八王子千人同心史跡を廻る②

了法寺の前で甲州街道を渡ると、その先にお寺があります。興岳寺です。
千人頭の石坂家が開基した曹洞宗の寺院です。
石坂弥次右衛門(1809~1868)のお墓があります。

IMG_0805a.jpg

石坂弥次右衛門義礼墓
弥次右衛門は千人頭の石坂家11代目。第二次長州征伐に従軍し、大坂や九州へ転戦する
など活躍します。慶応4年(1868)日光火の番を務めているときに戊辰戦争が勃発。日光へ
進軍した板垣退助率いる新政府軍の対応に迫られます。弥次右衛門は戦うことなく日光を
明け渡して千人隊50人を率いて八王子に帰りました。
ところが、戦わずして帰ってきたことを問責する声があり、弥次右衛門は帰郷したその日の
深夜に一人責任を取って自刃します。享年60歳。
墓石には「源義禮之墓」とあります。

ということで、戊辰戦争の中で千人隊の悲劇の象徴のような方なのですが、コレはちょっと
疑問に思うところがあります。
弥次右衛門は確かに千人頭の旗本ですが、彼の兵力はたかだか50人の同心。
板垣が東照宮に進軍してきたのは、大鳥圭介率いる旧幕府陸軍を追ってきてのことだし、
一戦交えるかどうかの判断は大鳥と板垣の判断で決められたハズ。弥次右衛門は大鳥と
話し合いをもったでしょうが、大鳥の決定に従ったまでのことではないでしょうか。
何も腹を切るほどの責任ではないと思うのですが・・・今となってはその真意はわかりません。
現在では日光を戦火から守った功績者として称えられ、墓石の前の香台は日光市から贈られ
ています

興岳寺を出て中央線の線路を渡り、昨年の夏、清宮(現日ハム)擁する早実を破って甲子園
に西東京代表として出場をした八王子学園高前を過ぎると、南大通りに出ます。通りを東に
進むと見えてくるのが信松院です。

IMG_0806a.jpg

武田信玄の四女(六女とも)松姫(1561~1616)が開いた曹洞宗のお寺です。
松姫は織田信長の嫡男信忠と婚約しましたが、両家が対立したため縁組は破談。松姫は
18歳の若さで仏門に入ります。昔の日本人て、現代人の目から見ると人生選択の振り幅が
大きいですよねぇ。
武田家滅亡のあと、一族の女性らと武蔵国に逃げてきた松姫は信松尼と号しました。
江戸幕府開府後の松姫は、姉の見性尼とともに二代将軍秀忠の四男・幸松の養育をした
ことで知られます。この幸松が保科正之であり会津松平家の藩祖となるのですから、新選組
ファンとしても全くカンケイないお方ではないですね。

IMG_0809a.jpg

松姫尼公墓
出家していますので、無縫塔(卵塔)です。
松姫は武田家の人だったので、千人同心にとっては精神的な拠り所だったようです。
お墓の周りの玉垣は延享5年(1748)に千人同心が寄進したものです。

IMG_0808a.jpg
IMG_0808b.jpg

「窪田」「石坂」「原」といった千人頭を勤めた家の名前が並びます。

本堂の奥には松姫百回忌の正徳5年(1715)に作られた「木造松姫坐像」が安置されて
います。松姫の月命日にあたる毎月16日だけ公開しているとのことですが、今回特別
に拝観させていただきました。
300年前に作られたとは思えないほど美しい像です。ただ、やはり木製ということで、所々
ヒビが入っていて、ご住職は「今のうちにレプリカを作っておいた方がいいかもしれません」
と仰っていました。

信松院の前の道は「松姫通り」といいますが、その通りを北に向かい再び線路を越えると
産千代(うぶちよ)神社があります。

IMG_0814a.jpg

鳥居の左横の石柱には史跡大久保石見守長安陣屋跡とあります。
大久保長安は元武田の旧臣で、主家滅亡後家康の家臣となります。全国の検地、石見銀山
奉行、佐渡金山奉行を歴任。八王子代官頭としてそれまで八王子城下にあった町を現在の
場所に移し、甲州道中の整備、石見土手、千人同心の組織など八王子宿づくりに貢献しま
した。
この陣屋の周辺には十八代官と呼ばれる配下の代官が陣屋を構えていたそうです。

IMG_0819a.jpg

境内には長安陣屋井戸があります。

こんなカンジで、この日の10時から13時ころまで千人同心ゆかりの史跡を、八王子市郷土
資料館学芸員の方に案内していただきました。

で、このあと昼食をはさんで14時頃より、甲州街道八幡町交差点から国道16号を北上。
歩いて「八王子千人同心日光道中」を歩いて行く、というイベントに突入したのであります。
実は今回の集まりは百街道一歩氏という、街道歩きの専門家が企画したイベントだったので、
ココからが「本日のメイン」ということだったのです。

百街道一歩さんのHP 「百街道一歩の道中記」
※ワタクシの江戸検1級の同期生であります。

とにかく旧街道をひたすら歩くというのがポリシーですので、八王子からひよどり山を越えて
滝山城の麓を行き、拝島橋を渡って拝島駅まで行ったところで日が暮れて終了となりました。
途中、神社仏閣や道標、石仏石塔などの史跡があれば確認しながら行きますので、当然
時間もかかります。
ワタクシのカメラの電池がなくなってきたので、あまり写真が撮れなかったのですが・・・

IMG_0825a.jpg

極楽寺にある塩野適斎の墓
塩野適斎(1775~1847)は千人同心組頭。八王子の重要な地誌書「桑都日記」の著者です。

IMG_0829a.jpg

コチラはひよどり山を越えたところにあった石仏群。
左端の庚申供養塔は屋根付きの立派なもの。享保16年(1731)とかなり古いものですが、
保存状態がとても良かったです。真ん中2体はお地蔵さま。右端は「光明真言供養塔」です。

この日、18km、30000歩強。
ふだんあまり歩かないせいか、疲れました~~~。
後日、拝島から先の道中も誘われているのですが、どうしようか・・・考え中です。

メガ99
昼食は扇町谷宿(埼玉県入間市)でやっと食べられたそうです。
フヘ~~~、ですね。


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

八王子千人同心史跡を廻る①

先日、江戸検1級同期の方に誘われ、八王子の千人同心史跡廻りに行ってきました。

八王子千人同心は、元々甲斐・武田家の長柄(槍)隊だった武士を、主家滅亡のあと、
徳川家康が家臣として迎え、甲州道中の守りとして八王子に配置したものです。
当初は千人頭、同心合わせて500人でしたが、関ヶ原の戦い直前にさらに500人を
増員し1000人の軍団になっています。このとき、武田遺臣だけでなく、北条遺臣や
牢人、有力富農層なども加わったと考えられています。

千人同心の大きな特徴は、千人頭(9~10人)は旗本の身分でしたが、組頭・同心は
戦闘時には武士となるが、普段は百姓として農業に従事するということです。
大坂の陣までは戦闘に参加した千人同心ですが、幕府が安定すると武士としての働き
は日光東照宮の火の番ということになりました。
江戸時代後半になると、千人同心の身分は株として売買され、八王子や周辺の富裕な
農民層が同心株を買い千人同心になりました。こうして、当初は八王子に集中していた
千人同心も東は東京都三鷹、西は神奈川県津久井、南は神奈川県相模原、北は埼玉県
飯能まで居住域が広がるようになりました。
実際、東大和市にも高木と芋窪に千人同心がいたと伝わっています。
千人同心は東大和にも無関係ではないということで、史跡廻りに行ってみましょう!

IMG_0777a.jpg

JR中央線西八王子駅前を北に向かいます。
写真が小さくてわかり辛いですが、銀行の入口前に「馬場横丁」と書かれた標柱があります。
この先に千人同心の屋敷が並んで建っていました。

IMG_0779b.jpg

この行先を示す標識がイカしてます。
ポールの先が火事現場で使う鳶口みたいになってる。これは、千人同心が日光火の番を
務めたからそのようなデザインにしたのではないでしょうか。
さらに看板にも注目。

IMG_0779ab

上の方は陣笠を形取っていますし、下には「千」の字が入ってますね。
千人同心は鎗奉行支配下に置かれていましたが、幕末の文久3年(1863)講武所支配、
慶応元年(1865)には陸軍奉行支配となり、名称も「千人隊」と改めます。そのときに隊士が
使用した提灯と韮山笠にこの「千」の模様が入っているのです。

そのまま甲州街道を超えて北に進むと宗格院というお寺です。

IMG_0781a.jpg

千人頭山本家の生まれである价州良天和尚が文禄2年(1593)に草創した、曹洞宗の寺院
です。ちなみに、八王子宿のお寺は曹洞宗が多いです。
こちらには、千人同心組頭だった松本斗機蔵(1793~1841)のお墓があるのですが、墓域
の一番奥にあり、先日の雪がまだ残っていて行くのが困難とのことで、お参りは見送りました。
残念!後日、暖かくなったら再度訪れたいと思います。
松本斗機蔵は江戸の昌平黌で学び、探検家で有名な最上徳内と親交を温め海外の知識を
深めた人物です。「献芹微衷(けんきんびちゅう)」という海防の提言書を書き、水戸の徳川
斉昭に上覧を願ったといいます。渡辺崋山や江川太郎左衛門英龍とも親しく、「献芹微衷」を
書いた際には江川に意見を求めたそうです。

宗格院を出て陣馬街道を渡った先にあるのが多賀神社

IMG_0787a.jpg

社伝によれば天慶元年(938)に源経基が勧請して建てられた、八王子宿の西の鎮守です。
慶応2年(1866)に千人同心が第二次長州征伐に出兵した際、組頭の神宮寺金一郎、川村
豊左衛門、塩野幸七郎が大坂で、こちらの扁額を作らせたそうです。それほど千人同心の
信仰も厚かったのですね。
その扁額は郷土博物館に保存されているそうなので、機会をみて行ってみようと思います。

ところで、ここには境内社としてこんな神社も祀られていました。

IMG_0789ab

機守神社です。
織物業が盛んだった八王子らしい神社です。
東大和は生糸の生産として、桑畑が多く作られたので蚕影神社が祀られました。どちらも同じ
繊維業の振興を祈念する神社ですが、こういうところで地域差をうかがい知ることができます。

陣馬街道を東に進むと甲州街道とぶつかります。つまり、江戸方面からやってくると、そこが
甲州道中と陣馬街道の追分です。
その追分から西側が千人同心の屋敷地でした。

IMG_0794a.jpg

八王子千人同心屋敷跡碑
現在の陣馬街道は石碑の右側の広い道路ですが、元の旧道は石碑左側の細い道です。
寛政元年(1789)の宿場絵図を見ると、追分付近の陣馬街道の北側(写真右側)は千人頭
原家の屋敷になってます。ということは、この石碑を含めて新道は原家の屋敷地の上に作ら
れたということになります。

追分の甲州街道側にあるのが、コチラ。

IMG_0798a.jpg

追分の道標です。
文化10年(1813)に建てられたものですが、昭和20年(1945)の空襲で破壊されてしまった
とのこと。よく見ると3本の亀裂が入っていることがわかります。
写真には「左 甲州道中高尾道」と書いてある側が写っていますが、上から2段目の「甲州道」
と書いてある部分と、一番下の「道」と書いてある部分がオリジナルで、他の部分は空襲で欠損
したものを作り直して建てられました。

ところで、この道標の一番下の部分に面白いモノを発見。

IMG_0800a.jpg

漢字の「不」に似た記号が刻まれているのがわかりますか?
これは明治初年のイギリス式測量の几(キ)号水準点です。つまり高低測量を行うために
設けた基準点。全国的に残っているのは少ないそうなのですが、ここでお目にかかれるとは。
都内では神楽坂にある善國寺(毘沙門天)の石虎にあるものが有名です。

甲州街道を少し西に進むと了法寺というお寺があります。
なんでもゲームだかアニメだかの舞台になった、いわゆる「聖地」らしいのですが、我々おっさん
は「何のことやらさっぱりわかりませんわ」状態ですのでスルーです。

IMG_0802ab.jpg

何のキャラざんす?情報求む。

長くなりましたので、以下次回!

メガ98


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


御林の丸太でお台場作り①

今回「里正日誌」からご紹介する記事の内容は、このブログを開設したばかりの頃にも一度
触れたネタですが、幕末多摩史においては重要な出来事ですので、「安政編」でも書いて
おこうと思います。

    「中藤村御林山再び伐り出しの件」

内海の御台場御普請用の丸太を、中藤村の御林よりなおまた伐り出すことになった。特に
お急ぎのことにつき、人足等を雇うことも必要なので、右の節は同村役人より通達が有り
次第すぐに助勢し、御差支えが起きないように取り計らうべきこと。この書付けを早々に
順番に村に送り、請け印を押して、留まりの村から中藤村役人へ返すべきこと。以上。

   寅(嘉永7年)6月 
                              御普請役代 岩上粂右衛門
                              同       塚田金蔵
                              同       島崎勇三郎
                              御普請役  杉浦茂三郎

                              横田村
                              三ツ木村
                              砂川村
                              芋窪村
                              蔵敷村
                              奈良橋村
                              勝楽寺村
                            右村々 役人中


江戸湾に対外国船用の砲台が作られることになり、その材料として中藤村の幕府御用林の
木が使われることになりました。
その作業員として中藤村だけでなく、近隣の村人も伐採などに従事させられます。東大和
地域では芋窪、蔵敷、奈良橋の村がそれにあたったようですね。ちなみに文中の勝楽寺村
は現在の所沢市に入りますが、全域が山口貯水池(狭山湖)に沈んでしまっています。

文中注目したいのは「なおまた」(原文では、尚又)と書かれていることで、この伐採が2度め
であったことを指しています。実は前年の嘉永6年9月にも御林の伐採命令が出ていました。
「里正日誌」の嘉永年間版がまだ出版されていないので、ワタクシのようなシロートには詳細
はわかりませんが、当の中藤村の「指田日記」では次のような記述があります。

嘉永6年9月
12日 御林にて2000本切り抜き、福生村まで出すようにと仰せ渡されたので村から車引き
人足を出した。御林奉行より10日以内に運びきるよう命令があったので、隣村の三つ木、
芋久保、石川、勝楽寺、蔵敷、奈良橋、砂川、右の村々に助っ人人足を出してくれるように
当たる。

19日 今日まで、御林人足を6人勤めさせた。

20日 雨。御林山用木車引き。


これを見ると、やはり近くの村々からも人足が作業に出されていたことがわかります。

さて、江戸湾に台場をつくり、砲台を築くという作戦を立案したのは、多摩地域の代官である
江川太郎左衛門英龍です。
嘉永6年(1853)6月にペリーが来航し、砲艦外交をもって日本との交渉を迫ります。翌年に
再来日することを約束してペリーは去っていきますが、7月に早速、江川さんは幕府に「海岸
御見分ニ付見込之趣申上候書付」
という意見書を提出しています。
メチャ早い対応です。
そこに「御台場構想」が書かれていたワケなんですが、実はこの構想は江川さんの当初の
目標ではなかったようなんですね。

その意見書で真っ先に述べられているのは、軍艦の購入や製造、地球を1周できるくらいの
航海術の習得の必要性でした。江戸湾の防衛についても、三浦、鎌倉から安房、上総を結ぶ
ように砦を築くという構想をブチ上げています。つまり、東京湾そのものに敵艦を入れさせない
という考えです。
東京湾の入口浦賀水道に、三浦半島の旗山崎から千葉の富津まで10町(1800m)間隔で
砲台を作ることが基本構想でした。10町というのは、当時の大砲の射程距離に基づくものだ
そうですが、かなり短い間隔になりますね。
ただ、当時の技術力ではこの海域に台場を建造することは不可能であることが江川さんにも
わかっていたようで、現実的目標として旗山崎・富津間よりも下がった三枚洲の岩礁がその
設置に当てられたようです。

ところが、この計画では短期間で建設が終わらないことを理由に、幕府から断られます。
結果として「江戸城と江戸の市街地を守ることが最重要」という幕閣の方針によって、海岸
ギリギリの品川・深川間に台場を作ることになりました。
これは、先験的な海軍・海防構想を持っていた江川さんにとって、もっとも拙策だったこと
でしょう。無念極まれり・・・!
ということで、品川お台場は江川英龍発案ということで有名ですが、実際は妥協に妥協を
重ねた結果だったということです。

7月23日には勘定奉行松平近直、川路聖謨、勘定吟味役竹内保徳、江川英龍の4人に
台場普請取り調方が命じられ、8月3日には用材・石材、普請方棟梁・人足の準備に入る
ように上申書が出されます。そして、9月にはもう中藤村で木材が切り出されているという
具合。
幕府から許可が出るや、このスピード。

実は「指田日記」の嘉永6年7月9日に、こんな気になる記述があります。

9日 大筒台の御用木、青梅入りより出るにより、新江戸街道の普請人足村々に当たる

新江戸街道とは、現在の東大和市駅前から西に向かう道で、桜街道と呼ばれている道です。
台場建設が公に決定する前に、砲台に関する木材を青梅から江戸に運ぶ必要があり、街道
の整備に人足が出されていたようです。
台場の建設計画は、実際には(建設場所がどこになるかは別として)かなり以前から江川
支配地では練られていたのかもしれません。

メガ97


「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

新選組漫画 190 没後150年 井上源三郎

年末の話になりますが、日野市の「新選組のふるさと歴史館」で新選組の副長助勤
だった井上源三郎の没後150年の記念展示をしているというので、見に行ってきました。

井上源三郎は日野宿の村役人で八王子千人同心を務めた井上家の三男。天然理心流
の免許皆伝。文久3年(1863)に近藤勇や土方歳三らと共に京都に上り、新選組を結成、
その幹部を務めました。
しかし、慶応4年(1868)1月3日から始まった鳥羽・伏見の戦いで戦死。今年が亡くなっ
てから150年の節目を迎えるというわけです。

01877d96d9ecac538d0e6ba47f5444109745b93b4ba.jpg
日野市民の心のオアシス(かどうかは知らないが)
新選組のふるさと歴史館。

01acdf1c775e6d583c1963bf23af71363f4153f7d3a.jpg

井上源三郎は小説や映画、ドラマ、漫画など創作世界では「地味キャラ」であり、「ジジイ
キャラ」でもあり、さらに「人はいいけど強くないキャラ」というのが相場です。
これは新選組ブレイクのきっかけとなった子母澤寛や司馬遼太郎の小説の影響が強い
からで、彼らが小説を書いた当時、源さんの剣術は目録までしか進んでいないと思われて
いたからだと思います。しかし、その後、源さんが免許を取っていたことがわかり、今では
相当の実力はあったと考えられています。

今回の展示では、これまでの「地味でジジイで人はいいけどそれだけの人」みたいな
源さんのイメージを改めてもらおうと、免許やら直筆書状やらが展示され、源さんクリーン
アップ作戦が展開されています。
まぁ、地味だったことは合ってるかもしれませんが、源さんが戦死したのは39歳のときです
から、決してジジイじゃありません。香取慎吾や市川海老蔵と同じ歳です。

013bbcd31f375440758b83a63bb13aac010627905fa.jpg

せっかくなので、歴史館を出たあとで日野駅前の宝泉寺に行き、源さんのお墓参り。

「没後150年 新選組井上源三郎展」では、八王子千人同心の資料、また浪士組結成の
きっかけを作った清河八郎の手紙なども展示。幕末ファンにはヒジョーに興味深い内容と
なっております。

・・・と、いうことで。

20180108.jpg

お正月にNHKドラマ「風雲児たち~蘭学革命篇~」を見ました。
三谷幸喜が片岡愛之助、新納慎也、草刈正雄、山本耕史など「真田丸」のキャストを
使って書いてました。とても面白かったです。
腑分けシーンで出てきた老人は小林隆だったんですね。特殊メイクがスゴすぎて全く
わかりませんでした。そういや、小林隆は「新選組!」で、源さんだ!


宝泉寺の駐車場にて。
たまたま、お母さまのお墓参りにきていたという女性の方から
「源さんの記念碑に、その車がよく合いますね」
とのお言葉をかけられました。

0178a5c19d4c1cb5340758b01c05dbfb7238c4cb86a.jpg

ん~~~、確かに。
手前味噌ながら、お寺に旧車は似合う!


img src="http://static.fc2.com/image/v/159.gif" class="emoji" style="border:none;" />「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2018年 謹賀新年 & オレデミー大賞

01b9cd24f2e44bd5d926f213eb2687bd2acf9fd076aa.jpg

ネコがなんか言ってますが、今年もぜひ
ご訪問くださいませ!



ではでは、昨年末に予告しましたように、
2017年 オレデミー大賞 発表です!

作品賞
10位 リバース TBS 金 22:00 4月期
 9位 ひよっこ NHK 月~金 08:00 4、7月期
 8位 監獄のお姫さま TBS 火 22:00 10月期
 7位 コード・ブルー フジ 月 21:00 7月期
 6位 スーパーサラリーマン左江内氏 日テレ 土 21:00 1月期
 5位 小さな巨人 TBS 日 21:00 4月期
 4位 陸王 TBS 日 21:00 10月期

湊かなえと池井戸潤原作のドラマにハズレなし!といった感じですかね。
「コード・ブルー」はガッキー人気に引っ張られたところもあるかな~。比嘉愛未とか可哀想
な話もありましたけどね。
「スーパーサラリーマン左江内氏」は藤子不二雄マンガ実写ドラマでは一番面白かったと
思います。実力派俳優の堤真一がマジメにああいう役をやるから、いいドラマができるん
ですね。あと、このドラマで賀来賢人を好きになりました。
「ひよっこ」は「三丁目の夕日」みたいな舞台設定が良かったんですかね。実際にワタクシは
ビートルズ来日は知らない世代ですが、昭和の時代はなつかしさを感じます。峯田和伸が
いい味を出してました。
NHKのドラマはどの月期でもベスト10に入ったように思うのですが、結局大河ドラマだけが
選外でしたね。もう「こんな人初めて聞いたよ」みたいな人を主人公に選ぶのはやめたら
いかがでしょう。朝ドラで女性を主人公に設定しているのだから、大河は歴史に名前を残した
男性を主人公に限定してもいいのではと思っています。

3位 刑事ゆがみ フジ 木 22:00 10月期
横島(オダギリ・ジョー)が逃げたままになっている、ということは続編が作られる伏線と考え
ていいのでしょうか?見ていた人の評判はけっこう良いようですが、視聴率はあまり良くな
かったようなのでどうなるでしょう・・・?

2位 CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 フジ 火 21:00 4月期
小栗旬主演のドラマとしては、2014年テレ朝系の「BORDER」が傑作でしたが、今年に
なってようやくスペシャルで続編が作られました。コチラもスペシャルでいいので続編を
期待します。

1位 カルテット TBS 火 22:00 1月期
松たか子、松田龍平、高橋一生、満島ひかりのキャラクター、唐揚げにレモンをかける
かどうかにこだわるセリフの応酬、二転三転するストーリー、飽きさせない展開で今年の
ドラマのトップに推します。やはりワタクシは会話劇が好きなんですね。
軽井沢という舞台設定も、弦楽四重奏という4人の世界にピタリとマッチしていました。

深夜枠はコチラ。

5位 バイプレイヤーズ テレ東 金 24:12 1月期
4位 架空OL日記 日テレ 水 25:29 4月期
3位 きみはペット フジ 月 26:35 1~4月期
2位 下北沢ダイハード テレ東 金 24:12 7月期
1位 わにとかげぎす TBS 水 23:56

「わにとかげぎす」は本田翼が素晴らしく良かったです。「恋仲」では散々な出来だったけど
見事復活。こういうアクティブなキャラの方が彼女の魅力が生きると思います。「安堂ロイド」
のサプリも良かったですしね。

では、個人賞。

主演男優賞 役所広司(陸王)

主演女優賞 高畑充希(過保護のカホコ)

助演男優賞 波岡一喜(火花) 

助演女優賞 斉藤由貴(お母さん、娘をやめていいですか?)

役所広司をテレビドラマで見るのは久しぶりでしたが、やっぱり彼はいいですねー。
息子(山崎賢人)とぶつかったり、ライバル社部長(ピエール滝)にイジメられたり、社員に
突きあげられたり、その姿を自分自身に重ねた世のシャチョーさま方も多かったのでは?
高畑充希は、ちょっとネジの外れてしまったような主人公が好演でした。特に走る姿なども
工夫してるのが印象的。
波岡一喜は面白いことを追求するあまり、だんだんと破滅に導かれていく狂気が出ていて
引き込まれました。
今期は「過保護のカホコ」「明日の約束」など毒母を扱った話も多かったですが、その中で
斉藤由貴はこれまた狂気を感じさせるキャラでした。ホントに怖かった。その後、不倫スキャ
ンダルで干されてしまったのは残念。

美術賞 怪獣倶楽部

撮影賞 CRISIS 公安機動捜査隊特捜班

衣装賞 陸王

主題曲賞 「Shoes」雨のパレード 下北沢ダイハード

ではでは、今年もよろしくお願いいたしましょう!

メガ96


img src="http://static.fc2.com/image/v/159.gif" class="emoji" style="border:none;" />「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」



にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ