FC2ブログ

会津若松 如来堂

前回のつづき。

前日は夜で気が付かなかったのですが、翌朝に露天風呂に入ってみると
川を挟んだ対岸の旅館らしき建物は無人のようで・・・つまり廃墟。
こうして明るくなってみると、東山温泉はツブれているホテルや飲食店が
チラホラと目に入ります。会津の奥座敷と呼ばれた温泉街も厳しい状況の
ようです。

でも、我々が泊まった「新瀧」さんは「竹久夢二が逗留した宿」とか「土方歳三
が入った湯」をうたい文句にしているものの、そこから観光に向けて展開して
いないように思うんです。
まぁ、土方に関しては確証がないという負い目はあるでしょうが、夢二について
は大っぴらに(言葉は悪いけど)観光利用できると思うんですよね。
京はロビーにギャラリーを作っているくらいですから、売店で夢二グッズを売っても
いいのではと思うのですが、一つもないのには拍子抜けしました。
クリアファイルとか、手ぬぐいとか、エコバッグとかあったらワタクシ買ったのに。

「今日は好きな所に連れてってやるよ」との友人のお言葉に甘えて、先ずワタクシが
選んだのが会津若松市の西側、如来堂です。

如来堂2a

戊辰戦争に詳しい方ならよくご存知の場所かと思います。
会津戦争の真っ只中、この場所を守備していた新選組が新政府軍の攻撃を受け、
激戦となった舞台です。守備側部隊壊滅(泣)。
当時、新選組の本隊は大鳥圭介率いる旧幕府陸軍と合流して、喜多方方面に近い
塩川村にいました。如来堂を守備していたのは「龍馬を斬った男」今井信郎が率いる
衝鋒隊でしたが、彼らに応援要請が出て如来堂を離れなければならなくなったため、
新選組から山口二郎(斎藤一)が別動隊を組織して布陣していたのです。

この時の戦闘で多くの新選組隊士が亡くなったと思われていたのですが、実際には
散り散りになりながらも窮地を脱出し、生き延びた隊士もいました。
斎藤一改め山口二郎もその一人。
箱館戦争終結後、捕虜となった新選組隊士・中島登は「戦友姿絵」という隊士らの
肖像画を残してますが、斎藤は如来堂の戦いで死んだと添え書きがあります。おそらく
箱館まで行った隊士たち・・・土方歳三も、斎藤らは戦死してしまったのだなぁ、と
思っていたのでしょうね。

如来堂は元々、如来堂村という村名で、写真の後ろに写っている阿弥陀堂がその
名前の由来だと思われます。安土桃山時代には上杉景勝が築いた神指城があった
場所だそうです。だからかどうか、見晴らしがとてもいい。
「史跡 新選組殉難地」の石碑や説明板が立っているものの、交通の便が悪い所で、
この場所に至る道も軽自動車が1台やっと通れるような場所。ほとんど人が訪れない
ような感じでした。

如来堂8a

阿弥陀堂も相当痛んでおりまして、壁には貫通するほどの大きな穴が開いております。
「会津には何十回と来てるけど、初めてこんな場所があることを知ったよ」と友人。
新選組、とくに斎藤一推しの方々にとっては「聖地」的な場所ではありますが、一般の
方々の感想としては、友人のセリフそのものでしょうな。
史跡を過剰に観光地化するのは意見の分かれる所でしょう。この阿弥陀堂が鉄筋
コンクリート造りとなって、斎藤一グッズを売り、コスプレイヤーを呼んで模擬戦闘の
イベントを行います!というのは、それはそれで考えもの。
冒頭の竹久夢二コーナーとは真逆の考えになりますが。
ただ、史跡に建つ建造物が朽ちるままにされているのを見るというのは、心が痛む
ものですよね。ワタクシの住む東大和市にもそういう史跡があるもんで、なんとなく
重なって見えました。

さて、会津といえば白虎隊の飯盛山とか、新選組史跡であれば近藤勇の墓のある
天寧寺とか、史跡が沢山あるワケですが、この日も天気は悪くて。
写真では青空に見えますが、すぐに雪が降って吹雪くという、友人に言わせれば「東北
によくある天気」だそうで。足場も相当悪いだろうし、これらの史跡はまた暖かくなって
から行くことにしました。

ということで、如来堂から七日町へ向かいます。

つづく。
スポンサーサイト



大内宿雪まつりと東山温泉

東北は仙台在住の友人から「福島県の大内で雪まつりがあるから行こう!」
と誘われ、先日行ってまいりました。
真冬に東北地方へ行くなど、たとえばワタクシがウルトラセブンだったら
自殺行為に当たるワケですが、友人の「オレが車出すからさ」の言葉もあって、
それならたとえ零下140℃の決闘があったとしても、に震えることもないかと
思い、行くことにしたのであります。

新幹線で郡山まで行き、車で来た友人と合流。49号線で猪苗代に向かい、会津
若松を経由して大内宿に入りました。

大内宿は茅葺屋根の民家が保存され、すばらしい景観を残す宿場町です。
今年は雪が降らないということで、友人とも「雪のない雪まつりかもね」と話して
いたのですが、数日前から雪が降り出し、この日もけっこうな積雪。しかも、時折
吹雪のように横殴りの雪が降る、激寒むコンディション。
この日、大内宿に明らかにポール星人がいました。

ポール星人a

というワケで、雪の大内宿です。

大内宿11a

大内宿2a

大内宿5a

大内宿・ゆるキャラ1a

なかなかの盛況ぶり。
たぶんゆるキャラなんでしょうな。着ぐるみも活躍しています。
例年に比べれば雪は少ないらしいですが、十分であります!

大内宿は戊辰戦争時には土方歳三や大鳥圭介らが、宇都宮、日光方面から
会津へ向かう途中で通っていったほか、実際に会津藩と新政府軍との交戦も
ありました。
会津藩兵が退却する際、宿場に火をかけて行こうとしましたが、名主らがどうか
やめてくださいと懇願したところ、これが聞き入れられ、宿場は火災から免れた
と云います。さらに明治以降、国道が宿場を外れて通されたため、道幅が拡張
されることもなく、この茅葺住宅の家並みが残されたんですね。

宿場の北側が山になっており、その石段を上がっていくとお寺があります。

大内宿・正法寺2a

浄土宗の正法寺です。今は無住のお寺。
戊辰戦争で会津藩兵が撤退したあとは、新政府軍が駐屯したとのこと。
この正法寺の側から撮った写真が1枚目の写真です。(ポール星人ぢゃないよ)

大内宿では、大学時代のサークルの先輩にも会えて、宿場の喫茶店でコーヒー
を飲みながらプチOB会でした。
18:00には花火大会があるとのことでしたが、まだ3時間近くあったし、とにかく
ガンダーが現れそうな寒さだったので車に戻り、本日のお泊り所へ。

会津若松市内からほど近い、東山温泉のホテルを友人が予約してくれました。
川沿いにある昭和な(それも40年代)雰囲気のある温泉町。

東山温泉a

こんな射的場もあります。行かなかったけどね。
つげ義春のゲンセンカン旅館も近くにありそうな気配。
「ぎょ、ぎょ、ぎぇッ・・・」「あとで・・・」→(分かる人に80点!)

宿泊した「くつろぎ宿 新瀧」さんは、かつて竹久夢二が逗留していたこともあった
ということで、ロビーは夢二兄さんのプチギャラリーとなってます。

東山温泉・新滝2a

さらにさらに、元々ここは会津松平家の別荘があった場所だそうで、それでで
しょうか。松平容保公の晩年のお写真と書も展示されておりました。

東山温泉・新滝1a
「日影さす いけの水際に うき出で
ここち よきにも 遊ぶ 亀かな  容保」


宇都宮戦争で負傷した土方歳三が、ココの温泉で傷を癒したという伝承がが
あるらしいです。ただ、それが書いてある記録はないようなので、何とも言え
ないのですが、露天風呂入口には堂々と
「新選組 土方歳三が刀傷を癒した猿の湯」
と書いてあります。
ま、このくらいはいいでしょう。
源泉かけ流しで、いいお湯でした。

友人は朝食付きで予約をしていたため、夕食は外に食べに行きました。
「前々から気になってた店があって・・・」
と、連れてきてくれたのがコチラのお店。これまたかなりレトロな趣のある外観
です。

えびや3a

「四代目鰻 えびや」さん。えびなのにうなぎ屋です。
明治35年創業とかで、店内もタイムスリップしたかのような作りです。
うなぎの油で黒光りした階段を上がって、奥座敷の個室に通されれば、まるで
自分が文豪になってお忍びで来たかのような錯覚を味わえます。
中串のうな重をいただきましたが、とても美味しい。うなちゃん、久しぶり。
料金は都内で食べるより1000~1200円は安いんじゃないかな。
たぶん「前川」の半値くらいですね^^;

明日は会津若松市内散策。ポール星人が出ませんように・・・。

文京学院大学生涯学習センター 「巣鴨・寺町、パワースポットを歩く!」

恒例の講座のご案内です。

文京学院大学生涯学習センター
江戸検1級合格者がご案内 江戸講座江戸散歩

地蔵通り商店街と歴史散歩

img028.jpg

今回の江戸散歩は「おばあちゃんの原宿」で知られる巣鴨を歩きます。
多くの方がご存知かと思いますが、とげ抜き地蔵で知られる高岩寺がメインの
地蔵通り商店街は旧中山道に当たります。
一方、巣鴨駅周辺は多くの寺院が集まる寺町でもあります。
それらのお寺には時代劇のヒーロー遠山金四郎、悪役イメージの強い田沼意次、
怪談・東海道四谷怪談のヒロインお岩さん、江戸最後の侠客新門辰五郎・・・などなど
の有名人のお墓があります。

前半の座学では、それら有名人のお話。田沼意次は本当に汚職政治家だったのか?
お岩さんと忠臣蔵の関係は?四谷怪談の作者・鶴屋南北ってどんな人?
遠山の金さんについては、コチラのブログで書きました「比翼塚」についても触れたい
と思ってます。

後半のまち歩きは西巣鴨駅から巣鴨駅まで、寺町を中心に廻ります。

上のパンフレット写真に出ている場所以外に回る箇所をちょっとご案内。

新門辰五郎
新門辰五郎の墓。盛雲寺にあります。
彼の娘が徳川慶喜の妾となり、慶喜からの信頼も厚かったことで知られます。

田沼意次
染井霊園の隣、勝林寺にあるのは田沼意次の墓。
暗殺された息子意知もここに眠ります。
ところでココ勝林寺には、とある女優スターのお墓もあります。誰?

真性寺a
地蔵通り商店街の入口にある真性寺には、江戸六地蔵の一つがあります。
江戸六地蔵とは、正徳年間に道中安全を願って江戸府内に入る主要街道の
入口に置かれた地蔵像のこと。真性寺は中山道の入口に当たります。

西方寺の猫
ボクは西方寺の招き猫だにゃ。
吉原三浦屋の薄雲太夫を大蛇から命を賭けて救ったんだにゃ。
で、太夫はボクの菩提を弔って猫塚をつくってくれたんだにゃ。
猫塚はもうなくなっちゃったけど、ボクはその名残りの招き猫なんだにゃ。
どこにいるのか、探してみてにゃ。

西方寺はかつて浅草にあり、亡くなった遊女の投げ込み寺として知られて
いました。

江戸講座江戸散歩の詳細は文京学院大学生涯学習センターのHPで。
参加者絶賛募集中であります。

文京学院大学生涯学習センター 江戸講座江戸散歩 クリック!


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

オレデミー大賞 2019大賞発表

前回の10月期に続きまして、オレデミー大賞2019年の年間大賞です!

10位 なつぞら NHK 月~土 08:00 4月期
9位  これは経費で落ちません NHK 金 22:00 7月期
8位  グランメゾン・東京 TBS 日 21:00 10月期
7位  3年A組 今から皆さんは人質です 日テレ 日 22:30 1月期
6位  デジタルタトゥー NHK 土 21:00 4月期
5位  まんぷく NHK 月~土 08:00 1月期(放送開始は18年10月)
4位  俺の話は長い 日テレ 土 22:00 10月期

3位 監察医 朝顔 フジ 月 21:00 7月期

2位 同期のサクラ 日テレ 水 22:00 10月期

1位 いだてん NHK 日 20:00 全月期

深夜枠

3位 日本ボロ宿紀行 テレ東 金 24:52 1月期
3位 Iターン テレ東 金 24:12 7月期

2位 フルーツ宅配便 テレ東 金 24:12 1月期

1位 きのう何食べた? テレ東 金 24:12 4月期

各賞

主演男優賞 阿部サダヲ 中村勘九郎(いだてん)
主演女優賞 高畑充希 (同期のサクラ)
助演男優賞 草刈正雄(なつぞら) 
助演女優賞 松坂慶子(まんぷく)
新人賞    菅原小春(いだてん)

主題曲賞 「結び様」 indigo la end (僕はまだ君を愛さないことができる)
美術賞   グランメゾン・東京
撮影賞   ストロベリーナイト・サーガ

「総評」2019年の最高傑作は何といってもNHK大河ドラマ「いだてん」でした。視聴率的
にはかなり苦戦したようですが、大河ドラマのテーマが「時代の一部分を切り取る」という
ことであるなら、まさにドンピシャのドラマでした。ただ、近現代史は大河っぽくないと思わ
れる方や、舞台劇のようなセリフの掛け合いの会話劇に慣れない方が多かったのでしょ
うかね。でも、演じていた役者さんたちは、演じていて楽しかったんじゃないかな。そんな
雰囲気も伝わってきたドラマでした。主演男優賞もお二人に。
同じくNHKの朝ドラが安定した成績。まぁ、朝に観るドラマとして無難な作り方になっている
ワケではありますが、朝ドラの脇役をきっかけにメジャーになってゆく役者さんも多いですし、
ベテランの役者さんでもうまく魅力を引き出している作り方が窺えます。草刈正雄、松坂慶子
のおじいちゃん、おばあちゃん役はまさにその典型でした。
深夜ドラマはテレ東の圧勝!特に「きのう何食べた?」は内野聖陽と西島秀俊のW主演で
ゴールデン枠でも十分勝負できた作品だと思います。「おっさんずラブ」とテーマは同じながら
アプローチの仕方が全く違う。でも両方とも過剰にコメディにもシリアスにもならない。二つを
比較して観るととても面白いです。
「日本ボロ宿紀行」は続編を希望。深川麻衣がとても良い。
「俺の話は長い」も、放浪をしないニートの寅さん、みたいなキャラでシリーズ化できないかな。
ドラマチックなことが起きなくても、平凡な日々の連続でもいい、お茶の間と家族の会話が主役
のホームドラマがもっとあってもいいですよね。
主題曲賞の「結び様」(indigo la end)はドラマ中でも重要な役割を果たしていることから、印象
も強かったです。

さてさて、2週間遅れて「麒麟がくる」もいよいよスタート。
初回の視聴率はなかなか良かったようです。やはり戦国時代は人気ありますね。
ワタクシも期待しております!


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

オレデミー大賞 2019 10月期発表

いつまでも年賀状を貼っておくわけにもいかないので、更新します(汗;)
先ずはオレデミー大賞10月期の発表です。

10位 G線上のあなたと私 TBS 火 22:00
9位  リカ フジ 土 23:40
8位  時効警察はじめました テレ朝 金 23:15
7位  おっさんずラブ in the sky テレ朝 土 23:15
6位  ニッポンノワール 日テレ 日 22:30
5位  シャーロック アントールズドストーリーズ フジ 月 21:00
4位  まだ結婚できない男 フジ 火 21:00

3位 グランメゾン・東京 TBS 日 21:00

2位 俺の話は長い 日テレ 土 22:00

1位 同期のサクラ 日テレ 水 22:00

深夜枠

3位 ひとりキャンプで食って寝る テレ東 金 24:52
2位 死役所 テレ東 火 24:12
1位 僕はまだ君を愛さないことができる フジ 月 26:40

主演男優賞 生田斗真(俺の話は長い)
主演女優賞 高畑充希(同期のサクラ)
助演男優賞 でんでん(死役所)
助演女優賞 吉岡美穂(時効警察はじめました)
新人賞    永野(ミリオンジョー テレ東 水 25:35)

主題曲賞 「結び様」 indigo la end (僕はまだ君を愛さないことができる)
美術賞 グランメゾン・東京
撮影賞 ひとりキャンプで食って寝る

「総評」今期のドラマのテーマは「側にいたらめんどくさい人」でしょうか。「まだ結婚でき
ない男」の桑野さん、「俺の話は長い」の満、「同期のサクラ」のサクラ、などなど。まぁ「リカ」
の雨宮リカあたりまでいくと、面倒というより恐怖でしかありませんが・・・^^;
その「リカ」の高岡早紀は最近サイコに偏った役が多いですけど、これが見事にハマってますね。
恐怖女優の道を邁進して欲しいと思います。

「G線上の・・・」は波瑠が良かった!彼女、朝ドラでブレイクしてからドラマの主演は多い
ものの、何か役柄に恵まれないというか、面白いというドラマに起用されていなかった感じ
があったのですが、このドラマの也映子は思いっきり演じていたように見えて良かったです。
フレームの大きいメガネをかけていたのも、内向的な性格を印象付けていて効果アリ。
小道具って大事ですね。

「時効警察」「おっさんず」「結婚できない」は人気作品の続編。ということで、ヘンにいじら
なければ平均以上に面白いです。「おっさんず」は黒澤キャプテンが途中で悟りを開いちゃ
ったように、全体を見守るようになったのが残念。もっとはるたんに攻め寄ってジタバタして
欲しかったですね。大きな愛を描こうとするより、コメディに徹した方が私は好きです。

「ニッポン・・・」は1月期ドラマ「3年A組」とリンクさせてある所は面白いと思いましたが、最
後は全員改造人間の特撮ものみたいになっちゃったのが残念。話も飛躍し過ぎに感じ
ました。

「シャーロック」。子供の頃好きで、江戸川乱歩とかドイルとかルブランの児童向けに書き直
された本を夢中になって読んだものです。たしかポプラ社のシリーズだったかな?ストーリー
はほとんど忘れてるので、このドラマの元ネタもわからない(汗;)ディーンの獅子雄も「側に
いたらめんどくさい」人ですねw。最終回の後にスペシャルを放送したり、パート2をやる気
マンマンとみえます。

「グランメゾン」は「ピンチ→乗り切る→ピンチ→乗り切る」の典型なんですけどね。そこに、
主人公が仲間を一人一人集めて力を結集させていくという要素が加わって、面白くなりまし
たね。RPG的といいますかね、こういう話作りって日本人は大好きなんですよ。昔話の「さる
かに合戦」や「桃太郎」がそうでしょ。黒澤明の「七人の侍」がそうでしょ。

「俺の話」はお茶の間が舞台というホームドラマの復権ですね。「渡る世間」とは別世界の
「寺内貫太郎一家」とか「ムー」とかのカラッとした感じのホームドラマ。こういう感じで作れば
現代感も出せるんだという、いい見本になったのではと思います。家族間の会話の応酬が
この手のドラマのキモですが、生田斗真と小池栄子、安田顕、清原果耶、原田美枝子らが
実に上手かった。1時間の枠で2本のストーリーという構成も、話を簡潔にまとめていて良
かったです。

「同期のサクラ」。1年を1話にまとめるという展開も斬新で良かったですが、何よりも主人公
を演じた高畑充希ですね、特筆すべきは!この人がいなかったらこのドラマは成立しなかった
でしょう。「過保護のカホコ」や「忘却のサチコ」の延長線上に位置するのでしょうけど、立ち居
振る舞いや走り方など、「ちょっとヘンな動き」まで創作してキャラの特徴を印象付け、それを
完全に自分のモノにしてしまう辺り、スゴ過ぎます。キャラを演じるのではなく、キャラを自分に
取り込んでしまうというのでしょうかね。憑依型っていうのでしょうか。

「ひとりキャンプ・・・」。ソロキャンっていうのが流行ってるって、ドラマで初めて知りました。実は
ワタクシ、テントで寝たことが一度もありません。夜中にビッグフットが出てきそうでイヤです。
「僕はまだ・・・」恋愛ドラマが苦手なワタクシが観て面白かったです。このドラマは7月期から
の放送で、全16話と長かったのも丁寧な作り方に感じたのでしょうか。入山法子と志尊淳が
主演した「きみはペット」と脚本、監督が同じ人なんですね。あれも良かったですからね。

次回、オレデミー大賞2019年 大賞発表!


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ