FC2ブログ

江戸歌舞伎と外国人史跡

まだまだコロナは完全に終息に向かってはいませんが、スポーツ、エンタメと随所で
徐々にではありますが復活の動きが出ております。

ワタクシもこの秋から江戸講座を復活させていただくこととなりました。
江戸楽アカデミーの秋期講座、9月19日の「これだけは覚えておきたい!江戸時代の
外国人47人」と10月3日の「たっぷり!くわしく!江戸の歌舞伎」で、受講される
方々の前でお話をさせていただきます。
一応、江戸文化歴史検定対策講座ということになっております。

ちなみに、こちらの両講座とも告知即ソルドアウトになりました。
ありがとうございます。

江戸時代についての講座ではありますが、外国人と歌舞伎と、共通性は全くない両
テーマです。
もちろん、それぞれ全く別のテーマとして講座ではお話するワケですが、実は都内には
その2つ・・・つまり、江戸時代に来日した外国人と江戸歌舞伎の両方に共通した史跡
となっている場所があるのです。
それがコチラ。

3-4 八重洲a

東京駅八重洲中央口からまっすぐ東に走る八重洲通りの中央分離帯にある
レリーフ。ご存知の方も多いかと思います。
これは江戸時代初期に漂流民としてやってきて、後に徳川家康のブレーンとなった
オランダ人、ヤン・ヨーステンを記念したレリーフです。

3-4 ヤン・ヨーステンa

八重洲という地名がヤン・ヨーステンの屋敷から取ったことは有名な話です。
元々は和田倉門から日比谷にかけて彼の名前をとり、「八代洲(やよす)河岸」と
呼んだのが始まり。八代洲がそのうち言い易い八重洲に変わったわけですね。
つまり、ヤン・ヨーステンの屋敷は現在の八重洲よりももっと江戸城に近い千代田区
側にあったということです。
ところが昭和4年(1929)に地名変更が行われ、八重洲は丸の内に変わります。
これを戦後、もう一度八重洲の名称を残したいということで、お隣の中央区側に
地名を復活させたということなのです。

ということで、このレリーフは本当はもうちょっと東京駅側にあるといいと思うのだ
けれど(第一今のこの場所も地名は日本橋だしね^^;)、まぁ、真っ直ぐ見れば
八重洲だし良しとしましょうか。

ところで我が家のポンちゃんをはじめとしてヤン・ヨーステンは名前がヤンで、苗字
がヨーステンだと思っている人が多いんじゃないでしょうか?
彼のフルネームはヤン・ヨーステン・ファン・ローデンスタイン。ヤン・ヨーステンは
名前の部分だけなのです。
「てやんでぃ、こちとら江戸っ子、そんな長ったらしい苗字覚えてられっかよォ!」

昔、西武ライオンズにホイットフィールドって外国人選手が入団して、電光掲示板に
表示しきれないから、名前の「テリー」が登録名になった例がありますが、同じかんじ?

ハイ、次。

このヤン・ヨーステンのレリーフがあるのは八重洲通りと国道15号の交差する「日本
橋三丁目交差点」です。

3-4 日本橋3丁目 中橋a

江戸時代のかなり初期の頃、写真の左右に延びる八重洲通りは紅葉川という
川でした。ですから、この交差点は当時は橋が架かっていたのです。
日本橋と京橋の中間にあるところから中橋と呼ばれていました。

寛永元年(1624)猿若勘三郎(初代中村勘三郎)がこの中橋の南詰(中橋
南地)に猿若座という芝居小屋を出します。
これが江戸で最初の歌舞伎芝居小屋「中村座」になるワケです。
おそらくなんですが、ワタクシのカメラを持った位置が中橋の南詰になりますので、
中村座があったのはこの辺りかな・・・と推測いたします。

この写真の場所、日本橋三丁目交差点は外国人ヤン・ヨーステンと江戸歌舞伎
発祥の地という、2つの史跡が重なった場所というワケです。
もっとも、ヤンちゃんの家のあった場所はもうちょっと西だけど。

ちなみにこちらは「江戸歌舞伎発祥の地碑」

9 江戸歌舞伎発祥の地a

京橋の首都高速真下にあります。
どうせなら、ヤン・ヨーステンのレリーフのある中央分離帯に置けば良かったのに、
と思っています。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



庚申塔のはなし

先月のことになりますが、東大和市内の生涯学習サークル「おとなの社会科」にて
「庚申塔への誘い~江戸時代における庚申塔の変遷を中心として~」という講座が
あったので、聴講してまいりました。

なんたって、ワタクシも庚申塔ファンだからね。
史跡歩きや地方に旅行など行ったときに、庚申塔や馬頭観音像を見ると必ず写真を
撮って「萌え~」ってなっています。
キモイですか?すみません・・・。
庚申塔の意味や石造物に彫られている絵などについて、基本的な約束事は知って
いるつもりですが、専門に研究されている方の話を聞くことはまだなかったので、良い
機会だと思いました。

講演をしていただいたのは「世田谷古文書の会」の田丸宏先生。
全国の庚申塔を見て歩いている方だそうです。

庚申塔(庚申供養塔)をよく知らない方や、猫さんにもわかりやすくお話しますと、
庚申塔とはこういうモノになります。

人間の体の中には三尸(さんし)という虫が住んでいます。こいつは宿主の行動を
常にチェックしています。十干十二支の庚申の日に、三尸は宿主の体を抜け出して
天に昇ります。そして天帝に宿主の悪事を告げ口するのです。
「いらっしゃーーい!こんな悪いことしてまっせッ!オヨヨ!」(さんしだけにね)
この三尸からの報告で、人は死んだ後に地獄か天国か行先が決まってしまうので、
悪事をバラされたら大変です。
ところが、三尸は人が眠っているときに体から出ていくのですが、起きているときは
出て行くことができないのです。いいこと聞いたね!
そこで庚申の日の夜は、村中の人々が1ヶ所に集まって寝ずの集会を開きます。
これを庚申待ちといい、60日に1度の村のイベントとなりました。
この庚申待ちを3年、18回続けた証として作られたのが庚申塔、というワケです。

さて、ここからは田丸先生から聞いたワタクシ的に初耳学。

庚申塔には正面に「青面六臂金剛像」という神様を彫る決まりがあるのですが、
これは江戸時代初期に、庚申信仰を広めようとした天台宗の僧侶(山伏らしい)
が、そのイメージキャラクターとして担ぎ上げたものらしいです。
ただ、元々の青面金剛様は腕が4本、つまり四臂だったのですが、なぜか庚申塔に
刻まれる青面金剛はほとんどが六臂となっています。
確かに、絵に描かれた同時代の青面金剛は四臂です。なぜでしょうね?

ワタクシは庚申塔といえばこの青面金剛が刻まれた石造物か、あるいは江戸後期
から明治に作られた文字塔しか知らないのですが、元和から正徳という庚申塔初期
には既存の阿弥陀如来像や地蔵菩薩像に「庚申供養のために建てました」という
意味の添え書きを刻んだ石塔もあるそうです。

庚申塔には三猿がつきものです。中には猿だけを刻んだ庚申塔もあるくらい。
三猿は「見ざる、言わざる、聞かざる」で有名ですがこの語源についても教えていた
だきました。
論語の一節に「子曰非禮勿視、非禮勿聴、非禮勿言、非禮勿動」があり、誰かがこの
中の「勿動」を外し、「勿視(みるなかれ)」を「み猿(みざる)」と読み替えて三猿に
あてはめたというのです。誰がこんなことを思いついたのか分かりませんが、昔から
シャレ好きな日本人はいたのですね。
三猿といえば日光東照宮が有名ですが、東照宮に三猿が彫られたのは寛永13年
(1636)、初めて庚申塔に三猿が登場したのは万治2年(1659)だそうです。

庚申塔と三猿の結びつきも実は謎だそうで、三尸の「三」と庚申の「申」の結びつき
が有力説です。田丸先生によれば初期の庚申塔の中に日吉神社との関連を示す
ものがいくつか見られるそうで、日吉神社の神使である猿との縁も考えられるとか。

東照宮も日吉神社も天台宗と密接な関わりがあるので、庚申信仰を天台宗僧侶が
広めたときに、同時に考え出したということのようです。

さて、ここで東大和市に残る庚申塔をいくつかご紹介しましょう。

庚申塔 芋窪
これは芋窪の庚申塔で、延宝8年(1680)の年号がある市内で一番古い
庚申塔です。現在、芋窪の個人宅地内に置かれていますが、元々は多摩湖
の中にあった石川という地域にありました。

庚申塔 雲性寺
雲性寺門前に置かれている庚申塔。享保16年(1731)建立。
元々は新青梅街道と旧青梅街道が交差する場所に塚があり、そこに建てられて
いました。現在は道路拡張のため塚もなくなり「奈良橋庚申塚」の名称だけが
残っています。

庚申塔 蔵敷庚申塚
蔵敷の第九小学校の前にはまだ庚申塚が保存されており、そこに建てられ
ている庚申塔です。明和元年(1764)建立。
田丸先生によると、東大和市内の庚申塔は笠つきの角柱が多いとのこと。
当時の村人はお金をかけて作ったんですね。

では最後に、今までワタクシが見た庚申塔の中で一番の変わりダネの庚申塔を
ご紹介します。

庚申塔 筑土八幡神社
東京都新宿区にある筑土八幡神社境内の庚申塔です。
2匹の猿が桃の実を取っている様子を刻んだもので、これだけ見たら全く
庚申塔には見えないのですが、上部に日月が彫られており、これも庚申塔の
約束事であるので庚申塔であるのは間違いないようです。
2匹の猿はオスとメスで、一説にはおじいさんとおばあさんが桃を食べて
若返ったという、桃太郎異説物語をモチーフにしているのだとか。
意味はともあれ、全国的にも珍しい庚申塔だと思います。

田丸先生によれば庚申塔は
①99%の塔にいつ建てられたのかを示す年、誰が建てたのかを示す村名
  などが彫られている。
②地域に偏らず、全国に万遍なくある程度の数が残されている。
③多くの市町村で悉皆調査を実施した調査報告書が存在する。
ということで、まち歩きコレクションには最適なのだとか。

うん、わかる!!

皆さんも地元の庚申塔に、ちょっと足を止めてみてはいかがでしょう?


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

江戸楽アカデミー オンライン講座やってきました

前回ご案内いたしました、「江戸楽アカデミー」のオンライン講座。
本日、無事行うことができました。

なにしろ自分でもライブでのオンライン配信は初めてですので、何もわからない
まま。技術的な部分は小学館集英社プロダクションのスタッフ様にお任せして、
こちらはベシャリに専念させていただきました。

オンライン講座

配信前のスタジオの様子。
奥のデスクの前にカメラがあります。
手前でPCなど最終チェックをされているスタッフの方々。
本番前のリハーサルでちょっとギャグを言ったら、ウケてくれました。
「えぇスタッフさんや・・・」
おかげで肩が温まります。さぁ、マウンドへ!

本日の講座は「江戸オモシロ偉人伝」。
時間が20分と短いのですが、3人ほど取り上げてお話しました。

川路聖謨マンガaa

先ずはこの人。
川路左衛門尉聖謨(かわじさえもんのじょうとしあきら)。
一般的にはまだマイナーな偉人でしょうね。
幕末史がお好きな人にとっては、欠かせない方です。
ロシアとの交渉に能力を発揮し、日露和親条約を締結させました。
来年の大河ドラマ「青天を衝け」では平田満さんが演じるそうなので、
一気に知名度がアップするかもしれません。

続いてお話したのは、川路さと。
聖謨の奥さまです。
歌人として川路高子の名前も持つ彼女。
紀州藩、安芸広島藩の奥女中も勤めた経験のある才女です。
努力と勤勉さで出世を重ねた幕府官僚トップと、大名屋敷奥女中出身
才女のカップル。その結婚は川路38歳、さと35歳とかなりの晩婚
でしたが、ビックリするほどのラブラブ夫婦でした。
その様子を川路自身が書いた日記「寧府紀事」からご紹介しました。

川路聖謨屋敷跡

この写真は川路聖謨の屋敷があった場所。
外堀通りを飯田橋から水道橋に向かう途中、小石川後楽園へと入る道の
角です。現在はビルが建ち、案内板などはありません。

最後はこちらの石碑に関係のある方。

尤梅碑a

港区芝の安蓮社というお寺にある石碑「尤梅碑(ゆうばいひ)」です。
これは11代将軍家斉、12代将軍家慶の時代に大奥の上臈御年寄を務めた
飛鳥井という女性を讃えた顕彰碑です。
彼女の死後に、養女となっていた同じく上臈御年寄の梅渓が建てました。

将軍家の宗教は代々浄土宗です。家康のブレーンだった天海の影響もあり、
菩提寺は天台宗の寛永寺もありますが、その2つの宗派です。、
ところが家斉は、寵愛していた側室・お美代の方の実父が日啓という日蓮宗の
僧だったことなどから、自ら日蓮宗に改宗しようと考えます。
当時、日蓮宗は「不受布施の義」など幕府の方針に逆らうような教義を持って
いたため、幕府としては家斉の改宗は非常に厄介な問題でした。

自らも浄土宗信者であり、幕府の危機感も感じたのか、当時80歳も越えようかと
いう年齢だったにもかかわらず飛鳥井は大御所となっていた家斉に直訴、改宗を
考え直すように迫ったのでした。
老女の死を覚悟した訴えに、家斉も理解を示し、改宗を思いとどめました。
そして飛鳥井の命を心配し、彼女に「天下一」という梅の木を賜ったといいます。

この尤梅碑にはそれらのエピソードが書かれています。
江戸時代、有名な大奥奥女中は数多くいましたが、同時代に顕彰碑まで建て
られた女性はそう多くはないのではないでしょうか。
そう思って取り上げてみました。

今回はテスト講座ということもあり、短い時間ではありましたが、以上3人の
方々をご紹介させていただきました。
もう少し詳しい話ができれば良かったのですが、それはまた次の機会に、という
ことで・・・。

今回、ご視聴いただいた方々、ありがとうございました。
お聞き苦しかった点、至らなかった点、ありましたらばお許し下さい。

講座が終わり、帰宅途中で昼食を。

チャイカ1

川路聖謨の話をしたので、せっかくだから高田馬場の人気店。
ロシア料理の「チャイカ」さんへ。

チャイカ2

ビーフストロガノフ、美味しゅうございました。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

江戸楽アカデミー オンライン講座

お久しぶりです。

5月の下旬から持病の群発性頭痛の頭痛期に入ってしまい、しばらく何も
手に付かない状態が続いておりました。
ということでブログも更新できず・・・。
新型コロナで外出自粛期間中だったので、どこにも行けないといたのうのは
都合が良いといえばその通りだっですが、7月に入ってようやく頭痛期も通り
抜け悪魔の苦しみから解放されました。

さて、頭痛も治まったタイミングで、3月以降中止されていた講座もそろそろ
再開する運びとなってまいりました。

その第1弾としまして、オンライン講座を行います。
そう、ご自宅でも仕事場でも、駅前のスタバでも、インターネットが使える環境
であればPCでもスマホでもどこでも視聴が可能な講座です。
しかも、今回は主催の「江戸楽アカデミー」さまもオンライン講座は初めてという
ことで、広報の意味も込めまして無料で公開という大サービス。
お時間のある方はぜひご視聴くださいませ。

江戸楽アカデミーa


『江戸楽アカデミー』無料オンラインおためしミニ講座

江戸オモシロ偉人伝

あまり知られていない江戸の人物をテーマに、とっておきのエピソードを
ご紹介します。
江戸楽アカデミー初のオンライン配信!どうぞお気軽にご視聴ください。

配信日 : 2020年7月18日(土)10:30~ (講義時間約20分) ※ライブ配信
受講料 : 無料

講 師 : 関一成(江戸文化歴史検定1級合格者)


詳細はコチラをどうぞ
『江戸楽アカデミー講座 江戸オモシロ偉人伝』

配信時間もそう長くありませんので、あまり詳しい話はできないかと
思いますが、その分歴史初心者の方にも分かりやすく面白いお話を
しようと思います。マニアックな話もあるかも・・・?
ワタクシもこのようなスタイルでの講座は初めてで、当日は色々と
不手際もあるかと思いますが、「お試し講座」ということで暖かい目で
見ていただければ嬉しいです^^
楽しい講座にいたします!

評判が良ければ・・・たぶん、今後の展開もあると思います!

川路聖謨マンガaa
今回取り上げるのは、この人。プラスα。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

厳島神社とトウキョウサンショウウオ  東大和市蔵敷

東京都の休業要請がステップ2→3に移行して、また感染者が増えてきた
ように感じますが、かといって爆発的に広がっているワケでもないようですし、
日々少しづつではありますが行動範囲を広げつつあるところです。

さて、前回子供を飲み込んだ大蛇の池(現防火水槽)をご紹介しましたが、
今回はその北側にある神社をご紹介しましょう。
大蛇が封じ込められたのも、おそらくこの神社でしょう。

厳島神社1

厳島神社です。
石造りの鳥居の奥に、昔建てられていた旧鳥居の礎石のみが残ります。
神社について「新編武蔵風土記稿」には、こう書かれています。

「弁天社除地、字弁天山にあり、一尺五寸の小祠にて、二間四方の上屋を設く、
寛永六年鎮座せしといへど、其詳なることを伝えず」


江戸時代までは弁天社と言われていました。社があるのは弁天山、大蛇が
現れたのは弁天池。弁才天は水辺に住む神様ですから納得です。

蔵敷村の名主を務めた内野家の伝承によれば創建は永禄12年(1569)と
云われ、かつて私有地に祠を建てて奉斎し、内野家の守護神として祀ったのが
始まりといいます。
一方で、近くの小嶋家の古文書では創建は天正6年(1588)とし、祭神に水の
神として崇められた市杵島姫命(イチキシマヒメ)を祀るが、農耕の守護神として
勧請されたとあります。
神仏習合では市杵島姫命と弁才天は同一されますから、弁天様と呼称された
のでしょう。

厳島神社2

鳥居から続く弁天山の石段を登っていきます。
東大和市域の神社の中では、一番雰囲気のあるロケーションを持っている
神社です。
これなら江戸時代には大蛇が棲んでいそうです。

厳島神社3

境内は広くなく、こじんまりとしています。
手前が拝殿、奥に拝殿と分かれて本殿があります。

熊野神社のところでも触れましたが、明治の神仏分離により弁才天は切り
離され、厳島神社として改められました。広島宮嶋の厳島神社など、そう
いう例は全国に多いようです。

厳島神社4

かつての神仏習合を表わすように、弁天山の下には墓地があり、その側には
五輪塔が建っています。
側面には明治41年(1908)に内野家が建てたと刻んであります。

弁天山の麓は谷津になっています。
谷津は山で溜まった雨水が湧き水となって出てくるところ。人が住むにも適した
場所ですが、多くの生き物も暮らしています。

厳島神社5

この場所は希少生物であるトウキョウサンショウウオの産卵場所になっています。
他の動物に荒らされないように金網で囲い、近所の小学校も含めて保護活動に
あたっています。
上の写真は数年前に撮ったものですが・・・

厳島神社6

先日訪れたらこんなコトになってました。
昨年の台風19号で斜面が崩れてしまったとのことです。
あぁ・・・サンショウウオの産卵場所が、、、

まぁ、産卵場所は近隣でもココだけではないでしょうし、どこかで命をつないでいて
くれていることを願います。
がんばれ、トウキョウサンショウウオ!

今年の夏も豪雨、台風が心配です。。。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ