オレデミー大賞 2017年中間発表 1月期

恒例のオレデミー大賞です。
2017年1月期のドラマはとても多くて、32本のドラマを(最低1回は)視聴いたしました。
先ずは作品賞から、どーぞ。

10位 精霊の守り人 悲しき破壊神 NHK 土 21:00
9位  真昼の悪魔 フジ 土 23:40
8位  就活家族 きっと、うまくいく テレ朝 木 21:00
7位  A LIFE 愛しき人 TBS 日 21:00
6位  忠臣蔵の恋 四十八人目の忠臣 NHK 土 18:00
5位  お母さん、娘をやめていいですか? NHK 金 22:00
4位  スリル! 赤の章・黒の章 NHK 水 22:25

「精霊の守り人」 なかなか一般受けはしないと思うんですが、こういうファンタジーはあって
いいと思います。ただ、政治的な争いとか物語を複雑にしすぎると、ちょっと冷めちゃう。
シンプルなストーリーがいいです。

「真昼の悪魔」 昨年同時間帯の「火の粉」と同系列のドラマですね。伊武雅刀、大倉孝二
と共通のキャスティング。ラストがちょっと分かり辛かったのが残念。上手くまとめようと
し過ぎていたのかな?

「就活家族 きっと、うまくいく」 地味だけど、堅実でオーソドックスなドラマだったと思います。
前田敦子の演技が辛かった部分はありますが。彼女の声のトーンがワタクシには合わない
ようです。

「A LIFE 愛しき人」 SMAP解散の後を受けて話題になりましたが、キムタクよりも浅野忠信
の方が目立った感じです。松山ケンイチ、木村文乃など面白そうなキャスティングをしている
ものの、使いきれてなくてもったいなかったです。

「忠臣蔵の恋 四十八人目の忠臣」 赤穂浪士の磯貝数右衛門の恋人が、やがて大奥に
上がって将軍・家宣の側室になるというフィクションですが、話数も多く丁寧に作られていたの
で説得力はありました。討ち入りのシーンも敢えて見せず、外で待っている赤穂の支援者たち
の気持ちに寄り添って描いていたのも良かったです。家継が将軍になった所で最終回でした
が、天英院と月光院の争い、江島・生島事件までやったらもっと面白かったのに。

「お母さん、娘をやめていいですか?」 「あさが来た」以降、なかなか良作に恵まれない波瑠
ですが、このドラマは良かった。もっとも、子離れできずに娘のストーカーになってゆく母親・
斉藤由貴の怖さあってこそ、でしたけど。斉藤由貴が趣味にしている人形がもっと効果的に
使われると、怖さも倍増したでしょうが、そうすると作品のテーマが変わっちゃいますね。

「スリル! 赤の章・黒の章」 地上波で赤の章、BSで黒の章を疱瘡という変則技ドラマ。
赤の章では小松菜奈と小出恵介の掛け合い、黒の章では山本耕史の三枚目のキャラクター
が面白かったです。今回のように2つに分けなくてもいいので、続編を作ってくれると嬉しい
です。

3位 嘘の戦争 フジ 火 21:00
2015年の「銭の戦争」と同系列のドラマですが、草彅剛演じる主人公の復讐背景がハード
な分、緊迫感があって面白かったです。前にも書きましたけど、草彅剛はこういうダーティー
な役が似合いますね。第三弾がありそうなカンジ。

2位 スーパーサラリーマン左江内氏 日テレ 土 21:00
「勇者ヨシヒコ」の監督さんということで、あのユルさが1時間の拡大枠で見られたドラマ。
主演の堤真一のやる気の無さ(むろん演技)もさることながら、小泉今日子の鬼嫁っぷりが
笑えました。佐藤二朗には相変わらず台本が与えられてない模様。賀来賢人が意外にも
ボケキャラが上手いことがわかりました。

1位 カルテット TBS 火 22:00
今期はなんと言ってもコレ。ドラマはキャスティングで観るワタクシにとって、松田龍平、高橋
一生、満島ひかりがそろい踏みとなれば、それだけでテンションが上がります。松たか子も
以前、主演ミュージカル舞台を観てからは好きな女優さんです。カルテットそれぞれの掛け
合いの妙さ加減がバツグンに良く、細かい演技に引き込まれました。1話目の唐揚げの話に
ついていけないという感想を持った人もいたようですが、むしろワタクシはああいうのが好き
です。吉岡里帆の使い方も面白かったです。

次に深夜枠ベスト3.

3位 銀と金 テレ東 土 24:20
2位 バイプレイヤーズ テレ東 金 24:12
1位 住住(すむすむ) 日テレ 水 25:29

「住住」はバカリズムの脚本・出演ですが、マンションの1室でのワンシーンドラマは、三谷幸喜
の名作「やっぱり猫が好き」や「子供ほしいね」を彷彿させます。たぶん、彼もそういうのが好き
なんでしょうね。
それにしても「住住」「バイプレイヤーズ」「山田孝之のカンヌ映画祭」「こんにちは、女優の相楽
樹です」など、俳優が本人役で出演するドラマが多かった印象です。

次は各個人賞・各賞。

主演男優賞 草彅剛(嘘の戦争)

主演女優賞 松たか子(カルテット)

助演男優賞 高橋一生(カルテット)

助演女優賞 斉藤由貴(お母さん、娘をやめていいですか?)

新人賞 山田美紅羽(下剋上受験 TBS 金 22:00)

美術賞 スリル!赤の章・黒の章

撮影賞 精霊の守り人 悲しき破壊神

主題曲賞 「おとなの掟」 Doughnuts Hole (カルテット)
       「Forever Young」 竹原ピストル(バイプレイヤーズ)

あくまでもワタクシの完全主観ですので、ご了承くださいませ。
その他には・・・「東京タラレバ娘」はアラサー女子には「刺さる」と好感だったようですが、なんか
後ろ向きな考えが多すぎてワタクシは乗れませんでした。同じ世代の女子を扱ったドラマでも
「逃げ恥」は面白かったのですが。
「奪い愛、冬」は録画して昼間見ると、コントですね。まぁ、それが狙いなんでしょうけど。水野美紀
は最近エキセントリックな役ばかり目立ちますが、フツーの人に戻れますかね。
「きみはペット」「火花」がなかなか面白いのですが、最終回がまだということで次期に結果は持ち
越しです。
4月期もぜひ、面白いドラマを!!

メガ87


スポンサーサイト

1月に行ったところ 川瀬巴水展

1月にはもう1ヶ所、展覧会に行きました。
立川高島屋で行われていた「川瀬巴水展」です。

015a4b6408bf580fdb99f7faeef008b44dbed15cb5a.jpg

「誰じゃ、ソレ?」
という方のために、ちょっとご説明いたします。
まぁ、ウィキれば一発なんですけどね。

川瀬巴水(かわせはすい)は大正~昭和20年代にかけて活躍した木版画家です。
江戸時代の浮世絵の技法を生かした作風で、「最後の浮世絵師」とか、その作品の
ほとんどが風景画のためか「昭和の広重」と呼ばれた人です。

巴水の師匠が鏑木清方、清方の師匠は水野年方、年方の師匠が月岡芳年、そして
芳年は大人気浮世絵師・歌川国芳の門弟ですから、巴水は国芳の流れを汲む最後の
浮世絵師でもあると言えるでしょう。
ただ、この系図を見ると、芳年以降は人物画を多く描き、特に清方は美人画を専門に
描いています。清方の門弟には伊東深水もいますよね。
(※深水は朝丘雪路のお父さんでもあります。グランパ!)
ところが巴水は人物画が得意ではなかったようで、歌川広重や小林清親の風景浮世絵
を研究して、その道を究めていったようです。

01db065d2cd656fabf403f2ea82183268f112e0966a.jpg


江戸時代に庶民文化の中心にあった浮世絵ですが、明治以降西洋画などに押されて
衰退の一途を辿ります。
巴水の絵を見ると、建物の描写などは実に写実的で現代的な表現です。しかし、木の枝
や、その枝に積もった雪などはどこか浮世絵の表現を彷彿させるものがあります。
このあたりが国芳からの系統を受け継ぐ作風なのでしょう。

実はワタクシも巴水のことを知ったのはつい最近、6年ほど前のこと。
国際浮世絵学会が主催する「国際浮世絵大会」というイベントが都内でありました。
原宿にある浮世絵専門美術館「太田美術館」のHPでこの告知を知り、さらに大会テーマが
「国芳 没後150年」だったので、国芳ファンのワタクシは聴講に行ったのであります。
学会の理事長が浮世絵研究の第一人者・小林忠先生で、その講演だけでも感激モノだった
のでありますが、他にも学芸員や大学院生など若い世代の研究者の国芳研究の話を聴く
ことができて、とても勉強になりました。
その講演者の中の一人に、アメリカのテレビ脚本家・監督・プロデューサーのレネ・バルサー
という人がいました。彼は有名な巴水のコレクターだということで、通訳を交えながら巴水の
魅力について語ってくれましたが、これがワタクシが巴水を知る最初になりました。

011baee99d07b836d6ba07bfd5ab2aa53bf91fcb4aa.jpg


巴水の絵は昭和20年代くらいまではイベントのポスターや、雑誌の表紙になるほど人気は
高かったようですが、彼の死後は次第に忘れられていったようです。
ところがバルサーさんのような外国人の目に留まり、コレクションされるようになり、日本でも
再評価されるようになったとのこと。
よくあるパターンですね。外国人に「これ、いいよ」って言われて、気付かされる。
写楽然り、若冲然り、なんだかなー (by阿藤快)

ワタクシもそれからポツポツと、巴水の絵を見かけることはありましたが、今回のように一斉に
彼の絵を見るのは初めて。
色のぼかしなど、木版画の手法に感心するのもさることながら、その時代背景が大正・昭和
初期なので、ノスタルジックな趣もありどこか郷愁をさそいます。ワタクシの親世代の人たち
が見れば懐かしく感じることもあるのではないでしょうか。

ここで、巴水と、彼が絵を学んだという歌川広重の絵を、同じ場所を描いた絵で見比べて
みましょう。場所はお江戸日本橋。

0170e3663b7f98ece0a6a6e133ce2112384b41b0ada.jpg
歌川広重「名所江戸百景 日本橋雪晴」 安政3年(1856)

01b36e9a9fe9a41d727c7b9209604ae7e4959883aaa.jpg
川瀬巴水「日本橋(夜明)」 昭和15年(1940)

浮世絵100年の変化であると同時に、江戸から東京の100年の変化でもあります。
橋も変わり、家並みも変わったけれど、間違いなく同じ場所。
このように時代の違う場所を2枚の絵で見比べてみるのも楽しいですね。

まぁ、現在の日本橋は空も見えず、画題にもなりはしませんが。

メガ83

モチのロン、コレ↑はフィクションですが、現代ならば、それはそれで需要があるかも。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

1月に行ったところ 武士と印刷展

正月を過ぎてから、なかなかに忙しかったのですが、それでも出かけたところはあり
ましたので、今回はそんな場所を書いておきます。
「里正日誌」については、文久から明治初年までは一通りご紹介してしまいましたので、
新展開を模索中であります。

昨年11月頃に、飯田橋の印刷博物館で行われた「武士と印刷展」
招待券をもらっていたのですが、忙しかったのもあってすっかり忘れておりました。

01b71afae4d366fa2cdd67888e07e9ae09fc44641fa.jpg

「武士の展覧会といえば、刀や甲冑がおなじみです。しかしそれだけではありません。
意外なことに、印刷物を作らせた武士たちがいます。その代表は徳川家康です。
徳川家康没後400年を経た今、本展覧会では、改めてその印刷事業をとりあげます。
同時に、特に戦国時代や江戸時代の武将、将軍、藩主で印刷物を製作させた人たち
にも焦点をあて、武士による印刷物を幅広く展示します。」

(チラシ裏の紹介文より)

江戸時代の印刷物というと、浮世絵やよみうり(かわら版)といったものが、すぐに
思いつきますが、それらは町人文化と呼ばれるものです。
武士階層・・・特に藩主クラスのセレブリティになると、自分の行った研究・学問を活字
なども用いて出版しているんですね。江戸時代の大名ってのは、けっこう学者みたい
な方が多いんです。
まぁ、外様大名や御三家だと幕政にも参加できないし、学術や芸術くらいしかやること
がないってこともあるんでしょうけどね。

ワタクシが展示物の中で一番見たかったのは「雪華図説」という本でした。
これは下総国古河藩第4代藩主の土井利位(どいとしつら)という殿さまが出した、雪の
結晶の研究書です。
土井利位は大坂城代時代の天保8年(1837)に大塩平八郎の乱を鎮圧。その後、京都
所司代を経て老中に就任。天保の改革では水野忠邦を補佐し、水野が失脚した後には
老中首座となって幕府の財政再建に貢献するなど、けっこうなやり手だった殿さまです。
こういう仕事のデキる人が、実は一番大好きな趣味は雪の結晶のスケッチだったという
のが、なんかオタクっぽくていいじゃないですか。

写真では見たことがあったのですが、実物は175×120mmと小さい版だったのが意外
でした。制作が天保3年なので、忙しくなる前に作ったんですね。
写真撮影ができないので、クリアファイルを買いました。

0124525f08e26727fbe5b940308f6b78936e73057da.jpg

殿さまが小うるさい家老に隠れて、こんな細かい絵をチマチマ描いていたのかと、それ
を想像するだけでも楽しいではないですか。
「萌え~」とくるでしょ?

ところで、なぜこの展覧会の招待券を持っていたかというと、この展覧会のイヤホン
ガイドをしていたのが、テレビの歴史番組のレポーター・コメンテーターでおなじみの
「お江戸ル・ほーりー」こと堀口茉純さんだったんです。
彼女とは江戸検1級に合格したときの同期生同志。
で、同期生の仲間にと、招待券をいただいたワケで、そんな経緯からもチケットは無駄
にできなかったのであります。(イヤホンガイドの料金はちゃんと払いました^^)

とてもイイものが見られました。ほーりー、ありがとう!
イヤホンガイドの解説も聴きやすかったです。

メガ82
そこまでは研究しておりません。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

オレデミー大賞 2016大賞発表!

そろそろお正月気分も抜けてきたトコロで、三連休。
また休み癖がついてしまいそうな2017年のスタートです。
そろそろ新番組も始まりつつあるということで、昨年のドラマ・オレデミー大賞を
決めてみたいと思います。
「あ、このドラマって2016年だったんだ」
って作品も入っているかもしれません。

作品賞。
10位 ナオミとカナコ  フジ 木 22:00  1月期
9位  十人の黒い女  日テレ 木 23:59  10月期
8位  僕のヤバイ妻  フジ 火 22:00  4月期
7位  グッドパートナー 無敵の弁護士  テレ朝 木 21:00  4月期
6位  ちかえもん  NHK 木 20:00  1月期
5位  仰げば尊し  TBS 日 21:00  7月期
4位  あさが来た  NHK 月~土 08:00  1月期(2015年10月から)

10位と8位は事件を起こす犯人側が主人公というドラマ。「ナオミとカナコ」は主人公の
広末涼子と内田有紀を追い詰めていく、被害者の姉・吉田羊の執念が怖い。ラストシーン
も印象的でした。
「僕のヤバイ妻」は最初、木村佳乃のキレぶりが見どころかと思いましたが、さにあらず。
伊藤英明のダメ男っぷりがドラマの骨格であり、見どころでした。
「十人の黒い女」は深夜に近い時間帯だけあって、自由度が高いのか、バカリズムの
脚本がバカバカしくて生きていましたね。
「グッドパートナー」。竹野内豊はだんだん三枚目にシフトを変えつつあるのでしょうか。
今年、ある意味で一番の収穫だったのが「ちかえもん」。一見、トンデモ時代劇と思いきや
松尾スズキ、青木嵩高、北村有起哉などの芸達者に支えられ、ギャグの中にも見応えの
あるドラマでした。こういうひねりの効いた時代劇というと、同じNHKが昔放送した「天下堂々」
を思い出します。NHKがこの手の自由な発想の時代劇を作ってくれると、時代劇に対する
向きもまた違ってくるのでは、と思うのですがいかがでしょう?
「仰げば尊し」はド定番。
「あさが来た」は前年の10月が放送開始ですが、最終回が3月なので2016年ドラマに
入れました。物語が幕末から始まるということで新鮮味がありました。

3位  逃げるは恥だが役に立つ  TBS 火 22:00  10月期
ドラマとは全く関係ないですが、紅白歌合戦でガッキーが照れながら「恋ダンス」をアドリブ
で踊ったことにヤラレちゃった人は多いハズ。昨年の紅白はあそこだけでいいやって感じ。
しかしそんな中、ガッキーの隣りにいながら冷静に手拍子打っていた大谷クン(日ハム)
ってやっぱスゴイね。ガッキーと一緒でもキンチョーしないし、舞い上がらないんだ。
ワタクシなら浮かれてガッキーと一緒に恋ダンスしてますよ。

2位  ゆとりですがなにか  日テレ 日 22:30  7月期
宮藤官九郎の面白さって、登場人物を誰一人としてムダにしていない所だと思います。
脇役の描き方がとても面白くて、印象に残るんですね。もちろん役者さんの力量も関係
してくるのでしょうが、その引き出しを開けさせるのがとてつもなく上手いと感じます。

そして2016年のドラマ、第1位は・・・

1位  真田丸  NHK 日 20:00  全月期
今年はコレに尽きますね。久しぶりに大河ドラマを毎週楽しみに待っていました。
オールド大河ファンからは「こんなの大河じゃない」という意見もございましょうが、ワタクシ
は「幕末男子の育て方」とか「ホームドラマ大河」というような、勘違いも甚だしいポンスカ
大河に比べれば、「真田丸」の流れで今後の大河も作ってもらいたいと思っております。
戦国ドラマでは定番の「本能寺の変」や「関ヶ原の戦い」も、主人公は伝聞でしか知り得て
いないということでほとんどカット、という演出も新鮮。それだけ三谷幸喜が真田一族の
視点に立って描きたかったという気持ちが伝わりました。

では続いて深夜枠ドラマ・ベスト5の発表。

5位  ディアスポリス 異邦警察  TBS 火 25:28  4月期
4位  東京センチメンタル  テレ東 金 24;12  1月期
3位  勇者ヨシヒコと導かれし七人  テレ東 金 24:12  10月期
2位  ラブラブエイリアン  フジ 火 26:05  7月期
1位  闇金ウシジマくん Season3  TBS 火 25:28  7月期

ベスト3の中に山田孝之主演作が2本も入ってます。
まぁ、彼の魅力は深夜なればこそ、でしょうね。彼に「逃げ恥」とか想像つかないもの。
2位の「ラブラブエイリアン」は続編を期待します!

個人賞はコチラ。

主演男優賞  堺雅人(真田丸)

主演女優賞  波瑠(あさが来た)

助演男優賞  草刈正雄(真田丸)
          太賀(ゆとりですがなにか 仰げば尊し)

助演女優賞  安藤サクラ(ゆとりですがなにか)
          長澤まさみ(真田丸)

新人賞     大谷亮平(逃げるは恥だが役に立つ)

堺雅人は山南敬助(新選組!)、徳川家定(篤姫)に次いで3人目の大河キャラですが、その度に
その人物像というか、人物イメージを変えることに成功していますね。今まで真田幸村といえば、
真田十勇士の元締めとか、戦闘の天才というイメージで捉えられていた部分が大きかったと思い
ますが、「父が稀代の策略家だったので、色々と苦労した次男坊」という新しい幸村像を作ること
に成功しました。たぶん、これからは信繁の名前の方が定着するかもしれません。
波瑠は表情が豊かなのがいいですね。ヒロイン向きです。
「真田丸」の前半は、ほぼ草刈正雄が主役でしたから。それと、若手バイプレーヤーNo.1の太賀。
「ゆとり・・・」のモンスター社員で視聴者に100パーセント嫌な印象を与えたかと思ったら、ドラマ
終盤ではいつのまにかちょっとした愛されキャラになっているというね。それを自然に見せちゃう
んだからスゴイ。で、そうかと思うと次のクールでは、「仰げば尊し」でヤンキーバカ高校生ができ
ちゃうという器用さ。もう、目が離せません。
安藤サクラもキレてて良かった。長澤まさみは「真田丸」で唯一浮きまくってたキャラでしたね。
たぶん、「きり」というあの女性は現代人の目なんじゃないかと思います。やっぱり戦国時代って
現代人には理解し難い部分がたくさんあるじゃないですか。それを素直な表現で語ってくれたのが
「きり」なんじゃないかと。ただ、確かに戦国ドラマとしては浮いていたキャラなので、それを1年間
演じ通したのは大変だったんじゃないかと思います。
大谷亮平はモデルから韓国に渡り俳優として活躍、今年から日本に舞台を移しているとのこと。
いきなり初めて見るような顔なのに存在感があるのは、すでに外国で実績があるからなのですね。
「ラヴソング」にも出ていたようなのですが、どこでだ?

各賞。

美術賞  ディアスポリス 異邦警察

撮影賞  スニッファー 嗅覚捜査官  NHK 土 22:00  10月期

衣裳賞  逃げるは恥だが役に立つ

主題曲賞  「泣きたいよ」鈴木雅之  コントレール  NHK 金 22:00  4月期
        「恋」星野源  逃げるは恥だが役に立つ 

ということで、2017年ドラマもそろそろ始まりました。
今年のドラマも期待しております。

メガ81


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

謹賀新年 2017年

IMG_0287cc

今年も当ブログにぜひ、どーぞ。


正月は毎年、箱根駅伝をテレビ観戦で過ごします。
今年も母校がシード権内に入りましたので、まずは良し!

てことで、おまけの漫画。

20170103a.jpg

今年もこんな感じで、うだうだ描いていきます。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ