農兵訓練の栞⑥

なかなか更新ができずスミマセン。

今年は戊辰戦争から150年なんですよね。
で、こんなブログ書いていることと、江戸文化歴史検定の1級を持っていることから、今年は
いろんな所から講座のご依頼が多くありまして、ちょっとバタバタしておりました。

遅れておりました「農兵の栞」ですが、いよいよ今回が最後になります。
前回は銃剣・銃槍の扱い方が書いてありましたが、最後の項目となる今回ご紹介する部分
は、はたして何が書いてあるのでしょうか?

DSCF0553a.jpg

「撒兵号令司」とあります。

DSCF0554a.jpg
DSCF0555a.jpg

2ページ半とそれほど量は多くはないですが、撒兵への号令と、その動き方が書いてあり
ます。これには、銃剣よりさらに驚きました。

ペリーが来航して以来、幕府は外国の軍隊に対抗するべく軍組織の改編に当ります。
そうやって作った幕府陸軍は歩兵・騎兵・砲兵の三編成となりますが、ここで一番多くの
人員が必要となるのは歩兵です。

幕府は旗本など幕臣から、禄高によって領民を差し出させ、この人々に歩兵隊に入隊させ
西洋式訓練を受けさせました。これを「兵賦令」といいます。500石未満の旗本は金納、
500石以上で1人、1000石で3人、3000石で10人の人員を出さなければなりませんでした。

一方、撒兵隊は御目見え以下の御家人などから編成された部隊です。
つまり、この栞に書いてある指導法は、幕府の正規陸軍と同じ内容であるということが推測
できるわけです。

文久3年に幕府は「江川代官支配地に限って」農兵の設置を許可しました。
これは、幕府が清河八郎の建言を容れて浪士組を組織させたように、当時は不逞浪士などに
よる治安の悪化がひどかったので、天領の治安は領民が自衛を強化するべしという考えの
元で許可されたものでしょう。
当時の幕府の考えとしては、関東取締役や組合村の設置の延長線上と捉えていたのかも
しれません。

ところが、慶応2年(1866)の第二次長州征伐で幕府は多摩の農兵を兵力として遠征させ
ようと考えます。この計画は同時期に「武州世直し一揆」が発生したため取りやめとなります
が、慶応3年(1867)には兵賦とは別に、幕府は組合村の中から有能な者を武士として
取り上げようという計画も立てています。
「侍にはなりませんのだ」クリック!)
元治から慶応にかけて、幕府内で農兵の目的が大きく変わったことが推察できます。

当時、武士は刀鎗にまだこだわる人が多く、西洋銃の訓練を「武士がやることではない」と
拒絶する者も多かったといいます。
武術・武芸に執着のない庶民階層出身者の方が、西洋式軍隊訓練の順応性が高く、そう
いった人々から組織された奇兵隊や伝習隊が力を発揮するのは、この後の戊辰戦争を
見ても明らかです。

幕府もこのことに早くから気づき、各組合の農兵を幕府陸軍に取り込もうとしていたのかも
しれません。
また、この「農兵訓練の栞」のような指導法マニュアルが各村にあり、農兵の中からも指揮官
を育成するプログラムがあったのかもしれません。

メガ90

ところで、冒頭に書いた講座ですが、6月は文京学院大学生涯学習センターさまで土曜日
に「戊辰戦争を佐幕側から見る」というテーマでお話してきました。講座の中身は

●上野戦争 彰義隊と振武軍
●奥羽越列藩同盟の結成と崩壊
●新徴組と庄内戦争
●榎本武揚と旧幕府艦隊

こんな所を扱いました。
ちょっと時間が足りなくなって駆け足になってしまった所もありましたが、おおむね好評で
アンケートの結果もよろしかったようなのでホッとしています。
講座の後で、戊辰戦争時の欧米諸国の局外中立について熱心にご質問された女性がいらして、
こちらの方が感心させられました。ワタクシの解説でおわかりいただけましたでしょうか?

今後ですが、7月と10月に小学館集英社プロダクションさまの「江戸楽アカデミー」でも講座
をさせていただきます。

「江戸楽アカデミー 夏期・秋期講座」クリック!)

10月はまた戊辰戦争関連の講座なのですが、さっき見たら講座申し込みがすでにSOLD OUT
になっていたんだけど、ホントかなぁ?まだ発売前ってことかな?
気になった方は問い合わせてみてください。
7月は「江戸歌舞伎・初級入門」です。コレは昨年やって好評だったので、リバイバルですね。
基本的に「江戸文化歴史検定試験対策講座」なのですが、検定を受けても受けなくても、楽しく
受講できる内容になっております。
まだお席はあるようですので、ご興味のある方はぜひどうぞ!

11月にはまた文京学院大学生涯学習センターさまで講座をさせていただく予定ですが、次回
は座学ではなく都内の史跡街歩きになる予定です。どこに行くかはまだナイショですが、おそ
らく幕末は絡んでくるでしょうな。

「文京学院大学生涯学習センター」クリック!)
コチラ、まだ秋期以降の情報は上がっていませんので、ご参考までに。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

新選組漫画 184 夏の侵入者

20170616.jpg

先日、台所で2匹、脱衣所で1匹と、一晩で3匹のゴッキーを射殺(殺虫剤で)。

ゴッキーは思われてるほどバイキンは持ってないと聞いたコトがありますが、それでも
見かけるとイヤなものですね。
やっぱり、あのビジュアルとカサカサ動くあの走り方が生理的に嫌悪感を誘うので
しょうか?
たとえば、夜中に台所の電灯を点けてそこにいたのがアゲハチョウとかオオゴマダラ
だったら、すぐさま写メ撮って「夜中の台所、蝶とんでるナウ」とかSNSに投稿することは
あっても、殺虫剤で射殺することはまずないでしょう。
同じ虫なのに。
ゴッキーを不憫だなぁ、と思わないこともないですが、でも見つけたらやっぱり攻撃態勢
をとりますね。やっぱり、ゴッキー嫌だ。

思えば、今まで何匹のゴッキーを抹殺してきたことでしょう。
ただ、これも我々人間とゴッキーに圧倒的な体格差があればこそですよね。
これでゴッキーがトランスフォーマーの「じょじょじょ・・・」みたいになるとか、そうでなく
とも秋田犬くらいの大きさに成長するとかしたら、あの運動能力からしてまず人間に
勝ち目はないですよね。
ホイホイにも入らないし・・・。
走ったら、確実にボルトを越えますよ。恐ろしい。
そんなのが、今まで仲間を抹殺してきた復讐にやってきたら、どうしましょう・・・!

今、一番ワタクシが恐れているのはゴッキーの突然進化なのです。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

農兵訓練の栞⑤

「農兵訓練の栞」は第五部へと続いて行きますが、ここではそれまでの「第一教」など
のように小見出しのタイトルがつけられているわけではなく、およそ3ページに渡って
「半小隊ヲ造ル法」について書かれています。

半小隊から、さらに「四半小隊ヲ造ル」と記されていたりして、さらに複雑な動きを
していたのだなぁと思いますが、実際にその動きを目で見てみないとイメージしにくい
ところはありますね。

今回ご紹介したいのは、その次の項目です。

DSCF0549a.jpg

「銃槍使用号令」です。
農兵たちの扱っていた小銃は、銃剣付きの銃であったことがわかります。

たしかに、以前「東大和郷土博物館」の「幕末展」に展示されていた、市内に現存する
ミニエー銃には先端に剣が付いてあるものがありました。

IMG_0253a.jpg
IMG_0254a.jpg

展示案内にもあるように「銃剣」が一般的ですが、斬ることよりも突くことに特化した「銃槍」
が正しい名称のようです。栞にもそう書いてあります。
Wikipediaによれば、「銃剣・銃槍」は幕末期に西洋銃と共に輸入されたものの、当時の日本人
は白兵戦では日本刀を使った方が戦いやすかったようで、普及したのは明治維新後だと
あります。
「戊辰戦争絵巻」などを見ると、薩摩や長州の兵士たちが銃槍の付いた小銃を担いで行進
している絵が描いてありますので、そのくらいの時期からなのでしょう。

おそらく武士としては剣術の修行もしているだろうし、心情的にも刀で戦いたいというこだわり
があったのかもしれませんが、近代軍制の中心となる歩兵は農民・町民が含まれていますから
銃剣・銃槍を受け入れやすかったのかもしれません。

ということで、農兵もこの銃槍で戦う訓練を指導されていた、ということのようです。

DSCF0550a.jpg
DSCF0551a.jpg

突くだけではなく、防御方法もしっかりと。

DSCF0552a.jpg

ワタクシが以前、博物館でこのミニエー銃を見たときはそれほどの関心をもって
銃槍を見たわけではありませんでした。
「農兵は西洋銃を使って訓練をしていた」という部分の方ばかりが頭の中で、クローズ
アップされていたのですが、こうして追っていくと、ただ単に射撃訓練をしていたのでは
ないということが、ますますわかってきます。

メガ89


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ