新選組漫画 149 新徴組の続き

20151128.jpg


新徴組の話の続きです。ていうか、ひと月も経っちゃったよ。

京へ上った浪士組が、そのまま江戸に引き返した一隊と残留を決めた一隊に分かれた
話は前回書きました。
残留部隊(後の新選組)の中心に近藤勇率いる天然理心流試衛館道場の面々がいた
わけですが、近藤一派が全て京都に残ったのではありません。
沖田林太郎、馬場兵助、佐藤房次郎、中村太吉郎の4名も近藤の弟子でしたが、他の
浪士組の隊士らと共に江戸に帰還しています。
近藤一派はその中でもさらに2グループに分けることができます。1つは市ヶ谷の道場
に集う食客らのグループ(永倉、原田ら)。もう1つは日野宿の佐藤彦五郎道場で稽古
を重ねた門弟グループ。この中に林太郎や馬場ら4名と、井上源さんが入っていたの
でした。

林太郎ら4名が江戸に返された理由は、漫画の通り。
それほど当時の京都は危険だったということですね。

この4名がドラマや小説などで取り上げられることは先ず無いのですが(林太郎は沖田
総司の義兄なので、少し触れられることアリ)、多摩歴史の視点から見るとこの日野道場
グループが近藤と共に浪士組に参加したことが、非常に大きい意味を持ちます。
・・・が、今日の話題とはテーマが違うのでここはスルーしときます。

この江戸に帰還した4名のうち、沖田林太郎と馬場兵助はそのまま新徴組の隊士となり
庄内戦争まで戦うこととなります。

さて、その新徴組ですが、以前の「里正日誌」でご紹介したようにどうも江戸市中での
評判はよろしくなかったようです。
新徴組に関する一般書籍というのはあまりなくて、ワタクシが頼りとしている史料は
「日野市立新選組のふるさと歴史館叢書」の「第六輯 新選組・新徴組と日野」
「第十輯 新徴組」の2冊ですが、江戸での新徴組の様子を書いてある部分は2冊とも
ほぼ同じです。

当初、浪士隊を実質的に取りまとめていたのは清河八郎ですが、彼は反幕府側の人間
です。そのせいか、江戸に帰ってから両国札差など身元宜しき商家に行っては強談に
及んで多額の金・米・味噌などを上納させるという迷惑な行動に出ています。
また、浪士組を名乗る男が吉原などの遊郭で好き勝手な振る舞いをして、捕縛されると
いう事件も起きています。
ただ、この遊郭での騒ぎは浪士組を騙った男の犯行だったようで、浪士組の評判を落とす
ための幕府側の策略だったようでもあります。

幕府は清河を暗殺し、その勢力下から浪士組を切り離すことに成功しました。
そして「新徴組」の隊名が与えられたのですが、「里正日誌」で取り上げられていた悪い
評判はこの頃のことのようです。

確かに文久3年(1863)7月6日に、小日向水道町の上水端土蔵に「世上ではいつの間に
か盗人を集め、新徴組と唱えている」と書いた張訴がされることもありました。
しかしながら一方では、6月3日江戸で火事があり、江戸城西ノ丸が炎上してしまうのですが、
ここに新徴組が駆けつけ、天璋院から「消火の働きをきっと見ようぞ!」のお言葉をもらい
焼死者を出しながらも一歩も引かず鎮火に努めた、という話もあります。

新選組は「生まれや身分は一切問わず」実力主義で隊士を募集しましたが、新徴組はさらに
輪をかけて経歴の怪しい者がゴロゴロいたようで、それが「よろしくない評判」にもつながって
いたとも考えられます。
たとえば祐天仙之助という男。彼は甲州の博奕打ちの親分でした。若い頃に桑原来助という
用心棒をしていた男を殺した過去がありましたが、悪いことはできないものです。新徴組に
大村達尾という親の仇を探している男がいたのですが、彼の親こそ桑原来助。つまり、大村
が探していた親の仇が祐天だったのです。
祐天は待ち伏せをしていた大村に斬り殺されてしまいました。
ところが、今度は祐天の用心棒をしていた内田佐太郎という男が新徴組の幹部に不服を
申立て、後日内田と大村との間で決闘が行われることになりました。
結果、内田の前に大村は斬り倒されてしまいます。

また、神崎屋重次郎という本小田原町に住む魚屋は、もと八王子千人同心の息子という出自
ではありましたが、その魚屋をしながら内証で新徴組に参加し、自宅に何人もの浪人を
止宿させていました。当時浪人を止宿させることは御法度であり、魚屋を隠れ蓑に浪人を泊め
ていた重次郎は捕縛されました。

このように怪しい隊士もいましたが、新徴組の任務は江戸の治安維持であり、そのためであれ
ば抵抗する者は斬り捨てることも許可されました。
庄内藩酒井家に召し抱えられてからは、厳しくまとめられ任務を遂行したようです。
当時の流行り歌に
「酒井左衛門様お国はどこよ 出羽の庄内鶴ヶ岡 酒井なければお江戸は立たぬ 御回りさん
には泣く子も黙る」

というのがあったそうです。
この「御回りさん」が江戸市中を巡回した新徴組のこと。
今日の警察官を指す「お巡りさん」の語源になっています。

新徴組は兄弟分の新選組や、後に江戸に誕生する彰義隊に比べるとかなり知名度で差を
つけられています。
しかし、意外に身近かなところにその痕跡を残しているのですね。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

「ひょうたん」で河豚

今月はなんか忙しくて。
ブログ書こう(描こう)と思っても、夜になると寝ちゃうんです。
それだけおっさんになった、ということなんですけど、それだけでもないだろうと思って
振り返ってみると、今月だけで街歩き史跡ガイドを3回。来月以降のガイドを含めた
ガイドコースの下見を3回行っていました。
これは、なんかもう趣味の範疇を超えているような気がするのですが、ガイドのご依頼
をいただくのは有難いことですのでお引き受けしております。
自分の歴史スキルのアップにもなりますしね。
まぁ、ワタクシ自身も楽しいっちゃ楽しいんです。
でも、夜は寝ちゃいます。

てなワケで、今回も番外編です。

「江戸文化歴史検定」一級二期会の会合が先日ありまして、ワタクシも
呼ばれましたので、出席してきました。
今回は年末も近いし、寒くもなってきたので、ちょいと贅沢にコチラ。

IMG_1242a.jpg

「河豚」でございます。
両国にある「ひょうたん」さん。
都営大江戸線両国駅A5出口を出たら、徒歩3分くらい。
相撲取りの方御用達の「ライオン堂」さんの近くです。

創業84年だとかで、以前は古い建物だったとのことですが、現在は写真のように
近代的な店舗に生まれ変わっております。古い建物のときにも一回来てみたかったな。

場所柄、大相撲関係者のお客さまも多いようで、今回我々が通された二階の個室には
往年の力士の手形とサインが飾られていました。
「大鵬」とか「柏戸」「栃光」あたりは読めたのですが、あとはわからなかった・・・!
ゴメンよぉ、ワタクシ、相撲はぜんぜんワカラナイの。
ゴメンついでに・・・サインの写真撮り忘れた!

IMG_1244a.jpg ふぐ刺し

IMG_1245a.jpg 煮凝り(一切食べちゃった)

IMG_1246a.jpg 唐揚げ(手前の小皿は塩です)

IMG_1247a.jpg ちり鍋(4人前でごんす!)

IMG_1248a.jpg

ぐつぐつぐつ・・・と。
このあと、シメはロンのモチ、雑炊です。
久しぶりのふぐでしたが、美味しくいただきました。

ところで、我々二期会の集まりでは、ただ飲んで食べて歴史話に花を咲かせる・・・と
それだけではなく、「お楽しみクイズコーナー」というのがございます。
江戸検ではその年ごとに「出題テーマ」が設けられるのですが、ソレにちなんでこの
会合でもオリジナル問題が出席者に用意され、その答えをみんなの前で答えなければ
ならないのであります。
今年の江戸検の出題テーマは「祭事と神社」。
二期会の中でも神社関係にめっぽうな強さを発揮するY氏が、オリジナル問題を作って
くれました。

ワタクシへの出題は以下の3問でした。
みなさんもちょっと、解いてみてください。

①市谷亀岡八幡宮は太田道灌が江戸の鎮守社として勧請した神社ですが、江戸時代に
  なって城内から市谷の岡に遷座されました。道灌はどこの神社から勧請したのでしょう。

  A.石清水八幡宮 B.宇佐八幡宮 C.鶴岡八幡宮 D.深川八幡宮

②江戸有数の大寺院として寺勢を誇った永代寺ですが、永代寺の鎮守社が深川八幡宮
  です。どの神社から勧請してきたのでしょう。

  A.東寺鎮守八幡宮 B.鶴岡八幡宮 C.東大寺手向山八幡宮 D.波除八幡(横浜)

③神仏判然令によって永代寺は廃寺となりましたが、最後の住職の身の振り方について
  お答えください。

  A.成田山新勝寺の住職となった
  B.深川八幡宮の神主となった
  C.著名な書道家として名を成した
  D.仏教関係の学校で教鞭をとった

わかりましたか?
答えは「続き」から。
続きを読む »

喜多方市の皆さんに東大和市をご案内する

先月、東大和市の「観光ガイドの会」が友好関係を結んでいる喜多方市から、ご招待を
受けて訪問させていただいたことを記事にしました。
「喜多方市へ行く」クリック!)

そして先週、喜多方市「蔵のまちガイド」の方々を東大和市にお迎えして、当市の見所
をご案内することとなりました。
今回は東大和市のPRも兼て、そのときの模様をレポートいたします。
「東大和市って東京でもマイナーな所だけど、こんなのがあるんだよ」
ってハナシです。

11月11日の午後、バスでいらっしゃった喜多方市の方々。
その日は市役所の会議棟で意見交換会と、夜は交流会で歓談をいたしました。

IMG_1176a.jpg

左側にいる大きい人は東大和市公認ゆるキャラ「うまべぇ」くんです。
本人の希望で一人だけ目線を入れていません。

東大和市は困ったことに、ラブホ以外の宿泊施設がないもんですから、市内にある
中小企業大学校の研修センターにお頼みして、喜多方市の方々に
泊まっていただきました。

IMG_1180a.jpg

ワタクシも初めて足を踏み入れましたが、とても立派なところです。

朝お迎えにあがりまして、先ずご案内しましたのはコチラ!

IMG_1183a.jpg

旧日立航空機株式会社変電所です。
現在この建物のある辺りは都立東大和南公園になっておりますが、戦時中は軍需
工場の建ち並ぶ一帯でありました。
昭和20年(1945)米軍の艦載機やB29爆撃機による空襲を受け、工場は壊滅。
この変電所と給水塔だけが形をとどめたまま残りました。(給水塔は後に撤去)
東大和市では、戦争遺跡・平和遺産としてこの建物を修復保存しています。

IMG_1186a.jpg

近くで見ると、無数の弾痕があるのがわかります。
艦載機はかなりの低空から機銃掃射をしたことが、角度から見てもわかりますね。

建物の内部は立ち入り禁止なのですが、今回は特別ということで中も見学させていた
だきました。ワタクシも中を見るのは初めてです。

IMG_1193a.jpg

IMG_1198a.jpg

壁を貫通した弾丸が、階段の手すりをかすめて反対側の壁に当たっています。
機銃の威力って凄いですね。

IMG_1191a.jpg

コチラも壁を弾丸が貫通した跡です。

空襲の被害を受けた建造物がそのまま残されているというのは、全国的にも数が
少ないそうで、東大和市では
「西の原爆ドーム、東の変電所」をキャッチフレーズに、
平和のシンボルとしたい考えでございます。

さて、南公園を後にして向かった先はコチラ。

IMG_1202a.jpg

豊鹿島神社です。
写真の拝殿は覆い殿となっていて、この中に本殿があります。
本殿には文正元年(1466)の棟札があり、都内最古かつ唯一の室町時代に建立された
神社本殿です。


IMG_1205a.jpg

こちらの本殿もふだんは見ることができないのですが、今回は神主さまのご厚意で、詳しい
解説とともに本殿を拝観させていただきました。

IMG_1217a.jpg

コチラがその本殿。
関東地方では珍しい中世建築物で昭和39年(1964)に東京都の文化財に指定され
ました。

で、両脇にいらっしゃる狛犬さまたちも、木製という珍しいものです。
神主さまのお話だと、彼らのうち向かって左側の口を閉じている方が狛犬で、向かって
右側の口を開けている方が獅子というのが、古来の標準配置なのだそうです。

IMG_1210a.jpg 狛犬さま

IMG_1211a.jpg 獅子さま 

両方とも似ておりますが、狛犬さまは頭にツノが1本生えています。

豊鹿島神社を出たあと行きましたのが・・・

IMG_1218a.jpg

多摩湖です。
正式には村山貯水池といいます。
東大和市と所沢市を結ぶ堰堤道路で東西に分けられていて、西側を上貯水地、東側を
下貯水池と呼んでいます。喜多方市のみなさんをお連れしたのは下貯水池の方です。

明治に入っても都民の飲料水は、江戸時代に開削した玉川上水に頼っていましたが
水質の悪化が深刻になりました。そこで狭山丘陵の北嶺と南嶺に挟まれた一帯を堰き
止めて、そこに多摩川の水を引き入れ飲料水用の水瓶とする計画が立案されます。
そこには東大和の中でも最も古い古村があったのですが、162戸の住民はほぼ強制的
に移住させられ、大正5年(1916)に工事着工、昭和2年(1927)多摩湖が完成します。

多摩湖の象徴ともいえる建造物がコレ。

IMG_1219a.jpg

日本で一番美しいと云われる取水塔です。
ネオ・ルネッサンス様式で造られた当時の姿そのままを残しております。
東大和市のシンボルとして、多くの市民に愛されています。
この日は湖の水位が低かったので、取水口が見えてますね。
通常は壁面の色の変わっている辺りが水面のラインです。

この日は曇り空でしたが、晴れていれば湖の向こうに富士山を望む絶景が広がります。

DSCF7145a.jpg

都内では、他県に接しない最大の湖。
普段あまりデカイことを言わないワタクシではありますが、堰堤から見る多摩湖は三多摩の
風景の中で一番の景色だと思います。
喜多方市の方々にはこの後、郷土博物館のお寄りいただいたあと市内の野鳥料理
「鳥山」で昼食を召しあがっていただき、ガイド終了となりました。
まだまだご案内したい所もありましたが、時間の関係もあり今回は以上の3ヶ所でした。

IMG_1226a.jpg

「鳥山」さんはこの日定休日でしたが、ご厚意で開けていただきました。
「鳥山」さん、ありがとうございます。近所なので、今度また食べにいきます。

喜多方市の方々、遠い所を来ていただきありがとうございました。
ぜひ今後とも友好関係を築かせていただきたいと思います・・・なんてワタクシは市の
代表でもなんでもないんですけど

そうそう。
蔵のまちガイドの方に「新選組などの旧幕府軍が小田付に宿陣したらしいんですが、何か
伝承は残ってますか?」と聞いたところ、代官所に宿陣したという話が伝わっているそうで、
代官所跡もあるそうです。
こりゃ、史跡廻りに喜多方にまた行かないと・・・だな!

メガ52

IMG_1230a.jpg

左側は喜多方市のゆるキャラ「みんべぇ」くん。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

新選組漫画 148 本田覚庵邸を訪ねる


DSCF0471a.jpg

こちらは国立市谷保にある、甲州街道に面した場所にある旧名主住宅の門。
幕末の頃、名主であり医師であり書家でもあった、本田覚庵の住居
です。
土方歳三の縁続きでもあった本田家には、歳三や近藤勇が書の稽古によく
来ていたそうであります。

20151108.jpg


通常はこの薬医門も閉まり、中も見られないのですが、先週東京文化財ウィークの特別公開
事業として、住居が公開されました。
この場所は中央高速・国立インターの近くで、ワタクシはよくこの門の前を通るのでとても
気になっていました。
中が見学できるとあっては、見ないワケにはいきません!

DSCF0460a.jpg

薬医門は嘉永2年(1849)に建てられたようです。
元々はもう少し八王子寄りにあったようですが、甲州街道の道幅拡張により
昭和5年(1930)に現在の場所に移動しました。

DSCF0461a.jpg

本田家住宅は平成23年(2011)に国登録有形文化財に登録されました。
当然のことながら屋根は昔は藁葺だったそうですが、この規模の屋根を今藁葺に
するとン千万~1億円近くかかるそうで、トタン屋根になっています。

ワタクシが見学に訪れたときは中に入ることはできませんでしたが、家屋の内部は
「喰違形六間型」という構造で、この間取りの建物としては都内最古例だそうです。
いつ頃建てられたのか正確にはわからないそうですが、近年発見された祈祷札に
よると享保16年(1731)には既に建築されていたと考えられています。

ビックリすることに、300年近く経っているこの家に数年前まで当主だったお婆さんが
住まわれていたそうです。
日本家屋って丈夫なんですねぇ・・・。
柱なんかは、けっこう斜めってましたけどね。

DSCF0462a.jpg

こちらは東側にある奥の間。
文久元年(1861)、府中六所宮(大國魂神社)での、近藤勇の天然理心流襲名披露
試合に、本田覚庵は頼まれて奉納額へ揮毫しましたが、それが書かれたのがこの
部屋だそうです。
この奉納額は、新政府に見つかったらヤバイっていうので、燃やすか何かして処分
されちゃったんですよね・・・もったいない。

この奥の間に面した庭に、でっかいケヤキか何かの切り株がありました。
いつ頃だかの台風で木が折れてしまったんだそうです。その折れた木が家に直撃して
いたら家が倒壊していたことは間違いないワケで、違う方向に木が倒れたおかげで
家も残ったんですね。
こういう史跡が残るのも、いくつかの偶然が重なってのことなんですね。

今後も定期的に公開されることを望みます。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ