fc2ブログ
2015 031234567891011121314151617181920212223242526272829302015 05

幕末 火事の後始末

「火事と喧嘩は江戸の華」なんてコトを言いますが、それだけ昔の日本は火事が
多かったのですね。家が木と紙で作られていて、おまけに冬は空気が乾燥する
環境ですから火事が多いのは仕方のないことだったのかもしれません。

人口の密集している都市部で火災が起きれば、大惨事となることも多かったの
ですが(明暦の大火 1657年 死者10万人 など)、江戸周辺の農村で火災が
発生したとき、人々はどう動き、どのような対処が取られたのでしょう。

文久2年(1862)10月に、蔵敷村で民家数軒を巻き込む火災が発生しました。
この一件について「里正日誌」は細かく記録を取ってありますので、それを見ながら
当時の火災を追ってみることにします。

火事が起きたのは10月16日の早朝でした。
出火元は蔵敷村の百姓銀右衛門さん宅。
村人らがすぐに消火に当たりましたが、その日は強い北風が吹いていたようで銀
右衛門さんの物置なども焼いたほか、南にあった同じく百姓の長吉さん、市郎右衛門
さんの家まで類焼してしまいました。
鎮火後、代官所に提出された報告書は以下の通りに書かれています。

「武州多摩郡蔵敷分の百姓銀右衛門の家から、昨日16日朝六ツ時(午前6時)頃に
出火した。早速近所の者たちが駆けつけ、一所懸命に消火に当たったが、折から北風
が強く吹き消し止められず、書面の家々が類焼し焼失した。
鎮火の後で火元の様子を確認したところ、前日の15日暮れ時に、勝手土間のかまど際
より取灰して水をかけておいたけれども、火の気が残っていたと見えた。
この取灰より出火したという過失である。
人馬に怪我はなく、不審火ということはございませんが、銀右衛門はこの始末を恐れ
いって菩提寺へ入り謹慎しています。
このことを訴え奉り申し上げます。以上。
                         武州多摩郡蔵敷分 百姓銀右衛門
                                       組合兼
 文久2戌年10月17日          親類 百姓 市左衛門
                         村役人惣代 組頭 吉右衛門
 江川太郎左衛門様 御役所                                 」


「書面の家」というのは、この書状の前文に出火した家と類焼した家が書き出されている
ので、それを指します。内容は、

「火元 百姓 銀右衛門
  居宅1棟 土蔵上家 物置小屋1ヶ所 木小屋1ヶ所 味噌小屋1ヶ所 下家1ヶ所

類焼 百姓 長吉
  居宅1棟 物置小屋1ヶ所 穀箱1ヶ所 下家1ヶ所

類焼 百姓 市郎右衛門
  居宅1棟                                              」


書状には「焼失いたし・・・」とあるので、これらの建物が全焼したということでしょう。
かまどの火の不始末が原因のようですね。失火原因としてこのケースは多かったの
ではないでしょうか。
以前、放火の例も上げましたが、その場合は物置などに火をつけて、人々が驚いて
消火している間に母屋から金品を盗むというモノでした。火元が家の中だったので放火
ではないと判断したものと思います。
銀右衛門さんは菩提寺に入って謹慎していますが、火元となった家の主は代官所から
の裁定が下るまではこうすることが慣例化していたのかもしれませんね。

村では早速、江戸の代官屋敷に人を遣わし、現場検証(検分)の願いを訴えます。
17日に村からの書状を受け取った代官所は、高橋柳吉という手代を派遣しますが、
江戸屋敷から蔵敷村までは支配所外の土地も通るため、継ぎ立てに支障がないように
人足を差し出すなどの用意をしておくように先触れを出しておきます。
そのように手配した上で、高橋さんは18日朝六ツ時(6時)に江戸を出発します。

「(高橋様は)10月18日中野通り小川宿より夕七ツ時(20時)頃、お越しになった。
着いてすぐ火事場のご検分を済まされ、名主杢左衛門の家でお泊りになった。
その夜のうちに御検分書を書かれ、御吟味を済まされた。火事場の絵図面を差し出し、
翌19日の朝出立して御帰りになりました。」


村に着いてすぐ現場検証とは、相当大急ぎです。夜の8時ではすでに暗かったでしょう
し、ちゃんとできたのでしょうか?予め事件性がないとの報告があったので、形だけ
みたいなことだったのでしょうか。
検分には高橋さんの他、銀右衛門、類焼した長吉、市郎右衛門の火災関係者。百姓代
の平五郎、組頭の半左衛門、常七、吉右衛門、重蔵ら4人、名主の杢左衛門と6人の
村役人が同席しました。
現場検証を終えると、出火元への吟味となります。

「この度の火元の銀右衛門が申し上げます。今年50歳になり、石高18石あまり、家族は
7人で農業渡世をしております。
当月15日は稲干し並びに稲こきなどで夜更けまで農作業をして、すっかり寝込んでいた
ところ、16日の明六ツ頃に怪しい物音に目覚め、立ち上がって辺りを見るました。すると
家の勝手から出火しており、驚いて「火事だ」と呼びたてると、近所の者たちが早速駆け
つけ、村内の者、村役人らが追々駆けつけ一同消火に当たりました。
しかし、折から北風が烈しく、萱葺きの家なので飛び火して消し止めることが難しく、居宅
は焼失し類焼の家もありました。
出火の原因は、夜にかまどの灰を取り、よく湿らせて家の外に捨てて置いたところ、この
灰に火の気が残っていて風が烈しく吹いたので、出火したといえます。
他に怪しいこともなく、全くの過失に違いありません。畏れ入りましたので鎮火した時から
隣村の芋久保村の新義真言宗蓮花寺へ入り、謹慎しています。」


取り調べは高橋さんの宿舎となった杢左衛門さんの家で行われたのでしょう。
銀右衛門さんがなぜわざわざ隣村の寺に入ったのかといえば、蔵敷村は元々奈良橋村
の一部だったので、村内に寺がなかったからです。
続いて類焼の被害にあった二人からも調書を取ります。

「この度類焼にあった者が申し上げます。火元の銀右衛門が申しました通り間違いなく、
同人は平日より実直な人柄で意趣遺恨など受ける者ではありません。怪しいことは及ばず
全くの過失で類焼しましたので、火元に対して少しの申し分や願いの筋など毛頭もござい
ません。」


ということで事件性はないことが証明され、村役人たちが奥書印形をして代官所に提出。
以上が火災が起きたときの処理の仕方だったようです。
まぁ、それほど想像していたコトと大きく離れてはいない感じでしょうか。
ところが、ここからが江戸時代っぽい話になります。

長くなりましたので「続き」からご覧ください。
スポンサーサイト



[ 2015/04/03 ] 我が東大和市 | TB(0) | CM(6)