FC2ブログ

オレデミー大賞 2019年中間発表 7月期

早いもので、もう10月も後半。
11月までは各所及び東大和市内などで講座やらガイドやらがありますので、
なかなか落ち着いてブログの更新ができません。すんません。
そんな中で、テレビ番組改編期になりましたので、恒例の(一部で意外と
ファンがいる)オレデミー大賞の7月期発表といきましょう。

10位 凪のお暇 TBS 金 22:00
9位  ルパンの娘 フジ 木 22:00
8位  サイン 法医学者柚木貴夫の事件 テレ朝 木 21:00
7位  サギデカ NHK 土 21:00
6位  ノーサイドゲーム TBS 日 21:00
5位  あなたの番です 反撃編 日テレ 日 22:30
4位  べしゃり暮らし テレ朝 土 23:15

3位  なつぞら NHK 月~土 08:00

2位  これは経費で落ちません NHK 金 22:00

1位  監察医 朝顔 フジ 月 21:00

深夜枠

3位  だから私は推しました NHK 土 23:30
2位  スカム TBS 火 25:28
1位  Iターン テレ東 金 24:12

と、いう結果になりました。
今期で興味深かったのは「スカム」と、「サギデカ」。両方とも高齢者を狙った振り込め詐欺
をテーマにしたドラマ。「スカム」が詐欺側、「サギデカ」が警察側からの視点で、対比して
見ることができたのが面白かったです。
結婚以降、あまりいい役に恵まれなかった木村文乃ですが、この刑事役は良かったです。

「サイン」と「朝顔」も主人公が同じ監察医という設定でした。「サイン」は法医にこだわっ
たストーリーでしたが、「朝顔」は震災で母親を失った女性(上野樹里)が、監察医という
仕事や刑事の夫(風間俊介)、父(時任三郎)との交流を通じて成長していくというヒュー
マンドラマで、全く違った作り方。「朝顔」はそこに重点を置いたのが良かったですね。
主演の上野樹里や時任三郎、柄本明などの落ち着いた演技あればこそですが。

「ノーサイドゲーム」はラグビーワールドカップに合わせての企画だというのは、誰でも
思うところですが、確かにこのドラマで知ったルールとかありますね。
ただ、ドラマのストーリー自体は、競技を変えただけで「ルーズベルトゲーム」と重なる
ところがあって、食傷気味を感じました。これら含めて池井戸的企業復讐ドラマも限界
かなぁ、と感じています。
「半沢直樹」も続編が作られるみたいですが、どうなんだろう?
まぁ、堺雅人と香川照之を出しておくだけで、面白いとは思うんですけど、顔芸を期待
するだけのドラマになってもねぇ・・・。

「あなたの番です」は今どき珍しい2クールぶち抜きのドラマでしたけど、伏線を貼り過ぎ
て収集がつかなくなった感があります。登場人物が多過ぎたですね。
いわく有り気な人物がたくさん出てくるミステリーをワタクシは「横溝正史スタイル」と呼んで
いるのですが、このドラマは正にソレ。ただ、横溝スタイルはバラバラなように見えた登場
人物が、最終的には一つの事件に絡んでゆくのに対して、「あなたの・・・」は犯人も複数
で、その目的もバラバラで、そこが散漫に感じました。

「なつぞら」は北海道編の方が断然に良かったなぁ。
でも、作中に使うためにいくつもアニメを作ったことには感心します。
でも「地獄の番長」(たぶんデビルマン)というタイトルは売れないだろ・・・。

「これは経費で落ちません」、これを民放で作ると「花咲舞が黙ってない」になるんだろうな
と思います。もちろん、主人公のキャラとか設定とか、全く違うわけですけど。
多部未華子の主人公が口癖にする「ウサギを追うな」・・・自分の守備範囲のことだけを
しっかりやって、余計なことには首を突っ込むなということですけど、仕事をする上では基本
になってきますよね。でも、誰かウサギを追う人が出てこないと修正できないことも多い
わけで、テーマ自体は身近に感じた方も多いのではと思いました。
それと伊藤沙莉はいいですね。「トランジットガールズ」の頃から注目していましたけど、今や
主人公の友達とか同僚とか演らせたら、右に出る者はいないです。

NHKの土曜日23:30。「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」「腐女子、うっかりゲイに
告る」ときて、今期は「だから私は推しました」。この枠はいいですよ、とても攻めてます。
テレ東とはまた違う視点で、深夜ドラマをどう使うのかということを良く心得ていると思います。
腐女子とか、地下アイドルオタとか、マイノリティーに区別される側の主人公を通して、その
生き方を手放しで持ち上げるわけではないけど、その世界にいることによって自己肯定が
できる人もいる、タイトルはアレですけど人に優しいドラマです。
主演の桜井ユキ。あまり知らなかったけど、いい女優さんだなと思いました。

「Iターン」は古田新太とムロツヨシはこう使いましょう、という見本のようなドラマ。
この2人も使えばハズレはないですね。それと田中圭だし。
注目したのは古田新太の舎弟を演じた毎熊克哉。長身なのに常に下から見上げるような
視線にやや卑屈さを感じさせつつ、ムロ演じる主人公への誠実さも併せ持つという、「桜井
サン」がとても印象に残りました。
映画では主演も勤めているようですが、ワタクシはドラマの「まんぷく」くらいでしか知りま
せんでした。こういうタイプの役者さん、大好きです。10月期からはNHKドラマ「少年寅次郎」
にも出演していますし、今後が楽しみです。

「べしゃり暮らし」は続編が見たい。

主演男優賞 間宮祥太郎 (べしゃり暮らし)
主演女優賞 桜井ユキ (だから私は推しました) 上野樹里 (監察医 朝顔)
助演男優賞 草刈正雄 (なつぞら) 渡辺大知 (べしゃり暮らし、Iターン)
助演女優賞 小沢真珠 (ルパンの娘) 

主題曲賞 「勘違い心拍数」 にゃんぞぬデシ (Iターン)
美術賞 なつぞら
撮影賞 サ道 テレ東 金 24:52
新人賞 毎熊克哉 (Iターン)


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



オレデミー大賞 2019年中間発表 4月期

6月に文京学院大学生涯学習センターの「江戸講座・江戸散歩」があり、これで
今年前半の講座関係が全て終了しました。
ご参加していただいたみなさま、どうもありがとうございました。

てことで、更新も滞りがちですが、今回はオレデミー大賞4月期で行ってみます!

10位 ミストレス 女たちの秘密 NHK 金 22:00
9位  パーフェクトワールド フジ 火 21:00
8位  ストロベリーナイト・サーガ フジ 木 22:00
7位  あなたの番です 日テレ 日 22:30
6位  オレのスカート、どこ行った? 日テレ 土 22:00
5位  緊急取調室 テレ朝 木 21:00
4位  インハンド TBS 金 22:00

3位  ラジエーションハウス フジ 月 21:00
2位  デジタル・タトゥー NHK 土 21:00

1位  きのう何食べた? テレ東 金 24:12

深夜枠

3位  人間の証 フジ 火 25:25
2位  四月一日さん家の テレ東 金 24:52
1位  腐女子、うっかりゲイに告る NHK 土 23:30

という結果です。
本来なら、「きのう何食べた?」は深夜枠なんですが、4月期に関して言えば全ての地上波
対象ドラマの中で一番面白かったため、全体の1位に輝きました。
で、全体を見渡すと、4月期のドラマは「きのう・・・」をはじめとして、同性愛を扱ったモノが
多かったように思います。「ミストレス」「腐女子、うっかり・・・」、同性愛がテーマではないけど
「オレのスカート・・・」もゲイが主役。こういうテーマの偏りってのは、よくありますね。
法律モノとか、医療モノとか、教師モノとか、重なるときにはよく重なります。

「腐女子、うっかりゲイに告る」は思春期に自分がゲイだと気づき、悩み、もがく姿を描いていて、
そうした人生を歩いておっさんになった末にたどり着いた姿が「きのう何食べた?」なのかな
と思いました。
「きのう・・・」のケンジ(内野聖陽)はゲイであることをカミングアウトして、どこか自由でカッコ
良さも感じるんだけど、そこに至るまで「腐女子、うっかり・・・」の安藤くん(金子大地)のような
葛藤があったんだなぁ・・・と思うと、ケンジの昔を想像したりもしました。この2作品はセットで
観るといいかもです。

その他では・・・。

「ストロベリーナイト」はやはり、竹内結子バージョンを観た人は、絶対比べてしまいますよね。
あっちが名作だっただけに、キビしかったかな~・・・。W主演のはずの菊田(亀梨和也)の
出演が少ないのも気になりました。

「オレのスカート・・・」は古田新太のゲイが嫌味がなくて、サスガだと思いました。こういうのは
舞台出身の役者さんは上手いですよね。もっとも古田は劇団☆新感線ではゴローにおまかせ!
なんだけどね・・・(分かる人だけ分かれば良し)
まぁ、コレも要は金八先生の変化球で、前クールの「3年A組」とテーマは同じですね。今は
ストレートに学園モノを作ってもウケないってことなんですかね。

「緊急取調室」、大杉漣さん・・・!
塚地さんに罪はないけど、やっぱり物足りない・・・。

「ラジエーションハウス」、本田翼さんの芝居がネットで酷評でしたけど、たしかに彼女はああい
う堅い役は似合わないと思う。かつての深夜ドラマ「わにとかげぎす」は最高に魅力的だった
ので、マネージャーさん仕事を選んであげてください!

「デジタル・タトゥー」、SNSって怖いなと改めて思い知るドラマ。ストーリーはネット社会の怖さ
に警鐘を鳴らしているワケですが、それをいかにもアナログ人間といった風情の弁護士・岩井
(高橋克実)の視点から描かれている所にシンパシーを感じます。

4月期で一番の問題作は「四月一日さん家の」。V Tuberによるドラマってことですが、これは
ドラマなのかなっていうと、どうも納得できないモノがあります。アニメとは全く違うそうなんで
すが、これをドラマと認めてしまうと、役者って何なのか?ってことになりますわな。
まぁ、一つの試みとして・・・の評価です。

主演男優賞 内野聖陽 (きのう何食べた?)
主演女優賞 藤野涼子 (腐女子、うっかりゲイに告る)
助演男優賞 向井理 (わたし、定時で帰ります。 TBS 火 22:00)
助演女優賞 中村ゆり (パーフェクトワールド)

主題曲賞 「遊戯みたいにGO」 東京スカパラダイスオーケストラ
       (遊戯みたいにいかない 日テレ 水 24:59)
美術賞   ミストレス 女たちの秘密
撮影賞   ストロベリーナイト・サーガ
新人賞   菅原小春 (いだてん NHK 日 20:00)

「いだてん」はまだ最終回を迎えていないため4月期の対象外ですが、菅原さんが演じた
人見絹江は鳥肌モノの演技!出演シーンは今期だけだったのでノミネートです。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

オレデミー大賞 2019年中間発表 1月期

令和あけましておめでとうございます。
平成同様、新元号のもとよろしくお願いいたします。

改元初ブログは、オレデミー大賞の1月期発表からと参ります。

10位 ハケン占い師アタル テレ朝 木 21:00
9位 トクサツガガガ NHK 金 22:00
8位 私のおじさん テレ朝 金 23:15
7位 みかづき NHK 土 21:00
6位 グッドワイフ TBS 日 21:00
5位 イノセンス 冤罪弁護士 日テレ 土 22:00
4位 後妻業 フジ 火 21:00

トクサツガガガは、主人公が戦隊モノのファンてことでこのタイトルなのでしょう
けど、このドラマの内容なら「ちょいオタガガガ」でもいいのでは?と思いました。
ワタクシの知っている特撮ファンて、もっと業の深い生き方をしている方が多い
ので・・・あのくらいならカワイイです。
グッドワイフは海外のドラマのリメイクらしいですね。弁護士事務所やそこに勤め
ている職員がやたらオシャレでセレブ感満載なのに、どこか違和感を禁じえなかった
のですが、そこだったのか!むしろ、同じ弁護士ドラマでもイノセンスの方が、書類
山積みの小汚い事務所でリアリティがありますね。何でもファイルに閉じて本棚にブッ
込んどくってのが、正しい日本の事務所の在り方ですよ。
でもイノセンスは、毎回あんなに大掛かりな実証実験をして、いくら無罪になっても
弁護費用がシャレにならんだろうなぁ。藤木直人、絶対にまけてくれそうにないし。
「なつぞら」では組合作るのに一所懸命なのに。
後妻業の木村佳乃は下品な役作りが絶品!ああいう一方方向に針が振り切れた
演技は見ていて爽快です。不幸顔No.1女優、木村多江とのWキムラ主演も良し。
しかし、泉谷しげるもついに詐欺で騙される後期高齢者を演じるようになったのですね。
フォーク世代が高齢者詐欺に遭う時代なんですね。なるほどー・・・令和の訪れと共に感慨
深いキャスティングでした。そのうち、南こうせつや谷村新司等も同じような役で呼んで
あげてください。

3位 3年A組 今から皆さんは人質です 日テレ 日 22:30
余命わずかな教師が学校に爆弾を仕掛けて、自殺した教え子に何があったのか真相を
探ろうとする・・・とても大掛かりなドラマ設定ですが、菅田将暉先生が生徒一人一人に
語りかけていることの中身は、金八先生とほとんど変わってない。
「先生が言おうとしていることを、ここまで大げさにやらないと君たちは理解してくれない
のかーーーツ」
令和の先生は大変だ。

2位 まんぷく NHK 月~土 08:00
ワタクシのように学生時代に独り暮らしをしていたような人間は、インスタントラーメンに
どれだけ世話になったかわかりません。朝ドラはフィクション部分が多いとはいえ、興味
を持ったテーマではあります。ヒロインは新人発掘路線から安定女優路線に変更になった
ようですが、このドラマではその安藤サクラがドハマリで良かったです。昭和が似合う女優
さんですよね。ブシムスの松坂慶子、生真面目な大谷亮平など脇も良かったです。
終盤でアカツを再登場させた演出は、ファンの心情をよくわかってますね。
ドラマには関係ないですが、マンペイさんのモデルとなった安藤百福さんが気になってウィキ
ってみたのですが、この人、あんがいヒドイ一面があったのですねぇ・・・。

1位 トレース 科捜研の男 フジ 月 21:00
タイトルだけを聞いたら、パロディドラマかと思いますよね。ていうか、科捜研には男性が
多いからテレ朝のドラマでは「女」とわざわざタイトルを付けた意味があると思うので、科捜研
に「男」がいるのはあたりまえじゃん、て話ですよ。
実際のドラマはシリアスで、後半とラストは救いようのない結末でしたけど、こういう結末は
あっていいと思います。「BORDER」とか「CRISIS」系ですかね。
で、実はこのドラマ。東大和市役所とか、東大和市商工会館とか、ワタクシのご近所がロケ地
に多用されていまして。撮影中を見ることはなかったのですが、「あぁー、あそこだ」っていう
所が船越英一郎らの背景にたくさんあって、そんな部分も1位の要素。そんな理由で1位に
推していいのか?
いいんです、オレデミーだから。

深夜枠。

3位 デザイナー渋井直人の休日 テレ東 木 25:00
2位 日本ボロ宿紀行 テレ東 金 24:52
1位 フルーツ宅配便 テレ東 金 24:12

テレ東上位独占です。おめでとうございます。
この他にもテレ東はさすらい温泉遠藤憲一もバカバカしくて良かったし、キレまくっていた
今期でした。
デザイナー渋井直人の休日は主演が光石研ってことで、バイプレイヤー推しのワタクシ
としては期待以外のなにものでもないです。で、その渋井直人のライフスタイルが、世代的
にワタクシとピッタリ重なるので、客観的に自分を見るとこうなのかもなぁ・・・と思わせられ
ました。
フルーツ宅配便はキャスティングや音楽がすばらしく良かった。特にマサカネ役の荒川良々
が主題歌に合わせてミュージカル風に踊ってたシーンは、ワケわからないけど神回。

主演男優賞 菅田将暉(3年A組 今から皆さんは人質です)

主演女優賞 木村佳乃(後妻業)

助演男優賞 大谷亮平(まんぷく)

助演女優賞 松坂慶子(まんぷく)

主題曲賞 「生きる」 ザ・クロマニヨンズ (3年A組 今から皆さんは人質です)

撮影賞 ゾンビが来たから人生見つめ直した件 NHK 土 23:30

新人賞 深川麻衣(日本ボロ宿紀行 まんぷく)
      ※新人ではないのでしょうが、ワタクシは初めて知りました。「初森ベマーズ」も
       見てたけど、全然記憶にない。まぁ、乃木坂とか全く知識がないので・・・。

今期は特に深夜枠に佳作が多かったです。テレ東の作品が特に際立ってましたけど、他にも
NHKのゾンビが来たから人生見つめ直した件とかフジのJOKER×FACEとか、印象に残り
ました。
深キョン主演の初めて恋をした日に読む話は評判良かったみたいだけど、ワタクシには合い
ませんでした。メゾン・ド・ポリスの設定は面白いと思ったんだけど、ストーリーが中途半端と
いうか、思い切ってコメディに振っちゃった方があのキャスティングなら面白かったと思います。
それに出ていた西島秀俊、現在放送中のきのう何食べた?が面白いですね。
あ、これもテレ東深夜ドラマだ!


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

オレデミー大賞 2018年大賞発表

本年もよろしくお願いいたします。

016691d14bfef5ca2d2bf92c6cd37e402493796bd0a.jpg

※喪中のため、お祝いの言葉は控えさせていただきます・・・。
  亡くなったのは猫ではなくて、祖母です・・・念のため・・・。


さて、すっかりご無沙汰になってしまいました「オレデミー大賞」。
7月期、10月期は忙しかったのでブログに書けませんでした。
一部のマニアの方々、スミマセンでした。
7月期、10月期のオレベミーベスト10は、追記の方に載せておきます。

本年当ブログの1回目は2018年のオレデミー大賞発表で幕を開けましょう!

10位 GB 身辺警護人 テレ朝 木 21:00 1月期 木村拓哉・斎藤工・菜々緒

 9位 義母と娘のブルース TBS 火 22:00 7月期 綾瀬はるか・佐藤健・竹野内豊

 8位 今日から俺は!! 日テレ 日 22:30 10月期 賀来賢人・伊藤健太郎・清野菜名

 7位 やけに弁の立つ弁護士が学校で吠える NHK 土 20:15 4月期
      神木隆之介・田辺誠一・岸井ゆきの

 6位 アンナチュラル TBS 金 22:00 1月期 石原さとみ・井浦新・市川実日子

 5位 この世界の片隅に TBS 日 21:00 7月期 松本穂香・松坂桃李・二階堂ふみ

 4位 透明なゆりかご NHK 金 22:00 7月期 清原果耶・瀬戸康史・水川あさみ

3位 昭和元禄落語心中 NHK 金 22:00 10月期 岡田将生・山崎育三郎・竜星涼

2位 おっさんずラブ テレ朝 土 23:15 4月期 田中圭・吉田綱太郎・林遣都

1位 コンフィデンスマンJP フジ 月 21:00 4月期 
      長澤まさみ・小日向文世・東出昌大


深夜オレデミー大賞

3位 恋のツキ テレ東 木 25:00 7月期 徳永えり・渡辺大知・神尾楓珠

2位 宮本から君へ テレ東 金 24:52 4月期 池松壮亮・柄本時生・星田英利

1位 dele ディーリー テレ朝 金 23:15 7月期 菅田将暉・山田孝之・麻生久美子


主演男優賞 田中圭 (おっさんずラブ)
主演女優賞 長澤まさみ (コンフィデンスマンJP)

助演男優賞 瀬戸康史 (透明なゆりかご)
助演女優賞 二階堂ふみ (西郷どん NHK 日 20:00)(この世界の片隅に)


主題曲賞 「Lemon」 米津玄師 (アンナチュラル)

美術賞 スモーキング テレ東 木 25:00

撮影賞 透明なゆりかご

新人賞 今田美桜 (花のち晴れ TBS 火 22:00)他


総評
全般的にコメディーが良かった1年でした。
大賞に輝いた「コンフィdンスマンJP」は脚本が面白かったところに、長澤まさみのノリの
良さがプラス。さらに小手伸也という怪優の発掘にも成功!文句ナシです。
「おっさんずラブ」も演じている役者さんたちが楽しそうなのがイイですな。
LBGTをテーマにすると、ストーリーが重くなりがちだと思うんですが、茶化さずコメディー
に持って行ったところがスゴイ。
賀来賢人は「スーパーサラリーマン佐江内氏」で、そのコメディーセンスにビックリして
もっと見たいなーと思っていたので、お腹いっぱいになりました。太賀も相変わらずイイ。
一方、「透明なゆりかご」。テーマは重いんだけれど、静かに引き込まれました。
清原果耶の見習看護師、ベテラン看護師の原田美枝子、水川あさみがまさにピッタリの
キャスティング。さらに迷いながらも前に進もうとする青年医師を瀬戸康史が好演。
「昭和元禄落語心中」はもっと話題になっても良かったんじゃないかな。岡田将生の演技
は鬼気迫る迫力があって引き込まれました。主演男優賞を田中圭とどっちにしようかと
迷ったんだけど、ワタクシが演じるなら「おっさんずラブ」の方が難しい感じがしたので。

今年も面白いドラマをお願いいたします。
とりあえず、「いだてん」は面白そう。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
続きを読む »

オレデミー大賞 2018年中間発表 4月期

4月期は、コメディタッチのドラマに佳作が多かったように思います。

10位 デイジー・ラック NHK 金 22:00
 9位 あなたには帰る家がある TBS 金 22:0
 8位 モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 フジ 木 22:00
 7位 ヘッドハンター テレ東 月 22:00
 6位 シグナル フジ 火 21:00
 5位 ブラックペアン TBS 日 21:00
 4位 崖っぷちホテル 日テレ 日 22:30

「デイジー・ラック」30歳手前女子の同級生4人、そのなにげない日常ドラマ。パン職人
を目指す主人公の佐々木希と、その友人らの仕事と恋愛事情。これが現実をリアルに
描いているのかおっさんにはわかりませんが、わりとこういう地味なストーリーのNHK
ドラマは好きです。
佐々木希は結婚してから、芝居が上手になった感じがします。
20代女子4人のドラマって括りで「いつかティファニーで朝食を」を彷彿させましたが、
たぶん両方のドラマに徳永えりが同じような役柄で出ていたからでしょうね。彼女は
派手さはないですが、演技の幅が広くて私の大好きなバイプレイヤータイプの女優です。
今後も期待しております。

「あなたには帰る家がある」タイトルは沢田研二往年の名曲「LOVE 抱きしめたい」の
歌詞みたいですが、全編に渡る木村多江のストーカー恐怖劇場がドラマの正体。
薄幸美人顔と云われる木村多江がストーカーになると、いろんなモノを背負っていそう
で怖さ倍増します。玉木宏は「残念な夫。」とほぼほぼ同じ設定。似合うわ、こういうキャラ。

「モンテ・クリスト伯」これもある意味コメディですよね。海外の古典小説を、なぜ現代の日本
に置き換えてドラマにしなきゃならないのか?リアル感が薄くなるのは当然で、ドラマの
世界観が「お金をかけた学芸会」みたいに感じます。だいたい、真海(ディーン・フジオカ)に
会った人が誰一人として、昔騙してこの世から抹殺した昔の友達と気づかないってのは、
どうよ?そんなにビジュアル変わってないじゃない。

「ヘッドハンター」テレ東がドラマBizという新シリーズドラマ枠を作りました。タイトルからして
ビジネスシーンを舞台にした連続ドラマを作っていくのでしょうね。その第一弾がこのドラマ。
徹底してクールな話を作っていこうという意思は感じられました。かつてのテレ東の名作
ドラマ「刑事追う」を目指して頑張っていただきたい!

「シグナル」過去と現在が交錯し、未来が変わっていくという、漫画やアニメだとよくあるような
設定ですが、ドラマとなるとやや分かり辛いですね。北村一輝演じる刑事がどうなったのかと
いう縦軸がドラマを引っ張っていましたが、警察が自らの利益を守るため無関係の人を殺す
というのは、さすがにありえない話でリアリティに欠けます。原作は韓国とのことで、かの国では
そんな話もリアリティがあるのかもしれませんが。

「ブラックペアン」前期の同枠が「99,9刑事専門弁護士」でなかったら、敵役の大学教授は
市川猿之助ではなく、中車こと香川照之だったのでしょうね。カエサルとかダーウィンとか手術
支援ロボットが出てきて、医療ドラマというよりSFドラマみたいでした。まぁ、手術シーンの苦手
なワタクシにはそのぶん、見やすかったです。ロボットを遠隔操作する二宮和也はゲームしてる
ようにしか見えないと、ネットの書き込みにありましたが(笑)

「崖っぷちホテル」往年の名作ドラマ、田宮二郎主演「高原へいらっしゃい」を思い出された方も
多いのではないでしょうか。街から離れたところにあるツブれかけたホテルを、従業員たちの
アイデアと熱意で再生していくという展開は同じ。「崖っぷち」の製作者は明らかに「高原へ」を
意識しているでしょう。ただ、「崖っぷち」は従業員役に野生爆弾くっきー、チャド・マレーン、
宮川大輔らを起用し、完全にコメディ狙い。また、「高原へ」では田宮二郎のマネージャー自身
の人生の再生も大きなストーリーの柱でしたが、「崖っぷち」ではそこまで登場人物の人生は
掘り下げられておらず、ライトな仕上がりに作られていました。そのため、ドラマ全体に通ってい
る縦軸がやや弱い感じもありましたが、コメディとして作っているのでそれは成功だと思います。

3位 やけに弁に立つ弁護士が学校でほえる NHK 土 20:15
学校での揉め事を法律の面からアドバイスするスクール・ロイヤーとして、とある中学校に派遣
された神木隆之介弁護士が、学校での納得のいかない諸問題にテッテイ的に噛みついていく
というお話。理屈っぽい神木隆之介に対して、これまた最近理屈っぽい役柄が多い田辺誠一が
また噛みつくという、たぶん展開としては地味で堅苦しい話なのでしょうが、芸達者の二人なの
で台詞の応酬に引き込まれます。学校という教育の場に法律家が介入せざるを得ないのが、
当世のリアリティなのでしょうか。

2位 おっさんずラブ テレ朝 土 23:15
今期一番の快(怪)作と言ってもいいでしょう。田中圭、林遣都、吉田綱太郎、眞島秀和、男
4人の絡み合う恋愛模様。LINEの最後を「・・・だお」で〆る吉田綱太郎の可愛さ、いじらしさ、
突然のモテ期(男だけど)来襲にパニックしまくる田中圭、深夜に爆笑させてどうしようというん
ですか、テレ朝さん!
それに眞島秀和は前期の「隣りの家族は青く見える」でも同性愛者の役。ドラマ界では彼をゲイ
として定着させようという動きでもあるのでしょうか?
この手のドラマって、茶化しちゃいけないって自己規制が働いて、重いシリアスな話に陥りやす
い傾向があると思うんですが、こうしてコメディ仕立てにして、しかもそれが自然に受け入れら
れるオフィスが舞台なんて感じにすると、見ているコチラも「そういう生き方の有りなのかな」と
いう考えになってきますね。啓蒙という点でも効果的かも。
最初同性愛なんて考えられないと思っていた田中圭が、幼馴染の内田理央に告白されても、
林遣都を選んだあたりの気持ちの変化を、もうちょっと掘り下げてくれると良かったと思うお!

1位 コンフィデンスマンJP フジ 月 21:00
徹底したコメディと、マシンガンのようなセリフの応酬、主演長澤まさみのキレにキレたキャラ
クター、視聴者も詐欺にかけようとする二転三転の構成、文句なく今期のオレデミー大賞です。
ネタバレになりますが、最終話が第1話の直前の話、つまりエピソード0だったというオチも
やられたと思いました。4人目のレギュラーとして2話から登場した五十嵐役の小手伸也が、
すごくいいアクセントになってました。「真田丸」の塙団右衛門を演じてた人ですよね。キャラを
作るのがすごく上手そう。「アウト×デラックス」に出演したとき、まだテレフォンオペレーターの
アルバイトをしていると言ってましたが、もっとドラマで見たい人です。

深夜枠

3位 やれたかも委員会 TBS 火 25:28
2位 スモーキング テレ東 木 25:00
1位 宮本から君へ テレ東 金 24:52

「宮本から君へ」池松壮亮がドラマの中で寒中の海に飛び込んでいく、自らバリカンで丸刈り
にするなど衝撃のシーンいっぱい、とことん自分を追い込む暑っ苦しいキャラクターにお腹
いっぱい。内容的には映画にしてもいいクオリティだと思います。蒼井優の使い方、贅沢。
「宮本」と「スモーキング」に両方、キーマン的な役どころで出ている高橋和也。今期のテレ東
深夜枠は和也祭りでした。

個人賞、各賞。

主演男優賞 田中圭(おっさんずラブ)

主演女優賞 長澤まさみ(コンフィデンスマンJP)

助演男優賞 林遣都(おっさんずラブ)

助演女優賞 木村多江(あなたには帰る家がある)

新人賞 今田美桜(花のち晴れ TBS 火 22:00)

美術賞 スモーキング

撮影賞 宮本から君へ

主題曲賞 「幸せって」 Crystal Kay(デイジー・ラック)

他に 「正義のセ」は同じ検事モノってことで、「HERO」に重ならないように主演の吉高由里子
を敢えて、庶民的でペーペーのキャラにしたのだと思いますが、ちょっと軽くなり過ぎた感じ
がします。
「Miss デビル 人事の悪魔・椿真子」菜々緒のドSキャラが大好きならば。
「花のち晴れ」こんなヒドい設定の学園ドラマないですよ。学校が舞台なのに先生が全く出て
こない。いくらフィクションったって・・・。
「ラブリラン」中村アンと大政絢、古川雄輝が好きならば。
「家政夫のミタゾノ」第1シリーズではどうしても違和感のあった松岡昌宏の女装が、いつの間
にか自然に見えてきました。・・・慣れって恐ろしいですね。このドラマの撮影中に例の山口
メンバーの事件や記者会見があったのかと思うと、松岡の精神力スゴイね。
「いつまでも白い羽根」看護師研修生役の一人が、ゲスの極み乙女。のほないこか(さとう
ほなみ)だったとは!全然わからなかった!

7月期のドラマも次々と始まっていますね。
初回を観た中では、キャストも新しくなった「刑事7人」、設定が大幅に変わった「絶対零度」の
シリーズドラマ。そして佳作の多い日9枠。「この世界の片隅に」辺りが面白そうな感じです。

メガ105



「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ