的で藤助に泊まっていた可能性もありそうですね。

大金を手にした梅吉は、砂川新田田堀で用事を足せば済むところを、以前から
知っている甲府の藤助で博奕がしたくなり、足を延ばしてしまった・・・というコトかも
しれません。
「里正日誌」では梅吉は古鉄買入れのために甲府へ行ったことになっていますが、
これは全て役所へ提出するための書状ですから、敢て不利になるような真実は避け
て都合よく書いたと取ることもできると思います。
目の前の事象のみを書いた「指田日記」の方が、梅吉の本当の行動を示している
ような気がしますが、いかがでしょう。

そこで大きな謎となってくるのが200両という大金の出処です。「里正日誌」では古鉄
買入れのために乙津村の倉次郎から受け取ったことになっていますが、「指田日記」
ではこれが江戸屋敷で拝借したことになっています。そしてその金額は230両です。
もしも、「指田日記」に書かれていることの方が正しいとするならば、大金のやり取りに
代官所が関係していたことになります。
そうなると、少し穿った考えかもしれませんが、コレって本当に個人が古鉄の売買を
するための金だったの?と思えてきてしまうのです。

そう思わせる今一つの根拠は、梅吉の身柄引き受けに対する立会人の面々と、その
経費です。親類らが30両の金を用意するのは当然としても、立会人が預った金は
70両。誰が払ったのでしょう?
そしてその立会人は、伊奈村(あきるの市)、下田村(日野市)、蔵敷村という他村の
名主たちです。博奕だか派手な飲食だかの嫌疑で、これらの方々が立会人になる
のも少々大袈裟な気がします。
代官所絡みで、これら支配地も関係するような話であれば納得ですが・・・。
この辺り、もう少し関連した史料があれば、もっとハッキリしたことがわかるでしょう。

「指田日記」では、江戸屋敷で大金を拝借したのは4人となっています。おそらく、その
中の「伊奈村の勘兵衛」あたりが買い付けのリーダーだったのではないでしょうか。
それを下っ端の梅吉が横領したもんだから、代官所も村々も大慌てになっちゃった、と
いう所が真相ではないでしょうか。

さて、その後の梅吉ですが。
「指田日記」を追ってみると・・・

「文久3年7月25日 梅次郎、組合へ繕い金を返す。
 
元治元年4月24日 梅次郎、萩ノ尾の市郎右衛門(名主)屋敷に建てて置いてある
家を引き取って、自分の屋敷を建てる。

慶応元年7月24日 梅次郎、逐電する。」


お金を返したり、家を建てたりと安定した生活をしていたようですが、突如、逐電!
その後はわかりません。
梅吉・・・君は、何だったの?

メガ27
「指田日記」によれば元治元年(1864)には

「異国人との交易が始まってから物の値段は次第に高くなり、かつての1両は
3両になり、色々な品物の値段は以前の3倍となり、米価は天保8年(1837)
の凶作の年と同じだけれど、金銭の流通は良く、世の中で建築普請は多く、
労働者の賃金はどんどん高くなっているが、普請はなお多い。
天保の凶年のときは、労働者の手間賃は下がったけれども、普請を頼む者は
なく、一般の庶民は屋根から雨漏りしても葺き直さないほどであった。
また、奉公人は山の方から来る女は給与は与えず、食事・衣服を支給され
連れて来る。今年のこの辺りの給金は男が12両で、その他食事・衣服が支給
され住込みで働く。通いで勤め先に行く者は18~19両である。
女でも7~8両から10両の給金である。」


とあります。
物価の値段は上がっているけれども、景気自体は良かったようですね。
一般庶民が200両の大金を商売で使うことも、そう珍しくないことだったのかも
しれません。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1020 古鉄と代官所
いろいろと興味深い事件でした。
いずれ関連史料が見つかって、残った謎も解明されることを期待します。

先にご紹介の12月26日付議定書によると、親類は40両負担するほかに、
別途甲府でかかった経費も負担する見込みらしいですが、
だからといって合計70両も先渡しするものかどうか、疑問ですね。

この時期、古鉄相場も値上がりしていたのでしょうか。
列強の脅威に備えるべく大砲・小銃の増産を急いでおり、
その資材として古鉄の需要も増加していたのかも?と憶測しました。
梅吉の事案に代官所が関与していたとすれば、それも銃砲類と関連ありそうな…

なお、先にコメントでご教示いただいた脇差の盗難事件、
梅吉が商売で扱っていた「商品」との第一印象を持ってしまいました。
ただ、彼が商用外出に加えて不斗出も繰り返していたような人物なら
本人所持品の可能性は大きそうですね。

【追記】
「綿屋の梅次郎」の「綿屋」は、「日野宿綿屋重蔵」と同じようなもので
屋号と思ったのですが、そうではなく業種だったのでしょうか?
ちなみに、日野宿綿屋重蔵家は幕末期には質屋渡世をしており、
「綿屋」を称した理由は伝わっていないそうです。
#1021 綿屋が鍵かも
 一件、本当に面白かったです。ご苦労様でした。
 指田日記から、梅次郎の職業は「綿屋」であることがわかります。イッセイさんの記事に刺激されて、幕末、狭山丘陵周辺で綿がどのように扱われていたのか、また、綿屋という職業はどのような立場であったのか、調べています。
 紺屋、縞買などは200両とか、扱っていますが、残念ながら綿屋はつかめません。村明細にも、「木綿縞」は出てきますが、綿屋の正体をつかむような記述は見つかっていません。
 特に、文久3年(1863)には、梅次郎は組合へ万延元年(1860)の年末に組合が拠出したと考えられる金額を返還し、元治元年(1864)には自宅を建設しています。これだけのことを、監視下に有りながら、3~4年の間に行えるのは、ある程度の政治的・経済的基盤があったものと考えられます。
 これらのことから、この一件の背景には、古鉄もさりながら、綿を巡る何らかの動きがあったのではと推測する次第です。ゆっくり調べているうちに、ぴょこんと資料が出てくることを楽しみにしています。
#1022 江戸時代の通貨を現代に直すと
いくら位になるのか、時々混乱します。

色々な文献を読んでいいると、一両=現代の10万円相当 と私は理解しているのですが、ちょっと乱暴ですかね?
江戸時代の関西圏は丁銀が通貨だったようですが。この辺も紛らわしいです。ていか、金なんて世界で採れる量が決まっているのに、金貨小判なんて、金をふんだんに使いすぎ!て、昔の人はそんなことを知る由もない・・・?
#1023 砂川の本屋
梅吉、あれだけの大ごとを起こしておいて風のように消えるんですね。なんとも不可思議で興味深い人間です。こういう市居(田舎居?)の人の小さな足跡を追うことこそ歴史研究の醍醐味ではないかと今回改めて思わされました。たいへん面白かったです。
「砂川の本屋」に関して、ちょっと記憶にありまして、五日市街道の流泉寺から西へ500メートルくらいの場所に、流泉寺管轄の共同墓地があり、そこに屋号「本屋」の家の墓碑と、説明書きがありました。(内容は残念ながらメモをとってません…)
砂川は文書が今だに源五右衛門家に眠っているため、知りたい情報が手に入らないことが残念です。「田掘丸山」という巨大問屋があったらしいのですが、一切資料が手に入りません。
#1024 東屋梢風様
 おっしゃるとおり「綿屋」は屋号とも思えます。
 この記事とても興味があり、イッセイさんと相談して、一度地元に入って、じっくり調べてみます。
 しばらく時間をお貸しください。野火止用水
#1025 東屋梢風さま
ワタクシも「古鉄=洋式銃」は真っ先に思いつきました。
万延元年に幕府の遣米使節はアメリカ政府から、最新式のミニエー銃や
野戦砲を贈られています。江川英敏は早速その銃の貸し渡しを願い出て
国産化を建議していますから、タイミング的にはピッタリです。

しかし、国策となれば堂々と鉄を集めればいいわけで、なにも村人を使って
古鉄買いまでしなくてもいいような気がするのですが・・・。
それと、野戦砲は錬鉄製でなければならないので、反射炉のある韮山でなら
わかるのですが、江戸周辺で鉄を集めるのもどうなのだろうと。
いずれにしても、色々と考えさせられる一件です。

綿屋については、野火止用水さんのコメをご参照ください。
中藤村では「紺屋」は染物の商売をしているし、「菓子屋」は屋号だったり
しています。
梅吉の場合、仰るように脇差を普段から所持していた形跡があること。それと
名主保護観察下で「見世」をしていた記述があることから、甲府事件以前も
何らかの商売をしていたのではないかと、個人的には推測しております。

#1026 野火止用水さま
「指田日記」には梅吉の具体的な渡世内容が書かれていないのが、なんとも
歯がゆいですね(笑)
ワタクシも梅吉が短期間で借金を返済し、家まで建てたという話には驚き
ました。それなりの経済的基盤があったのでは、という野火止用水さんのご推測
にはワタクシも同じ考えです。

一方で、梅吉の見世で博徒の喧嘩騒ぎがあったり(文久2年2月20日)、彼
が逐電した後で名主らに差紙が来るなど、善良な村民ではなかった印象もまた
拭えません。これもまた「綿屋」と関係があるのでしょうか?

中藤リサーチ、いつでもお付き合いいたしますv-218
#1027 琴乃さま
おおよそ1両=10万円でいいかと思います。
本など読むと「米価に換算して4~6万円ほど」と書いてありますが、江戸
時代と現代とでは生活にかかる金額が違いますので、1両は10万円、庶民
はそれ以上の価値があったと思います。
ただ、幕末期に関しては「指田日記」にもあるように、本邦初の大型インフレ
がやってきましたので、1両の価値は大きく下がったでしょうね。
これには貨幣改悪で、小判の金含有量が激減したこともありますが、幕末史料
で200両だの景気のいい話が出てくるのは、こういったことが背景にある
こともあるでしょう。

そもそも「サンピン」などと言うように、武家奉公でも下っ端などは給金が
3両1分だったワケですから、幕末の庶民の給金が12両なんてベラボーな
金額です。
#1028 甚左衛門さま
興味を持っていただけ、さらに甲府での史料を提供していただき、誠に
ありがとうございました。
こういう無名の庶民は、こちらに先入観がないだけに色々と想像(妄想)
できて楽しいですね。

「砂川の本屋」については「指田日記」の解説に
「立川市砂川町の古本屋。今でも屋号は本屋」とあり、現在も末裔の方が
おられるようです。流泉寺のその墓地に、今度行ってみることにします。
大問屋丸山があった田堀は、砂川九番と呼ばれていた辺りですね。
今、「田堀」という美味しい蕎麦屋がありますが、カンケーないでしょうね
・・・・(汗;)
#1029 度々失礼します
ご説明ありがとうございました。
梅吉の「綿屋」は業種か屋号か『指田日記』『里正日誌』では判断し難いのですね。
協同で古鉄取引をしていたという倉之助の申し立てから、
梅吉も何か古物に関わる仕事をしていたような印象を受けたのですが、
その前提が事実でなかったとすれば振り出しに戻りますね。残念。
何かご面倒をかけるようなコメントをしてしまい恐縮です。
ご両所のご調査に期待申し上げております。

代官所が領民に古鉄集めを命じるかどうか、正直なところわかりません。
目端の効く者が「質の良い古鉄を集めてきますからお任せください」と申し出て
代官所が「それほど言うならよかろう」と許すのはありそうな気がします。

「綿屋」が業種という可能性、古鉄が銃砲製造の資材という可能性から
「綿火薬」を連想しました。穿ちすぎでしょうか(笑)

【追記】
2014/01/10の記事「勝楽寺村の屯集騒動~江戸の空白期~」に
差し上げたコメントも、再度ご覧いただけましたら幸いです(^_^;)
#1030 トンドロ筒
なんというかイッセーさんが一生懸命返信して下さっているのに…また、
湧き返すようなことをして御免なさい。あんまり感銘を受けたもので。
実は、坂田日記の記述によれば、
嘉永6年、甲府では当時最新式の銃・ドントロ筒を密造し、密売していたという事実があるんですよ。「東光寺の留次郎」という鍛冶屋が作っていたのですが、それが甲州博徒に流れたであろうことは想像に難くないです。
あるいは風の噂に乗って多摩地域にまで、流れてきていたかもしれません。イッセーさんや東屋さんのようなセンスのいい方々の勘ならば、大分信じられるように私は思います。

それと、武蔵村山資料館蔵の「旧離・欠落・勘当帳外願留」という資料によれば、「梅吉」の出奔には「大酒を好・昼夜無差別遊歩行・金銭遣捨・所々出歩行悪事等仕成」という理由がついているようです。当時36歳。やはり彼はクセのある人物だったようです。
#1031 甚左衛門さま 東屋梢風さま
すっかり忘れておりましたが、1年前のコメントで「ドントル筒」が出て
おりましたね。失礼いたしました。
改めてネットで検索し、形状を確認しましたが、かなり短筒に近い形ですし、
帯に挟むための金具がついているなど前時代的な雰囲気を感じます。

これが甲州で密造されていたというのはいろいろな意味で驚きですが、勝楽寺
騒動などに博徒が使っていた可能性は十分考えられますね。
また、蔵敷の内野家に伝わる「農兵隊資料」の中に拳銃が2丁あるんですが、
1つはリボルバー式のピストルですが、もう1つは今写真で確認しましたが、
ドントル式のようです。
リボルバーはお上から支給されたものですが、ドントルの方はどうなんでしょう?

もし、これらのことが「古鉄買い」「甲府」に関わってくると、話はまたもや
面白くなってきますね。お二人さま、ありがとうございます。

そうそう、甚左衛門さん。芋窪の大五郎の子分が梅吉の見世に乗り込んで
暴力沙汰を起こしてるんですよ。相手は梅吉ではないんですが、桃太郎という
やはり問題の多い男です(高橋英樹に非ず)。
梅吉はやはり、多少なりとも裏社会に絡んでいるとワタクシは見ます。
そこに野火止用水さんの言われる「経済的基盤」が絡むと、どんどん話が
複雑になってきます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する