ここでもあそこでも・・・人馬負担(汗;)

中山道蕨宿への当分助郷を命じられた東大和市域の村々ですが、「え~、
またっスか・・・?新政府、めっちゃウゼえんスけど」という思いでいっぱい
だったハズです。
蕨宿への助郷を伝えられたのは慶応4年(1868)5月のことですが、実は
それ以前に東大和の村人たちは他の地域に人馬を供出するように、すでに
命じられていたからなんです。

先ずは慶応4年1月に府中宿への加助郷です。
「最近、新政府軍御用のご通行が多いので宿場は疲弊している。そこで
あなた方の村々で人馬の負担をご相談申します。ご承知していただくのは、
人足3人、馬1疋を間違いのないようお勤めしていただきたい。
もっとも、大人数が通行するときは、みな高く見積もって人馬を負担して
いただくよう取り決めました。後日のため、文書を取り替えて定めます。
  慶応辰4年正月 甲州道中府中宿 問屋斎兵衛 午之助 長左衛門

   多摩郡 後ヶ谷村 高木村 清水村 奈良橋村 蔵敷村 宅部村
   右村々お役人中   」


続いて3月、川崎宿からの廻状。
「このほど、勅使の御下向につき、警護のための官軍諸家が大人数通行
する。そのため、川崎宿の継ぎ立て人馬その他の割振りを、当お代官へ
御用掛りとして仰せつけられた。
そこで、我々が出役いたしそれらの村々に申し渡すことがある。名主ごとに
自分の印鑑を持参してこの書状を読み次第、同宿の我ら御用先へ罷り出て
届け出るべし。もしも、いいかげんにする村があったならば、厳重に問い質す
のでそのつもりでいるように。
この書状は時刻をつけて順次送り、最後の村より返すこと。以上。
   官軍人馬御賄い御用掛り
 辰3月19日 江川太郎左衛門手代 駒崎清五郎

 多摩入間両郡入会
  所沢村 高木村 清水村 廻り田村 後ヶ谷村 宅部村 奈良橋村 蔵敷村
  三ケ嶋村 菩提木村 打越村 氷川村 山口堀之内村 岩崎村 大鐘村
  勝楽寺村 川部村 岩岡新田 新堀村 荒幡村 堀口村 町谷村 
  右村々それぞれの役人中   」


そして4月には日野宿から。
「廻状をもってお達し申します。当然のことながら官軍方の御用で各村々が増
助郷として人馬や代りの代金を、これまでの五分高とする。
およそ積高100石につき金5両の割り当てとして、内金を取り立てる。
来る18日、間違いのないように日野宿問屋役所へ支払われるようにすること。
もっともその時、人馬供出についてご相談したいことがあるので、名主の方々は
不参加のないように出張してください。
この廻状に承知の印を押して早々に順送りして、最後の村よりご返却してくだ
さい。以上。
  辰4月15日   日野宿  問屋 佐藤芳三郎
           助郷惣代 柴崎村名主 中嶋次郎兵衛
           同      粟須村同  井上忠左衛門
           同      蓮光寺村同  富沢忠右衛門

 大神村 田中村 上河原村 作目村 宮澤新田 殿ヶ谷新田 中里新田
 蔵敷村  」 


と、どうでしょう。すでに各方面からの助っ人要請が、頻繁に来ていたことがわか
ります。
日野宿ではその一月前に、佐藤芳三郎と交代で問屋を務める佐藤彦五郎が
「春日隊」を組織して近藤勇の「甲陽鎮撫隊」の応援に行っているのですから、時代
の変化の速さに驚きます。

しかし、「里正日誌」を読むとなかなか面白い事実も発見できます。
人馬の経費として蔵敷村は5両1分2朱と永18文6分5厘を負担することになった
ようです。
ところが、4月18日に杢左衛門さんが日野宿の定助郷の惣代たちから受け取った
受取書には、4両と永111文5分と別の金額が書かれています。
これについて杢左衛門さんは、

「右(5両1分2朱と永18文6分5厘)は表向きの割り当て金であるが、実際には
右(4両と永111文5分)の金額に示談して、助郷の惣代一同、並びに日野宿問屋
芳三郎も承知したことだ。
このことは当村に限り、惣代の役人と杢左衛門のほかは、他人へは知らさぬように
して、表向きは他の村と同様に出金したことと、帳簿にも記載したことである。」


と、日誌に書いています。
どのように工作したんだかわかりませんが、ちゃっかりとサービスしてもらったようです。
杢左衛門さんは
「是は平生之自愛ニ依而示談候・・・」
と書いているのですが、なんか面白いですね。

とはいうものの、新政府郡が江戸に入って以来、村々の負担が大きくなってきた
ことに違いはありません。
そして、このような状況の中で、前回ご紹介した「中山道蕨宿への当分助郷」の話が
降りかかってきたのです。


「ポチっと押すのだ。昨日、国会で決まったのだ。」
 にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#638 府中宿への加助郷
 府中宿には当分加助郷の村に東大和市域の村では芋窪村が組織されていました。そして、官軍御先鋒御用掛からは、芋窪村、蔵敷村、高木村が指定され、その後、いきなり、今回紹介のあった後ヶ谷村、宅部村、清水村、高木村、奈良橋村、蔵敷村が指定されてきます。この間の事情を知りたいのですがなかなかわかりません。
 もし、ご存じの方が居られましたら、是非お教え下さるようにお願い致します。
  野火止用水
#639 野火止用水さま
なるほど・・・そういった複雑な経過があったのですね。
幕末期のさまざまな目的別の組合は、同じ市域の中でも芋窪村が入ったり出たりで
この辺りの理由も、どうしてなのかわかりません。
この辺り、スッキリ解明させたいですね。
#648 小野路村にも
小島鹿之助の日記によると、小野路にも4月8日に日野宿助郷の触書が届いています。
そして、新政府軍への兵糧賄金は高1石につき白米3俵と金3両、
神奈川・日野両宿の増助郷人馬雇替賃銭内割は高1石につき長銭1貫文、と決まった模様。

今更で恐縮ですが、上野戦争後の振武軍について、渋沢成一郎は
人見勝太郎・伊庭八郎の遊撃隊と呼応する気はなかったのか、引っかかっていました。
人見らは4/28に木更津へ行き、請西藩主・林忠崇に協力依頼、閏4/3に連合して出陣、
前橋・飯野・勝山藩の兵を徴発しつつ12日に真鶴着、小田原藩を説得するも拒絶され、
15日には韮山の江川家に協力を求めるも、柏木総蔵より断わられています。
江川家はすでに恭順に徹しているのだから、とても無理なお願いですよね。

16日、甲府城を占拠すべく御殿場に転陣、田安慶頼の使者・山岡鉄舟に説得され、
20日に黒駒へ移動して10日間の休陣。この間に、駿府勤番士や岡崎藩士が加盟。
(甲府町年寄坂田家「御用日記」の閏4/22記述とは、これらを指すと思われます)
5/1に出陣しようとして慶頼の使者・水沢文助と石坂周造に説得され、5日に沼津へ転陣。
17日に上野戦争勃発の報が届き、18日夜に人見が江戸へ向けて出発、
19日に伊庭と林忠崇も後を追い、箱根関所で小田原藩と交戦中に合流。
小田原藩の翻心により関所を占領するも掌を返され、26日に箱根山崎の合戦、
戦死者・負傷者(伊庭八郎の左手切断など)多数のため、27日に撤退しています。

この経過を見ると、振武軍(もしくは彰義隊)と遊撃隊との間に
何らかの事前打ち合わせがあったとしても不自然ではないような気がします。
#649 東屋梢風さま
またまた参考になるお話を伺いました。
仰るように、旧幕側の部隊同志で連絡の伝達はなかったのだろうかと、
ワタクシも常々思っておりました。
こうして東屋さんのお話を聞いてみると、そのような動きはあったと見る
方が自然かもしれません。
しかしながら、各所での局地戦に巻き込まれ合流できなかったと見るべき
でしょうか。渋沢にしても人見らにしても組織のリーダーとして推される
人物だったのですから、計画性のないことはしなかったでしょうし。

今回も興味深いお話をありがとうございました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する