FC2ブログ

2021年 年賀状

2021年賀状

今年もよろしくお願いいたします。



「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



東大和観光ガイド #東大和エール飯

かなり投稿が空いてしまいました。
10月に江戸楽アカデミーさんで講座をさせていただいたあと、何をしていたかと
いうと、動画を撮影しておりました。
コロナ禍が収まらない中、各地方の飲食店を応援しようということで、全国的に
「#エール飯」という企画が行われていることはご存知でしょうか?

ワタクシ、地元の東大和市で観光ボランティアガイドの末席に参加させていた
だいております。
しかし、今年はお客様をご案内してのガイドがなかなかできない状況が続いて
おります。GoToキャンペーンも始まり、そろそろガイドも復活させてはどうかとの
意見もあるのですが、再び都内の感染者も増加している傾向もあり、取り敢えず
年内までのガイドは休止中となっております。

で、その間に何か観光事業でできることはないだろうかということで、観光の
デジタル化をこの機会に進めようということになりました。
手っ取り早くいうと、動画を撮影してネットにアップしようということです。
その第一弾として、市内の見どころと先の#エール飯とのコラボ動画を撮ろう
ということになりました。

ガイドの会の中に動画作成班を作り、月に2本のペースを目標に動画を作成。
それをYouTubeにアップしております。
また、遅ればせながらインスタグラムも開設し、そちらでも動画を公開しており
ます。
「#東大和エール飯」をとりまとめていらっしゃるのが、「TAMA ebooks」という
電子書籍のポータルサイトなのですが、そちらでもリンクを貼らせていただいて
おります。

そんなワケで、ワタクシも動画作成班に入りまして、仕事の合間に仲間とスケ
ジュールを調整しながら撮影を行っている昨今でございます。
ちなみにワタクシの担当は監督・撮影・編集です。
といっても撮影はiPhone、編集は無料アプリを使ってなので、出来具合はそこ
そこでありますが・・・。

動画の内容は、市内周辺の名所を東大和市のゆるキャラ「うまべぇ」とガイドが
訪れ軽く解説したあと、#東大和エール飯のお店を訪問するという感じです。
時間が長いと飽きると思うので、全編4分以内程度です。
この動画で「東大和ってまったく知らなかったけど、こんな所なんだね」と知って
いただき、コロナ禍が終息したあとで遊びに来ていただければ幸いです。



コチラは最新の動画。

YouTube 「チャンネルイッセー」
ガイド×エール飯youtubeQRコード

インスタグラム @higashiyamato.guide (クリック!)

#東大和エール飯公式HP (クリック!)

エール飯チラシa

このキャラクターがうまべぇ。
実際はクラウンの後部座席を独り占めしちゃうくらいの大きさなんだけど、
動画では「大人の事情」で子猫サイズに変身してます。



「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


庚申塔のはなし

先月のことになりますが、東大和市内の生涯学習サークル「おとなの社会科」にて
「庚申塔への誘い~江戸時代における庚申塔の変遷を中心として~」という講座が
あったので、聴講してまいりました。

なんたって、ワタクシも庚申塔ファンだからね。
史跡歩きや地方に旅行など行ったときに、庚申塔や馬頭観音像を見ると必ず写真を
撮って「萌え~」ってなっています。
キモイですか?すみません・・・。
庚申塔の意味や石造物に彫られている絵などについて、基本的な約束事は知って
いるつもりですが、専門に研究されている方の話を聞くことはまだなかったので、良い
機会だと思いました。

講演をしていただいたのは「世田谷古文書の会」の田丸宏先生。
全国の庚申塔を見て歩いている方だそうです。

庚申塔(庚申供養塔)をよく知らない方や、猫さんにもわかりやすくお話しますと、
庚申塔とはこういうモノになります。

人間の体の中には三尸(さんし)という虫が住んでいます。こいつは宿主の行動を
常にチェックしています。十干十二支の庚申の日に、三尸は宿主の体を抜け出して
天に昇ります。そして天帝に宿主の悪事を告げ口するのです。
「いらっしゃーーい!こんな悪いことしてまっせッ!オヨヨ!」(さんしだけにね)
この三尸からの報告で、人は死んだ後に地獄か天国か行先が決まってしまうので、
悪事をバラされたら大変です。
ところが、三尸は人が眠っているときに体から出ていくのですが、起きているときは
出て行くことができないのです。いいこと聞いたね!
そこで庚申の日の夜は、村中の人々が1ヶ所に集まって寝ずの集会を開きます。
これを庚申待ちといい、60日に1度の村のイベントとなりました。
この庚申待ちを3年、18回続けた証として作られたのが庚申塔、というワケです。

さて、ここからは田丸先生から聞いたワタクシ的に初耳学。

庚申塔には正面に「青面六臂金剛像」という神様を彫る決まりがあるのですが、
これは江戸時代初期に、庚申信仰を広めようとした天台宗の僧侶(山伏らしい)
が、そのイメージキャラクターとして担ぎ上げたものらしいです。
ただ、元々の青面金剛様は腕が4本、つまり四臂だったのですが、なぜか庚申塔に
刻まれる青面金剛はほとんどが六臂となっています。
確かに、絵に描かれた同時代の青面金剛は四臂です。なぜでしょうね?

ワタクシは庚申塔といえばこの青面金剛が刻まれた石造物か、あるいは江戸後期
から明治に作られた文字塔しか知らないのですが、元和から正徳という庚申塔初期
には既存の阿弥陀如来像や地蔵菩薩像に「庚申供養のために建てました」という
意味の添え書きを刻んだ石塔もあるそうです。

庚申塔には三猿がつきものです。中には猿だけを刻んだ庚申塔もあるくらい。
三猿は「見ざる、言わざる、聞かざる」で有名ですがこの語源についても教えていた
だきました。
論語の一節に「子曰非禮勿視、非禮勿聴、非禮勿言、非禮勿動」があり、誰かがこの
中の「勿動」を外し、「勿視(みるなかれ)」を「み猿(みざる)」と読み替えて三猿に
あてはめたというのです。誰がこんなことを思いついたのか分かりませんが、昔から
シャレ好きな日本人はいたのですね。
三猿といえば日光東照宮が有名ですが、東照宮に三猿が彫られたのは寛永13年
(1636)、初めて庚申塔に三猿が登場したのは万治2年(1659)だそうです。

庚申塔と三猿の結びつきも実は謎だそうで、三尸の「三」と庚申の「申」の結びつき
が有力説です。田丸先生によれば初期の庚申塔の中に日吉神社との関連を示す
ものがいくつか見られるそうで、日吉神社の神使である猿との縁も考えられるとか。

東照宮も日吉神社も天台宗と密接な関わりがあるので、庚申信仰を天台宗僧侶が
広めたときに、同時に考え出したということのようです。

さて、ここで東大和市に残る庚申塔をいくつかご紹介しましょう。

庚申塔 芋窪
これは芋窪の庚申塔で、延宝8年(1680)の年号がある市内で一番古い
庚申塔です。現在、芋窪の個人宅地内に置かれていますが、元々は多摩湖
の中にあった石川という地域にありました。

庚申塔 雲性寺
雲性寺門前に置かれている庚申塔。享保16年(1731)建立。
元々は新青梅街道と旧青梅街道が交差する場所に塚があり、そこに建てられて
いました。現在は道路拡張のため塚もなくなり「奈良橋庚申塚」の名称だけが
残っています。

庚申塔 蔵敷庚申塚
蔵敷の第九小学校の前にはまだ庚申塚が保存されており、そこに建てられ
ている庚申塔です。明和元年(1764)建立。
田丸先生によると、東大和市内の庚申塔は笠つきの角柱が多いとのこと。
当時の村人はお金をかけて作ったんですね。

では最後に、今までワタクシが見た庚申塔の中で一番の変わりダネの庚申塔を
ご紹介します。

庚申塔 筑土八幡神社
東京都新宿区にある筑土八幡神社境内の庚申塔です。
2匹の猿が桃の実を取っている様子を刻んだもので、これだけ見たら全く
庚申塔には見えないのですが、上部に日月が彫られており、これも庚申塔の
約束事であるので庚申塔であるのは間違いないようです。
2匹の猿はオスとメスで、一説にはおじいさんとおばあさんが桃を食べて
若返ったという、桃太郎異説物語をモチーフにしているのだとか。
意味はともあれ、全国的にも珍しい庚申塔だと思います。

田丸先生によれば庚申塔は
①99%の塔にいつ建てられたのかを示す年、誰が建てたのかを示す村名
  などが彫られている。
②地域に偏らず、全国に万遍なくある程度の数が残されている。
③多くの市町村で悉皆調査を実施した調査報告書が存在する。
ということで、まち歩きコレクションには最適なのだとか。

うん、わかる!!

皆さんも地元の庚申塔に、ちょっと足を止めてみてはいかがでしょう?


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2020年 正月

2020年賀状


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

文京学院大学生涯学習センター 「江戸の名勝地・王子」④

王子駅前はかつて一面の田畑で、その中に反別7畝28分の村有地があったと
「王子町史」にあります。俗に装束畑と称し、常に雑草の生い茂った寂しい場所
だったそうです。その中央に榎の古木がそびえており、この木を装束榎といいま
した。江戸時代までは2本あったと「新編武蔵風土記稿」にあります。明治中期に
榎の大木は枯れましたが、装束榎の記念碑が建てられました。戦前は榎町という
町名にもなっています。
新しい榎も植えられましたが、昭和4年(1929)、道路拡張のために榎は切り倒され
てしまいます。
それが、前回ご紹介した、王子の黄色いランドマーク「ほりぶん」前。

装束榎が切り倒されたあと、その東部に社が建てられ記念碑も移されました。昭和20
年(1945)の空襲で東南方面から延焼してきた火災がここで止まり、北西一帯の住民
が助かったことから社殿が建立されることになります。
それが装束稲荷神社です。

101 装束稲荷神社a

地元の方の話によると、王子稲荷神社、装束榎跡(ほりぶん前)、そしてこの装束稲荷
神社は一直線でつながるんだとか。地図で見ると、確かに!

装束榎碑

これが元々、榎のあった場所に建てられていた装束榎の記念碑
史跡の写真を撮るなら夏よりも秋冬がいいですね。夏はこうやって植物が生い茂って
見事に被写体のジャマをしてくれます。
冬になったら、もう1回写真撮り直しに行こう、だわ・・・。

駅前に戻りまして、ぜひとも寄りたいのがコチラのお店。

70 扇谷a

卵焼きの扇屋さんです。
音無親水公園から王子駅へ向かう間にあります。
扇屋は、慶安元年(1648)に初代弥左衛門が農業のかたわら「農間煮売商人」の
看板をかけ掛茶屋をしたのが始まりで、現在15代目。寛政11年(1799)に料理屋と
なり、八尾善、平清、酔月楼と並び一流と評され、主に武家を客としました。
落語「王子の狐」にも出てきますので、思い出す方も多いのでは。

扇屋a

コチラがかつて、料理屋を営んでいた頃の扇屋さん。
明治期に3階部分を建て増した頃の写真だそうです。

現在、諸々の御事情により料理屋は閉店されていますが、名物の卵焼きをスタンドで
販売されています。
これが、ヒジョーに美味し!
江戸風の甘い味付けであります。王子のお土産といったら、コレです。

もし、お店に15代目のご主人が出ていらっしゃったら、ラッキー!
ご主人は王子の観光ガイドもされていらっしゃるので、王子の歴史について
聞けばいろいろと教えていただけます。

以上をもちまして、文京学院大学生涯学習学習センター講座 「江戸の名勝地・王子」
のまち歩き、終了です。
実際にはブログでご紹介した史跡の他にも、立ち寄った所はありましたが、中心の
ポイントだけを書き出しておきました。

最後に、講座らしく王子に関係する2人の著名人をご紹介しておきましょう。

先ず1人目は、二代目瀬川菊之丞

二代目瀬川菊之丞a
「執着獅子」 三代目歌川豊国

江戸中期の歌舞伎役者。屋号は「濱村屋」。俳名「路考」。
王子の農家・清水半六の子として生まれますが、初代・菊之丞が王子の農家の
娘に産ませた子という説が有力で、寛延3年(1750)5歳のときに初代の養子と
なります。宝暦6年(1756)初代が演じた「百千鳥娘道成寺」を披露して、二代目
を襲名しました。
容姿にすぐれ、地芸・所作、時代・世話を兼ね、本格的な女形としては初の江戸
出身だったため「王子路考」と呼ばれて、大人気をとりました。「路考髷」「路考茶」「路
考櫛」など路考にちなむファッションが、女性の間で大ブームを呼びました。現在の
歌舞伎・日本舞踊でも人気演目である「鷺娘」は、二代目菊之丞が初演したものです。

2人目は万延元年(1860)10月、開港直後の日本にやってきたイギリス人のロバート・
フォーチュン Robert Fortune


ロバートフォーチュンa

スコットランド生まれ。エジンバラ王立園芸協会所属の著名な園芸学者で、東洋植物の
ヨーロッパ移植を成功させた先駆者として知られます。
日本に滞在していた約1年余りの間に、長崎、神奈川、江戸、兵庫などを訪れました。その
旅行中の見聞記「江戸と北京」(Yedo and Peking, 1863)には、王子を歩いたときのことが
印象的に記されています。

王子は、言わば、日本のリッチモンド(ロンドン西郊の住宅地)で、そこにはイギリスの「スター
・アンド・ガーター・ホテル」に匹敵する有名な茶屋がある。ここは江戸の善良な市民達が一日
の遊楽や気晴らしに来る所で、たしかこれ以上の娯楽場を探すのはむずかしいだろう。
やがて道は小丘の下へ出た。道の両側には、郊外の平凡な住宅や庭の生垣がつづいていた。
村に近づくと多勢の人々が外国人を見に出て来た。近頃では外人もとくに珍しいことではない
のに・・・・・・。幾人かの子供に馬をあずけて、われわれは茶屋の中へ案内され、愛想のよい
娘に迎えられた。
茶屋のささやかな庭には、木々の枝や緑の岸や美しい花々でおおわれた小川が流れていた。
近辺一帯がすこぶる愉快で、娯楽を求める江戸の人びとが愛好するに足る場所だと思った。
われわれの前に運ばれた茶や菓子、ゆで卵その他珍味のお相伴をしてから、その辺の田舎
へ散歩に行こうとした。 「三宅馨・訳」


幕末当時の日本の庶民の様子が、外国人の視点からよく描写されています。
リッチモンドとか、スター&ガーターホテルって、そんなに王子やそこにあった茶屋に似てるのだ
ろうかと、いろいろ検索してみましたら、出てきました。

スター&ガーターホテルa
Star and Garter Hotel

こ、これ・・・王子に似てます・・・?

ちなみに下の絵が「江戸名所図会」に出てくる、音無川と周辺の茶屋の絵。

江戸名所図会・音無川a

・・・・・・・・・・・・・・。
まぁ、その・・・。
フォーチュン兄さん、褒めていただき、あざーす!!

「江戸の名勝地・王子」編 完。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ