fc2ブログ
2021 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 11

「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方⑫ 冷静な村民

先月26日に江戸楽アカデミーの講座「渋沢成一郎(喜作)と戊辰戦争」が3回全て終了
いたしました。ご参加された皆様ありがとうございました。最後は少し時間オーバー
してしまい、スミマセンでした(汗;)
なお、11月、12月には幕末とは関係ありませんが、江戸楽アカデミーさんでまた
また講座をさせていただきます。その時にはリモートでも見られるようにするらしい
ので、ご興味のある方はぜひともお越しくださいませませ。
当ブログやTwitterでも告知させていただきます。


さて、振武軍は田無村に駐屯して多摩・狭山丘陵地域の村々から軍資金を供出させ
ました。それには江戸時代後期に武州の村々に適応されていた「寄場組合村制度
(改革組合村制度)」という、連絡網が有効に利用されました。
この辺り、元々が豪農層の出身である成一郎や尾高惇忠のアイデアといったところ
でしょう。

ご存じの方も多いと思いますが、振武軍が軍資金を募った地域はほとんどが幕府領
(天領)でした。まぁ、一部には寺社領や旗本領もありましたが。
天領は他の大名領と比べても一般的に年貢率が低かったと云われます。全体で400
万石もありますからね。1ヶ村あたりの年貢負担は少なくて済むわけです。
加えて「オラが領主は将軍さま」という優越感もあったと思います。
基本的によほどの悪政にならなければ、領民は領主を慕うものでしょう。それが天下
のトップに立つ将軍様なら、なおの事。
成一郎や惇忠の期待もそこにあったと思います。「天領の人々なら徳川氏再興のため
に金銭は惜しむまい」それに、自分も農民層だった二人にすれば、この時代の豪農層
はかなりの蓄えがあると予測していたハズでしょう。
ところが・・・

振武軍金銭払い1

振武軍金銭払い2
「大和町史研究」 1962年4号より

上の表は各村の誰々に、振武軍が要求した金額と、要求された村人が実際に
支払った金額の一覧表です。(所沢組合の場合)
どの農民たちも申し付けられた金額の全額ではなく、その1/4程度しか出していない
ことがわかります。
これは所沢組合だけの結果ではなかったようで、他の田無組合、拝島組合、日野
組合などすべての村々で同じような結果となりました。

多摩・狭山丘陵地域は新宿から30~40kmの距離にあります。この距離は1日で
江戸市中の情報が入ってくる地域です。当時の感覚とすれば、リアルタイムで江戸の
様子がわかる距離といえるでしょう。
村々とすれば、天領として徳川恩顧の思いは強いがすでにその時代は終わり、新政府
の統治がもう揺るがないであろうことを、豪農層は冷静に判断していたというわけです。
ただ、振武軍もガキの使いじゃあるまいし、銃や刀で武装しているわけですから怒らせ
たら怖い。さすがにロハってわけにもいかないので「この程度でご勘弁を」という回答
だったのでしょう。

この回答を見て「バカにしておるのか、コラ――――ッ」と成一郎や惇忠が怒ったのかと
いえば、さにあらず。「ハイ、ありがとうございます」と、会計方の印を押したキチンとした
領収証を発行して要求額の1/4の金額を受け取っています。

DSCF0565a.jpg

  
一 金五両也

右は軍用助合として出精
被差出(さしだされ)忠誠之段奇特ニ候
依而(よって)受取証書如件(くだんのごとし)

慶応四年戊辰五月  振武軍
               会計方 印

                蔵敷村 重蔵


成一郎は元農民。だから彼らの心情が理解できるから、少ない金額でもよしと
したのでしょう・・・・ワタクシはそう思って、取材をさせていただいた飯能市立博物館の
館長様に聞いてみました。
(※飯能市立博物館は過去に振武軍と飯能戦争の特別展を開催)
すると館長の答えは「違うと思いますね」と意外なコメント。
「成一郎はすでに武士・・・幕臣として出世もしていますし、もう農民の気持ちよりも
いかに徳川家、幕府の回復を達成するかの方が重要だったでしょう」

なるほどねぇ・・・。
うん、研究者というのは冷静な目で判断しておりますね。
では、なぜ要求に達しない金額でも成一郎らは許したのでしょうか?
振武軍にとって大事だったものは、お金とともに「時間」だったからでしょう。


総持寺 大欅a
総持寺(幕末当時の西光寺)の境内にそびえる大欅。
文久2年(1862)の本殿再建の折に植えられたといいますので、振武軍と村民たち
の様子もきって見ていたハズ。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



[ 2021/10/04 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(0)