FC2ブログ

東大和のUMA  東大和市蔵敷・湖畔

日本国中、どこの地方にも未確認生物(UMA)というものはいるようです。
水木しげる先生の「妖怪事典」を読みますと、それがよく分かります。
まぁ、妖怪とUMAは違うものかも知れませんが、生物系の妖怪はUMAと
いう括りでいいんじゃないかとワタクシは考えております。

で、当ブログの舞台、東京都東大和市ですが、ここにもUMA伝承が残って
おりますので、今回はそのエピソードをお散歩がてらご紹介。

以前ご案内した熊野神社を少し西へ行くと、厳島神社の前に出ます。
この神社はまた後日ご案内するとして、青梅街道から神社へ入る手前に
こんなコンクリートで固められた一角があります。

弁天池a

ここはかつて弁天池と呼ばれた沼地があったそうです。大きさは現在の
青梅街道(写真左側)まであり、湧き水が枯れることはなく、鯉や亀など
の生きものもたくさんいた、きれいな池だったそうです。

昔、この池で子供が遊んでいると、側の山から大蛇が出てきて子供に
近づき、アッという間にその子を飲み込んでしまいました。
慌てた村人が駆けつけると、大蛇の口から子供の着ていた着物のつけ
ひもが、だらりと垂れ下がっていたといいます。

大蛇は動けなくなっていたのでしょうか、その場で取り押さえられてしまい、
神主が狩衣でくるみ、唐櫃に入れて、大きな石の押さえ蓋をして神社の
下に封印してしまったそうです。

子供が何歳くらいだったのか伝わってはいませんが、3歳や4歳くらいだった
としても、それを一飲みしたのですから相当な大きさの大蛇だったのでしょう。

UMA認定です!

弁天池b

大正8年(1919)に青梅街道が拡張されると、池の大きさも小さくなり、
大正14年から15年(1925~26)には池をコンクリートで四角に囲い、
蓋を付け、防火用貯水槽となってしまいました。

さて、今度はこちら。
多摩湖の周囲道路を、多摩湖から時計周りに西へ1kmほど歩くとこの
ような奇妙な形をした現代彫刻に出会います。

つちんど

これは、かつて旧幕時代、まだ湖が出来る前の多摩湖辺りの槌ヶ窪という
所にいたと云われる「つちんど」というUMAなのです!
「狭山の栞」には次のように書かれています。

昔当地は人家を去る事十丁四方もあり、沼地の周囲には松柏生ひ茂り森々と
せるため水自ら満ちて大海の如く人跡絶えし幽谷をなし槌頭(つちんど)と云
大蛇生息し、蜂谷には猿鹿狐狸棲息し従って谷水は旱魃の折も涸るなかりしが、
元禄年間(1688~1703)御料林払下げに相成るにつき伐木するも故障無き
や否やを訊したる処、差支なき旨答上せるため、立木を伐り払ひそのあとを
農人持とせるがために、池水自ら減じ大蛇なども何処へか姿をかくしたりと云ひ
伝ふ。槌の窪と呼びしは槌の形をしたる頭の蛇棲める故なりと。


時代は徳川綱吉が生類憐みの令を出していた頃ですから、かなり昔のこと
ですが、土地の名前にもなるほどの怪生物が生息していたのです。
「槌の頭をした大蛇」ということで、ツチノコのデカいやつ、と想像がつきます。
ツチノコはバチヘビなど呼び名は変われど、全国にその伝承がありますから、
狭山丘陵にいたとしても不思議ではないですね。

しかし、そうなると問題はこの彫刻です・・・。

つちんど2

コレ、どう見ても大蛇には見えませんわな、、。
行政の発注ミスか、芸術家の暴走か、はたまた夢のお告げでこうなったのか
その辺りはよく分かりませんが、どう見ても3本足のハンマーヘッドクラゲにしか
見えません。
せっかく史料にも残るUMAだけに残念な造形です。
前衛芸術というのは、時に罪なものですな・・・。

旧幕時代、この一帯は幕府の直轄地(天領)でした。史料の「御料林」とは幕府
の管理する林のことで、狭山丘陵では特に松が植えられ、公用木材として育て
られていました。
「狭山の栞」では、この御料林が払下げられて樹々が伐採されたので環境が
変わり、つちんどの姿が見えなくなったとあります。

ところで、御料林はどこに払下げられたのでしょうか?
名主のような有力農民か、豪商か、それとも村の共同使用地としてなのか?
幕府が民間に土地の所有権を譲渡することがあったのか、ということを含め
ても、この史料は興味深い一文になっております。

何はともあれ、開発によって棲家を追われたUMA、つちんど。
江戸時代から彼らの住みにくい環境になっていたようですね。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



御嶽神社と仙光谷津  東大和市蔵敷

前回ご紹介した熊野神社から、東に向かって歩いて行きます。
途中から旧道に入ります。この道は村山道と呼ばれた、旧幕時代以前のメイン
ストリート。今はほぼ住民しか利用しない生活道路です。
途中で北に入る脇道があるのでそちらに行くと、神社が1社あります。
御嶽神社です。

御嶽神社1

まぁね、このロケーションですから東大和市民でも知ってる人は少ないですよ。
これからの季節、虫除けスプレーでもしていかないと、薮蚊のエサにされて
しまうこと必至です。

御嶽神社2

御社を保護するためか、サッシのついた鞘堂に守られております(1)。
サッシには鍵が掛けられているため、中に入ることはできません。
ただ、ドアの引手から中を覗いて御社を見させていただくことは可能です。

御嶽神社5

上の写真の(2)と書かれている所には手水鉢があります。
御社に合わせるかのような、小さいカワイイ手水鉢です。

御嶽神社6

万延元年(1860)に奉納されたようですね。
反対側を見ると、蔵敷村の組頭であった鈴木家の名があり、寄進したことが
わかります。

創建年代、祭神なども不明ですが、この神社には「雨乞い」の昔話が伝わります。

雨が降らずカラカラの天気が続き、いよいよ農作物に被害がでるぞ、ヤバイぜこれはッ
!ってときになると、村の主だった人たちが相談して雨乞いの日が話し合われます。
雨乞いの前日、駆け足の得意な若者2人が青梅の御嶽神社に行き御師の家に
泊まります。
翌日、神主にお祓いをしてもらった滝の水を竹筒の中に入れ、あとはひたすら村を
目指して帰るわけです。しかし、途中で休むとその場所に雨が降ってしまうと云われて
いるため、一度も休まずひたすら交代で竹筒を担いで歩かなければならなかった
とか。それは箱根駅伝のランナーよりも辛かったかもしれません。

昼過ぎに無事竹筒の水は村に届きます。
神社では境内にしめ縄を張り、その下に「半切り」という大きなタライを4つ用意し、
中に水を入れておきます。そこへ神主がお祓いをしながら竹筒の水を注ぎこむ。
すると、身を清めた裸の男たちが登場。「さんげ、さんげ、六根清浄!」と言いながら
半切りの水をお互いにかけ合うのだそうです。

ここで、上空にわかにかき曇り、ポツリポツリと雨粒が落ちてくるようであれば、
雨乞いは大成功!ということになるワケです。
「なにソレー!そんなんあるワケないやんww」
と侮るなかれ。この雨乞いはとても効き目があり、数日後には本当に雨が降ってくる
ことが多かったといいますぞ。

信じるか信じないかは、あなた次第!

さて、写真の(3)の所にもっと近づいてみます。

御嶽神社3

右側には自然石で作られた石塔が祀られています。
表面には「ア」字を彫った形跡が、かつては認められたということですが、現在は
確認できません。何か雨乞いに関係のある石塔でしょうか?

その左側には水たまりのようなものが見えます。
これは「おみたらし」と呼ばれている小さな池で、古来どんなときでも枯れることの
なかった泉だと伝わります。
「御嶽神社のおみたらしで目を洗えば眼病が治る」という言い伝えがありました。
かつてはきれいな澄んだ湧き水だったそうです。

学生時代「近眼竜政宗」の異名をとったワタクシ、眼を良くしたい思いは重々あり
ますが、今、この水で目を洗ったらかなりヤバイことになりそうなので、やめて
おきます。

神社を後にしましょう。
境内からの階段を下り、脇道を北へ入っていきます。

御嶽神社4

砂かけばばあが今にも出てきそうな雰囲気ですが、これがワタクシの散歩
コース。
東京で三密を避けてますよ、小池都知事!

しばらく歩くと目の前が開けます。

仙光谷津

山と山に挟まれた谷の部分に開かれた場所。
こういった場所を「谷津(やつ)」や「谷戸(やと)」といいます。
狭山丘陵の南麓にはこうした谷津・谷戸がたくさんあり、こういった場所の近くに
昔の人は住居を作ったと云われます。

宝永年間(1704~1710)の名寄帳にここは「仙光谷津」の地名があります。
仙光坊という修験者の住む堂宇と墓地があったからだそうです。
この墓地に遺体を埋葬する毎に、山からイノシシが来て墓を掘り返して荒らした
のだそうです。
イノさんがなんでそんなことをするのかについては、各自ご推察くだされ。
村人たちも落し穴を掘ったりして、対抗策をとったらしいんですけどね。

そんな地元の歴史を反映したモニュメントが、すぐ近くの郷土博物館前にあります。

イノシシ

見た感じ、カワイイんです。
「ボクたち、お腹いっぱいなんだブー」

近くで遊ぶ子供たちに、このイノさんモニュメントの謂れを話してあげると、大抵の
子供たちから笑顔が消えます。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

熊野神社と芋窪礫層  東大和市蔵敷

いやぁ、奥さん!
NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」も来月で一時放送中止ですってよ!
麒麟が来ないで「麒麟がやすむ」になっちゃいましたよ、ホントにもう・・・。
休んでたら本能寺に間に合わないよぉ!

ということで、キリンビールよりキリンレモンが好きなイッセーです。

今日のひがしやまとお散歩巡りはコチラをご紹介しましょう。
熊野神社です。

熊野神社1

旧青梅街道から1本脇道を入ったところにあります。
鳥居をくぐって石段を上がっていくと、丘陵の雑木林の中に小さな境内と本殿が
現れます。

熊野神社2

創建年代は不明とされますが、近くにある厳島神社が永禄年間(1558~72)の
創建と云われることから、同年代の創建と推測されています。しかし、近隣の旧家
小嶋家の古文書には天文2年(1533)創建と記されているそうです。
どちらにしても、江戸時代以前からあったことは間違いなさそうです。

祭神は伊弉諾・伊弉冉(いざなぎ・いざなみ)の両尊を祀っており、一説には修験が
勧請したと伝わります。
ちょうどこの神社の真下に「里正日誌」を著した内野杢左衛門さんの内野家があり、
内野家の鬼門除けに建立され、蔵敷村の鎮守とされたと「狭山之栞」には書かれて
います。

先ほど修験が勧請した説があるとと書きましたが、江戸時代までは「熊野大権現」
と呼ばれ、神仏が混交していました。
ところが明治になり神仏分離の命令が政府から出されます。
熊野大権現は浄海という僧侶が、太子堂という聖徳太子を祀った堂宇とともに管理
に当たっていました(蔵敷村には寺がなかったため、太子堂がその代りだった)。
村では浄海を神職として認め、国に許可を申請します。

明治2年(1869)から国による神仏混淆の調査がはじまり、韮山県は蔵敷村の
諸社は芋窪村の豊鹿島神社の神主が関わるように申し渡します。
蔵敷村では神仏混淆であった熊野大権現を熊野神社と改めて、ようやく村社と
して認められるに至りました。

この経緯は「里正日誌」の明治元年(1868)の記載に見ることができます。

「復職神職願」
                  当御支配所 武州多摩郡蔵敷村
                   鎮守 熊野社別当 
                   真義真言宗 太子堂 浄海事
                   復職改名 内野大内蔵

右熊野社の義、旧弊を以て熊野権現と唱い、別当仕り守り罷り在り候ところ、
今般 王政復古神仏混淆御廃止につき、熊野権現を熊野大神と称し替え仕り、
前書の通り、浄海義復職改名相願い、速やかに神主に転じ、以来相混じぬよう
神主家族らは自身神葬祭に相定め、その余祭神祈願すべて 皇国の古道を
守り天下泰平五穀豊穣の懇祈を凝し、村中安全のため社祠守護仕りたく存じ
奉り候間、何とぞ お慈悲を以て前書願いの通りお聞き済まし成しくだされ候
よう伏して願い上げ奉り候、以上。

                   当御支配所 武州多摩郡蔵敷村
                    鎮守 熊野別当
                    真義真言宗 太子堂 浄海
明治元辰十一月三日
                    氏子惣代 名主 杢左衛門
 韮山県 御役所


浄海さんは杢左衛門さんの身内でもあったようで、対応に追われていた様子が
推測されます。
熊野神社は明治の神仏分離の様子が分かる神社です。

さて、熊野神社の面白い見どころをもう一つ。

本殿の後ろは、ちょっとした崖になっており土が露出しております。

芋窪礫層1

土の中に小さな石がたくさん埋まっているのが見えますか?
大きさはピンポン玉くらい。手にとると砕けてしまう脆い石もあります。

コレは芋窪礫層(れきそう)といいます。
礫層とは小石の詰まった地層をいいますが、芋窪礫層は今から73~60万年前に
古多摩川が運んだ礫で、東大和市芋窪で地層が良く観察されるところから、そう
名付けられました。熊野神社は蔵敷ですが、ここは間近で観察できます。

現在の多摩川は、東大和市からかなり離れた南を流れていますが、その昔は
狭山丘陵の南麓を流れ、次第にその流路を南へ南へと変えていったんですね。
つまり、狭山丘陵と多摩丘陵はもともと一つの丘陵で、多摩川がこれを削ってゆき、
二つの丘陵をつくったということでしょうか。

礫層の上にはさらに赤土の地層がありますが、これが多摩ローム層で芋窪礫層
の上に約15万年前までに八ヶ岳や古箱根火山が噴火した灰が堆積したものと
考えられています。

なんか、こういう地層とか川の話は「ブラタモリ」みたいですね。

タモさん、コロナが収束したら一度遊びにいらっしゃいませんか?


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

雲性寺の地頭墓  東大和市奈良橋

お久しぶりザード。吹雪を呼ぶ男、イッセーです。
ま、実際は南国の太陽の方が好きなんですけどね。
季節外れのご挨拶、失礼いたしました。

さて、みなさま。
前例のない不要不急の外出自粛が続きますが、お元気でいらっしゃいますか?
地方ではそろそろ自粛の緩和も始まっているようですが、お隣の韓国のように
浮かれてクラブに遊びに行ったら再び感染ドカーン!みたいなコトもありますの
で、ゆめゆめ御油断なされませぬようお願いいたします。

今回も、ワタクシのご近所お散歩史跡探訪といきましょう。
もう気分は高田純次かちぃちぃか、です。

この日歩きましたのは、ワタクシの自宅から一番近いお寺、雲性寺です。

雲性寺1

真義真言宗、豊山派。天王山観音院雲性寺。
ご本尊は阿弥陀三尊です。
参道から石段を上がると山門がありますが、この山門はかつて箱根本陣に
置かれていたものと伝わります。昭和26年(1951)に設置されました。
参道の両側は駐車場と宅地になっていますが、ワタクシが小学生の頃は
カエルがグァグァ鳴く田圃でした。ここが東大和市内で最後まで残っていた
水田です。

雲性寺2

雲性寺のご住職は、元々理科の先生をされていた方なので、植物がお好き。
境内に花を咲かせることを大事にしておられます。
この写真を撮ったのは、4月末日の頃ですので牡丹がきれいに咲いており
ました。
例年ですと、参道前に「境内に牡丹が咲いております。ぜひご覧になってくだ
さい」という立て札を建てていらっしゃるのですが、今年はそれも自粛。
ご住職も残念でしょうなぁ。
お庭を拝見しに伺うと、とても喜ばれる方なのでね。

現在の本堂が建てられる前に使われていた建物が、観音堂として境内の西側
に移されています。
軒下に奉納された献額があります。

雲性寺3

雲性寺4

「狭山札所巡拝記念」と書かれた額には、当時の大和村(東大和市)と近隣の
村々から巡拝に参加したおよそ300人ほどの名前が書かれています。
これがいつのものかというと、昭和5年(1930)なんですね。アメリカから
始まった大恐慌(昭和恐慌)の真っ只中です。
そんな大変な時代に、これだけの大人数で札所を巡ったわけで、当時の人々の
間にはかなり強い信仰心があったことが窺えます。

ちなみに、現在放送中のNHK朝ドラ「エール」で描かれているのが、この時代。
主人公の小山裕一クン(窪田正孝)は、世界恐慌の影響で留学がオジャンになって
しまいました。

本堂と観音堂の間を通って坂道を登っていきますと、墓地があります。
ここが本日ご紹介するメインポイント。
墓地の真ん中ほどに、古い墓石の一群があります。

雲性寺5

石川地頭墓です。

八王子城が落城した翌年の天正19年(1591)、関東に移封してきた徳川
家康は家臣である旗本を新しい領地に配属します。
当時奈良橋村と呼ばれたこの地に、領主としてやってきたのが石川太郎
右衛門という武士でした。
石川氏は家族と共に奈良橋村に住み、この地から江戸に通ったといいます。

地頭というと、鎌倉時代など中世の武士の呼び名だと思いがちですが、
江戸時代の旗本領主も地頭と呼ばれていました。

こちらの墓石郡は石川地頭とその家族の代々のお墓です。
ただし、初代から4代目までの石川氏当主は戒名のみ伝わり墓石はあり
ません。5代から7代までの当主とその家族の墓石が残されています。
通常は、地頭の墓は本堂の側に建てられるそうで、この墓石たちは移さ
れた可能性が高いようです。黒く変色しヒビの入った墓石は火災にあった
ものらしく、それが移動された原因かもしれません。

江戸の整備が進み、幕臣も官僚化が進むと地頭らは次第に江戸に屋敷が
用意され、そこで生活するようになります。
武士と土地が切り離され、土地は幕領となり、武士(幕臣)は蔵米取りと
なるわけですね。
石川氏も江戸に移りましたが、こうした時、新たな菩提寺を探してお墓をそこ
へ移すことが多いのですが、石川氏のお墓はそのまま雲性寺に残された
ようです。
こういったケースは珍しく、地頭墓が残るのは近隣では他に武蔵村山市に
あるだけとのことです。

5代目石川与兵衛矩重は享保11年(1726)没
6代目石川太郎衛門寿員は元文5年(1740)没
7代目石川半之丞矩仲は安永6年(1777)没

なお、雲性寺の近くには地頭稲荷という社があります。

雲性寺6地頭稲荷

石川氏の屋敷の中にあったので、その名前があります。
稲荷のすぐ後ろに川(奈良橋川)が流れているため、川端稲荷とも呼ばれます。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ