fc2ブログ
2015 031234567891011121314151617181920212223242526272829302015 05

みの家で桜鍋

今回は番外編。
先日、江戸検二期会恒例の定例会がありましたので、行ってきました。
江戸検二期会とは、江戸文化歴史検定クリック!)で第一期か二期(平成19,20年)
に1級検定合格をした人たちの集まりです。まぁ、江戸・歴史サークルみたいなものです。

以前は持ち回りで順番にガイドを決めて、都内の史跡巡りなどしていたのですが、昨年
は「江戸時代から続く老舗料理店を食べ歩く」という企画を行っておりました。
この食べ歩きのときは「伴四郎会」と名乗っております。
ご存知の方も多いかもしれませんが、この名称は幕末期に江戸食べ歩き日記を残した
紀州藩士・酒井伴四郎から取っています。

今までも、何回か伴四郎会で訪れた店はブログ記事でご紹介しましたね。

さて、今回は都営地下鉄森下駅近くの「みの家」さんでの定例会でした。

IMG_0779a.jpg

桜鍋・・・つまり馬肉料理専門店です。
創業は明治30年(1893)。東京で桜鍋というと、日本堤の「中江」も有名ですが、
あちらは明治38年(1905)の開業。
てことで、「みの家」の方がいくらか江戸に近いワケです。

IMG_0780a.jpg

この写真をFacebookにアップしたら、ワタクシの大学時代の先パイが
「馬豚って、マトンてことか?」
とシャレオツなコメントを送ってくれましたが、違うでしょ。
馬と豚の鍋がありまっせ、てコトです。
たぶん。

IMG_0795a.jpg

建物は空襲で焼けてしまったため、戦後のものですが、それにしてもなかなか
イカス佇まい。

IMG_0784a.jpg

この廊下。
なんと、一枚板なんザマす
なんて贅沢なんザマしょ。
土地柄、常連さんに木場で働く人が多かったので、値踏みされないように木材は
全国から銘木を集め、贅沢に作っているんだそうザマす。

IMG_0789a.jpg

では、お料理。
この日は幹事さんが特別室コース料理をとってくれました。
こちらは馬刺しです。

IMG_0791a.jpg

アキレス腱のスープ。

IMG_0792a.jpg

メインの桜鍋。
味付けはやや甘い味付けの味噌と醤油ベースの割りしたで、煮えたところで生卵を
つけて食べるすきやき風です。

IMG_0793a.jpg

写真を撮るタイミングが悪くて、肉をとっちゃった後なんですが(笑;)

料理は他にタンやタタキなど。
けっこう量も多いです。
さすが名店だけあって、やわらかく美味しい肉でした。
ごちそうさまです。

IMG_0788a.jpg

こちらは、落語家の古今亭志ん生から贈られた羽子板。
歌舞伎の「道行旅路の花婿」(仮名手本忠臣蔵)を題材にしていますが、お軽・
勘平・伴内の3人は落語家の似顔になっているようです。
ワタクシ落語は疎くてわからんのですが、お軽が志ん生とあります。
団体向けの特別室に飾ってありました。

メガ35

後で知ったのですが、ワタクシの大学の後輩Sくんが
「みの家の息子と中学校が一緒だったんですよ」
と、教えてくれました。
もしかしたら、その方が今の「みの家」のご主人かもしれません。

今度は、Sくんと一緒に食べに行きたいですね。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



[ 2015/04/29 ] 番外編 | TB(0) | CM(8)