それは、芹沢鴨なのか!?

前々回に、組頭の家が水戸浪士を名乗る二人組に襲われた話をご紹介
しました。
今回はそれに多少関係する話ですが、さらに新選組ファンの方も「おっ!」
と思われるのではないか、という史料です。

時間はちょっと進みまして、万延2年(1861)の「里正日誌」。

「差し上げ申します御請書のこと
一、水戸様の御領分である常陸国玉造辺りに集まっていた浪人たちが
先頃お召し捕りとなったことにつき、万が一右のうち脱走した者がこの近辺に
やって来ることも考えられるので、村々で申し合わせ、当支配所は特に厳重に
気を付けます。
右の体の怪しい者が見受けられましたら、早速手配をし召し捕るようにすべき
ことです。もっとも、兼て召し捕り方の方法は申し合わせておくべきことですが、
且つ右のことの他にも無宿者や浪人が立ち廻り、法に外れたことをするよう
なら、これまた早々に差し押さえるべきことと、仰せ渡されましたので承知
いたしました。

附 往来または渡し船のある村々は、当分の間見張りを差し出し、少しでも
怪しいと見受けられる者が立ち回ったならば、御注進申上げるべきことを
仰せ渡されました。

右のように仰せ渡された内容を一同承知奉り、小前末々までも洩らさぬように
申し聞かせ、取締りが行き届くようするべきことです。
これより村々の役人一同、連印をして請書をこのようにいたします。
  万延2酉年2月13日   当支配所 武州多摩郡蔵敷村 
                       名主 杢左衛門
 江川太郎左衛門様御手代 
          檜山金平様    」
 
 
この日、所沢村に巡回してきた代官所の檜山金平に、杢左衛門さんら村々の
代表者が集められました。
浪人や怪しい風体の者が村内に立ち寄ったならば、差し押さえるかお上に
注進せよという取締りの命令に対して、「ハイ、そのようにいたします」と
村が返答した請書ですね。
ワタクシが注目したのは、取締りの対象となっているのが「常陸国玉造」
集まった浪人たち、という点です。

この浪人たちの中に、後に新選組の初期局長を務める芹沢鴨がいた
のではないだろうか、と思うからであります。

芹沢は水戸浪士で、元天狗党を名乗り文久3年(1863)の浪士組に参加。
京都で近藤勇らと新選組を結成し、近藤、新見錦(水戸浪士)と共にリーダー
である局長の座に就きます。
永倉新八は芹沢を「巨魁隊長」と呼び、3人の中でも筆頭格であると言って
います。それほどの指導力、カリスマ性がある一方、酒が入ると凶暴になる
など素行や性格に難があり、それが故に近藤たち試衛館派から暗殺されて
しまいました。

さて、その芹沢鴨がこの史料とどう関係してくるのか?
その辺りを、お昼寝から目覚めたばかりの我が家の局長・猫のテンちゃんにも
わかるようにお話しいたしましょう。

芹沢鴨は水戸藩内芹沢村の出身で、郷士の家の三男に生まれました。その後
同じ水戸藩内の神主・下村家の養子に入り下村嗣次(継次)と名乗ります。つまり
この名前が芹沢の本名です。
当時の水戸藩が保守派の「諸生党」と改革派の「天狗党」に割れていたのは、
前々回にお話した通り。
嗣次の養子先の下村家は神官で、彼も跡を継いでいました。彼が神主を勤めて
いた神社は弟橘媛(おとたちばなひめ)神社といい、徳川斉昭が命名した神社だ
そうです。嗣次が尊王攘夷論を展開する天狗党として活動するのは、当然の流れ
であったと言えますね。

天狗党は下級藩士や郷士、豪農、神官といった階層に広がり、彼らは水戸藩が
農業振興のために地方に作った郷校という藩校に集まり、勉強会を開きました。
その中の一つに「玉造郷校」があります。
玉造郷校には100人ほどの天狗党が集い、尊王攘夷の気勢をあげ、周りからは
玉造勢とか玉造組と呼ばれていました。
そしてその玉造勢の中に、嗣次もいたのです。
嗣次が生まれた芹沢村は玉造にあったため、地理的に馴染みもあったのでしょう。

この玉造勢が、冒頭史料の「玉造に集まっていた浪人たち」に当たると思います。
彼らがただ勉強会をするだけならいいのでしょうが、これがまた荒っぽい集団だった
から問題になったのです。
彼らの活動といえば、集団で商家などに押し入り、政治資金を押し借りすること。
これを玉造(行方市)周辺だけではなく、府中(石岡市)や佐原村(千葉県香取市)に
まで遠征して、やりたい放題に暴れまわっていたのです。
なかでも、万延2年1月20日、佐原村に逗留していた玉造勢7人が、名主や旅籠と
いった有力者から攘夷を名目に1000両を要求するという事件を起こしました。
要求を拒む(当然ス;)町役人らに彼らは乱暴を働いたのですが、その7人の中に
嗣次もいたというんですね。
特に嗣次は持っていた鉄扇で、町役人をタコ殴りにしたっつーんだから、恐ろしい。
2月になって、玉造勢は藩からの説得によって解散させられます。
ところがその命令を無視して8人が脱走。その中にまたしても嗣次がいたのです。

さて、冒頭史料の日付を見てみましょう。
2月13日の記載があります。
この内容は、解散命令を無視して脱走した嗣次らを指しているとみて間違いないの
ではないでしょうか。
脱走者らの名前が記されていないのが残念ですが、呼び出しを受けた杢左衛門
さんらは代官所の檜山金平さまから、口頭でその名前を聞いていたかもしれません。

それにしても、水戸から遠く離れた狭山丘陵にまでこのような手配書が回ってくる
など、そんなに脱走者らの行動はアクティブだったのでしょうか?
暴力事件を起こした佐原村は水戸領内ではなく、旗本の知行地でした。そのため、
この事件の捜査には関東取締出役が出動していたようで、その関係で江川代官領
にまで連絡が回ってきたのかもしれません。
実際には嗣次は実家の近くで捕まって、2月28日に投獄されています。

獄中で同じく脱走した仲間が次々と死んでいく中、嗣次は1年10ケ月を生き抜き、
特赦によって釈放。
次に現れたのは文久3年2月の江戸小石川伝通院。新見錦や平山五郎といった
仲間を引き連れ、浪士組に参加するためです。
そのときには芹沢鴨と名前を改めていました。

ところで、蔵敷村と同じ東大和市域にあった後ヶ谷村の「杉本家文書」にも、玉造と
具体名はないものの、同様の記録が残されています。
江川代官領の村々の名主が、この一件で呼び出されたようです。
ということは、同じ江川支配地である日野宿にも同内容が伝えられていたのではない
でしょうか?
もしそうだとすれば、佐藤彦五郎を通して近藤勇や土方歳三も、水戸の玉造勢の中に
やたら粗暴な男がいることを、浪士組以前に知っていた可能性があります。
「コイツは危険な御仁どもだ・・・」
文久3年9月に起きた近藤らの芹沢鴨粛清には、すでに多摩時代から入っていた
情報も作用していたのかもしれません。
日野にこの玉造勢関係の史料、残ってないですかね?

※万延2年=文久元年ですが、改元は3月1日から。

メガ16

しかし、芹沢センセー。
昔っから「鉄扇」を使って暴れていたんですねー。
よっぽど鉄扇が好きなんだな。
「おぅ、この鉄扇でラスボス戦までいけっぺよぉッ」(茨城訛りの芹沢氏・談)


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#855 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#857 taffyさま
コメントありがとうございます。
まぁ、偶然だとは思いますが、多少は土地柄とかあるのかもしれないですね。
そもそも藩主の徳川斉昭が「やりすぎ親父」みたいな所がありますからね。
#858 これは芹沢鴨でしょう!
新選組には全く詳しくないので芹沢鴨の経歴なんて知らなかったのですが、(本名なんかあったのね…)イッセーさんの考証を見る限り、これは鴨さんを視野に入れての探索に間違いないように思えてきます!里正日誌おそるべし。
実際のところ鴨さんは多摩地域に潜伏した可能性もあるんですかね?
彦五郎さんの日記の中には甲斐の黒駒勝蔵一件のことなんかも出てくるので、相当広い情報が集まっていたと推測できます。あるいは彼は鴨さんの動きをかなり正確にキャッチしていたのかもしれません。
なお鉄扇については、調布の惣代だった原惣兵衛の一連の史料の中に「鉄扇術」の目録だか、段位だかが収められているので、当時は結構広まっていた武術だったようです。現在では失伝してしまったようですが、滅法カッコいいと私は思います。
#859 上のコメントの方さま
お名前がありませんでしたので、上記のようにさせていただきました。
コメントありがとうございます。

ワタクシの情報が古かったらゴメンナサイなのですが、佐藤彦五郎日記は万延2年
2月から元治元年10月までが未発見と云われております。
ギリギリ、この事件のあった時期が欠けているんですよね。残念です。
杢左衛門さんらが集められたのが所沢村なので、そこに史料があれば、当日に
彦五郎さんが呼ばれていたかどうかがわかるかもしれません。

芹沢鴨こと下村嗣次が多摩地域に潜伏した可能性は、かなり低いのではないで
しょうか。里正日誌もこの事件に関しての追記はありません。

鉄扇術・・・!そりゃカッコイイですね!
芹沢さんが生きていたら、護身術として今も伝承されていたかも?
#860 ななしでした
すみません、名前書き忘れました。
彦五郎日記、万延2年から元治元年までが無いんですか。知らなかった。
これは是非とも見つかってほしいですね。
#861 甚左衛門さま
甚左衛門さんでしたか!
侠客に詳しそうだったので、たぶんそうじゃないか・・・とは思っていました。

佐藤彦五郎日記については、2004年に日野市が発行した「図録 日野宿本陣」
にそう記載されています。2013年2月に「日野から見た幕末の日記展」でも
新情報はなかったので、そのままだと思います。
http://mikemiketenko.blog.fc2.com/blog-entry-39.html (コチラ参照)
#862 幕府も大変、多摩も大変
 いよいよ、「大変」の時期に入りました。桜田門外の変を経て、幕府権力の落ち目を知った村人は、今度は尊皇攘夷運動に我が身の置き場を考えさせられます。ちょうどその中間でのお達し、その中から芹沢鴨を浮かび上げるなど、読みの深さと新撰組への惚れ具合に敬服です。これからもいっぱいこの種の話を聞かせて下さい。野火止用水
#863 野火止用水さま
この史料を見たときは、ちょっとビックリしました。
玉造勢が佐原で暴れたことは、地元の史料にはかなり残っているようですが、
彼らのことが多摩地域にまで知らされているというのは、意外でした。
近藤は上京後の手紙の中で、芹沢の本名が下村継次であると言っていますが、
継(継)次の暴力沙汰を事前にでも知っていたのならば、彼の芹沢を見る目も
どうだったのだろうと興味が沸いてきます。
#864 天狗蔓延?
2006年、新選組のふるさと歴史館にての講演「芹沢鴨と水戸天狗党佐原騒動」では、
騒動をきっかけに下村継次の名が多摩に知れ渡った、との話はなかった様子です。
そういう史料が発見されれば面白いのに。

イッセーさんもご存じのとおり、芹沢鴨の前歴は謎だらけですね。
芹沢村郷士・芹沢貞幹の三男説、水戸藩士・芹沢又右衛門の弟or息子説と
諸説ある上、これらの家と下村家との関係ははっきりせず。
鴨の前名を下村継次とする証言の一方で、確定できないとする主張もあり…。
ただ、佐原で暴れた玉造勢の中に継次がいたことは、史料から明白です。

長尾村の記録、2月3日に以下の風聞が書き留められています。
◯水戸浪士300~400人が水戸領内で押し借りを働き、
 農民たちが水府公へお助けくださいと願い出たものの、お取り上げにならなかった。
◯浪士らが佐原で800両押し借りし、被害の訴えが江戸に届けられた。
これは、玉造勢が起こした騒動を指すのでしょう。

そして、2月12日には「水戸浪人30人ほどが蔵前の札差に押し入り
3千両を押し借りしたので、江戸では大騒ぎになり、渡船場が封鎖された」とか。
こちらは玉造勢ではないように思われ、ホンモノの水戸浪人かどうかも不明ですが、
真贋、自称他称にかかわらず「水戸浪人」と目されるグループがいくつか存在し、
跋扈していた可能性が考えられます。

今回ご紹介の代官命令は、玉造勢の騒動をきっかけとして下されましたが、
意図する対象は「水戸浪人らしき不審者全般」なのかもしれません。
#865 東屋梢風さま
仰るように、当時「水戸浪人」を名乗る輩が、押し借りや強盗まがいの活動を
していたであろうことは、前々回に当ブログでご紹介した通りです。
2月12日の札差での事件は知りませんでしたが、今回の資料の日付の直前と
いうのは、なかなか気になる所ですね。

今回の資料については、「常州玉造辺ニ相集居候浪人供」「右之内遁抜候もの共」
という具体的な記述と、日にちから、芹沢らをさすものではないかとの仮説を
立ててみました。
ワタクシはこの対象者を、脱走玉造勢と限定したものと考えていますが、仰る
ように不審者全般に注意を払うようにという意図は当然あったでしょう。

しかし、芹沢サンらは多摩に逃げてこなくて正解だったかもしれません。
時代が下がった慶応4年4月のことですが、青梅街道の小川(小平市)で芋窪村
の村人が、浪人らしき二人組から追剥の被害にあうという事件がありました。
しかし、連絡を受けた村々から大勢の村人がやってきて、結局浪人どもは囲まれた
末に斬首されてしまいます。
江川坦庵が亡くなって以降の多摩地域には、自主的な自衛意識がかなり強く生まれ
ていたと思われ、芹沢さんもヘタな集金活動をすれば命はなかったかも知れません。
#998 芹沢関係で
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20150114/CK2015011402000158.html
芹沢村出身者ではない、という説も出ているようですね。
#1002 初めましてさま
資料のご案内、ありがとうございました。
初めて知りました。
論文を読んでみたいですね。
#1217 No title
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B9%E6%B2%A2%E9%B4%A8

その後、情報が出て来たようです。最近本家に四男が見つかったり、幼名だとされた玄太は間違いで兵太の誤りであり、別人だそうです。少なくとも鴨が三男はありえないでしょう。通説が変わってきましたね。
#1219 初めましてさま
新しい情報をありがとうございます。
新説もいろいろと検証が必要でしょうが、新しいことがわかってくるのも興味深いことですね。
ありがとうございました。
#1280 芹沢鴨の出身地について
はじめまして。突然済みません。とてもよく研究されていますね。少しコメントさせて頂きます。
「芹沢鴨が、芹沢家分家である、水戸藩士芹沢又衛門義幹の弟(或いは以幹の子)ではないか」という説は、新説ではなく、18年ほど前に、ある幕末維新史の研究家が『歴史読本』(平成9年12月号)の中で発表したものです。平成14年以降、ある方の「芹沢家本家郷士芹沢貞幹3男幼名玄太説」が主流となってしまったため、その後は議論されることはありませんでした。小生は、その後も「分家出生説」が気になったので、研究していました。
小生は、現在では、本家説よりは分家説の方が、可能性があると思います。ただあくまでも仮説です。実は、その親類の可能性も捨てきれません。引き続き研究しています。
最近では、「ガガジン」の記事にもありますように、さらに本家説を否定する史料が発見されています。「本家出生説」は、あり得ないと思います。まず『霊山歴史館紀要』の最新号をお読みになれば、小生の主張が御理解いただけると思います。騙されたと思って、読んでみてください。
コメントなのに長くなってしまい、すみません。
#1281 カブトガニⅡさま
コメントありがとうございます。
芹沢鴨出生についての解説、なるほど参考になりました。
現在、多摩地域の勉強で手いっぱいなところですが、とても興味のある話題ですので、いずれ読んでみたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします!

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する