fc2ブログ
2024 0112345678910111213141516171819202122232425262728292024 03

講座「幕末、明治維新の幕臣たち」

5月19日から神奈川県大和市の「大和市立図書館 渋谷学習センター」にて
江戸歴史講座を行います。

タイトルは「幕末、明治維新の幕臣たち ~彼らは敗者なのか?~」
全4回行います。

講座a

ワタクシ自身、久しぶりの幕末モノの講座です。
特に新選組に関しましては、講座で扱うのは3年振り?いや、それ以上になる
かもしれませんねぇ(汗;)
池田屋事件など京都の活動等ではなく、近藤勇や土方歳三を産んだ多摩から
の視点、幕府天領から見た新選組というテーマで話をさせていただきます。

大和市生涯学習センター様では、年末から今年の頭にかけて家康をテーマに講座
をさせていただき、好評を得ることができましたので再度の登板と相成りました。
で、テーマはどうしようか?となったときに、「今回が家康で江戸時代のスタートだ
から、次回は江戸の最後幕末はいかがでしょう?」と申し出ましたところ、「いいね!」
と御即答いただき、このような講座内容になった次第でございます。

全4回の講座については、過去に各々他の場所でお話させていただいたテーマですが、
それを今回に合わせて再構築いたしました。
ただ、4回まとめてお話させていただくのは初めてですので、よりハッキリと講座の
テーマが浮かび出てくるのではないかとワタクシ自身も期待しております。

変則的な日程ですが、全4回でも1回だけでも受講可能です。
基本的に大和市市民向けの講座なのですが、市外にお住まいの方もお席に空き
のある場合はご案内できますので、大和市生涯学習センターまでお問合せ下さい。

やまとみらい 渋谷学習センタークリック!


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



[ 2023/04/22 ] 告知 | TB(0) | CM(2)

3月講座

3月にワタクシの住んでおります東大和市市内で講座を行います。
講座のテーマは、今年の大河ドラマに合わせて徳川家康です。

おとなの社会科

おそらく、日本中でいま、家康関連の講座やらガイドやら企画が目白押しじゃないかと
思います。
そちらでは合戦とかお城とか、そういった話がテーマになるんじゃないかと思うんですが、
ワタクシの講座では「そもそも家康のルーツって何なん?ドラマ見たけど、徳川じゃなく
松平って言うてるよね?芸名なん?ほんで、何で今川家の人質になんかなってるん?」
みたいな、家康&その原点のお話をしてみたいと思います。

「有村架純ちゃんを、手作りウサギでコロッと落とすテクニック。知りたいわぁ」
いや、それは知らんがな。
そういう話は放っておきなさいよ。
まぁ、瀬名姫(築山殿)のお話はしますけどね。

実は同じテーマの講座を、昨年の12月から今年の1月にかけて神奈川県大和市
図書館の講座で行ってまいりました。ほぼほぼ市民の方限定だと思ったので、告知
はコチラではしませんでしたが、おかげさまで主催者様からはアンケートの評判も
上々だったとのご報告を受けております。
今回は2時間1回のみの講座ですので、内容を絞ってお話することになりますが、
お時間、ご都合のつく方はぜひ足をお運びくださいませ。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

[ 2023/02/01 ] 告知 | TB(0) | CM(4)

文京学院大学生涯学習センター 春・夏期講座

毎回恒例で行わせていただいております、文京学院大学生涯学習センター
での春・夏期の講座を今年も勤めさせていただきます。

文京学院1a

ワタクシが担当させていただくのは「江戸検1級合格者がご案内江戸講座」
ではありますが、未だコロナ禍が治まっておりませんので、今年も座学のみの
講座となります。
早く聴講生の皆さんとご一緒に、江戸史跡を廻れるようになるといいですねぇ。
さて、今回のワタクシの講座はコチラになります。

文京学院1b

「江戸の白浪・怪盗列伝」

昨年は大河ドラマ「青天を衝け」の影響で、幕末・明治維新期の講座ばかりでした。まぁ、
私も好きなジャンルでしたし、渋沢成一郎というほぼそれまで無名に近かった人物を
取り上げることができたので、面白い講座ではありました。
しかし、今年は江戸ド真ん中に戻すと云いますか、久しぶりに江戸時代らしいお話が
できると思いますので、ワタクシ自身も楽しみな講座です。

さて、ご存じの方も多いと思いますが「白浪」とは、泥棒のこと。
江戸時代を通じて有名な泥棒・盗賊を上げると枚挙にいとまがございません。
高坂甚内、日本左衛門、稲葉小僧に鼠小僧、白井権八・・・等々。江戸の闇を駆け
抜けた怪盗たちがズラッと出てまいります。そして、いずれも語られるのは義賊という
肩書き。
彼等は悪党なのか、義賊なのか?その真偽は如何に?
江戸の怪盗たちのプロフィールから犯行手口、さらに芝居や浮世絵などによって
ヒーロー化してゆく時代背景までを、ワタクシが当ブログ同様「猫でもわかる」ように
語り尽くす120分×2回。

今回も昨年同様、当日会場に来られない方のためにZOOMでの対応もご用意して
おります。
「これを聴けば時代劇ももっと面白い」・・・かも!?

文京学院大学生涯学習センター
江戸検1級合格者がご案内 江戸講座 クリック!

会場、ZOOM、ともにまだ受付中です。

文京学院校舎a


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[ 2022/05/08 ] 告知 | TB(0) | CM(2)

江戸楽アカデミー 夏秋講座ご案内

1年間お休みしておりましたワタクシめの歴史講座ですが、今夏から各所で
再開させていただくことになりました。

今回告知させていただきますのは「江戸楽アカデミー講座」です。
以前は「江戸文化歴史検定」とタイアップして講座をさせていただきましたが、
江戸検も終了してしまいましたので、今回からは検定試験にこだわることなく
歴史初級者から上級者まで、楽しめるような講座にしたいと思っております。

img003a.jpg

img003b.jpg

img004aa.jpg

もう、見事に大河ドラマに乗っかった企画ですねww
こちらのブログの記事もそのまま含んでおりますが、さらに彰義隊とか上野戦争、
飯能戦争、そして箱館戦争なども詳しくかつ分かりやすくお話する予定です。

渋沢成一郎って、「青天を衝け」で初めてクローズアップされたんじゃないかと
思うんですよね。ワタクシはたまたま地元に振武軍がやってきたこともあって
以前からブログに取り上げてましたけど、日本史の中ではかなり知る人ぞ知る
というマイナー系の人物でした。
彰義隊の隊長だったり、箱館戦争を戦ったり、箱館政府では幹部にまで推されて
いるのに、この知名度の低さはなぜなのか?そんなところも考えながら・・・。
成一郎個人にスポットを当てる講座は珍しいと思いますし、お時間のあります
方は、どぞ。
感染対策を十分に取った上でお待ちしております。

実は、復帰一発目の講座は地元の東大和市市内の市民センターで今月23日に
行うのですが、まぁコレは、ほぼほぼ市民向けですし、市外から来られるにはちょい
と交通に不便な所ですので告知し辛いのですが・・・(汗;)
一応、主催者様のブログを貼っておきますので、ご興味のございます方は
御覧くださいませ。

おとなの社会科   クリック!

コチラも講座のテーマは江戸楽と同じです。
ただ、時間の関係で上野戦争や、成一郎以外の箱館戦争はあまり触れません
のでご了承ください。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[ 2021/07/17 ] 告知 | TB(0) | CM(4)

江戸楽アカデミー オンライン講座やってきました

前回ご案内いたしました、「江戸楽アカデミー」のオンライン講座。
本日、無事行うことができました。

なにしろ自分でもライブでのオンライン配信は初めてですので、何もわからない
まま。技術的な部分は小学館集英社プロダクションのスタッフ様にお任せして、
こちらはベシャリに専念させていただきました。

オンライン講座

配信前のスタジオの様子。
奥のデスクの前にカメラがあります。
手前でPCなど最終チェックをされているスタッフの方々。
本番前のリハーサルでちょっとギャグを言ったら、ウケてくれました。
「えぇスタッフさんや・・・」
おかげで肩が温まります。さぁ、マウンドへ!

本日の講座は「江戸オモシロ偉人伝」。
時間が20分と短いのですが、3人ほど取り上げてお話しました。

川路聖謨マンガaa

先ずはこの人。
川路左衛門尉聖謨(かわじさえもんのじょうとしあきら)。
一般的にはまだマイナーな偉人でしょうね。
幕末史がお好きな人にとっては、欠かせない方です。
ロシアとの交渉に能力を発揮し、日露和親条約を締結させました。
来年の大河ドラマ「青天を衝け」では平田満さんが演じるそうなので、
一気に知名度がアップするかもしれません。

続いてお話したのは、川路さと。
聖謨の奥さまです。
歌人として川路高子の名前も持つ彼女。
紀州藩、安芸広島藩の奥女中も勤めた経験のある才女です。
努力と勤勉さで出世を重ねた幕府官僚トップと、大名屋敷奥女中出身
才女のカップル。その結婚は川路38歳、さと35歳とかなりの晩婚
でしたが、ビックリするほどのラブラブ夫婦でした。
その様子を川路自身が書いた日記「寧府紀事」からご紹介しました。

川路聖謨屋敷跡

この写真は川路聖謨の屋敷があった場所。
外堀通りを飯田橋から水道橋に向かう途中、小石川後楽園へと入る道の
角です。現在はビルが建ち、案内板などはありません。

最後はこちらの石碑に関係のある方。

尤梅碑a

港区芝の安蓮社というお寺にある石碑「尤梅碑(ゆうばいひ)」です。
これは11代将軍家斉、12代将軍家慶の時代に大奥の上臈御年寄を務めた
飛鳥井という女性を讃えた顕彰碑です。
彼女の死後に、養女となっていた同じく上臈御年寄の梅渓が建てました。

将軍家の宗教は代々浄土宗です。家康のブレーンだった天海の影響もあり、
菩提寺は天台宗の寛永寺もありますが、その2つの宗派です。、
ところが家斉は、寵愛していた側室・お美代の方の実父が日啓という日蓮宗の
僧だったことなどから、自ら日蓮宗に改宗しようと考えます。
当時、日蓮宗は「不受布施の義」など幕府の方針に逆らうような教義を持って
いたため、幕府としては家斉の改宗は非常に厄介な問題でした。

自らも浄土宗信者であり、幕府の危機感も感じたのか、当時80歳も越えようかと
いう年齢だったにもかかわらず飛鳥井は大御所となっていた家斉に直訴、改宗を
考え直すように迫ったのでした。
老女の死を覚悟した訴えに、家斉も理解を示し、改宗を思いとどめました。
そして飛鳥井の命を心配し、彼女に「天下一」という梅の木を賜ったといいます。

この尤梅碑にはそれらのエピソードが書かれています。
江戸時代、有名な大奥奥女中は数多くいましたが、同時代に顕彰碑まで建て
られた女性はそう多くはないのではないでしょうか。
そう思って取り上げてみました。

今回はテスト講座ということもあり、短い時間ではありましたが、以上3人の
方々をご紹介させていただきました。
もう少し詳しい話ができれば良かったのですが、それはまた次の機会に、という
ことで・・・。

今回、ご視聴いただいた方々、ありがとうございました。
お聞き苦しかった点、至らなかった点、ありましたらばお許し下さい。

講座が終わり、帰宅途中で昼食を。

チャイカ1

川路聖謨の話をしたので、せっかくだから高田馬場の人気店。
ロシア料理の「チャイカ」さんへ。

チャイカ2

ビーフストロガノフ、美味しゅうございました。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

[ 2020/07/18 ] 告知 | TB(0) | CM(2)