fc2ブログ
2016 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 04

日野宿街歩き~江戸散歩~

文京学院大学生涯学習センターで恒例となっております「江戸検1級合格者と巡る
江戸散歩」
講座。

IMG_1329a.jpg

2月27日、3月5日、12日と、ワタクシが「新選組と多摩」について講座を持たせて
いただきました。
27日と5日は大学校舎で講義。
12日は日野に行き、旧宿場町と新選組関連の史跡を歩いてきましたので、本日は
そのレポートです。

日野宿については、このブログでは何度も取り上げていますので、今回の講座で
どんな所を廻ったのか、サクッとご案内。

DSCF7336a.jpg

日野駅から一番近い新選組スポット、宝泉寺
井上源三郎の墓があります。
この日は真冬並みに寒かったので、みんなダウンコートを着込んでます。

DSCF7337a.jpg

天然理心流奉納額が納められている八坂神社
奉納額は見られませんけど・・・。
見事な彫刻が一面に彫り込まれている本殿も鞘堂の中。みんな、小さな窓から覗いて
ます。
どちらも、5月の新選組祭り、9月の祭礼のときには見ることができます。

受講生のみなさんにもお話したのですが、日野市内で新選組関連の史跡・資料館を
探すのはけっこう簡単なのです。
コチラのように・・・

DSCF7139a.jpg

このように、ヒジョーにわかりやすい幟り旗を立てて、観光客のみなさんをお待ちして
いるからです。
コチラは佐藤彦五郎新選組資料館
通常は第1・3日曜日が開館日ですが、団体予約を申し込んでありましたので、この日
に見学させていただきました。
彦五郎から数えて5代目に当たる館長の佐藤福子さんには、いつも色々と教えていた
だいております。ありがとうございます!
この日は館長がご不在だったため、ご主人の忠さんに館内の解説をしていただきました。
おもしろいんですよね、この方のお話がまた。
お聞きになりたい方は、ぜひ資料館へ!

049a.jpg

佐藤彦五郎・のぶ夫妻の眠る大昌寺
大昌寺にしても宝泉寺にしても、墓域は広いですが前述の通り新選組関連の方のお墓
には幟り旗が風にはためいておりますので、スグにお分かりいただけます。

新選組に日本一優しい街、日野!

IMG_0109 a

日野宿本陣
正確には「東京都指定史跡 日野宿脇本陣」ですが、幕末には本陣になっておりますので
「これで、いいのだ!」(by バカボンのパパ)
こちらにはボランティアガイドの方がいらっしゃいますので、解説をお願いしました。
ワタクシが一言加えさせていただくなら、「幕末期に建て替えられたとき、その費用を幕府
が負担したこと」「土間から上がった部屋に多くの提灯掛けがあること」この二つの意味を
よく考えたい・・・ということですね。

本陣の前にある図書館(問屋場跡)横の脇道を入っていくとお寺があります。
普門寺です。
観音堂の垂木の配置が全国的にも珍しいそうですが、ワタクシがいつもご紹介するのは
コチラ。

384a.jpg

鳥居がある土饅頭型のお墓です。
こちらは八坂神社の宮司を代々務めていらっしゃる土淵家のお墓。
普門寺は江戸時代、八坂神社(当時は牛頭天王社)の別当寺だったため、このような形の
お墓が今も継承されています。
神仏習合時代を残す、貴重な形だと思います。

DSCF0449a.jpg
DSCF0450a.jpg

幼少の頃の沖田総司が、その前で遊んでいたというトンガラシ地蔵
別名・ヤンメ(病目)地蔵とも言うそうです。
目を痛めたときに祈願するお地蔵さまですが、このような病気平癒を祈る地蔵尊はワタクシの
住む東大和市にもあります。
地蔵堂の中に平べったい石が吊るされています。これは多摩川の河原の石でしょう。
詳細を聞いたことはないのですが、おそらく最初に祈願するときに石を供えて、病気が治ると
トウガラシを改めてお供えしたのではないかと思います。
東大和の場合イボを治すというお地蔵さまですが、初めに泥団子を供え、平癒後には松かさ
を供えます。地蔵尊ではありませんが笠森稲荷などもこのパターンですね。
トンガラシ地蔵の前の道は八王子道(滝山道)です。
東大和のイボ地蔵も八王子道と思われる旧道沿いにありました。
近世以前に八王子道に沿って、このような民間信仰の形が伝わっていたのかもしれません。
多摩史を考える上で非常に貴重な史跡だと思います。

トンガラシ地蔵のすぐそばにあるのが欣浄寺
ですが、現在、本堂その他の建物いっさいを再建中で、墓地以外はただの建設現場に
なっています^^;
しかし、見るべき史跡はコチラです。

DSCF0453a.jpg

日野義貴の碑です。この方は幕末期の日野の教育者で、その死後に教え子たちがこの碑を
建てたということです。
石碑の台座には建立に関わった教え子の名前が刻んであるのですが、その中に井上源三郎
の名前があるのです。

DSCF0451a.jpg

「井上源三良」とあるのがお分かりでしょうか?
石碑の裏側の、木の枝が覆いかぶさっている所なので非常に見づらく、この日も見ることの
できない方がいらっしゃったようなので、コチラの写真でご確認くださいませ。

日野駅16:30ゴールで、およそ3時間半の「日野宿・江戸散歩」でした。
寒い一日でしたが、受講生のみなさん、ご参加いただきありがとうございました。
解散後、日野宿交流館へお土産を買いに行かれた方がいらっしゃいましたが、何か記念に
残るグッズは買えましたでしょうか?

メガ60

以下はおまけ記事。
書き切れなかったコトを書いておきました。
日野巡りのお供にどうぞ・・・。
スポンサーサイト



[ 2016/03/16 ] 番外編 | TB(0) | CM(4)